中川大志・平祐奈 映画『ReLIFE リライフ』の主題歌に井上苑子




映画情報どっとこむ mari この度、2017年公開の映画『ReLIFE リライフ』の主題歌に、女子高校生を中心に支持を集め活躍中のシンガーソングライター・井上苑子さんの新曲(タイトル、発売日未定)が起用されることが決定しました!!!​
​​relife 等身大の気持ちを歌に乗せて奏でる、優しく前向きなメロディーが、同世代を中心に共感を呼び、急速に人気上昇中の井上苑子。楽曲は、映画のために新たに書き下ろしされます。どんなメロディーが生まれるか期待が高まります。​

映画情報どっとこむ mari inoue_asya_fix_1007 井上苑子さんからのコメントが届いています。

井上さん:ReLIFEの主題歌を書きおろして欲しいというお話を聞いたときは、純粋に嬉しかったです!!​
なぜなら私は原作を読んでいるので…!!​

本当にすごくハマっていて、comicoの最新話が更新されるたびに読んでいるほど、大好きなのです!​
純粋で綺麗な恋や友情を見ていると、キュンキュンしてしまいますし、海崎さんと日代さんの恋を全力で応援しています。​
そんな大好きなReLIFEの、記念すべき映画版の主題歌ということなので、​
登場人物の繊細な気持ちの変化や、恋するもどかしい気持ちを爽やかに、曲でも描けたらなと思います。​
素敵な映像に負けないように、精一杯良い曲を書きますのでよろしくお願いします!!​

映画情報どっとこむ mari ReLIFE リライフ

2017年4月15日(土)公開です。

公式サイト:
relife-movie.jp
公式twitter:
@relife_eiga​

「”人生、やり直したい”と思ったことありませんか?」​

1204_relife_映画「ReLIFE」の物語は、社会でつまずいた27才ニートが社会復帰するため、1年限定で17歳に若返り、高校生活を送るという設定で始まります。​
人生をやり直した2度目の高校生活で出会う、想定外の友情や恋に真っ直ぐに向き合うことで、運命を変えていく主人公。彼を中心に、登場人物たちがそれぞれに織りなす、懸命で、ひたむきで、ピュアな物語が幅広い世代の胸を打つ、さわやかな青春ストーリーです。​
監督は、大ヒット映画『今日、恋をはじめます』の古澤健(ふるさわ たけし)がメガホンを取りました。映画オリジナルの結末で、観客に驚きや感動を与えること間違い無しの作品です。​

中川大志、平祐奈の2人をW主演に迎え、高杉真宙、池田エライザ、岡崎紗絵、千葉雄大と、瑞々しさと演技力を兼ね備えた今最も旬なキャストが決定し、原作ファンからも、多くの期待が寄せられています。​

***********************************

原作:夜宵草 著「ReLIFE」(comicoにて連載中)​
監督:古澤 健​
脚本:阿相クミコ​
出演:中川大志、平祐奈、高杉真宙、池田エライザ、岡崎紗絵、千葉雄大​
企画:カルチュア・エンタテインメント             ​
配給:松竹​
制作プロダクション:C&Iエンタテインメント​
制作スケジュール: 2016年11月3日クランクイン、12月中旬クランクアップ(予定)​

©夜宵草/comico​
© 2017「ReLIFE」製作委員会​


 

************************************

 

以下のランキングに登録しています。良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 


「ミス・サイゴン」25周年記念公演の映画化!3月10日より公開!



映画情報どっとこむ ralph ミュージカル史上に燦然と輝く金字塔「ミス・サイゴン」。

アジア人には厳しい内容ではありますが・・・日本でも長く愛されている作品。

2014年9月、ロンドンのプリンス・エドワード・シアターで上演された25周年記念公演を最新の映像技術で撮影、映画化!この秋より世界31カ国で上映され、ついに本作の日本での劇場公開が、2017年3月10日(金)より、TOHOシネマズ 日劇にてスタートするそうです!

%e3%80%8e%e3%83%9f%e3%82%b9%e3%83%bb%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%b4%e3%83%b3-25th%e3%80%8f%e3%83%9d%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc
映画情報どっとこむ ralph 注目ポイント①:ロンドンで上演された1回限りの特別公演が、最新技術で大スクリーンによみがえる!

本作はミュージカルの本場ロンドンで上演された貴重な公演を最新の映像技術で撮影。さらに公演後、映画のために再度キャストを集結させ、観客を入れずに追加撮影を実施しました。今までに見たことのない臨場感あふれる映像と、キャストの生き生きとした表情をとらえ、全く新しい「ミス・サイゴン」を誕生させました。

注目ポイント②:新旧キャストが夢の共演!<25周年記念スペシャル・フィナーレ>

舞台上演後に行われた<25周年スペシャル・フィナーレ>には、特別ゲストとして、ジョナサン・プライス(エンジニア役)、レア・サロンガ(キム役)、サイモン・ボウマン(クリス役)を始め、初演時のオリジナル・キャストが総出演!新旧キャストによるハーモニーで本作を彩る名曲の数々が披露され、劇場が作品への愛と祝福に包まれた最高にハッピーなフィナーレが贈られました。

2017年5月、日本初演からも25年を迎える「ミス・サイゴン」のアニバーサリーイヤーを、サイゴン・ファミリーと一緒に盛り上げてまいります。世界中で愛され続ける「ミス・サイゴン」の壮大なドラマと音楽を、圧倒的なライブ感でお届けする本作。ぜひ多くの方に映画館で体感いただけますよう、貴媒体にてご紹介のご検討を何卒よろしくお願い申し上げます。

映画情報どっとこむ ralph ★「ミス・サイゴン」とは―
初演は1989年9月20日、ロンドン・ウエストエンド。
作詞・作曲は「レ・ミゼラブル」の作詞・作曲も手掛けたアラン・ブーブリルとクロード・ミッシェル・シェーンベルクのコンビ。

物語・・・
1970年代のベトナム戦争末期、爆撃で故郷の村と両親を失った少女キムと、長引く戦争に対する疑問と虚無感に苛まれるアメリカ兵クリスは、エンジニアの経営するナイトクラブで出会い、急速に惹かれあう。だが、サイゴン陥落の混乱の中、非情にも2人は引き裂かれ、クリスはキムを残しベトナムを離れてしまう。戦争が終わり、キムはクリスの帰りを待ちながら彼との息子タムを育て、懸命に生きていたが、帰還したアメリカで今もベトナムの悪夢に苦しむクリスは、妻エレンと共に新たな人生を歩き始めていた。

時がたち2人が再会するとき、キムは愛するタムを前に、ある悲壮な決意を固めるのであった。

***********************************

製作:キャメロン・マッキントッシュ「レ・ミゼラブル」「オペラ座の怪人」「キャッツ」 
作:アラン・ブーブリル/クロード=ミッシェル・シェーンベルク「レ・ミゼラブル」 
音楽:クロード=ミッシェル・シェーンベルク

キャスト:エンジニア=ジョン・ジョン・ブリオネス/キム=エバ・ノブルザダ/クリス=アリスター・ブラマー/エレン=タムシン・キャロル/ジョン=ヒュー・メイナード/トゥイ=ホン・グァンホ/ジジ=レイチェル・アン・ゴー

スペシャル・ゲスト:ジョナサン・プライス/レア・サロンガ/サイモン・ボウマン      

配給:東宝東和株式会社  
制作:ユニバーサル・ピクチャーズ 


 

************************************

 

以下のランキングに登録しています。良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 


桐島ココ、榎木孝明ら『スクール・オブ・ナーシング』横浜公開初日に!



映画情報どっとこむ ralph スクール・オブ・ナーシングポスター医師不足、看護師不足が深刻化する現代社会。熊本県人吉市の看護師養成期間を舞台に、自らの意志で看護の道を選んだ若者たちが、葛藤しながらも命と対峙する姿を描いた青春群像劇が『スクール・オブ・ナーシング』。

主人公のあかねを演じるのは、期待の新星、桐島ココ。その瑞々しさあふれる演技で、初々しい看護師のたまごを等身大で体現しました。また、ベテランの榎木孝明が、時に父親のような包容力であかねと接する患者役で存在感を発揮。そのほか、佐伯日菜子、愛華みれ、吹石一恵(友情出演)ら実力派たちが脇をかためました。熊本、鹿児島でオールロケを敢行し、人吉や天草・御所浦ほか美しい風景が物語を彩ります。
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%bb%e3%82%aa%e3%83%96%e3%83%bb%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%82%b0 12月10日、横浜シネマ・ジャック&ベティで舞台挨拶が行われ、出演者の桐島ココ、榎木孝明、大和田健介、佐伯日菜子、木村知幸、足立内仁章監督が登壇しました。

横浜公開初日舞台挨拶
日付:12月10日
会場:横浜シネマ・ジャック&ベティ
登壇:桐島ココ、榎木孝明、大和田健介、佐伯日菜子、木村知幸、足立内仁章監督

映画情報どっとこむ ralph 劇中、余命わずかの患者、古村を演じた榎木さん。

榎本さん:これまでは時代劇で殺した数のほうが多かったんです(笑)かつて、私の先生でありました小林桂樹さんの“死ぬ演技”が本当にお上手だったんです。僕も今回、病院の先生から “亡くなり方”を褒めていただきました。やっと先生に追いつけたかなと思っています。

と述懐。さらに、終盤のある感動的なシーンについて触れ

榎本さん:別の仕事で泣かなくてはいけない撮影の時にも、そのシーンのことを思い出すと自然と泣けてくるんです。今日も久しぶりに本作を観ましたが、何度観ても涙が出てしまう。自分が出演した映画で泣けるのって本当に幸せなことですね

と映画の仕上がりに太鼓判を押しました。

そんな榎木さんと初共演した主演の桐島さんは

桐島さん:クランクインの日、昼間に古村との出会いのシーン、夜に彼が亡くなるシーンを撮ったんです。初日からなかなかのプレッシャーでした。榎木さんはちょうど“不食”を実践されていた頃。見るからにやせ細っておられて、臨終シーンは本当に亡くなってしまったかと思うほどのリアリティがありました。その姿勢に勉強させていただきましたね。

と大先輩への感謝を述べ、看護学生の役作りにあたり実際に看護実習を体験した佐伯さんは、とりわけ、清拭用のタオルの巻き方に苦戦したそう。

私は本当に不器用なんです。でも、原案の山﨑かおる先生が丁寧に教えてくださる上、『本当に上手よ』と褒めてくださる。この撮影を通して、自分は褒められて伸びるタイプだと知りました!

と話し、会場を笑わせました。

映画情報どっとこむ ralph スクール・オブ・ナーシング

2016年12月10日(土)〜16日(金)

横浜シネマ・ジャック&ベティにて公開中

***********************************

桐島ココ 大和田健介 佐伯日菜子 木村知幸
愛華みれ 今本洋子 木元としひろ 真柴幸平 山田太一 小牧芽美
吹石一恵(友情出演) 榎木孝明
監督:足立内仁章
脚本:児島秀樹
原案:山﨑かおる
後援:日本看護協会 日本医師会 日本病院会 全日本病院協会 日本医療法人協会 熊本県医師会 熊本県看護協会 熊本県医療法人協会 人吉市医師会 球磨郡医師会 天草郡市医師会 人吉市 球磨郡町村会 人吉温泉観光協会 熊本日日新聞社 人吉新聞社|

特別協力:医療法人愛生会 愛生会外山内科/愛生会外山病院|協力:豊永耳鼻咽喉科医院 とやまクリニック
他撮影:三本木久城|録音:岩間翼|美術:佐々木健一
音楽:丸山和範|主題歌:佐々木詩菜「あいのことば」
企画:スタジオレヴォ
制作プロダクション:クロニクル
プロデューサー:山﨑歩 山際新平|
©2015「スクール・オブ・ナーシング」製作委員会


 

************************************

 

以下のランキングに登録しています。良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ