巨人VS広島戦で、GIANTS×『劇場版シティーハンター』のコラボレーション実施!


映画情報どっとこむ ralph 「シティーハンター」が、2019年2月8日に長編アニメーション映画として復活!

新宿を舞台に様々な依頼を受け、法で裁けぬ悪と闘う「シティーハンター」こと冴羽獠。超一流の射撃の腕をもつ、裏社会No.1の始末屋だが、無類の女好き。


相棒の槇村香は依頼人の女性に手を出そうとする獠を時に“撃退”しつつも、仕事のパートナーとして獠を支え成長していきます。

2人の活躍を時にハードボイルドに、時にコメディチックに描いた北条司による原作は1985年、「週刊少年ジャンプ」で連載開始。1987年にサンライズ制作、読売テレビ・日本テレビ系列でTVアニメが放送開始され、シリーズ140話、スペシャル3作に加え、劇場版3作を数える大ヒット作となっています。

映画情報どっとこむ ralph 本作の公開を記念し、東京ドームで8月29日(水)に開催する巨人VS広島戦で、GIANTS×『劇場版シティーハンター』のコラボレーションによる「シティーハンターナイター」を実施します。

対象試合:8月29日(水)巨人×広島戦(東京ドーム)午後4時開場、午後6時試合開始

このほど、ジャイアンツのユニホームを着用した主人公・冴羽獠と相棒・槇村香のコラボビジュアルが完成しました。試合当日は同ビジュアルをデザインしたオリジナルクリアファイル(非売品)を先着来場者1万人に配布するほか、東京ドーム内のビールカップ(プラカップ)がすべて「シティーハンターナイター」の特別仕様となります。

また同日は、冴羽獠役のレジェンド声優・神谷明さんが場内アナウンスの一部を務めるなど、シティーハンターとコラボレーションした場内演出も実施されます。

映画情報どっとこむ ralph ◆神谷明さんからのコメント

来年2月の映画公開前に冴羽獠が東京ドームでひと足早く復活します!良いプレーが生まれる試合になればうれしいです。冴羽獠として、東京ドームを盛り上げさせてもらうよ!

体操しようよ

公式サイト:
taiso-movie.com   


物語・・・
38年間無遅刻無欠勤、真面目だけが取り柄の会社員・佐野道太郎(草刈正雄)。18年前に妻を亡くし、しっかり者の娘・弓子(木村文乃)と2人暮らし。定年退職後「これからは自由に生きるぞ!」と意気込むものの、実際には何をしていいのか途方にくれ、しかも一人娘の弓子から「佐野家の新しい主夫は、お父さんです!」と宣言され家事担当に。ある日地元のラジオ体操会に参加したことで人生の風向きがかわっていく。体操会のマドンナのぞみ(和久井映見)に胸ときめかせ、彼女からの紹介でラジオ体操会会長の神田(きたろう)が営む便利屋の仕事を得て、年下の同僚で天文マニアの馬場薫(渡辺大知)と、地域の人々の様々な依頼を不本意ながらも取り組むことに。何事にも一生懸命だけど不器用な道太郎が、周囲から叱咤激励されながら人生を謳歌していく。

***********************************

出演:草刈正雄 木村文乃 きたろう 渡辺大知(黒猫チェルシー) 徳井優 諏訪太朗 川瀬陽太 山田真歩/片桐はいり 大島蓉子 稲川実代子 木村八重子 加藤満 菅野久夫 平澤宏々路 余貴美子 小松政夫 平泉成/和久井映見
監督:菊地健雄 
脚本:和田清人、春藤忠温 
音楽:野村卓史 
主題歌:「体操しようよ」RCサクセション(ユニバーサル ミュージック)

配給:東急レクリエーション 
企画:パレード 
製作幹事・制作プロダクション:ポリゴンマジック
特別協賛:かんぽ生命 
協賛:タニタ 長谷工シニアホールディングス 
助成:文化庁文化芸術振興費補助金 
撮影支援:千葉県 広報連携:東京都 
特別協力:全国ラジオ体操連盟
製作:「体操しようよ」製作委員会(ポリゴンマジック パレード 東急レクリエーション 朝日新聞社 ハピネット 博報堂DYミュージック&ピクチャーズ アサツー ディ・ケイ イオンエンターテイメント)
ラジオ体操制定90周年
(c)2018「体操しようよ」製作委員会


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

阿部総監督、西片監督、山田Pが語った!『劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人』最速上映~大罪Night~


映画情報どっとこむ ralph 原作は累計3000万部突破の大ヒットコミックで、長くTVアニメーションシリーズとして も愛されてきた『七つの大罪』。

その初の映画化が『劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人』。8月18日(土)からの公開を前に8 月17日(金)、“~大罪Night~”と称して、東京・新宿の新宿バルト9にて最速上映が開催されました!
そして!上映後には阿部記之総監督、西片 康人監督、山田賢志郎プロデューサーによる大罪Night舞台挨拶も行われました。

「劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人」最速上映~大罪Night~
日程:8月17日(金)
場所:新宿バルト9 シアター6
登壇:阿部記之総監督、西片康人監督、山田賢志郎プロデューサー

映画情報どっとこむ ralph 本作は、原作者の鈴木央が劇場版用に描き下ろしたネームを元にした完全オリジナルストーリーとして制作したことについて山田賢志郎プロデューサーが、

山田P:鈴木先生には夏休み映画ですので、気持ちいい感じで終わるようにということを話し、 ホークママが大きいので、デカい敵が出てきて、一発でやらかしてほしいという(笑)…というイメージを事前にお伝えしました。

と明かしました。

鈴木先生の約300ページ分あったネームを元に、

西片監督:わりとシンプルに作っていただき、最初は90分のアニメとしては少し短かったので、劇場用ということで、こちらでいろんな部分を足していきました。実は“天翼の剣”も先生のネームにはなかったものなんです!

と明かし、

西片監督:夏休みに楽しめるジェットコースタームービーだと思います。

と自信をのぞかせる。

阿部総監督によると、最初に先生と打合せの機会を持ったのは約2年前で、当時の原作の連載では、まだ登場していな かった設定などが、劇場版では早い段階から盛り込まれていたそうで

阿部総監督:2年近く前に打ち合わせして、年末にかけて漫画 (ネーム)を描いていただいて、そこからシナリオ化したんですが、(原作では)メリオダスの秘密もまだちゃんとは…。

と阿部Pが言えば、

西片監督:インデュラも出てなくて…みなさんは(映画を観て)コミックに出ているインデュラが出たと思うかもしれませんが、僕らにとっては(連載よりも)先生から聞いたのが早かったんです!

と制作秘話を明かしました。

映画情報どっとこむ ralph また、激しいバトルシーンが劇場版の見どころのひとつですが、制作はかなり大変だったよう。

西片監督:最後のキメのシーンは相当ギリギリまで引っ張って作りました。8月6日の完成披露上映会(レポはこちら)のときは、まだ完成してなくて…(苦笑)。今日、初めてお見せすることができました!

とホッとした表情。

特に前半部分を重点的に担当したという

阿部総監督:いろんな楽しみ方ができると思います。アクションは当然ですが、 天空の村の生活も楽しく見れるし、ホークもいつもよりたくさん出てきますので!

と見どころをアピールした。

また、レギュラー陣、ゲスト陣を交えての大賑わいのアフレコに話が及ぶと、

山田P:声優を決めるとき、一番 重要視していたキャラクターが天翼人のバネス(VC:鈴木れい子)。バネスは世界観を作っていくキャラクター。 音響監督の若林和弘さんの世界観に合う人をぶつけてきてほしいという思いでやりました。

と強い思い入れを口にしました。

子どもから大人まで楽しめる本作ですが、

山田P:弱虫だった ソラーダが頑張って、〈七つの大罪〉たちと大活躍するので、子どもたちが壁 にぶち当たった時に『頑張っていける』と思ってもらえたら!

と語り、

西片監督:子どもたちがソラーダになり替わって、自分を重ねて、天空の世界を楽しんでもらえたらという思いで作りました。

と呼びかけました。

映画情報どっとこむ ralph 劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人

劇場版公式サイト:
http://www.7-taizai-movie.net/

は、明日(8月18日)より全国公開を迎えます!!
そして、七つの大罪全揃いの豪華声優さんと乃木坂46、そしてよゐこが登壇する初日舞台挨拶も行われますので、そちらのレポートもご期待ください!

ストーリー
七人の大罪人、空を翔ける!!! ここは妖精族や女神族や魔神族が存在する世界。魔神族の暗躍により、滅亡寸前だった大国・リオネス王国を救ったのは、 大罪人であり伝説の騎士団〈七つの大罪〉と、ひとりの王女だった。そして、リオネス王国に平穏がもたらされてから少し時が流れたころ――。 国王の誕生日を祝うため、幻の食材・天空魚を探しに辺境の地へやって来た〈七つの大罪〉たち。団長のメリオダスと、人の言葉を話す豚の ホークは、天空魚を求めるうちに空高く、雲の上に存在する天空の世界“天空宮”へと飛ばされてしまう。天空宮には翼をもつ“天翼人”が暮 らしている。メリオダスは掟を破った天翼人の少年と間違えられて牢屋へ入れられてしまう。天空宮では三千年間封印される凶悪な魔獣の解放 を防ぐため、儀式の準備をしていた。だが封印を解こうと天翼人の命を狙う、“ベルリオン”率いる強靭な魔神族の集団〈黒の六騎士〉が姿を 現す。残虐非道な彼らからみんなを守るため、メリオダスたちは〈黒の六騎士〉と激突する!

過去記事:
乃木坂46 梅澤美波、山下美月、与田祐希 嫉妬しちゃうのは!? 「劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人」完成披露
http://eigajoho.com/119920

***********************************

キャスト メリオダス:梶 裕貴 エリザベス:雨宮天 ホーク:久野美咲 ディアンヌ:悠木碧 バン:鈴木達央 キング:福山潤 ゴウセル:髙木裕平 マーリン:坂本真綾 エスカノール:杉田智和 ソラーダ:代永 翼 エルラッテ:戸松遥 ベルリオン:森川智之

スタッフ 原作:鈴木央(講談社「週刊少年マガジン」連載) 総監督:阿部記之(「BLEACH」シリーズ、劇場版「黒執事 Book of theAtlantic」ほか) 監督:西片康人(「BLEACH」シリーズ 演出、劇場版「黒執事 Book of theAtlantic」演出 ほか) 脚本:上江洲誠(「暗殺教室」、「劇場版 蒼き鋼のアルペジオ」 ほか) キャラクターデザイン・総作画監督:佐々木啓悟(「七つの大罪」、「青の祓魔師」ほか) プロップデザイン:宮川治雄 色彩設計:茂木孝浩/岡崎菜々子 美術監督:伊東広道 美術設定:成田偉保 撮影監督:木村俊也 CG監督:軽部優 編集:後藤正浩 音楽: 澤野弘之(「進撃の巨人」、「機動戦士ガンダムUC」、「連続テレビ小説まれ」ほか)/ 和田貴史(「テラフォーマーズ リベンジ」ほか) 音響監督:若林和弘 制作: A-1 Pictures(「心が叫びたがってるんだ。」、「ソードアート・オンライン」ほか)

主題歌『空扉(そらとびら)』 乃木坂46 ( 作詞:秋元康 作曲:FURUTA&Dr.Lilcom )
配給:東映
製作:「劇場版七つの大罪」製作委員会


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『走れ!T校バスケット部』鈴木勝大、阿見201 BリーグU15チャンピオンシップ決勝戦に登場


映画情報どっとこむ ralph 実話に基づいた同名小説を実写化、汗と涙の直球青春スポーツ映画『走れ!T校バスケット部』が今年11月3日(土)に公開となります!

弱小バスケットチームの成長を通し、高校生の悩みや葛藤、仲間との絆、家族の想いを丁寧に描いた、胸アツ青春映画がこの秋、誕生します!

そして!本日!

『走れ!T校バスケット部』イベント第2弾となるBリーグとのコラボイベント“BリーグU15チャンピオンシップ”の決勝戦を鈴木勝大さんと阿見201さんが観戦&ハーフタイムショーのゲストとして登場しました!


日付:8月17日
場所:大田区総合体育館
登壇:鈴木勝大、阿見201

映画情報どっとこむ ralph 鈴木さんと阿見さんは大田区総合体育館で行われたBリーグが主催する男子バスケットボールU15の決勝戦<栃木ブレックスU15VS横浜ビー・コルセアーズU15>の試合を観戦。
決勝戦ということもあり前半から激しい攻防が続く試合に、思わず声を上げ応援!

そしてハーフタイムになると、先程まで試合が行われていたコートに2人が登場し、バスケットファンに向けて本作をアピール。観戦していた試合について

鈴木さん:めちゃくちゃ良い試合ですね!!

阿見さん:前半だけで僕の2年分くらいは動いてますよ!!!

と興奮気味に語りました。

映画情報どっとこむ ralph 本作の中で本格的なバスケットボールを体現するため、元日本代表のはんだ半田けいし圭史さんから指導を受けたことや撮影現場での様子ついて質問されると、

鈴木さん:撮影に入る前に3ヶ月間、半田コーチに指導してもらったのですが、T校メンバーがみんなバスケットを未経験者だったので大変でした。。。僕はまずルールを覚えるところからだったので、コーチ陣にみっちりと指導して頂きました。泊まり込みで撮影していたので、修学旅行みたいで本当に楽しかったですね!でも撮影が早く終わった日に、半田コーチの練習があったことがちょっとハードでした。笑 学生の時はテニスをしてました!

阿見さん:僕もルールを覚えるところからだったのですが、僕だけ特別メニューを組んでもらって、「撮影までに動けるようになりましょう」と言われました。笑 撮影は地方でしていて、さらに夏だったので蚊がすごくてとにかく暑かったですね。。。学生の時はずっと野球をしていて、ボールを拾う動作が苦手だったので(体が大きいから)打つ専門でした。笑

と語ります。チームワークについて聞かれると、

阿見さん:チームワークは抜群だったよね!!

鈴木を見ると、鈴木が少し距離を取り始め、

阿見さん:嘘でしょ!?

と会場を沸かせる一幕も。
ハーフタイム終了後はさらに過熱する後半戦を観戦。手に汗握る展開に釘付けになりつつ、試合は65-55で栃木ブレックスU15の勝利で終了。
その後、2人は本大会の表彰式にも参加。見事、優勝した栃木ブレックスU15のチームメイトと共に記念撮影を行い、さらに参加チームすべてに向け、

鈴木さん:今日の試合を見てても思いましたが、やっぱりバスケはかっこいいですね!スポーツの花型という言葉がぴったりです!!

素晴らしい試合とスポーツマンシップを称えました。

映画情報どっとこむ ralph 走れ!T校バスケット部

主人公の田所陽一を演じるのは、志尊淳。
さらにT校バスケット部のキャプテン・矢嶋俊介役に佐野勇斗、

マネージャー・佐藤浩子役に早見あかり、ムードメーカーの寿司屋の息子・川崎裕太(ガリ)役に戸塚純貴、女子大好きチャラ男の牧園浩司(ゾノ)役に佐藤寛太、持ち前の俊足で陸上部とバスケ部を掛け持ちする川久保透役に鈴木勝大。

後輩・根来修(コロ)役に西銘駿、斎藤健太役にお笑い芸人の阿見201。今、人気急上昇中の若手俳優からお笑い芸人まで、個性豊かなメンバーが集結!

そして、バスケットの知識はまったくない顧問・小山先生にYOU、陽一を心配しつつも温かく見守る父親・まさみち正道に椎名桔平、他界した陽一の母親・佳代真飛聖、合宿先の怪しい管理人役に竹中直人とベテラン勢が脇を固め、バラエティ豊かな役者陣が揃いました。


物語・・・
中学時代、バスケットボール部キャプテンであった田所陽一(志尊淳)は、強豪私立であるはく白ずい瑞高校に入学するが、部内で激しいイジメにあい、自主退学する。
「二度とバスケはしない」と誓い、通称T校と呼ばれるただの多田野高校に編入した陽一だが、連戦連敗の弱小バスケ部から勝負を挑まれ、そのまま入部することに。そこで陽一は、キャプテンの矢島俊介(佐野勇斗)をはじめ、個性的なチームメイトと出会い、仲間とのバスケの楽しさを思い出していく。そして迎えたウィンターカップ。因縁のライバル・白瑞を相手に、弱小バスケ部は勝利を手にすることが出来るのか!?

***********************************


監督:古澤健

【代表作】映画『アナザー/Another』(11)、『今日、恋をはじめます』(12)、『ルームメイト』(13)、『クローバー』(14)、『ReLIFE リライフ』(17)、『恋と嘘』(17)、『一礼して、キ
ス』(17)ほか『青夏 きみに恋した30日』が、今年8月1日全国公開予定。

脚本&初プロデュース作品『ゾンからのメッセージ』が、今夏公開予定。

撮影期間:2017年9月~11月
配給:東映㈱ 
企画製作幹事:テレビ朝日
原作「走れ!T校バスケット部」(松崎洋著・幻冬舎文庫)
(C)2018「走れ!T校バスケット部」製作委員会


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

斉藤和義が主題歌!有村架純&國村隼W主演『かぞくいろ―RAILWAYS わたしたちの出発―』


映画情報どっとこむ ralph 日本の美しい風景を走る鉄道とともに、迷いながらも成長していく人々の姿を清々しく描き、多くの世代から愛され る人気シリーズとなった映画『RAILWAYS』。 シリーズ最新作となる『かぞくいろ―RAILWAYS わたしたちの出発―』が有村架純と國村隼のW主演にて、 11月30日(金)に公開となります。


この度、本作の主題歌に斉藤和義さんによる書き下ろしの楽曲「カラー」に決定しました!

主題歌「カラー」は斉藤が⿅児島での本作撮影現場を訪れ、実際に主人公・晶(有村架純)や節夫(國村隼)が劇 中で運転する肥薩おれんじ鉄道に乗車する等して、イメージを膨らませ書き下ろしたもの。

この「カラー」によって、鉄道を舞台に、愛する人を失った家族の“再出発”を描く物語がより⼀ 層きれいに彩られます。

映画情報どっとこむ ralph そして、斉藤和義さんからのコメント、有村架純さん・國村隼さん・吉田康弘監督からのコメントも到着しました。

斉藤和義さんコメント
お話を頂いて、おれんじ鉄道に乗ってみたくて⿅児島へ行ってきました。 現地で吉田監督にもお会いできて、映画への熱い思いや、 晶の裏設定など貴重な話を聞かせて頂きました。 撮影された家、神社や学校。 小さな駅や、雄大な海の横を走るたった1両の気動車。 自分なりにこの家族の幸せな未来をイメージして書きました。

有村架純さん コメント
ローカル線の駅や、周りの風景が、鮮明に浮かび上がってきます。 これからどこへ連れて行ってくれるんだろう。家に帰ると、どんな顔をして家族が待っていてくれるんだろう。 そんな、楽しいとは少し違う、優しい期待や、優しい希望が生まれる歌だと思いました。 色んな人の色んな感情を乗せて動いている鉄道に、まさにピッタリの曲です。

國村隼さん コメント
この曲を聴いたとき… モノトーンの画面に美しい海岸線を走るおれんじ鉄道の気動車が見えて来て、 やがてそれが車窓の景色に変わり…雲に覆われていた空が割れて陽の光が溢れ出て来る。 それから⼀つ⼀つの色が輝き出し眩しい光の中を気動車は走り去って行く…。 そんな情景がフワッと浮かんで、なんだか気持ちが暖かくなる曲でした。

吉田康弘監督 コメント
ロケ地である⿅児島で、登場人物と同じ⽬線に⽴ち、線路の写真や猫の写真を撮りながら、イメージを膨らま せて頂いた斉藤さん。⼀両だけでゆったり走る肥薩おれんじ鉄道にも乗って頂き共有して下さった想いは、 しっかりと主題歌に反映されていて、とても感動しました。映画のラストを⼒強く、そして温かく包み込んで くださる名曲です。 何より、斉藤さんらしい楽曲に仕上がったところが、学生時代からの⼀ファンとして、とても嬉しいのです。

映画情報どっとこむ ralph 映画『かぞくいろ―RAILWAYS わたしたちの出発―

公式HP:
http://www.railwaysmovie.jp/

わたしたちにしか描けない、 家族のカタチ。 晶(有村架純)は、夫・修平(青木崇高)とその連れ子・駿也(歸⼭⻯成)と東京で幸せに暮らしていたが、修平の突然の死で 生活は⼀変。残された駿也と共に夫の故郷・⿅児島へ向かい、まだ会ったことのない義父の節夫(國村隼)を訪ねる。節夫は、運転 士の仕事⼀筋で家族を顧みずに生きてきたが、突然やってきた晶たちを⼾惑いつつも受け⼊れ、⺟としてまっすぐに生きようとする晶の 姿に次第に心を動かされていく。そして晶は、亡き修平の子供の頃の夢でもあり、電車好きな駿也のため、鉄道の運転士を⽬指すこと に。温かい人々との出会いや絆が、晶・節夫・駿也の3人を“かぞくいろ”に染めていく―。

***********************************

有村架純 國村 隼 桜庭ななみ 歸⼭⻯成/⽊下ほうか 筒井真理子/板尾創路 青木崇高

エグゼクティブ・プロデューサー:阿部秀司
監督・脚本:吉田康弘
⾳楽:富貴晴美
主題歌:「カラー」斉藤和義(スピードスターレコーズ) プロデューサー:⽯⽥和義/秋吉朝子/櫛⼭ 慶/⽯⽥聡子 ライン・プロデューサー:渡辺栄⼆ 撮影:柴崎幸三照明:上⽥なりゆき 美術:古積弘⼆ 装飾:小林宙央 録⾳:⽩取 貢 編集:村上雅樹 サウンドエフェクト:北⽥雅也 特機:奥⽥ 悟 ⾐裳:岡⽥敦之/牧 亜⽮美 ヘア・メイク:宮内三千代 スクリプター:⾚澤 環 助監督:甲斐聖太郎 制作担当:間⼝ 彰 特別協賛:出⽔酒造 協賛:⿅児島県阿久根市/映画「かぞくいろ」制作を応援する会 撮影協⼒:肥薩おれんじ鉄道/九州旅客鉄道 製作:「かぞくいろ」製作委員会 企画:阿部秀司事務所/ROBOT 制作プロダクション:ROBOT
配給:松⽵
©2018「かぞくいろ」製作委員会


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

生田斗真ら「第40回ぴあフィルムフェスティバル(PFF)」最終審査員決定!


映画情報どっとこむ ralph 9月8日(土)に開幕する「第40回ぴあフィルムフェスティバル(PFF)」。

映画祭のメインプログラムであるコンペティション部門「PFFアワード」は、若手映画監督の登竜門として、これまでに、石井岳龍、黒沢清、園子温、橋口亮輔、塚本晋也、矢口史靖、李相日、荻上直子、石井裕也、山戸結希など120名を超えるプロの映画監督を輩出してきました。
本年は529本の応募から入選を果たした18作品が、映画祭でグランプリを競います。グランプリは賞金100万円!!
本日、この18作品を審査する「最終審査員」が決定しました。

映画監督を含むクリエイターで構成され、毎年違う顔ぶれです。賞は数時間にわたる討議の末に決定、9月20日の表彰式にて、最終審査員が登壇し、グランプリ他各賞を発表します。

<PFFアワード2018 最終審査員 5名>
上記写真左より、
佐藤公美(映画プロデューサー)  
大九明子(映画監督) 主な監督作品:『勝手にふるえてろ』(17年)、『恋するマドリ』(07年)
佐藤信介(映画監督)
冨永昌敬(映画監督) 主な監督作品:『素敵なダイナマイトスキャンダル』(18年)、『南瓜とマヨネーズ』(17年)
生田斗真(俳優) 主な主演作品:『友罪』(18年)、『彼らが本気で編むときは、』(17年)

映画情報どっとこむ ralph コンペティション部門「PFFアワード2018」
◎約4か月にわたる厳正な審査の上決定した「PFFアワード2018」入選18作品は、映画祭「第40回ぴあフィルムフェスティバル」期間中、各2回ずつ上映されます。

9月20日(木)の表彰式で各賞が発表され、21日(金)&22日(土)には、受賞作品を上映します。
18作品に授与される各賞のうち「観客賞」を投票できるのは、あなたです!どなたでもご参加頂けます。

なお、今年は映画祭の初日から、動画配信サイト「青山シアター」にて、「PFFアワード2018」入選作品を同時配信します。

▶青山シアター
https://aoyama-theater.jp/feature/pff

▼「PFFアワード2018」入選作品一覧
※作品名五十音順。上映時間、年齢、職業(学校名)は応募時のもの。
『愛讃讃』8分 
監督:池添 俊(29歳/大阪府出身/フリーランス)
『ある日本の絵描き少年』20分 
監督:川尻将由(30歳/東京都出身/映像制作会社経営)
『一文字拳 序章 -最強カンフー少年対地獄の殺人空手使い-』66分 
監督:中元 雄(26歳/広島県出身/WEBデザイナー)
『オーファンズ・ブルース』89分 
監督:工藤梨穂(22歳/福岡県出身/京都造形芸術大学 芸術学部)
『からっぽ』52分 
監督:野村奈央(23歳/静岡県出身/武蔵野美術大学 造形学部)
『カルチェ』70分 
監督:植木咲楽(22歳/大阪府出身/京都造形芸術大学 芸術学部)
『川と自転車』44分 
監督:池田昌平(33歳/千葉県出身/アルバイト)
『貴美子のまち』37分 
監督:芦澤麻有子(22歳/神奈川県出身/武蔵野美術大学 造形学部)
『Good bye, Eric!』18分 
監督:高階 匠(28歳/東京都出身/会社員)
『最期の星』27分 
監督:小川紗良(21歳/東京都出身/早稲田大学 文化構想学部)
『山河の子』57分 
監督:胡 旭彤(22歳/中国出身/日本映画大学 映画学部)
『シアノス』40分 
監督:松本 剛(33歳/島根県出身/フリーランス)
『シャシャシャ』31分 
監督:亀井史興(36歳/新潟県出身/派遣社員)
『19歳』28分 
監督:道本咲希(20歳/大阪府出身/ビジュアルアーツ専門学校大阪)
『すばらしき世界』41分 
監督:石井達也(20歳/茨城県出身/東放学園映画専門学校)
『小さな声で囁いて』110分 
監督:山本 英(26歳/広島県出身/東京藝術大学大学院 映像研究科)
『モフモフィクション』7分 
監督:今津良樹(32歳/静岡県出身/東京藝術大学大学院 映像研究科)
『わたの原』51分 
監督:藤原芽生(22歳/東京都出身/会社員)

映画情報どっとこむ ralph 映画祭「第40回ぴあフィルムフェスティバル(PFF)」開催概要
【会期】2018年9月8日(土)から22日(土)まで  ※月曜休館
【会場】国立映画アーカイブ(旧・東京国立近代美術館フィルムセンター)
【内容】コンペティション部門:「PFFアワード2018」
招待作品部門:生誕100年のロバート・アルドリッチ特集「女も男もカッコいい!今こそアルドリッチ」、
人気映画人が伝授するPFFスペシャル講座「映画のコツ」、今年5月に急逝された伝説のカメラマンたむら
まさきさん追悼企画「たむらまさきを語り尽くす」

公式サイト
https://pff.jp/40th/

8月18日(土)チケット発売開始!
▶チケット情報
https://pff.jp/40th/tickets.html

***********************************



良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ