映画情報どっとこむ ralph 松坂桃李が主演を務めた映画『あの頃。』の監督を務めた今泉力哉と、脚本を担当した冨永昌敬が、“映画を語る”配信番組「活弁シネマ倶楽部」に登場。トークMCは映画評論家の森直人が務め、この異色のタッグならではの魅力について言及している。
活弁シネマ倶楽部『あの頃。』今泉力哉監督と脚本冨永昌敬
映画情報どっとこむ ralph 本作は、劔樹人による自伝的コミックエッセイ『あの頃。男子かしまし物語』を実写映画化したもの。「ハロー!プロジェクト」のアイドルたちがJ-POP界全体を席巻していた2000年代初頭を舞台に、“ハロプロ”の中でも“モーニング娘。”を愛してやまない男たちの愛おしい時間を描き出している。彼らが繰り広げる「ヲタ活」は、決して特別なものではない。何かに夢中になったことのある者なら、共感すること間違いなしだ。“推し”と出会うことで人生が変わる主人公・劔役を松坂が演じるほか、仲野太賀、山中崇、若葉竜也、芹澤興人、コカドケンタロウ、大下ヒロトらが、「ヲタ活」に夢中になる者たちをチャーミングに演じている。
あの頃。
映画情報どっとこむ ralph

監督・今泉力哉、脚本・冨永昌敬が活弁シネマ倶楽部で『あの頃。』を語った

当番組に今泉監督が登場するのは、『愛がなんだ』『アイネクライネナハトムジーク』に続き、これで3度目。一方、脚本の冨永はこれが初めてだ。これまでに『パビリオン山椒魚』や『ローリング』などを監督として手がけてきたものとあって、“脚本家”という意外なかたちでの登場となった。

そんな今回の収録に関して、「待ちに待った回」と口にする森。
活弁シネマ倶楽部『あの頃。』今泉力哉監督と脚本冨永昌敬
この異色の組み合わせについて今泉監督は、「主演の松坂桃李さんも冨永さんも、一緒に組んで仕事をすることはないだろうと自分の中では思っていました。ですがプロデューサーが、“アホなフリをして聞いてみる”という(笑)。原作の魅力があるのはもちろんですが、お引き受けくださいましたね」と述べている。
活弁シネマ倶楽部『あの頃。』今泉力哉監督と脚本冨永昌敬
「以前から交流はありましたし、『南瓜とマヨネーズ』や『素敵なダイナマイトスキャンダル』、もちろんそれよりも前から冨永さんの作品は観ていました。でも、『他人の作品の脚本って書いたことはないんじゃないのかな?』と思いましたし、『冨永さんの書いた脚本は、冨永さんにしか撮れないんじゃないのか?』と、いろいろと分からないことだらけの中で相談しました。冨永さんのすごいところは、『100分の映画の脚本を書いてください』という無理難題に対して、完全に100分の脚本を仕上げるところです。例えば、2時間の映画の脚本を実際に撮ると、2時間を超えてしまうので」と、自身で脚本を執筆する場合は遅筆だという今泉監督は、これに感動したようだ。
活弁シネマ倶楽部『あの頃。』今泉力哉監督と脚本冨永昌敬
しかしこれに冨永は、「これが不思議なもので、自分が撮る作品の脚本を上げるのは遅いんです。一本の映画に何年もかかっているのはそのせいですね。この作品での脚本家としてのお話がきたのは3~4年前のことです。その後に初稿を書いたのですが、そのときに“尺が100分の脚本にする”というのは厳命されていた気がします。つまり、100ページのものに仕上げると。この原作の特に面白いところを、100ページの脚本にしていくのが僕の仕事でした」と振り返っている。
活弁シネマ倶楽部『あの頃。』今泉力哉監督と脚本冨永昌敬
もちろんこの収録では、この組み合わせならではの発言も次々に飛び出してくる。映画鑑賞後にあわせて楽しみたい、必見の回となっています。

映画情報どっとこむ ralph

■活弁シネマ倶楽部■


活弁シネマ倶楽部 公式HP:
https://katsuben-cinema.com/
活弁シネマ倶楽部 公式ツイッター:
@katsuben_cinema

映画情報どっとこむ ralph

『あの頃。』

https://phantom-film.com/anokoro/

2月19日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷ほか全国公開中

ハロー!プロジェクトのアイドルにのめり込んでいく主人公・劔(つるぎ)を演じるのは、『娼年』(18)、『新聞記者』(19)などの話題作で様々な役柄に、果敢に挑み続ける松坂桃李。藤本美貴の魅力を熱く語るプライドが高くてひねくれ者のコズミン役には『今日から俺は!!劇場版』での今井役が記憶に新しい仲野太賀。石川梨華推しでリーダー格のロビ役に山中崇、痛車や自分でオタクグッズを制作する西野役に若葉竜也、CD ショップの店員で、劔がオタク仲間と出会うきっかけを作るナカウチ役に芹澤興人。 そして、ハロプロ全般を推すイトウ役に、本作が映画初出演となるお笑いコンビ「ロッチ」のコカドケンタロウ。映画、ドラマ、舞台と幅広い分野で活躍する実力派俳優陣が集結。メガホンをとるのは、『愛がなんだ』(19)や『mellow』(20)、『his』(20)など次々に話題作を発表している今泉力哉。脚本は、これまで『南瓜とマヨネーズ』 (17)、『素敵なダイナマイトスキャンダル』(18)などで監督・脚本を手掛けてきた、冨永昌敬。また、ネット音楽シーンから頭角を現した新進気鋭の音楽家・長谷川白紙が劇伴を担当する。
あの頃。
【ストーリー】
中学10年生の夏休みのような、そんな毎日が永遠に続くような気がしていた――
大学院受験に失敗し、彼女なし、お金なし、地獄のようなバンド活動もうまくいかず、どん底の生活を送っていた劔(つるぎ)。ある日、松浦亜弥の「♡桃色片想い♡」のMVを見たことをきっかけに、劔は一気にハロー!プロジェクトのアイドルたちにドハマりし、オタ活にのめり込んでいく。藤本美貴の魅力を熱く語るケチでプライドが高いコズミンをはじめとした個性的なオタク仲間と出会い、学園祭でのハロプロの啓蒙活動やトークイベント、また「恋愛研究会。」というバンドを結成しライブ活動を行うなど、くだらなくも愛おしい青春の日々を謳歌する。しかし時は流れ、仲間たちはハロプロとおなじくらい大切なものを見つけて次第に離れ離れになり…。

***********************************

監督:今泉力哉
脚本:冨永昌敬
音楽:長谷川白紙
原作:劔樹人「あの頃。 男子かしまし物語」(イースト・プレス刊)
出演:松坂桃李 仲野太賀
山中崇 若葉竜也 芹澤興人 / コカドケンタロウ
大下ヒロト 木口健太 中田青渚 片山友希 / 山﨑夢羽(BEYOOOOONDS)/ 西田尚美
製作幹事:日活 ファントム・フィルム  配給:ファントム・フィルム
©2020『あの頃。』製作委員会
2020年/カラー/ヨーロピアンビスタ/5.1ch/117分 映倫区分:G
関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ