村上虹郎 & ゆう姫体感型の脳内革命アートフィルム『KAMUY』公開決定!



映画情報どっとこむ TJ この度、ショウダユキヒロ監督によるショートフィルム『KAMUY』が、10月29日(土)、30日(日)に代官山ヒルサイドプラザ(渋谷区猿楽町 29-10 代官山ヒルサイドテラス内)にて一般公開される事が決定しました。

これは、出演・村上虹郎&ゆう姫 (Young Juvenile Youth)×音楽・Young Juveni le Youth×監督・ショウダユキヒロ。
生と死・性と命をテーマに、新感覚の CGを駆使して贈る、体感型の脳内革命アートフィルムが誕生!
kamuy 監督は、サカナクションや RADWIMPSの MVや CMを中心としながら、国内外で評価の高い「bl ind」「Soc ial0.0 LAB」「TOWER RECORDS LIVE LIVEFUL!」といったメッセージ性の強い作品で新たな映像表現に挑戦してきたショウダユキヒロ。ゆう姫は Young Juveni le Youthとして本作の音楽も担当しています。

映画情報どっとこむ TJ 今回の作品は、森羅万象や母性の象徴としての女神によって、攻撃性の象徴である男性兵士に宿ったその胎児が見て感じた記憶の世界を描いている。この男性兵士を、映画『2つ目の窓』でデビュー以降『ディストラクション・ベイビーズ』「仰げば尊し」など次々と話題作に出演し大注目の俳優・村上虹郎が熱演し、ゆう姫は女神として登場。そんな、ショウダユキヒロ監督の考える”生と死・性と命”といったテーマを、Young Juveni le Youthが音楽として具現化。更に、世界に誇る特殊メイクアーティストの JIRO、ファッションの新たな試みに挑み続けるスタイリストの伏見京子、新感覚の CG制作を行う Ani mationCafeなど、個性あふれる超一流のスタッフが大集結。また、当日は、現代アーティストの三嶋章義による、本作の世界観をイメージした作品展示から始まり、天井に設置されたスクリーンに映る映像を仰向けになって鑑賞するなど全身で映像が体感できる仕掛けを構築。

実験的な手法により、ただ消費されるだけの映像文化に警鐘を鳴らす試みでもある。各アーティストとのコラボレーションにより、衣装・メイク・CG・更には上映環境をも一つの作品として最初から創り上げ発信するというこれまでにない体感型映像作品となった。そのため、上映日は10月29日、30日の 2日間限定。他、今後は地方での上映も想定している。映像・音楽・ファッション・アートいずれの分野でも新たな可能性を示唆しうる脳内革命アートフィルムが完成した。

詳しくは、公式 HPをチェック。 
http://nion.tokyo/kamuy

映画情報どっとこむ TJ 公開に際しての監督・キャストからのコメント

ショウダユキヒロ(監督):去年の秋頃、Young Juvenile Youthの2人と一緒に何か楽しい事がやりたいね、という雑談のような所からスタートしたプロジェクトです。作品を作ってどのように見てもらうかまで提案する実験的な試みではありますが、一流アーティスト達が本気で手がけた一流の遊びを、見に来て体感してもらえると嬉しいです。

村上虹郎:YJYは今作品に関わる前からずっとかっこいいなと思って聴いていたので嬉しかったです。この作品を作る上でかかせない CGや、カメラワークもですが衣装も全て 1からつくりあげたもので、この服はおれ以外の誰も着たことないんだってウキウキしました。撮影する前に、この作品はいわゆる王道の”MV”の型から外れて、10分程の自由な尺の中で、自分は兵士で、時代も人種も不明で、妊娠と出産をする、ということを事前に聞いていて、これは凄い、絶対に楽しいものになる、という実感はありました。ただ、その分現場も壮絶でしたが。。。

ゆう姫 (Young Juvenile Youth): ショウダ監督との出会いは偶然で、必然だったと感じています。柄にもなく私から猛烈にアタックをして、一緒に作品を作れることが出来て本当に最高でした。監督をはじめ、携わってくれたチームのみんなのアイディアが凝縮されていて、 YJYとして音楽で参加出来るだけでなく、虹郎さんとも共演出来て、本当に幸せでした。この作品がたくさんの方の感性に触れることを期待しています。

JEMAPUR (Young Juvenile Youth):ショウダ監督とご一緒させて頂くのは本作がはじめてで、脚本や設定を作る段階から密に関わらせて頂いたのですが、まず驚いたのはショウダ監督の想像力のブラックホール加減です。言語が伝達ツールとして如何に脆弱かということを目の当たりにしつつ、感覚を超越したそのイメージの世界から受けるインスピレーションは膨大で、サウンドデザインをしていく過程はとても直感的で刺激的でした。本作ではメロディやハーモニーは極限まで抑制して、音そのものの質感、響き、時間軸の変化に伴う音量変化など、微細なコントロールによって世界の移り変わりを表現しました。今、私たちが生きている世界は、執拗に不安や危機を煽り、著しくバランスを欠いた時代遅れな経済システムを維持する消費行動の為だけにデザインされ、内部から溢れ出る本質的な思考が抑圧されているように思います。果たして、道はそちらにしか無いのだろうか?

映画情報どっとこむ TJ 作品コンセプト
KUMUY-A NEW EXPERIMENTAL FILM EXPERIENCE

人類は進化しているのだろうか。
モノがあふれ、情報があふれ、人間の本質が秒ごとに変わっていく現在。
果たして進化の定義はどこにあるのだろうか?

男性は幾多もの破壊を行い、女性が幾多もの生命を誕生させてきた。
もし男性に生命を誕生させる機能があれば、そこに新しい平和の価値観が生まれるかもしれない。

お腹に子を宿すひとりの兵士。
彼の中に生まれる母性が、彼を苦しめる。
胎児を育む母胎の中の宇宙。
その宇宙で胎児が見る世界とは。

現代の人間が考えなくてはいけない事、未来に残すもの。
生と死・性と命とをテーマに、その根源である「生きぬくチカラ」を信じたチームが手がける
新感覚の CG技術と斬新な脚本アイデアが凝縮された 10分間の脳内革命アートフィルム。

出演:村上虹郎・ゆう姫 (Young Juveni le Youth)
監督:ショウダユキヒロ
主題歌:Young Juveni le Youth「A Wa yOut」
音楽:JEMAPUR・小野雄紀
制作・配給:NION公式
H P : http://nion.tokyo/kamuy

◆音楽リリース情報◆Young Juvenile Youth 「Youth」、「A Wa y Out」 
【10月2 8日 数量限定カセットテープ販売開始】
【10月2 8日 iTunes先行配信開始】
Young Juvenile Youth公式サイト
http://yjymusic.com/

***********************************


 

************************************

 

以下のランキングに登録しています。良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 


『キム・ソンダル 大河を売った詐欺師たち』公開決定!



映画情報どっとこむ mari EXOのシウミンが映画初出演!!
話題の『キム・ソンダル』が邦題を『キム・ソンダル 大河を売った詐欺師たち』とし、2017年正月第二弾映画としてTOHOシネマズ新宿ほかで全国順次公開が決定しました。

%e3%82%ad%e3%83%a0%e3%83%bb%e3%82%bd%e3%83%b3%e3%83%80%e3%83%ab
韓国では誰もが知る有名説話の中に登場する伝説の詐欺師キム・ソンダル。説話内では、経験豊かな老詐欺師として語られているが、本作では若く美しく、さらにはセクシーさとお茶目さまで兼ね備えた全く新しいキャラクターとして映画化されています

ソンダル率いる詐欺師たちが暗躍する舞台は、戦が絶えない朝鮮時代。

死屍累々の戦場から生き残ったソンダルは、「一度は死んだ人生。後は自由に楽しむだけ!」とばかりに、大胆不敵な詐欺を働き続ける。その詐欺のスケールはだんだんと大きくなり、ついには国の絶対権力者との命がけの対決にまで発展!

たった4人の詐欺師たちが、国をも動かす巨悪に立ち向かう姿はまさに爽快で、ソンダル説話の中で最も有名な、持ち主のいない大河を売りつけ大金を手にした奇抜な発想を痛快にアレンジした、全く新しい時代劇エンタテインメントが誕生した。

映画情報どっとこむ mari 主人公キム・ソンダルを演じるのは大ヒット映画『おばあちゃんの家』で、一躍国民的子役スターとなったユ・スンホ。その後、キム・ハヌルと共演した映画『ブラインド』や日本でも10月に公開される『朝鮮魔術師』、さらにはドラマ「会いたい」「リメンバー」など幅広く活躍。本作では軽妙さと時折にじませる男らしさで、新たな魅力を見せつける。
%e3%82%ad%e3%83%a0%e3%83%bb%e3%82%bd%e3%83%b3%e3%83%80%e3%83%abs1 そして注目すべきは、詐欺師チームの末っ子的存在にして、天使のように清らかな心を持つ青年・ギョニ役として、人気絶頂のEXOのメンバー・シウミンが参戦!現在日本で全国ツアー真っ最中で、歌とダンスでファンを魅了し続けるシウミンだが、スクリーンデビューとなる本作では俳優として新たな魅力を発揮。またルックスだけでなくその愛らしい性格も手伝い、共演者陣だけでなく現場スタッフ全員から可愛がられていたとか。

その他、ソンダルを口八丁手八丁で頼もしく支える“相棒”ボウォンには、『シークレット・ミッション』など韓国映画界を代表する名怪優コ・チャンソク。また紅一点の占い師・ユン菩薩を、「最高のシーン泥棒」と言われるカメレオン女優で、近年では『国際市場で逢いましょう』でも印象深いラ・ミランが演じ、脇を固める。

個性派キャストが集結したチーム=キム・ソンダル。

彼らの前代未聞の計画は観客さえも華麗に騙す!

映画情報どっとこむ mari %e3%82%ad%e3%83%a0%e3%83%bb%e3%82%bd%e3%83%b3%e3%83%80%e3%83%abs2
物語は・・・

天才的な頭脳とずば抜けた度胸を持つキム・ソンダルと、3人の詐欺師たち。

朝鮮中を神出鬼没に現れては、前代未聞の手口で権力者から金品を奪いとり、稀代の詐欺師集団として国中から追われていた。 ソンダルたちのターゲットは朝鮮随一の価値を誇るたばこ。完璧な計画だったが、協力者の裏切りによって捕まる寸前まで追い込まれる。そんな中、その背後に民を清へ売りさばく当代最高権力者がいることを知る。ソンダルたちは、売りさばかれた仲間たちの復讐のため、国家をも巻き込んだ前代未聞の計画に挑むのだが・・・・。

***********************************

監督:パク・デミン『影の殺人』
出演:ユ・スンホ『ブラインド』 シウミン(EXO) コ・チャンソク『シークレット・ミッション』 ラ・ミラン『国際市場で逢いましょう』

配給:CJ Entertainment Japan
(c)2016 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved.
    


 

************************************

 

以下のランキングに登録しています。良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 


レインダンス映画祭にて「イノセント15」を上映!甲斐博和監督Q&A



映画情報どっとこむ TJ 甲斐博和の監督作『イノセント15』が、ロンドン現地時間の9月21日から10月2まで行われる第24回レインダンス映画祭Narrative Discovery部門にて、9月23日(金曜)・28日(水曜)の2日上映されました。
%e3%82%a4%e3%83%8e%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%83%8815_
無垢でもあるが無知でもある15歳という年齢の少年と少女の恋を、目が離せないような独特の魅力に溢れる新鋭俳優を起用しまとめ上げられたヒューマンドラマ。彼らを取り巻く状況は厳しく、「イノセント(純粋)ではない世界」の中で、「イノセント(純粋・無垢)だった2人」が、惹かれ合い、傷つけ会いながらも少しずつ大人になっていくさまを、ヒリヒリとしたタッチで描く。

同映画祭には、甲斐監督が登壇。高校生活を南米チリで過ごしたという甲斐監督は、通訳を通さず挨拶をし、冗談を交えながらも海外の映画祭に初めて参加した喜びを語りました。
%e7%94%b2%e6%96%90%e5%8d%9a%e5%92%8c%e3%82%b9%e3%83%94%e3%83%bc%e3%83%81
監督からの喜びのコメント
初めての海外映画祭参加にあたって緊張もありましたが、沢山のスタッフに支えられました。そして映画祭中に知り合った人たちも来場し作品を鑑賞してくれるなど、盛況の中で上映できたことがなによ りです。この作品が、海外でも人の心を動かすことが出来ること、そして言葉ではない部分が伝わったことも実感でき、嬉しく思いました。今回の経験を踏まえて、世界に映画を届けるにはどうしたら良いか、 という視点が芽生えたので、本作品の興行にも、そして次作にも活かしていきたいと思います。

映画情報どっとこむ TJ %ef%bd%91%ef%bc%86%ef%bd%81%e7%94%b2%e6%96%90%e7%9b%a3%e7%9d%a3
そして上映後の質疑応答では、

Q:主演2人の演技が素晴らしく本当に印象的だった。2人の年齢とキャスティングの流れを教えて欲しい」

甲斐監督:主人公である岩崎銀役は、役の年齢と同じ15歳の萩原利久くんで、ヒロインの佐田成美役は、18歳の小川紗良さん(注:撮影時の年齢)。2人はオーディションで選ばせて頂きましたが、萩原くんは映画初主演、小川さんは映画初出演です。

と甲斐監督が答えると、記者からは「経験が少ないとは思えない演技だ」と感嘆。

Q:どうしてこの物語を書くに至ったか?

甲斐監督:シェルターという、行き場の無い子どもたちを保護する施設で働いている中で、非常に酷い状況下で暮らしていたにもハツラツとしている子もいて、暴力で誰かの心を壊すことは難しいことを知った。そして同時に、愛情無く育てられたり、信頼できなかったり、大きなウソをつかれたりと、親の心のありようが子どもの心を傷つけることも知った。そんな中、『何にも負けなかった可憐な女の子が、恋によって心が動き、喜び、傷つき、そして大人になっていく』という物語を思いついたのが一つのきっかけです。

Q:どうしてこのタイトルにしたのか?

甲斐監督:15歳の子ども2人はある意味、純粋無垢でした。しかし世界はそう出来てはいない。この世界には、映画の中で描かれているようなひどい状況、いえ、もっと目を背けたくなるような状況がたくさんあります。そして、まだ何も知らない彼らからすると、それらはただ車窓を過ぎゆく風景のように、無関係なものでした。しかしこの映画の中では、その複雑な世界が少しずつ彼らを侵食していきます。と同時に、二人がイノセントではいられなくなっていく。そんな矛盾も含めてあえてイノセントという言葉を使い、このタイトルを決めました.

と、熱っぽく語りました。
elliot-grove%e6%b0%8f%e3%81%a8%e7%94%b2%e6%96%90%e7%9b%a3%e7%9d%a3
映画情報どっとこむ TJ 『イノセント15』

とある地方都市の、小さな町。岩崎銀 (15) は、野球好きの中学三年生。学校には行かずにブラブラしているミン、ユウキとつるんでいる。そんな銀は、同級生の佐田成美(15)に突然告白される。断る銀。不思議がるミン達だが、銀は女の子に興味が無さそうである。一方、銀に振られても屈託のない素振りの成美。 しかし、家に帰ると「高校なんて行かずに風俗行けば?」と母親である佐田律子 に言われるなど、 居場所が無い。さらには律子の恋人、神林アツシにその性を売られようともしていた。そして銀も、自分の父親である岩崎大道の、知りたくなかった秘密を知る・・・。



日本国内上映は、12月17日(土)より、テアトル新宿にてレイトロードショー決定!

公式サイト:
innocent15.toca.tokyo

***********************************

監督・脚本:甲斐博和 
プロデューサー 前信介
出演:萩原利久 小川紗良 影山樹生弥 中村圭太郎 信國輝彦 木村知貴 久保陽香 
山本剛史 /本多章一 / 宮地真緒
2016/88min/color 
配給:TOCA.TOKYO  
©2016「イノセント15」製作委員会


 

************************************

 

以下のランキングに登録しています。良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ