パリの古書店。知的でロマンティックな『静かなふたり』公開決定


映画情報どっとこむ ralph フランス期待の新鋭女流監督エリーズ・ジラールによる、パリの古書店を舞台に繰り広げられるラブストーリー『静かなふたり』(原題: Drôles d‘oiseaux)が10月14日(土)より新宿武蔵野館他にて公開となります。


「沈黙は、愛。 パリ5区、カルチェ・ラタン。謎めいた古書店で、わたしは〝彼〟と出会った。」

田舎から来た不器用な女が出会った、パリで古書店を営む年老いた男。祖父と孫ほどの年齢差にもかかわらず、二人は書物を通して心を通わせ、次第に惹かれあっていく。しかし男には闇に包まれた過去があった。

『静かなふたり』はパリの古書店を舞台にくりひろげられる知的でロマンティックなラブストーリーであり、ひとりの女性が自分の人生を選択するまでのちょっと奇妙な成長譚です。

映画情報どっとこむ ralph 主人公マヴィには、イザベル・ユペールの娘で注目の女優ロリータ・シャマ(『マリー・アントワネットに別れをつげて』)。 謎めいた古書店の店主ジョルジュにはジャン・ソレル(『昼顔』)。撮影のレナート・ベルタは、ダニエル・シュミットやジャン=リュック・ゴダールなど巨匠監督とタッグを組んできたベテランカメラマン。

光と闇に満ちた現代のパリの風景を見事に捉え、どこか幻想的なこの物語を美しく彩ります。

この度公開決定に併せてポスタービジュアルが解禁、そして主演のロリータ・シャマの母であるフランスの実力派女優イザベル・ユペールから本作に寄せたコメントをどうぞ。

とても小ぶりな映画。けれど正真正銘の真珠。ロリータの演技に感銘を受けました。
イザベル・ユペール(女優)


***********************************

監督・脚本:エリーズ・ジラール
共同脚本:アンヌ=ルイーセ・トリヴィディク
撮影:レナード・ベルタ
音楽:ベルトラン・ブルガラ
出演:ロリータ・シャマ、ジャン・ソレル、ヴィルジニー・ルドワイヤン
2017年|フランス|カラ―|70 分|原題: Drôles d‘oiseaux|日本語字幕:寺尾次郎
提供:マーメイドフィルム|配給:コピアポア・フィルム
後援:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本
©KinoEletron – Reborn ProducCon – Mikino – 2016
   


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

ギターウルフ セイジ登壇『ギミー・デンジャー』カリコレクロージング


映画情報どっとこむ ralph ジム・ジャームッシュ監督によるロック・ドキュメンタリーで、イギー・ポップがフロントマンを務める伝説的バンド「ザ・ストゥージズ」を追いかけた『ギミー・デンジャー』。

同作が8月18日(金)に、新宿シネマカリテで開催されていた「カリテ・ファンタスティック・シネマ・コレクションのクロージング作品として上映され、上映前のゲストとして、ザ・ストゥージズのファンで、7月に米オークランドで行われた音楽フェスティバル「Burger Boogaloo 2017」でイギーと競演し、世界的に活躍しているロックバンド、「ギターウルフ」のセイジさんが登場しました。

『ギミー・デンジャー』カリコレクロージング上映記念
ギターウルフ セイジ トークイベント

日付:8月18日(金)
会場:新宿シネマカリテ
登壇:セイジ(ギターウルフ)

映画情報どっとこむ ralph 本作について

セイジさん:アメリカのバンドドキュメンタリーは、つまんないインタビューばかりのものが多いけど、これはイギーがたくさんしゃべってて、あの時代の暴れてる頃の映像も多くて面白かった!

と感想を語り、とくにザ・ストゥージズのライバルで、当時のデトロイト系のパンクの雄として活躍していた「MC5」の存在にも言及。

セイジさん:一番興味があったのは、イギーやストゥージズとMC5がデトロイトでどういうライバル関係にあったか?ということ。あの時期にライバルがいたおかげで、2つのバンドはすごくなっていったと想像していました。その辺がよく描かれていて、たまんなかったね。

と嬉しそうなセイジさん。

映画情報どっとこむ ralph セイジさんが、イギーを初めて見たのは1998年の第2回フジロックフェスティバル。ギターウルフが出演したステージのトリをイギーが務め、セイジさんもその場にいたそうで、

セイジさん:会場で見てたんだけど、出番になってもイギーは30分くらい出てこないんですよ。『いい加減にせい!イギー!』って怒り気味で待ってても、なかなか出てこず、パッと見たら、光の中に立っていて、人間の形をした野獣のようで、オーラがすごくてびっくりした。

と振り返りました。

また、つい最近、7月にアメリカのオークランドで開催された音楽フェスティバル「Burger Boogaloo 2017」でも、ギターウルフとイギーが同日の出演を果たしていて・・・、

セイジさん:最初にオファーがあったときは、俺たちがトリを務めるって話だったけど、イギーの出演が決まって、イギーがトリになった(笑)

と内情を暴露。

セイジさん:楽屋で握手してもらおうと思って、(パフォーマンス後に)待ってたんだけど、なかなか来ない。どうしたかと思ったら、ステージの横に黒いリムジンが来て、ドアが開いてステージに飛び移り、演奏が終わったら、すぐにまた黒いリムジンに乗って帰っちゃって、挨拶もできず残念でした…(苦笑)。

と明かし、このステージでのイギーについては

セイジさん:1998年に見てから20年近く経ってて、70歳だけど、筋肉ムキムキで、出てきていきなり客席にダイヴ! なんだ、このジジイ!ケタが違うって思ったね。いろんな外タレのパンク連中を見てきたけど、イギーのパワーは他を隔絶しています。

と改めてイギーの偉大さをたたえました。

映画情報どっとこむ ralph イギーが最新アルバムを最後に引退をすることをほのめかしてるとも報じられている・・・この噂については

セイジさん:ホントかな、それ?宮崎駿作戦かもしれないよ(笑)

と語り、会場を笑いの渦に!

そして

セイジさん:いまの歳のイギーをまた日本で見たいね。みんなびっくりすると思う」と来日を熱望。改めて映画について「イギー・ポップはケタが違うから! ぜひ楽しんで!

と力強く呼びかけていた。

永瀬正敏、甲本ヒロト/ザ・クロマニヨンズ、オカモトショウ らも大絶賛!!

ギミー・デンジャー
原題: GIMME DANGER

9月2日(土)、新宿シネマカリテほか全国順次公開
movie-gimmedanger.com

ストーリー
1967年、ミシガン州アナーバーで結成されたバンド、ザ・ストゥージズ。過激で危険なフロントマン、イギー・ポップを中心にバンドは活動を始めるが、その型にハマらない音楽はキワモノ扱いされ思うように活動できない中、彼らにいち早く注目したのはイギリスで人気絶頂だったデヴィッド・ボウイだった。ボウイに呼び寄せられストゥージズは渡英。しかしたった3枚のアルバムを残し、74年にバンドは解散する―。セックス・ピストルズ、ニルヴァーナ、レッド・ホット・チリ・ペッパーズなど後の音楽シーンに多大な影響を与え伝説となったストゥージズ。彼らがロック・ファンを惹きつける理由は何なのか。イギー・ポップを軸に、メンバーと、本当に近しい関係者のインタビュー、そして新たに発見された貴重な映像や写真で、ストゥージズの真実が明らかになる。
***********************************

監督:ジム・ジャームッシュ
出演:イギー・ポップ、ロン・アシュトン、スコット・アシュトン、ジェームズ・ウィリアムスン 他
2016年/アメリカ/英語/108分/アメリカンビスタ/カラー、モノクロ/5.1ch
日本語字幕:齋藤敦子 PG12

オリジナル・サウンドトラック:ワーナー・ミュージック
提供:キングレコード、ロングライド
配給:ロングライド
© 2016 Low Mind Films Inc


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

窪田正孝愛が止まらない!鈴木伸之とファン『東京喰種』ファン大感謝DAY


映画情報どっとこむ ralph 公開から20日を過ぎてヒットを続ける映画『東京喰種 トーキョーグール』
人の姿をしながら人を喰らう怪人・喰種と人間の闘いを描く迫力のバトルや高いドラマ性が評価されているそう。

そして!この度『東京喰種』ファン大感謝DAYが行われ、窪田正孝さんと鈴木伸之さんが登壇しました。


『東京喰種』ファン大感謝DAY
日程:8月18日(金)
場所:新宿ピカデリー
登壇:窪田正孝、鈴木伸之

映画情報どっとこむ ralph 上映を終えてすぐの会場にMCの呼び込みで二人が登場すると大歓声!!!
7月29日の公開初日から20日経っているにも関わらず超満員。

窪田さん:すごいですね!20日ですよ。二人で舞台挨拶やらせてもらって・・時間ってたつの早いですね。

鈴木さん:周りからは作品面白かったし、亜門格好良かった!って言ってもらえてうれしかったですね。
それから、プロモーションで、僕・・・窪田さんのこと好きになっちゃったんですよ!役者としても先輩としても素敵な方だなと。
と告白モード。

映画情報どっとこむ ralph 撮影はちょうど去年の今頃。ふたりが劇中で戦うクライマックスのアクションシーンを撮っていたそう。
ふたりとも、ハードなバトルを夜から朝まで撮影するのは大変で

窪田さん:喰種だから、人食するのは夜。ディナーですから撮影は夜から。2日間かけて撮って、CG入れるともっとですよね。ニョロロロって!(笑)

鈴木さん:でも、集中していたのであっという間でした、一番思い入れの強いシーンかもしれないです。

と撮影を振り返っていました。

また、「喰種のマスク」を装着していた窪田さんは、マスク状態でアクションシーンの苦労話を披露。
ずっと口元が覆われていた状態で苦しかったそう。

鈴木さん:大変そうで、耳の辺りから息の音がしていて、窪田さんここから呼吸してるんだって!思いました。

窪田さん:エラ呼吸!だったよ。亜門に噛みつくシーンでやっと「口開きマスク」に代わって息出来た!でも、ノブ君も重いの持って振り回して大変だったよね。

鈴木さん:そう、大変でした!でも大泉さんは手に持ってるところだけ本物で後はCGなのに、肩重かったわ~って。

窪田さん:チョット。大先輩、楽してるよね。

と、掛け合いが、めっちゃ仲良さそうなお二人。

映画情報どっとこむ ralph さらに<ファン大感謝DAY>らしいコーナーに突入!
お二人がボックスから引き当てた座席番号でグッズが当たり・・・さらに「思い入れのあるシーン」を直接話せるというラッキーなものに!かなりの倍率です!
ファンのひとりがカネキと亜門それぞれのトレーニングシーンを挙げると、すかさず窪田さんが撮影秘話を披露したり、ファンのリアルだったというシーンは、実は対象になる人物はいなかったことが判明!窪田さんの演技の凄さが伝わるエピソードを引き出したり・・・

カネキが指を痛めつけられる印象的なシーンは、じつは窪田さんではなく撮影助手の指であったことが明かされたり・・・
また、自分の席番号を呼ばれて、感動で泣き出してしまうファンも。

それでも。。。。お気に入りのシーンは泣きながら「シャワー(のシーン)好きです」と語るファンに、お二人も会場も大爆笑!

終始なごやかに交流が行われ、最後には観客の皆さんのスマホ撮影会では、ファンが撮りやすいように右へ左へとステージを駆け回るお二人でした!
まさに優しさあふれる<ファン大感謝 DAY>でした。

映画情報どっとこむ ralph 『東京喰種 トーキョーグール』

は大ヒット上映中!

物語・・・
人の姿をしながらも人を喰らう怪人【喰種(グール)】。水とコーヒー以外で摂取できるのは「人体」のみという正体不明の怪物たちが、人間と同じように暮らしている街、東京。ごく普通のさえない大学生の金木研(カネキ/窪田正孝)は、ある日、事件に遭い重傷を負ってしまう。病院に運び込まれたカネキは、事故の時一緒にいた喰種の女性・リゼの臓器を移植されたことで、半喰種となってしまう。自分が喰種化したことで苦悩するカネキは、以前から通い詰めていた喫茶店あんていくで働き始め、そこでアルバイトをしている女子高生・霧嶋董香(トーカ/清水富美加)と出会う。あんていくは喰種が集まる店で、トーカもまた喰種なのだった。トーカはぶっきらぼうな態度を取りつつも、やがてカネキを助ける存在となっていく。そんな中、喰種にも人間と同じように、守るべき家族や大切な友人がいること、愛する気持ちや哀しみ、憎しみといった感情があることを知り、カネキは人間と喰種、二つの世界の価値観の中で葛藤する。一方、喰種を駆逐しようとする人間側の組織・CCG(Commission of Counter Ghoul)の捜査官・亜門(鈴木伸之)、真戸(大泉洋)が現れ、熾烈な戦いに巻き込まれていくのだった…。

httpvh/youtu.be/5ktZ3E375Bw

公式サイト:tokyoghoul.jp
公式twitter:@tkg_movie

***********************************

原作:石田スイ 「東京喰種 トーキョーグール」
(集英社「週刊ヤングジャンプ」連載)

出演:窪田正孝
清水富美加 鈴木伸之 桜田ひより 蒼井優 大泉洋
村井國夫 / 小笠原 海 白石隼也 相田翔子 栁 俊太郎 坂東巳之助
佐々木 希 浜野謙太 古畑星夏 前野朋哉 ダンカン 岩松 了

監督:萩原健太郎
脚本:楠野一郎

音楽:Don Davis
主題歌:illion「BANKA」(WARNER MUSIC JAPAN)

配給:松竹
©2017「東京喰種」製作委員会
©石田スイ/集英社


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ