ヨルゴス・ランティモス監督の最新作『女王陛下のお気に入り』予告編解禁!


映画情報どっとこむ ralph ギリシャの鬼才、ヨルゴス・ランティモス監督の最新作『女王陛下のお気に入り』が、2019年2月より全国ロードショーとなります。
10/31に発表された英国インディペンデント映画賞では、作品賞、監督賞、脚本賞、主演女優賞(オリヴィア・コールマン)、助演女優賞(エマ・ストーン)、助演女優賞(レイチェル・ワイズ)、キャスティング賞、撮影賞、衣裳賞、編集賞、メイキャップ&ヘア賞、美術賞、音響効果賞で12部門13ノミネート!圧巻の最多ノミネートとなっています!

そんな、本作の予告編が解禁!

18世紀フランスと戦時下のグレートブリテン王国を支配していた気まぐれな女王アンと、女王を支配し権力を奮っていた強気な公爵夫人レディ・サラ、そこに突如現れ女王を魅了し上流階級への返り咲きを目論む女官アビゲイルの三つ巴の争いを、三大女優のこれまで見せたことのない挑発的で圧巻の演技と、美しくも斬新なビジュアルと音楽とともに描いています。



『女王陛下のお気に入り』
2019年2月 全国ロードショー!

物語・・・
18世紀初頭、フランスとの戦争状態にあるイングランド。
虚弱な女王、アン(オリヴィア・コールマン)が王位にあり、彼女の幼馴染、レディ・サラ(レイチェル ・ワイズ)が病身で気まぐれな女王を動かし、絶大な権力を振るっていた。
そんな中、没落したサラの従妹アビゲイル(エマ・ストーン)が召使いとして参内し、その魅力がレディ・サラとアン女王を引きつける。
レディ・サラはアビゲイルを支配下に置くが、一方でアビゲイルは再び貴族の地位に返り咲く機会を伺っていた。
戦争の継続をめぐる政治的駆け引きが続く中、急速に育まれるサラとの友情がアビゲイルにチャンスをもたらすが、その行く手には数々の試練が待ち受けていた。


***********************************

監督:ヨルゴス・ランティモス『ロブスター』『聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア』

キャスト:エマ・ストーン『ラ・ラ・ランド』『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』、レイチェル・ワイズ『ロブスター』『ナイロビの蜂』、オリヴィア・コールマン『ロブスター』、ニコラス・ホルト『シングルマン』『X-MENシリーズ』、ジョー・アルウィン『ビリー・リンの永遠の一日』

2018年/アイルランド・アメリカ・イギリス映画 
配給:20世紀フォックス映画
(C)2018 Twentieth Century Fox


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

小栗旬 ゴジラでハリウッド進出!!『ゴジラVSコング』出演決定!


映画情報どっとこむ ralph ワーナー・ブラザースとレジェンダリー・ピクチャーズ、東宝が提携し、『GODZILLA ゴジラ』(2014)より展開してきた、ハリウッド版『ゴジラ』シリーズと『キングコング:髑髏島の巨神』(2017)がクロスオーバーする「モンスター・ヴァース」シリーズ。

その第3弾『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』が先日、来年2019年5月31日に全世界同時公開されるという情報と日本版予告篇が解禁され、全世界で話題となっています。

GODZILLA 2014

そして、アクションアドベンチャー超大作にて映画史上で最も象徴的な怪獣たち、威厳あるゴジラと強大なコングが激突する第4弾の『ゴジラVSコング(邦題:未定、原題:GODZILLA VS. KONG)』に実力人気共に日本を代表する俳優・小栗旬が出演することが決定しまた!

映画情報どっとこむ ralph 小栗旬さんからのコメント

ハリウッド映画に出演する事には、もちろん憧れがありました。それだけにそのハードルの高さも強く意識せざるを得ませんでした。しかし、本作の監督やプロデューサー、レジェンダリーの皆さんのこの作品に対する情熱に触れて、そのハードルにチャレンジしたいという大きな意欲が湧いてきました。我が国が作り出した  ゴジラが、広く世界の観客に愛され、自分がその作品の一部になれるという事に、今はひたすら興奮しています。演技者としてその作品世界に染まれるよう、全力で楽しみたいと思います。

映画情報どっとこむ ralph その起用理由をアレックス・ガルシアプロデューサーは

「レジェンダリーと監督のアダム・ウィンガードは、三池崇史監督の『クローズZERO』『クローズZERO II』で初めて彼を見た時から、そして、最近では『銀魂』での小栗旬の仕事を高く評価している。彼がMonsterVerse(モンスター・ヴァース)シリーズの『GODZILLA VS. KONG』に加わってくれることに非常に興奮している。

と語っています。
映画情報どっとこむ ralph 撮影は11月より、ハワイやオーストラリアにて予定。
尚、他の出演者として『ターザン:REBORN』のアレクサンダー・スカルスガルド、ミリー・ボビー・ブラウン(『ストレンジャー・シングス 未知の世界』)、『アイアンマン3』のレベッカ・ホール、ブライアン・タイリー・ヘンリー、『ベイビー・ドライバー』のエイザ・ゴンザレス、「デッドプール2」のジュリアン・デニソン、ジェシカ・ヘンウィック(「アイアン・フィスト」)のほか、カイル・チャンドラー(『ウルフ・オブ・ウォール・ストリート』、『マンチェスター・バイ・ザ・シー』)、アカデミー賞ノミネートの経験も持つ『ヘイトフル・エイト』のデミアン・ビチルらが決まっています。監督は『サプライズ』(2011)や『ザ・ゲスト』(2014)、『デスノート/Death Note』(2017)のアダム・ウィンガードが務めます。日本公開日は未定ですが、2020年5月22日に2D、3D、IMAXでの北米公開を予定しています。

『ゴジラVSコング(邦題:未定、原題:GODZILLA VS. KONG)』

2020年全国東宝系にて公開予定!!

***********************************

                   
監督:アダム・ウィンガード(「サプライズ」「ザ・ゲスト」「デスノート/Death Note」)
脚本:テリー・ロッシオ(「パイレーツ・オブ・カリビアン」)
出演者:アレクサンダー・スカルスガルド、ミリー・ボビー・ブラウン、レベッカ・ホール、
ブライアン・タイリー・ヘンリー、小栗旬、エイザ・ゴンザレス、ジュリアン・デニソン、
カイル・チャンドラー、デミアン・ビチル
撮影時期:2018年11月~2019年3月 ハワイ、オーストラリア他にて撮影予定
公開時期:北米2020年5月22日公開予定、日本公開2020年予定
製作:ワーナー・ブラザース、レジェンダリー・ピクチャーズ
日本配給:東宝
© 2014 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. & LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS LLC.


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

村上春樹「納屋を焼く」原作の『バーニング 劇場版』イ・チャンドン監督来日決定


映画情報どっとこむ ralph 彼女は一体、なぜ消えたのかー

巨匠イ・チャンドン監督の 8 年ぶりの新作は、日本が世界に誇る小説家、村上春樹の「納屋を焼く」を原作とし、 設定はそのままに物語を大胆にアレンジし映画オリジナルのストーリーを構築した『バーニング 劇場 版』が 2019 年 2 月 1 日より TOHO シネマズ シャンテほかでの全国公開が決定いたしました。 この度、ポスタービジュアルが解禁され、あわせて監督が来日することが決定しました。


原作の中にある小さな謎を拡大し、 さらに繋げることでより映画らしいエンタテインメント作品として見事に作り上げた。 本作は小説家を目指しアルバイトを転々として生きる主人公ジョンスが、幼馴染のヘミから正体不明の男ベンを紹介 されたことによって不可思議なことが起こり始める。シーンシーンに伏線となる鍵が埋め込まれ、観るたびに新たな 見解を呼び起こす究極のミステリーだ。また、キャラクターそれぞれの生活を通していまの若者が感じている、将来 に希望を持てない“無力”さと、どこに向けて良いか分からない“怒り”を赤裸々に描きだし、現代社会の裏側を繊細 に表現。イ・チャンドン監督のストーリーテラーとしての才能を本作でもいかんなく発揮している。 主演に『ベテラン』のユ・アイン。謎の男ベンにはドラマ「ウォーキング・デッド」で注目されるスティーブン・ユァ ン。ヘミには、オーディションで大抜擢された新人チョン・ジョンソと次世代の演技派俳優が共演。

映画情報どっとこむ ralph この度解禁されてポスタービジュアルは小説家を目指す主人公ジョンス (ユ・アイン)、幼馴染のヘミ(チョン・ジョンソ)、謎の男ベン(スティーブ ン・ユァン)の 3 人がテラスで座っているもの。夕焼けに美しく照らされる なか、彼らは何を想うのか。
それぞれが遠くを見つめる無気力な表情が 印象的だ。また、不穏に燃え上がるビニールハウスや、「彼女は一体、なぜ 消えたのか?」というコピーから、これから何か事件がおこることが予感 させられる。カンヌ国際映画祭で歴代最高評価を獲得した本作の期待を煽 る、美しくもミステリアスなポスタービジュアルとなっています。


12 月に来日し、記者会見を予定している。
監督の来日は 3 年ぶりとなる。

『バーニング 劇場版』

2019 年2月1日(金)TOHO シネマズ シャンテほか全国ロードショー

【ストーリー】
小説家を目指しながら、バイトで生計を立てるジョンス(ユ・ア イン)は、偶然幼馴染のヘミ(チョン・ジョンソ)と出会う。ヘミからアフリカ 旅行へ行く間、飼っている猫の世話を頼まれるジョンス。旅行から戻ったヘミは アフリカで出会ったという謎の男ベン(スティーブン・ユァン)を紹介する。あ る日、ベンはヘミと共にジョンスの家を訪れ、自分の秘密を打ち明ける。“僕は 時々ビニールハウスを燃やしています”―。そこから、ジョンスは恐ろしい予感 を感じずにはいられなくなるのだった・・・。

***********************************


監督:イ・チャンドン『シークレット・サンシャイン』
原作:村上春樹「蛍・納屋を焼く・その他の短編」(新潮文庫)
出演:ユ・アイン『ベテラン』 スティーブ・ユァン「ウォーキング・デッド」シリーズ チョン・ジョンソ
2018 年/韓国/カラー/148 分/国際共同制作 NHK/
配給:ツイン
©2018 PinehouseFilm Co., Ltd. All Rights Reserved



良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

2019年春、『Be With You 〜いま、 会いにゆきます』 日本公開決定! 特報映像到着!


映画情報どっとこむ ralph 2004年に⽵内結⼦と中村獅童主演で映画化され、社会現象を巻き起こす⼤ヒットを記録した市川拓司のベス トセラー⼩説「いま、会いにゆきます」が時を経て、韓国で待望の映画化!2019年春、『Be With You 〜いま、 会いにゆきます』という邦題で、シネマート新宿ほか、全国ロードショーとなります。


『私の頭の中の消しゴム』のソン・イェジンがヒロインを務め、『Be With You 〜いま、会いにゆきます』は、韓国版ならではの要素やオリジナルエピソードも盛り込まれ、本国では公開からわずか15⽇で動員200万⼈を突破し、韓国における恋愛映画では最速記録を打ち立てた作品。

また、ヒロインと恋に落ちるウジン役にはソ・ジソブが初の⽗親役に挑戦。その鍛え上げられた⾁体美を封印し、親しみやすい笑顔で優しい⽗親像を作り出し、新たな魅⼒を開花させています。

夫ウジン(ソ・ジソブ)に“⾬の降る⽇に、また戻ってくる”と信じがたい約束を残してこの世を去った妻のスア(ソン・ イェジン)が、⼀年後、梅⾬が始まったある⽇、この世を去る前と変わらない姿で現れる。だがスアは記憶を無くして おり、ウジンが誰なのかさえ覚えていない。ウジンは⾃⾝の事を覚えていなくても、彼⼥が傍にいるという事実だけで幸 せを感じる――。

映画情報どっとこむ ralph スアは⾃⾝は覚えていない彼との思い出の話が気になる。
そしてスアは再会したウジンとの初め ての出会い、初恋、初デート、様々な初めての幸せの瞬間の思い出を分かち合い、2⼈は再び恋に落ちるのだが…。 そして、この度、本作の⽇本公開を記念し、特報映像とティザービジュアルが解禁! 雨の日に⼀年前に亡くなったはずのスアとウジンが再会する場⾯から始まる。

すべての記憶を失った状態で現れた スアに、ウジンは2⼈の出会いの瞬間や、幸せな⽇々について話し始める。失っていた思い出を呼び戻し、ウジンと再 び恋に落ちるスア。そんなスアとの現在が⼤切で幸せなウジンの姿は、切なく温かい感情を呼び起こし、思わずうるっと してしまう感情が込み上がるような切ない映像になっております。



映画情報どっとこむ ralph また併せて解禁されたビジュアルでは、淡いピンクの背景の前でスアとウジンがキスを交わす姿が。

「僕たちは、再び 恋に落ちた」というキャッチが添えられており、切なくも⼼温まる純愛映画を予感させる。本国でも⼤いに話題を呼んで おり、涙なしには⾒ることが出来ない、感動の純愛物語である本作は『私の頭の中の消しゴム』を超える『いまあい』 ブームを起こすこと間違いなし! 『私の頭の中の消しゴム』のソン・イェジンが再び贈る、珠玉の純愛ラブストーリー。


『Be With You 〜いま、会いにゆきます』
原題:지금 만나러 갑니다

公式HP:
be-with-you

***********************************

監督:イ・ジャンフン

出演:ソ・ジソブ(「ごめん、愛してる」『ただ君だけ』)、 ソン・イェジン(『私の頭の中の消しゴム』『四⽉の雪』)、 キム・ジファン、コ・チャンソク(『タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜』)

2018年/韓国公開3⽉14⽇/131分/
配給:クロックワークス
原作:市川拓司「いま、会いにゆきます」(⼩学館刊)
映画:『いま、会いにゆきます』(製作「いま、会いにゆきます」製作委員会
© 2018 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

大森南朋 AKIRA ら豪華俳優陣が集結! AKIRA指揮で大合唱!「この道」完成披露試写会


映画情報どっとこむ ralph 童謡の誕生から100年、稀代の天才詩人・北原白秋の波乱に満ちた半生と、秀才音楽家・山田耕筰との友情を描いた映画『この道』が、 2019年1月11日(金)より全国公開となります。

公開までちょうど2ヶ月前となる11月11日(日)、ダブル主演の大森南朋さん、AKIRAさんをはじめ、貫地谷しほりさん、松本若菜さん、羽田美智子さん、佐々部清監督が登壇しての完成披露試写会が行われました。

本作の主人公である北原白秋と山田耕筰が実際に作詩・作曲をした校歌を90年以上も歌い継いでいる【宝仙学園高等学校女子部】の合唱隊を迎え「校歌」を斉唱!

更に、山田耕筰を見事に演じたAKIRAさんが実際に指揮をし、場内の観客約400人が「この道」を大合唱しました。


『この道』完成披露試写会
日時:11月11日(日)
場所:TOHOシネマズ日比谷
登壇:大森南朋、AKIRA、貫地谷しほり、松本若菜、羽田美智子、佐々部清監督
宝仙学園高等学校女子部合唱隊の皆さん

映画情報どっとこむ ralph 満員の会場の中登場した、大森南朋さん、AKIRAさん、貫地谷しほりさん、松本若菜さん、羽田美智子さん、佐々部清監督。


本作 で主演、北原白秋を演じた大森さんは

大森さん:今日はありがとうござます。みなさん映画を見ていただいた後だと思いますが、白秋をあんな風に 演じた自分がどんな顔をして出ていけばいいかわからなかったです(笑)。

と少し照れながら話し、続けて、同じく主演で山田耕筰を演じた AKIRAさんからは

AKIRAさん:本日はありがとうございます。日本の歌曲を築いた偉大な大先生を演じることができて恐縮でしたが、精一杯やらせて いただきました。

と会場へ集まったお客様へ挨拶がされました。そして、白秋の三番目の妻を演じた貫地谷さんから

貫地谷さん:三番目の妻の菊子を演じました。私は今日初めてこの劇場に来たんですが、広くて見やすそうで素敵な劇場ですね。

と語り、白秋の最初の妻となるソフィーこと松下俊子を演じた松本さんは

松本さん:一番目の妻を演じました。秋晴れが素晴らしい日ですね。今日は皆さんと素敵なひと時を過ごせたらと思います。

詩人としての白秋の才能を評価し支えた与謝野晶子を演じた羽田さんは

羽田さん:私は、北原白秋さん、山田耕筰さんお二人のお名 前こそ知ってはいたんですが、どんな人だったのかというのをこの作品に関わるまで案外知りませんでした。数々の歌を作ったお二人に友情 があったことも初めて知りましたし、歌が生まれたその背景も描かれていて、この時代を知ることができる映画だと思いました。私の演じた与 謝野晶子は、略奪愛の末、純愛を貫き12人の子供を産み育てる芯のある女性でした。映画のパンフレットに本物の皆さんのお写真が あるんですが、俳優陣皆さんお顔がとても似てるんですよ。先日EXILEさんのライブへ行かせていただた際も、AKIRAさんが踊っている姿 は、耕筰さんが踊っているようにしか見えなかったです。

と作品や自身の役どころ、共演者とのエピソードに語りました。

佐々部清監督:今日初めて一般の方に映画を観ていただき少し緊張していますが、今日久しぶりにみんなに会えて よかったです。こんなにたくさんの方に見てもらえて嬉しいです。

と其々の挨拶からイベントはスタート。

映画情報どっとこむ ralph 本作は誰もが耳にしたことのある童謡を、この世に送り出した二人の半生を描いています。北原白秋を演じて

大森さん:やっぱり教科書で見ていた偉人なので、失礼のないように演じなければいけないと思ったんですけど、台本を読んだらだいぶ失礼な状況になっていたので、これは遺族の方に不満に思われないか心配でしたが思い切ってやらせていただきました。

と語ると、山田耕筰を演じて、

AKIRAさん:今年 は童謡誕生100年で、この映画に携わることができ光栄でした。何か縁を感じましたし、全力でやらせていただきました。僕が今回演 じた耕筰さんは生真面目な方で白秋さんとコントラストをつけているような感じでしたが、実際の耕筰さんは酒豪だったり、何度も結婚をさ れている人で、そんな耕筰さんも演じてみたかったなと思います。

とそれぞれ、作品のオファーを受けた際の気持ちを語りました。

撮影が行われたのは今年(2018年)2月。
特に苦労したシーンを聞かれ

大森さん:とにかく寒かったです。季節も夏の設定だったので、吐く息 が白くなっちゃいけなくて、氷を口に入れてからセリフを話したりしていました。

と過酷な撮影を振り返り

AKIRAさん:僕は大森さんとの二人芝居が多かったんで、リードしていただきました。個人的には60代の耕筰さんを演じた時に、頭を丸めた特殊メイクをして 指揮に臨んだのですが、はじめは合唱団の学生の誰にも僕だと気づかれず・・だんだんみんな気づいて笑ってましたね(笑)。

と当時のエピソードを披露。そんな撮影中、

AKIRAさん:京都での撮影の合間、大森さんとカラオケに行って『この道』を熱唱しました。大森さんもバンドをやってい るので、楽しませてもらいました。

とAKIRAさんが思い出を語りました。

献身的に白秋を支える三番目の妻を演じて

貫地谷さん:関東大震災のシーンの撮影の時、セットの作りがアナログで、スタッフさんが手で物を倒したりしていたんですが、そのタイミングを合わせたり、現場には赤ちゃんもいたりしたので大変でした。大森さんとは、同じ作品 に出演したことはありましたが、ちゃんと目を合わせて一緒にお芝居をさせていただくのは今回が初めてでした。私の演じた菊子が白秋に 怒るシーンがあるんですが、その度に大森さんがしゅんとされるので、その様子がとても可愛らしいなと思いながら演じていました。

と役について、そして大森さんとの共演について語りました。


一方、白秋が姦通罪で逮捕されるきっかけとなる松下俊子を演じて

松本さん:撮影に入る前から、北原白秋を作った人間はソフィーだと周りの人達から言われていてプレッシャーでした。ソフィーと白秋はそこに生きている ようで存在しない、そんな不思議な感覚で演じてほしいと監督に言われ、とても難しいなと悩みながら演じていましたが、打ち上げの時に 監督とその時の話をしていたら、『僕そんなこと言ったっけ?』と監督は覚えていらっしゃらなくて・・・(笑)。でも楽しくやらせていただきまし た。

と佐々部監督とのエピソードを明かしました。

さらに、白秋が信頼を寄せる与謝野晶子を演じて

羽田さん:白秋さんの色気は女性皆さんに向けられる優しさからくるのかなと思います。そんな白秋さんの優しさが、勘違いされやすいんだよねと監督とも話していました。 晶子と白秋は姉と弟のような関係でありながらも、もしかしたら二人の間にも何かあったんじゃないかと思わせるような、男女の関係にも、 姉弟にも見えるようなことを意識して撮りました。

と役に対する思いを語り、白秋のような男性については

羽田さん:白秋さんは、女性が放っておけ なくなる要素が満載な人なんです。そんな人が近くにいたらどうしても構っちゃいますからね、そばにいたら危険ですね(笑)。

と白秋の魅 力を語りました。そして、

佐々部監督:まず貫地谷さんと羽田さんは以前にもご一緒したことがあったので、二人の演じ方は分かって いたのですが、大森さんとAKIRAさんとは初めてだったので、最初に少し、大森さんをもっとやんちゃで、それでいて色っぽい白秋の雰囲気に寄せ、AKIRAさんにはピアノやバイオリンを弾けだの、指揮もやれだの、特殊メイクもやれだの本当に色んな事をぶつけたんですが、なんでも答えてくれました。この二人が組めば映画ができるなと思ったので、現場ではほとんど僕から何か言うことはなく、お二人にお任せ状態でした。松本さんは僕が思っていたよりもずっと色っぽかったです。撮影の期間が短かったので、僕よりもスタッフが大変そうでした。

と大森さん、AKIRAさんをはじめ、豪華俳優陣との映画作りについて、作品に込めた思いを語りました。

映画情報どっとこむ ralph ここで、北原白秋と山田耕筰が作詞作曲を行いました校歌を学校創立より90年間歌い継いでいるという宝仙学園高等学校女子部の皆さん総勢39名が登場!

その校歌を披露しました。歌を聴いて

大森さん:久しぶりに若い人達のパワーを目の当たりにして圧倒されました。

と感想を語り、

AKIRAさん:心が洗われるような気分です。

と白秋と耕筰の作った美しい音色を、心地よいハーモニーで歌い上げた学生の皆さんに賞賛が送られ、会場からも盛大な拍手が送られました。


そして、劇中で力強い指揮を魅せたAKIRAさんが指揮を披露し、会場の皆さんと「この道」を大合唱。


長い間日本で歌い継がれてきた 「この道」が大勢で歌われ、会場はあたたかい空気に包まれました。

AKIRAさんの指揮と会場の歌声を聴いて

大森さん:緊張すると言っていた割には、堂々とされていて東京ドームの時より格好良かったです!

と感想を語る大森さん。

AKIRAさん:東京ドームより緊張しました(笑)。合唱団の皆さんがリードしてくれました。ありがとうございました。

と大人数を前に指揮をした感想を話しました。



最後に・・・、

大森さん:この作品は、若い人からご年配の方まで楽しんでいただける作品です。どうかいろんな方に宣伝をお願い致します。

続いて

AKIRAさん:本作は日本の歌曲を築きあげた二人の話です。どこか熱く、泣いて笑えて、心がほっこりするそんな映画が仕上がりました。僕たちも童謡誕生100年ということを盛り上げていきます!

と意気込みが語られ、そして

佐々部監督:今映画の作 り方はたくさんありますが、この映画に関して言うと、俳優・スタッフ全員がプロです。プロがやると映画はここまで豊かになります。現場のセッ トもプロが素晴らしいセットを組んでくれました。音楽にもこだわりました。プロの音楽家である、後輩の和田薫が担当して素晴らしく仕上 げてくれました。公開まであと二ヶ月、応援をお願い致します。

と会場のお客様へメッセージが語られ、大盛況の中イベントは終了しまし た。

映画情報どっとこむ ralph 「この道」

2019年1月11日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開


ストーリー
九州柳川から文学を志し上京した北原白秋。隣家の美人妻・俊子に気もそぞろ。逢瀬を俊子の夫に見つかり姦通罪で入獄。白秋の才能を眠ら すまいと与謝野夫妻が奔走し釈放されるが、恩も顧みずのうのうと俊子と結婚。その刹那、俊子は家出、白秋は入水自殺を図るが蟹に足を噛 まれ断念。そんなおバカな白秋と洋行帰りの音楽家・山田耕作に鈴木三重吉は童謡創作の白羽の矢を立てる。才能がぶつかり反目する二人だ が、関東大震災の惨状を前に打ちひしがれた子供たちを元気づけるため、手を取り合い数々の童謡を世に出す。しかし、戦争の暗雲が垂れ込 める中、子供たちを戦場に送り出す軍歌を創るよう命ぜられた二人は苦悩の淵に・・・。


***********************************

©2019映画「この道」製作委員会



良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ