廣木隆一監督が瀧内公美で映画化『彼女の人生は間違いじゃない』



映画情報どっとこむ ralph 「さよなら歌舞伎町」「ヴァイブレータ」など、自分の居場所を探し求める大人たちの衝突や愛を、時に鋭く時に温かく描いてきた廣木隆一監督。

どうしても描きたかったという自身の処女小説の映画化であり、文芸作品の映像化に定評がある廣木監督の真骨頂ともいえる新作映画『彼女の人生は間違いじゃない』が、ギャガ配給で、2017年7月15日(土)ヒューマントラストシネマ渋谷、新宿武蔵野館他にて全国順次公開が決定しました!
物語の舞台は、震災から5年後の、廣木監督の出身地福島。
週末になると高速バスで福島から渋谷へ、デリヘルのアルバイトをしにいく主人公みゆき。ふたつの都市を行き来する日々に、みゆきが求めたものとは?

戻る場所もなく進む未来も見えない者たちは、もがきぶつかり合いながらも光を探し続ける。それは、今この時代を生きる私たちに共通する想いかもしれない。すべてのひとに幸あれと願わずにいられない、心に爪痕を残す至極の物語がここに誕生した。

主人公みゆきという体当たりの難しい役どころに全力で挑んだのは、「日本で一番悪い奴ら」の瀧内公美。日常に戻ることなく役になりきるため、撮影中は一度も家には帰らなかったという。

映画情報どっとこむ ralph 亡き妻を今も慕うみゆきの父親には、多くの名匠に愛され、最近では「恋人たち」「共喰い」での好演も記憶に新しい光石研。
素性を隠すデリヘルの従業員には主演映画「横道世之介」で数々の映画賞を受賞、月9ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」主演など、今や人気、実力ともに兼ね備えた高良健吾。
みゆきの同僚で市役所職員には「聖の青春」でのプロ棋士役など、独特の存在感で異彩を放つ柄本時生など、物語に深みを与える実力派俳優が揃った。

映画情報どっとこむ ralph 廣木監督と主演の瀧内さんからコメントが届いています。

廣木隆一監督コメント

朝起きて何気ない毎日が始まることと思っていた。5年と言う歳月はあっという間に過ぎていく。そんな時代に産まれた僕らの記憶と記録。今を生きている僕らの映画にしたかった。大げさに何かを言うのではなく、何かを伝えられる映画というものを信じるための映画にしたかった。ただ、その地に行って撮影して帰ってくるのではなく、その地に立って感じたことを全て描き切ること。ここには正直に向き合ったキャスト、スタッフの姿があるはずです。そして、それは『彼女』の人生の一部かもしれないが、今でも『彼女』はその一部の人生を生きているのだと確信できる映画になってくれたらと思います。劇場でその瞬間に立ち会ってもらえたら嬉しいです。

主演・瀧内公美コメント
この作品に参加できて、感謝と共に実りある時間を過ごせました。今でも撮影していた時の事を思い出すと、溢れそうな想いに胸がいっぱいになります。私は福島出身ではありません。その私がこの題材を表現することが出来るのか、緊張して棒人間になっていた私に、「これは福島だけの話じゃない」と言ってくださった 廣木監督の言葉が、私を前に向かせてくれました。廣木監督が描く本や言葉、眼差しはいつだって優しくて、本当の優しさや想いが映画にたくさん詰まっていると思います。その想いを感じながらも、本に描かれていることを表現することは難しくて、今の福島を見て聞いて感じて、撮影中、ずっと心が止まったり動いたり、無になったり、感じる事をやめたくなったり、いろんな想いがいっぱい生まれました。私は、本当に不器用な人間です。でも、伝えるのが下手でも手を差し伸べてくれる人が世の中にいて、廣木監督がいて、スタッフの方々がいて、その優しさや想いが映画になって、観てくださる皆様へ届けられたら、何か感じていただけたらなと思います。

映画情報どっとこむ ralph 7月15日(土)ヒューマントラストシネマ渋谷、新宿武蔵野館ほか全国順次公開

『さよなら歌舞伎町』『ヴァイブレータ』の廣木隆一監督最新作!
帰る場所もなく未来も見えない者たちに光は届くのか――?

まだ薄暗い、早朝のいわき駅。東京行きの高速バスに乗り込む、金沢みゆき(瀧内公美)。
渋谷スクランブル交差点を渡り、たどり着いたマンションの一室

みゆきのアルバイト先の事務所。
三浦(高良健吾)が運転する車の後部座席に乗って、出勤したのはラブホテル。彼女の仕事はデリヘルだ。
その日は客とトラブルになったが、それを解決してくれるのも三浦の役目だ。「何年目だっけ?」と帰りの車の中で三浦に聞かれ、「来月でちょうど2年目です」と答えるみゆき。暗くなる前に、今度は鉄塔の表側を見ながら、福島へと帰る。

もう一人、みゆきと同じようにもがく男がいる。市役所の同僚の勇人(柄本時生)だ。東京から来た女子大生に、被災地の今を卒論のテーマにするからと、あの日からのことを“取材”されるが、家族がバラバラになった勇人は、言葉に詰まってほとんど答えられない。

そして・・・週末になると東京へと通うみゆきの日々に、変化が訪れる。

***********************************

監督:廣木隆一『さよなら歌舞伎町』『ヴァイブレータ』
原作:廣木隆一「彼女の人生は間違いじゃない」(河出書房新社)
出演:瀧内公美、光石研、高良健吾、柄本時生
提供:ギャンビット、ギャガ
配給:ギャガ
(C)2017『彼女の人生は間違いじゃない』製作委員会
R-15


 

************************************

 

以下のランキングに登録しています。良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 


最も美しい50人アーロン・エッカートが18kg増量&頭剃り『ビニー/信じる男』で



映画情報どっとこむ ralph マイルズ・テラーが実在する伝説のボクサーを演じた『ビニー/信じる男』が2017年7月よりTOHOシネマズ シャンテ他にて全国公開することが決定しました。


世界のスポーツ史上類をみない超人的なカムバックを目指したボクシングの元世界チャンピオン、ビニー・パジェンサの感動の実話を、アカデミー賞監督の巨匠マーティン・スコセッシが製作総指揮、『マネー・ゲーム』のベン・ヤンガーが脚本・監督、さらに『アメリカン・ビューティー』『世界にひとつのプレイブック』のブルース・コーエンがプロデューサーを務め映画化。

伝説のボクサー、ビニー・パジェンサ役は、アカデミー賞候補となった『セッション』のマイルズ・テラーが徹底した役作りで熱演、マイク・タイソンを世界チャンプに押し上げた伝説のトレーナー、ケビン・ルーニー役のアーロン・エッカート(『ハドソン川の奇跡』)と共に最強のタッグを組みました。

映画情報どっとこむ ralph 「ピープル誌」による「世界で最も美しい50人」にも選ばれ、主演作『アイ・フランケンシュタイン』では筋骨隆々のみごとな肉体を披露してきたアーロン・エッカート。

そんなアーロンが『ビニー/信じる男』では驚きの風貌に!
Before  ⇒  After


アーロンが演じたのは、実在するボクシングのトレーナー、ケビン・ルーニー。
マイク・タイソンの元トレーナーでもあり、彼を世界チャンピオンに押し上げたものの、クビにされてしまった時期のケビンを演じます。そんな彼が、瀕死の重傷を負ったマイルズ・テラー演じるボクサー、ビニー・パジェンサとタッグを組み、ビニーの世界チャンピオンへのカムバックを目指します!

本作で禿かかった自堕落なトレーナーであるケビン役を演じるために40ポンド(約18kg)の大増量&頭を剃りあげるという徹底した役作りでガラリと風貌を変え、役者魂を見せつけたアーロン。本作の撮影終了から1ヶ月と3週間後には別作品の撮影に入るため、すぐに体重を戻したというが、そういった短期間での体重の増減による役作りについて「精神にも、新陳代謝にも良くない。でも、役作りのためには良いんだ。彼のその時の心境に入っていけるから。」と語り、「彼はとても落ち込み、酒に浸っていた。ギャンブルもやっていた。だから僕も、自分をああいう状態に持っていくのは、良かったんだ。」と、マイク・タイソンにクビにされたどん底時代のケビンを演じるにあたり、肉体改造からのアプローチはちょうどよかったことを振り返ります。また「役者にとって肉体はツールだ。だからやらなきゃいけない。そしてその価値はあった。問題は、肌がたるんじゃったことだね。シワもできた。太って肌が張り詰めて、その後痩せたからこうなるんだ。でも、かまわない。アクション映画をやった時にできる傷跡みたいなものさ。」と役者魂溢れるエピソードを明かしました。

映画情報どっとこむ ralph ビニー/信じる男

2017年7月よりTOHOシネマズ シャンテ他にて全国公開です。

STORY
アメリカ、ロードアイランド州プロビデンス。自惚れ屋のビニー・パジェンサは、世界ジュニアミドル級のチャンピオンだ。ある日、交通事故で首を骨折し瀕死の重傷を負う。その痛々しい姿に、誰もがビニーの選手生命は絶たれたと思い周囲の人間たちは離れていく。だがビニーは諦めていなかった。彼は命を懸けトレーナーのケビンと共に、どん底から王座奪還をめざす。

***********************************

監督・脚本:ベン・ヤンガー「マネー・ゲーム」
製作総指揮:マーティン・スコセッシ「沈黙サイレンス」
出演:マイルズ・テラー「セッション」、アーロン・エッカート「ハドソン川の奇跡」、ケイティ・セイガル「ピッチ・パーフェクト2」、キアラン・ハインズ「沈黙サイレンス」、テッド・レヴィン「シャッターアイランド」 
提供:ファントム・フィルム/KADOKAWA 
配給:ファントム・フィルム 
宣伝協力:ブリッジヘッド 
原題:BLEED FOR THIS
2016年/アメリカ/英語/カラー/スコープサイズ/5.1ch/117分/日本語字幕:林完治
© BLEED FOR THIS, LLC 2016
    


 

************************************

 

以下のランキングに登録しています。良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 


エドワード・ヤン『牯嶺街少年殺人事件』オールナイト上映決定!



映画情報どっとこむ ralph 現在大ヒット上映中の名匠エドワード・ヤン監督の傑作『牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件』。

1991年に発表された本作は、ヤン監督の生誕70年、没後10年となる節目の今年、25年ぶりに4Kレストア・デジタルリマスター版として日本のスクリーンに蘇りました。
公開されるやいなや初日から満席が続出。公開を待ち望んでいた映画ファンのみならず、本作を初めて観る若い観客からも「これぞ“映画”だと思った。衝撃で席から立てなかった」「どのカットをとっても素晴らしい。

観終えてから一日中映画について考えてしまう作品」「10代でこの作品を観ることができて本当に良かった」などと支持され、SNSを中心に話題が話題を呼び、エドワード・ヤン監督についての関心も再燃しています!

そんな本作の大ヒットを記念して、5月6日(土)『牯嶺街少年殺人事件』に加え、カルト的人気を博す同監督の『恐怖分子』を35㎜プリントにて上映する
オールナイト上映が緊急決定致しました!当日は、『牯嶺街少年殺人事件』を観て衝撃を受けたという塚本晋也監督と、映画秘宝をはじめ様々な雑誌で本作を絶賛、ご紹介頂いた映画評論家の柳下毅一郎氏を迎えてのスペシャルトークイベントも行われます!!

映画情報どっとこむ ralph 【イベント概要】
『牯嶺街少年殺人事件』大ヒット記念!エドワード・ヤン監督オールナイト

日時:5月6日(土) 開映23:00(開場22:50)終映予定 翌5:36
劇場:シネマート新宿 ・スクリーン1
トークゲスト:塚本晋也(映画監督)、柳下毅一郎(映画評論家・翻訳家)※敬称略
上映作品:1.「牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件」デジタルリマスター版 / 2.「恐怖分子」35㎜版
チケット料金:¥2,800(金)均一
※シネマート新宿窓口に限り、『牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件』全国共通鑑賞券+¥1,000にてご鑑賞いただけます。
チケット販売:シネマート新宿窓口及びオンラインチケット予約ページにて販売
チケット販売開始: 4月22日(土)9:00~
詳細:劇場HP

映画情報どっとこむ ralph 『牯嶺街少年殺人事件』
全国大ヒット公開中!!

物語・・・
1960年代の台湾・台北。夜間中学に通う小四(シャオスー)は不良グループ〝小公園“に属する
王茂(ワンマオ)らといつもつるんでいた。小四はある日、小明(シャオミン)という少女と知り合う。彼女は小公園のボス、
ハニーの女で、ハニーは対立するグループ〝217”のボスと、小明を奪い合い、相手を殺し、姿を消していた。
小明への淡い恋心を抱く小四だったが、ハニーが突然戻ってきたことからグループの対立は激しさを増し、小四たちを巻き込んでいく。

***********************************

監督:エドワード・ヤン
出演:チャン・チェン、リサ・ヤン、チャン・クオチュー
1991 年/台湾/236分
©1991 Kailidoscope
配給:ビターズ・エンド


 

************************************

 

以下のランキングに登録しています。良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ