木村カエラ「ちいさな英雄」の 7inchアナログ盤のリリースが決定!


映画情報どっとこむ ralph 来年 2019 年には、デビュー15 周年を迎え、今年 4 月には初の書き下ろし絵本「ねむとココロ」を出 版し、重版になるなど話題の木村カエラが、2018 年 8 月 22 日(水)にデジタル配信をする「ちいさな 英雄」の 7inchアナログ盤のリリースが決定!本日より「Loppi・HMV」をはじめとした全国のレコー ドショップにて予約開始!
Side A には、昨夏の話題作『メアリと魔女の花』(監督:米林宏昌)の 劇場公開に続き、アニメーション制作会社のスタジオポノックが新プ ロジェクトとして“ポノック短編劇場”を発足、8月24日(金)に全国 公開を控える3つの奇跡の物語、映画『ちいさな英雄-カニとタマゴと 透明人間』のエンディングテーマで、映画チーム協力のもと楽曲のイ メージをつくりながら、入念な打ち合わせを通して木村カエラ自身が 映画の世界観を表現した歌詞に、お馴染みの渡邉忍(ASPARAGUS)が サウンドプロデュースを手掛けたロックナンバー「ちいさな英雄」を、 Side B には映画のジングル的な遊び心溢れる楽曲「ポノック短編劇場 のテーマ」を収録。 ジャケットにも映画のポスタービジュアルが使用されたスペシャルな 7inch アナログレコードに仕上がっている。

配信情報
2018.08.22 Digital release 映画「ちいさな英雄―カニとタマゴと透明人間―」エンディングテーマ デジタルシングル 「ちいさな英雄」 ※主要ダウンロードサイトほか、各サブスクリプションサービスにて 8 月 22 日より配信開始。

7inchアナログ盤情報
2018.8.22 Loppi・HMV にて先行販売
※一般発売日 2018.8.29
※Loppi(ローソン・ミニストップ店頭)」よりご購入の方へのお渡しは 8.24 以降となります。
※Side A「ちいさな英雄」 / Side B「ポノック短編劇場のテーマ」
※FORMAT:7inch
※税抜:¥1,500 HMV&BOOKS online News
http://www.hmv.co.jp/newsdetail/article/1807201000/
商品
http://www.hmv.co.jp/product/detail/9025005

映画情報どっとこむ ralph また、今夜 7 月 22 日(日) 22:00 からは、6 月に COTTON CLUBにて行われた、J-WAVE が企画する大人のライブシリーズで、プロデューサー・本間昭光が音楽監督を務め、スペシャルバンドと一夜限りのプ レミアムセッション「THE BLUE SESSIONS」が J-WAVE にて、プレミア感満載のライブ音源「リルラ リルハ」「Yellow」「 HOLIDAYS」「 Butterfly」に加え、ミュージカル『アニー』より「Tomorrow」のカ バーなども放送となる。
ラジオ情報
2018.7.22 (22:00~22:54)放送
J-WAVE 「THE BLUE SESSIONS」
https://www.blue-sessions.com/radio

映画情報どっとこむ ralph 映画情報
2018.08.24 公開
「メアリと魔女の花」の長編を昨夏発表したスタジオポノックの最新作。

ポノック短編 劇場「ちいさな英雄―カニとタマゴと透明人間―」。 「メアリと魔女の花」の米林宏昌監督の自身初となるオリジナルストーリーとなるカ ニの兄弟の大冒険ファンタジー「カニーニとカニーノ」。高畑勲監督の右腕として活躍 してきた鬼才・百瀬義行監督による、実話をもとに描いた母と少年の愛と感動の人間ド ラマ「サムライエッグ」。 宮崎駿監督作品の中心を担った天才アニメーター・山下明彦監督が、見えない男の孤独 な闘いをスペクタクルアクションで魅せる「透明人間」。3作品の奇跡の物語がこの夏、 堂々と全国公開! 木村カエラはオープニングテーマと全体のエンディングテーマを担当。

***********************************


キャスト:木村文乃/鈴木梨央(カニーニとカニーノ)、尾野真千子/篠原湊大/坂口健太郎(サムライエッグ)、 オダギリジョー/田中泯(透明人間)
配給:東宝


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

日給5万円!ビルド&ルパパト「an超バイト」を2企画同時募集!


映画情報どっとこむ ralph アルバイト求人情報サービス「an」< https://weban.jp/ >と、8月4日(土)公開の『劇場版 仮面ライダービルド Be The One(ビー・ザ・ワン)』『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー en film(アンフィルム)』は、思わず挑戦してみたくなるような「an超バイト」の新企画として、“控え室ビルドバイト“と”ルパンバイトvsパトバイト“の2企画を同時に募集開始します。
採用者はそれぞれ2名ずつ。報酬は、日給5万円。さらにキャストのサイン入りオリジナルグッズをプレゼントします。

■子供同伴OK!?ビルド&ルパパトが「an超バイト」2企画“同時募集”!!

『劇場版 仮面ライダービルド Be The One(ビー・ザ・ワン)』からは、特製のウェルカムボードなどで控え室を華やかに“ビルド”して、出演者を“ベストマッチ”させる、“控え室ビルドバイト”を2名募集します。

また、『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー en film(アンフィルム)』からは、控え室に潜入して出演者をお出迎えする“ルパンバイト”と、出演者を舞台裏で警護する“パトバイト”をあわせて2名募集します。

両企画とも、ヒーローに憧れるお子様同伴での出勤も可能です!どしどしご応募下さい!


映画情報どっとこむ ralph ■“控え室ビルドバイト”募集概要

・内容  :映画『劇場版 仮面ライダービルド Be The One(ビー・ザ・ワン)』『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー en film(アンフィルム)』の初日舞台挨拶にて、特製のウェルカムボードなどで控え室を華やかに“ビルド”し、出演者の皆様をお出迎えいただきます。
・報酬  :日給5万円
      ※さらにキャストサイン入りオリジナルグッズ
※全国どこからでも交通費全額支給
・募集人数:2名
・応募資格:経験、年齢、性別など一切不問です。お子様連れ出勤可!
~こんな方にお勧めです~
仮面ライダーが好きな方
キャストをお迎えするおもてなしの心をお持ちの方
・実施日時:2018年8月4日(土)時間未定
・実施場所:東京都内某所 ※詳細は採用者にのみお伝えいたします。
・募集期間:2018年7月22日(日)~2018年7月29日(日)23:59
※応募方法など詳しくは特設サイトをご確認ください。
https://weban.jp/contents/c/cho_baito/build_pc/
※本募集はパーソルキャリア株式会社により実施されますが、雇用元はイーストアイプランニング株式会社となります。

■“ルパンバイトvsパトバイト”募集概要

・内容  :映画『劇場版 仮面ライダービルド Be The One(ビー・ザ・ワン)』『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー en film(アンフィルム)』の公開記念舞台挨拶にて、ルパパ出演者の控え室飾り付けや、舞台裏でのアテンドなどをお願いします。
・報酬  :日給5万円
      ※さらにキャストサイン入りオリジナルグッズ
※全国どこからでも交通費全額支給
・募集人数:2名
・応募資格:経験、年齢、性別など一切不問です。お子様連れ出勤可!
~こんな方にお勧めです~
スーパー戦隊シリーズが好きな方
キャストをお迎えするおもてなしの心をお持ちの方
・実施日時:2018年8月5日(日)時間未定
・実施場所:東京都内某所 ※詳細は採用者にのみお伝えいたします。
・募集期間:2018年7月22日(日)~2018年7月29日(日)23:59
※応募方法など詳しくは特設サイトをご確認ください。
https://weban.jp/contents/c/cho_baito/lupin-vs-pato_pc/
※本募集はパーソルキャリア株式会社により実施されますが、雇用元はイーストアイプランニング株式会社となります。


映画情報どっとこむ ralph 『劇場版 仮面ライダービルド Be The One(ビー・ザ・ワン)』

東都、西都、北都。3つの首都が繰り広げた戦争は終わった。パンドラタワーには新政府が樹立。3つの首都には、これまでの首相に代わってそれぞれ知事が置かれ、平和のための新体制が確立された―――はずだった…。
だがそれは、仮面ライダービルド/桐生戦兎を撲滅するための、隠された真実へとつながる完璧な計略だった!
最高の相棒を失い、最悪の状況から導き出された答えは、奇跡の法則!

なぜビルドドライバーには2本のボトルが必要なのか。
なぜ仮面ライダービルド/桐生戦兎は闘うのか。答えは、ただひとつ。
「絶対にできる……。俺とお前なら……。さぁ、最後の実験を始めようか。」

キャスト
犬飼貴丈
赤楚衛二 高田夏帆 武田航平 越智友己 小久保丈二 木山廉彬
藤井 隆 松井玲奈
金尾哲夫(声の出演) / 滝 裕可里 水上剣星
前川泰之 / 勝村政信
スタッフ
原作 石ノ森章太郎 脚本 武藤将吾 監督 上堀内佳寿也
音楽 川井憲次 アクション監督 宮崎 剛 特撮監督 佛田 洋
主題歌
Everlasting Sky / Beverly

映画情報どっとこむ ralph 『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー en film(アン フィルム)』

全てのギャングラー犯罪の消滅と、ルパンレンジャーの正体を暴くため来日した名探偵、エルロック・ショルメ。ギャングラーからの襲撃に備え警備するパトレンジャーと、ギャングラーを狙って登場したルパンレンジャー。快盗VS警察…VS探偵!?三つ巴の混戦のなか、レッドと1号が異世界にさらわれた!?

陰謀をかいくぐり、ピンチを切り抜ける術は、絶対の決意を抱く2人の共闘!
“厄介な”快盗と“面倒くさい”警察。“ありえない”コンビが立ち上がる!


キャスト
伊藤あさひ 結木滉星 濱 正悟 横山 涼 工藤 遥 奥山かずさ 元木聖也
(声の出演)三ツ矢雄二 藤原啓治 釘宮理恵 茶風林
温水洋一 アイクぬわら(超新塾) / 田中直樹(ココリコ)
スタッフ
原作:八手三郎 脚本:香村純子 監督:杉原輝昭
音楽:高木 洋 アクション監督:福沢博文 特撮監督:佛田 洋
主題歌
ルパンレンジャーVSパトレンジャー / Project.R(吉田達彦、吉田仁美)

劇場版「ビルド・ルパパト」製作委員会
©石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映
©2018 テレビ朝日・東映AG・東映

***********************************



良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

鈴木沓子&矢部太郎(カラテカ)が熱く語った!『バンクシーを盗んだ男』ジャパンプレミアinリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2018


映画情報どっとこむ ralph この度、世界を挑発し続けるカリスマグラフィティアーティスト・バンクシーと彼の絵がもたらす影響力に迫るドキュメンタリー『バンクシーを盗んだ男』が8月4日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷、新宿シネマカリテほか全国順次公開となります!

そして、21日。映画『バンクシーを盗んだ男』ジャパンプレミアinカリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2018にて行われました。 世界最速公開が日本で決定している本作のジャパンプレミアを開催!これを記念し、第22回手塚治虫文化賞短編賞を受賞した「大家さんと僕」の作者・矢部太郎さん(カラテカ)と、過去に正体不明の謎の覆面アーティスト「バンクシー」に実際にインタビューをし映画『Banksy in NY』の翻訳を手掛けた鈴木沓子さんのトークショーを行いました。

日時:7月21日(土)
場所:新宿シネマカリテ
登壇:矢部太郎(カラテカ)、鈴木沓子(ライター・翻訳)

映画情報どっとこむ ralph 矢部さん:先生、先生といわれることが増えて慣れない日々ですが、手塚さんの名を汚さないように気を付けていきたいと思います。

とまず笑いを誘った。

今回は鈴木さんの紹介で矢部さんのイベントへの参加が決まったそうで・・・

「大家さんと僕」のインタビューをした際に鈴木さんに「、バンクシーの翻訳されてますよね?」と矢部の方から鈴木に声をかけられたのがきっかけ。

鈴木さん:矢部さんがバンクシー!?と驚きましたが、あまり話ができなかったので、もっと話したいと思い紹介しました。

今日のイベント実現。バンクシーを好きな理由を聞かれ、

矢部さん:匿名でやっていることがすごいなと思っています。自分は名前を出して活動しているので、そこに感心しています。

と持論を語ると会場からは笑いがおきた。

矢部さんとバンクシーとの最初の出会いは青山のオシャレなお店に入ってしまい、買わないと出られないという空気を感じ偶然手にしたのがバンクシーのキャップだったという話を聞き

鈴木さん:今はもう、そういうものを売ったりしていないので、そのキャップすごい値段だと思いますよ。

と教えると

矢部さん:えーー!みつからないんですよ!

と残念そう。

映画情報どっとこむ ralph これまでのバンクシーが関係した作品を観た感想を

矢部さん:作品も好きだし、やろうとしていることが崇高で志が高い。

とした。それに対して、

鈴木さん:絵を書くだけで満足してないところがすごいですよね。

と付け加えた。

バンクシーの代表作に関しての話になり、パレスチナに描かれている“フラワーボンバー”に関して

矢部さん:こういう状況でもユーモアがあって、見る人の気持ちをフワっとさせる感じがありますよね。この映画でも出てくる絵だけど、映画の中で描かれているそのままの状況で観るのがいいですよね。

とその作品をバンクシーが描いたその場所の姿のままみるのがいいと薦めた。

窓の男という作品が好きという矢部さんはその理由として

矢部さん:壁に書く大喜利としてかなり面白いですよね!

とお笑い芸人らしいコメント。「窓大喜利って意味では、、」と他のニューヨークに書かれた絵を紹介した。鈴木さんにその絵の意味を聞くと
鈴木さん:ニューヨークで窓が割れているのを失くすのと、ストリートの画を消すと治安がよくなるという当時の知事の政策があったのですが、バンクシーはそうじゃなくてメディアに問題があるんじゃないか?という問いかけをしているんです。

と説明されました。 すると、

矢部さん:たまにテレビに出るものとして身につまされる思いですね。

と恐縮。本作でも描かれているように、バンクシー作品はすぐに切り取り持ち去られてしまいその場所に描かれた本来の絵の意味を失ってしまっているという事に触れると、

矢部さん:ここに描いてその場所込みでフリができているのに、そのフリが弱くなってしまったらボケたところで全然面白くないですから!すみません、芸人ぶってしまって。

とまた気がついたように恐縮し、会場からは笑いが起きた。

映画情報どっとこむ ralph そしてバンクシーにインタビューをしたことがあり、バンクシー作品に精通した鈴木さんは

鈴木さん:毎回バンクシー絡みの作品が出てくると、どこまでバンクシーは関わっているのか?という話になりますが、今回ははじめて反バンクシーのような要素もあってドキュメンタリーとして面白いですよね。

と話す鈴木さんに

矢部さん:バンクシーがこの作品に関わっていない可能性はあるんですか?色々なユーモアを感じる描写を観ると関わっていると僕は思います。

と正体不明のバンクシー作品らしいトークが繰り広げられた。

矢部さんがもしアートを残すならどこがいい?との質問には

矢部さん:匿名で絵を描くなら新宿の吉本興業本社を真っ白にして、この会社は真っ白なのかな...って思ってもらいたい。黒がいいですかね?どうだろう淡いグレーとかがいいかな?(笑)

と矢部なりの社会風刺も飛び出した。

バンクシーに実際に会ったことがある鈴木さんにMCが恐る恐る印象を聞くと

鈴木さん:眼光が鋭く、きれいなクイーンズイングリッシュでストレートに世界をよくしたい、と語っていました。

と慎重に表現。

映画情報どっとこむ ralph
最後に・・・

矢部さん:バンクシーは世界にむけて描いていて、それによって狂ってしまう人がいたりして、でもそれもバンクシーの作品の一部で、そこから議論が生まれ、僕らの世界が変わっていくこともまたその一部。今日ここにいることも一部。みなさんも映画を観てバンクシーの一部になってください。

とコメント。

鈴木さん:元々アートは市民のものなのに、今は誰のものなのか?っていうのがわからない現状を知れる良い映画になっています。ぜひぜひみなさんに観ていただきたいです。

と語ってイベントを閉めました。

バンクシーを盗んだ男
原題:The Man Who Stole Banksy

が8月4日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷、新宿シネマカリテほか全国順次公開

公式サイト:banksy-movie.jp

***********************************

監督:マルコ・プロゼルピオ ナレーション:イギ―・ポップ
配給:シンカ
提供:シンカ、スキップ、パルコ
協力:アニモプロデュース
宣伝:スキップ
2018年/イギリス・イタリア/カラー/デジタル/英語/93分//映倫区分:G


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

映画『ラ・チャナ』 公開初日記念で、今枝友加、三枝雄輔、長谷川暖 がフラメンコショー


映画情報どっとこむ ralph 世界中を虜にした伝説のフラメンコダンサー、ラ・チャナの波乱の人生を描いたドキュメンタリー映画『ラ・チャナ』は、7 月 21 日(土)より、ヒューマントラストシネマ有楽町、アップリンク渋谷ほかにて公開中。

本作の公開を記念し、日本フラメンコ界を牽引する豪華アーティスト 今枝友加(カンテ)さん、三枝雄輔(パルマ)さん、長谷川暖(ギター)さんを招いたフラメンコショーが行われました。
日時:2018 年 7 月 21 日(土)公開初日
会場:ヒューマントラストシネマ有楽町
登壇:今枝友加(カンテ)、三枝雄輔(パルマ)、長谷川暖(ギター)

映画情報どっとこむ ralph 世界中を虜にした伝説のフラメンコダンサー、ラ・チャナの波乱の人生を描いたドキュメンタリー映画『ラ・チャナ』の公開を記念し、7 月 21 日(土)、日本フラメンコ界を牽引するアーティストたちによるフラメンコショーを開催した。

カンタオーラ(歌い手)の今枝友加さん、パルメーロ(手拍子)の三枝雄輔さん、ギタリストの長谷川暖さんが登壇。今枝さんは、普段はワンピースの下に着るフリル状のペチコート「エナグア」をスカートとして着用し、ラ・チャナをイメージしたという衣装で登場。
まず最初に披露されたのは、「ソレア・ポル・ブレリア」。
浪々と自由に歌う場合もある曲だが、今回はパルマ(手拍子)入りで披露。

続く2 曲目、 これまでに沢山の偉大なカンタオーラ(女性の歌い手)たちが歌ってきたこの曲を、今枝さんは「 ラ・チャナに捧げます」と述べ、 「ティエント・イ・タンゴ」 を披露。哀愁漂うギターソロから始まり、歌、手拍子が加わり、3 人の息の合ったパフォーマンスに、客席は大興奮の渦に巻き込まれた。

映画情報どっとこむ ralph そして最後に、今枝さんと三枝さんは立ち上がり、 締めの曲の定番とも言える「ブレリア」を演奏。
中盤から、今枝さんはマイクから離れ、生声を披露。圧倒的でパワフルな歌声が会場に響き渡った。
また、踊り手としても活躍する今枝さんと三枝さんは立ち上がり、情熱的な踊りを披露。
終始、客席からはハレオが飛び交い、中には感涙する観客も。

初めてフラメンコを観たという20 代の女性は「魂が揺さぶられた!」、夫婦で来場していた50 代女性は「最高!足音を大きく立てて帰りたくなりました」、70 代男性は「映画もライブも素晴らしい! 2 倍楽しめました」 と絶賛の嵐。

会場の熱気も冷めやらぬ中、大盛況のうちに幕を閉じた。


映画情報どっとこむ ralph 映画『ラ・チャナ

は、ヒューマントラストシネマ有楽町、アップリンク渋谷ほか全国順次公開中。

公式HP:
http://www.uplink.co.jp/lachana
Twitter:
@lachana_jpn

笑い、吠え、踊り、生きる!
結婚、出産、キャリアの頂点での引退、どん底からの復帰と、迫りくる老い——現在71 歳 、伝説のフラメンコダンサー、ラ・チャナの波乱の人生と情熱の源に迫る。

若くしてその才能を開花させたラ・チャナ(本名アントニア・サンティアゴ・アマドール)は、18 歳で結婚・出産。夫がマネージャーとなりフラメンコダンサーの活動をつづけた。ダリを魅了し、映画『無責任恋愛作戦』で共演したピーター・セラーズにハリウッドに招かれるも、封建的なヒターノ(ジプシー)社会で女性が自らの意見を言うことは許されず、彼女がハリウッドに進出することはなかった。その後も彼女の人気は衰えることを知らず、テレビ出演や世界ツアーなど、全てのアーテストが目指す頂点にいたラ・チャナだったが、ある日突然、表舞台から姿を消した。

本作では、彼女をとりまく状況を丁寧に解き明かしていく。結婚、出産、キャリアの頂点での引退、男性社会で女性が活躍することの難しさ、家庭内暴力、そしてどん底からの復帰と、人生を共に歩む運命の相手との出会い、迫りくる老い――ラ・チャナの人生は困難に満ちたものだったかもしれない。しかし、絶望すら受け入れ前に進む強さを彼女は教えてくれる。画面からあふれださんばかりのパワフルな踊りとチャーミングな人柄、そして生み出す言葉の一つ一つが私たちを魅了する。


***********************************


世界中の映画祭で観客賞を受賞!!
アムステルダム国際ドキュメンタリー映画祭 観客賞受賞
ブダペスト国際ドキュメンタリー映画祭 観客賞受賞
ガウディ賞 最優秀ドキュメンタリー賞受賞
フェロス賞 最優秀ドキュメンタリー賞受賞
ドック・オブ・ザ・ベイ映画祭 観客賞&SADE 賞受賞
レ・ボーチ・デル・インチエスタ 観客賞受賞
ヨーロッパ映画賞 ドキュメンタリー部門ノミネート
カナディアン・ドキュメンタリー国際映画祭 観客賞ノミネート


監督:ルツィア・ストイェヴィッチ
出演:ラ・チャナ、アントニオ・カナーレス、カリメ・アマヤ、ほか
(2016 年 / スペイン、アイスランド、アメリカ /86 分 / カラー、モノクロ /16:9 )

提供・配給・宣伝:アップリンク
提供・宣伝:ピカフィルム
©2016 Noon Films S.L. Radiotelevisión Española Bless Bless Productions


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

渋川清彦、井浦新、大西信満、川瀬陽太、瀬々敬久監督登壇!『菊とギロチン』トークイベント


映画情報どっとこむ ralph 瀬々敬久監督の三十年越しの企画として、史実とフィクションが 混ざり合ったストーリーの面白さ、熱量の半端なさが注目され、 ぴあや Filmarks の初日満足度ランキングで見事第一位を獲得、 大ヒット公開中の『菊とギロチン』。大正時代を舞台に、女相撲 の力士たちと世界を変えることを夢見るギロチン社の青年たち が出会うという、史実から創造された青春群像劇。
渋川清彦さん、井浦新さん、大西信満さん、川瀬陽太さん、瀬々敬久監督が登壇してトークイベント をテアトル新宿にて行われました。

日時:2018 年 7 月 20 日(金)
場所:テアトル新宿
登壇:渋川清彦、井浦新、大西信満、川瀬陽太、瀬々敬久監督

映画情報どっとこむ ralph 上映直後、自然と拍手が沸き起こり静かな熱気に包まれるなか、総勢5名が登壇。他作品で も共演を重ね、気心の知れた間柄の彼らは、自らを「ギロチン中年部」と紹介し、イベントはスタート。


まず、本作のイベントに初参加となる井浦さんは
井浦さん:やっと『菊とギロチン』のイベントに参加することができて嬉しいです。この映画をみて、僕は2回目のタイトルが出たときに暗闇のなかでガッツポーズをしました。映画のなかに は人の生き死にがあり、底辺で這いつくばって生きる登場人物たちが描かれていますが、その姿が本当に美しい。 僕はこの映画のなかで生きていた役者の方たち、もはや演じるというより、役を突き抜けて生きている姿に、勇 気をもらいました。とにかく爽快な気分で映画館を出ました!

と本編を観た感想を述べた。


この日、スクリーンで映画を見直していたという渋川さんは
渋川さん:映画の余韻にまだ浸っている感じ。女相撲の場面は本当にす ごかったなと思う。現場でも鳥肌が立ったことを覚えているし、今見ていても鳥肌が立ちました。一体感がすごかったよね。

と述懐。
撮影期間のほぼ3週間をずっと現場で過ごした渋川さんは

渋川さん:20年役者をやってきて、あそこまでどっぷり現場にいられたのは初めて。うまく説明はできないけど、俺、その場にいられて幸せだったなと思った。

と振り返った。
大西さん:女力士を束ねる役どころの KEE さん(渋川さん)は芝居上だけじゃなくて、本当にあのとき親方だったと思う。ギロチン社にしろ女力士たちにしろ、若い役者たちを見ていると、まるで昔の自分のように感じられた。生まれようとするパワー、人生を懸けている感じが映画に映っています。

と語った。

映画情報どっとこむ ralph 女力士たちの演技にはほかの二人も大いに感銘を受けたようで、
川瀬さん:若い役者たちの、今しかない感じが捉えられている。彼女たちのドキュメントとしての姿、本当に素晴らしいと思いましたね。

井浦さん:終盤の女力士たち の場面は、個人的に若松孝二監督の『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程』の撮影現場での経験とオーバーラ ップするものがありました。あの、役を突き抜けた瞬間のことを思い出します。女力士の役者さんたちは、これ をやらせてもらえたら幸せだろうなあと思って見ていました。

と語った。

川瀬さん:上も下もないところで映画を作りたいと、ある種、瀬々さんのキャスティング自体がそうだったんだろうと思うけど、変な忖度がある人を呼ばないで集まることができた人たちだったからこそ、一丸となれた現場だったと思う。

と言えば、
井浦さん:こんな映画を今の時代に作ることができるんだということ、この映画自体が夢のあるものなんじゃないかなと僕は感じています。情熱さえあればこんな映画が作れる。映画を作ることは、こんなにも夢があることなんだなと感じさせるものがある。僕が最初に映画の世界に飛び込んだときの、あの初期衝 動を、この作品には感じることができました。それは作り手のものだけではなくて、きっと皆さんにも届くものがあると思います。

と熱く語った。

映画情報どっとこむ ralph 瀬々監督:場内には今日で映画を観るのが 3 回目というリピーターのお客様もいらっしゃいましたけど、皆さんも映画を気に入ったら、ぜひ広めてください。この映画にはなんといって も同じテアトル新宿で昨年上映されていた『バンコクナイツ』の動員を超えろ!というミッションがあります(笑)。この映画は、制作費などでも一般の方々からの支援を得てできた映画です。そういう意味では、今の世の中でこ の映画が存在できたということがすごく嬉しいことだと思っていますし、こういうことがまたいろんなところに 広まればいいと思っています。ぜひ応援よろしくお願いします!

とトークを締めくくった。 イベント終了後も登壇者たちがロビーに出て閉館ギリギリまでお客さん一人一人と語らっていた。

菊とギロチン
テアトル新宿ほか全国順次公開中!
公式サイト:
http://kiku-guillo.com

実在した「女相撲」とアナキスト集団「ギロチン社」 時代に翻弄されながらも<自由>を求めて疾走する若者たちの 辿り着く先は——?

大正末期、関東大震災直後の日本。かつて実際に日本全国で興行されていた「女 相撲」。さまざまな過去を背負い、強くなりたいと願う女力士たちが、少し頼 りないが「社会を変えたい」という大きな夢だけは持っている「ギロチン社」 の若者たちと運命的に出会う。次第に心を通わせていく彼ら。「自由な世界で 生きたい」と同じ夢をみて、それぞれの闘いに挑む——。

***********************************

監督:瀬々敬久 脚本:相澤虎之助・瀬々敬久
出演:木竜麻生、東出昌大、寛 一 郎、韓英恵、渋川清彦、山中崇、井浦新、大西信満、嘉門洋子、大西礼芳、山田真歩、嶋田久作、 菅田俊、宇野祥平、嶺豪一、篠原篤、川瀬陽太
ナレーション:永瀬正敏 2018 年/日本/189 分/カラー/シネスコ/DCP/R15+
配給:トランスフォーマー
©2018 「菊とギロチン」合同製作舎


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ