『この世界の片隅に』動員110万人!第3弾来場者プレゼント決定!



映画情報どっとこむ ralph 日本中の想いが結集!

戦時下の広島・呉を舞台に、大切なものを失いながらも前を向いて生きる女性、すずさんを描いたアニメ

この世界の片隅に』は絶賛上映中です。

11週目の公開館数は198館(初週より+135館)。全国映画週末動員ランキング(興行通信社調べ)では7位にランクイン。大作が続々と公開される中、先週8位から1ランクアップとなりました。本作はこれで11週連続TOP10入りを果たし、現在までの累計動員は110万名、累計興収は15億円を突破!ますます勢いが止まりません!

動員100万人を超え、たくさんの方がすずさんに会いに来てくださったことに感謝して、28日(土)全国の上映劇場にて、第3弾オリジナルポストカード(数量限定・非売品)来場者プレゼントを実施が決定!
キャラクター・デザインを担当した松原秀典氏が描き下ろしたデザインは、すずさんと晴美さんの想いがタンポポの綿毛に乗って飛んでいくような可愛らしいデザインとなっています。

映画情報どっとこむ ralph また、先週発表された第40回日本アカデミー賞では、優秀アニメーション作品賞、優秀音楽賞を受賞。第71回毎日映画コンクールでは、日本映画優秀賞、大藤信郎賞、音楽賞を受賞し3冠を達成しました。各映画賞でも受賞またノミネートされている本作。アニメーションの枠を超え絶賛、13受賞、6ノミネートと大躍進中です!(1/23現在)

この世界の片隅に

引き続き注目です。


ものがたり・・・

どこにでもある 毎日の くらし。昭和20年、広島・呉。わたしは ここで 生きている。

すずは、広島市江波で生まれた絵が得意な少女。昭和19(1944)年、20キロ離れた町・呉に嫁ぎ18歳で一家の主婦となったすずは、あらゆるものが欠乏していく中で、日々の食卓を作り出すために工夫を凝らす。 だが、戦争は進み、日本海軍の根拠地だった呉は、何度もの空襲に襲われる。庭先から毎日眺めていた軍艦たちが炎を上げ、市街が灰燼に帰してゆく。すずが大事に思っていた身近なものが奪われてゆく。それでもなお、毎日を築くすずの営みは終わらない。そして、昭和20(1945)年の夏がやってきた――。

過去記事:のんワールド全開の初日舞台挨拶『この世界の片隅に』

eigajoho.com/?p=55559

***********************************

声の出演:
のん 細谷佳正 稲葉菜月 尾身美詞 小野大輔 潘めぐみ 岩井七世 / 澁谷天外

監督・脚本:片渕須直
原作:こうの史代「この世界の片隅に」(双葉社刊)

企画:丸山正雄 監督補・画面構成:浦谷千恵 キャラクターデザイン・作画監督:松原秀典
音楽:コトリンゴ
プロデューサー:真木太郎 製作統括:GENCO アニメーション制作:MAPPA
配給:東京テアトル

(C)こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会
    


 

************************************

 

以下のランキングに登録しています。良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 


馬鹿よ貴方は『ニュートン・ナイト/自由の旗をかかげた男』宣伝隊長に就任!



映画情報どっとこむ ralph マシュー・マコノヒーが、アメリカ史が封印してきた実在のヒーローを熱演している『ニュートン・ナイト/自由の旗をかかげた男』が2月4日(土)より新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開となります。

日本公開を記念し、主人公ニュートン・ナイトを演じた主演のマシュー・マコノヒーの名前にちなんで、全国5カ所の劇場にてマシュー・マ“コーヒー”を発売することが決定し、宣伝隊長として、「主人公にそっくりなヒゲの持ち主」であり、「大のコーヒー好き」なお笑いコンビ「馬鹿よ貴方は」の平井“ファラオ”光さんと相方の新道竜巳さんが就任しました。

任命式では、コーヒーの試飲や、映画にちなんだ新ネタを披露。

日時:2017年1月23日(月)
会場:ユーロライブ
登壇:馬鹿よ貴方は(平井“ファラオ”光、新道竜巳)

映画情報どっとこむ ralph ファラオさん:マシュー・マコノヒーに)似ているというだけで、宣伝隊長に任命していただき、うれしいですけど、皆さんも薄々お気づきのように、全体的な雰囲気だけで、顔つきは言うほど似ていないでしょ!なんだったら、たくさん出演していたエキストラの方々の中に似ている人がいたと思いますけど。

映画を観た感想・・・

ファラオさん:歴史の一部をリアルに切り取った感じで、説得力があり、観客に考えさせる映画でしたね。ハリウッド進出ですか? 機会にさえ恵まれれば、こっちは全然出る気満々なんで・・・。大それたことは言えないので、まずは準主役からお願いしたいですね(新道さんから「ずいぶん上から目線だな」とツッコミ)。

新道さん:映画を拝見して、とても見入ってしまいました。痛感したのは、仲間の大切さ。仲間がいるからこそ、自分がいて、目標に向かっていけるわけですから。昨日(所属事務所の)自主ライブがありまして、打ち上げに後輩50人くらいいたんですけど、仲間を大事にしたくて、全部おごりました。10万円くらいかかってしまって、今はストレスです(笑)。でもこの映画を見たおかげで、仲間と力を合わせて、オフィス北野を盛り上げようと思えたのは良かったです。


所属しているオフィス北野に関して・・・

ファラオさん:ビートたけしさんの番組にときどき出演させていただくんですが、たけしさんがお持ちのエピソードは本当にどれも面白いです。ただ、ほとんどテレビで言えないような内容ばっかりなんですよ。僕なんかがマネしたら、ただ灰にされて消え去るだけですから。先輩の皆さん、全員尊敬しています。

新道さん:身近にいる尊敬できる先輩と言えば、ガダルカナル・タカさんですね。イベントや営業でご一緒することも多いんですが、僕がどんなにスベっても、ニコニコしてくださり、よくお話もさせていただける良き兄貴です。

映画情報どっとこむ ralph コーヒーの試飲・・・

ファラオさん:コーヒーは1日、5~6杯飲みますね。(実際にコーヒーを飲んで)熱っ!痛っ!めっちゃ熱いですね・・・。僕、猫舌なんですよ。味はちょうどいい苦みと、ちょうどいい悪意の入りまじった絶妙なハーモニーですね。

新道さん:こんなこと言うとアレですが、僕コーヒー飲めないんですよ。苦いでしょ? でもマシュマロが入っているので、飲めそうです。(実際にコーヒーを飲んで)僕、甘いの好きなので、マシュマロと一緒に味わえば、甘味と苦みが調和しておいしいです。

<マシュー・マコーヒー販売情報>
ニュートン・ナイトを演じた主演のマシュー・マコノヒーの名前にちなんで、全国5カ所の劇場にてマシュー・マ“コーヒー”を発売することが決定。渋さの中にも甘さがあるマコノヒーをイメージし、“マシュー”マロをトッピングしたコーヒーで、購入者にはオリジナルステッカーを先着でプレゼントいたします。新宿武蔵野館、伏見ミリオン座は1月21日(土)より、ヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル梅田、シネ・リーブル神戸は1月28日(土)より発売となります。お買い上げいただいた方には先着100名様に“マシュー・マコーヒー”オリジナルステッカーをプレゼント。詳細は劇場までお問い合わせください。

映画情報どっとこむ ralph 物語・・・
それは、14歳の少年の夢を砕いた1発の銃弾から始まった。時は1863年、南北戦争で二つに引き裂かれたアメリカで、ニュートン・ナイトは甥の遺体を家族に届けようと南部軍を脱走する。故郷で仲間の農民たちから農作物を奪う軍と衝突したニュートンは、追われる身となって湿原に身を隠す。そこで出会った黒人の逃亡奴隷たちと友情を築いたニュートンは、黒人と白人が一つになった前代未聞の反乱軍を結成し、自由のために立ち上がる──。

ニュートン・ナイト/自由の旗をかかげた男

2月4日(土)より新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ渋谷他全国順次ロードショーです。

公式HP:
www.newtonknight.jp

***********************************

監督&製作&脚本:ゲイリー・ロス『シービスケット』『ハンガー・ゲーム』 
出演:マシュー・マコノヒー、ググ・ンバータ=ロー、マハーシャラ・アリ、ケリー・ラッセル他 
主題歌:ルシンダ・ウィリアムス“I’m Crying”
配給:キノフィルムズ/木下グループ
(C)2016 STX Financing, LLC. All Rights Reserved.

マシュー・マコノヒー,ググ・ンバータ=ロー,マハーシャラ・アリ,ケリー・ラッセル


 

************************************

 

以下のランキングに登録しています。良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 


小川隆夫 x 及川亮子 代官山 JAZZ トーク『MILES AHEAD』公開記念



映画情報どっとこむ ralph 『ホテル・ルワンダ』(04)でアカデミー賞®主演男優賞にノミネートされた実力演技派俳優、ドン・チードルが監督、主演、脚本、製作を務め『MILES AHEAD/マイルス・デイヴィス 空白の5年間』が全国順次公開中です。
月に一度音楽コンシェルジュ及川亮子氏と一緒に音楽を聴きながら語り合う、施設オープン以 来続いている人気イベント「代官山JAZZトーク」。

今回、本作の公開でジャズジャーナリストであり、医者でもある 小川隆夫氏をゲストに迎えジャズの帝王「マイルス特集」として小川氏がセレクトしたマイルスの 名曲を聞くことのできる休日の朝にぴったりなトークイベントが行われました。

日程:1月22日 (日)
会場:代官山 蔦屋書店
登壇:小川隆夫(ジャズジャーナリスト、整形外科医、DJ) 及川亮子(ジャズコンシェルジュ)

映画情報どっとこむ ralph マイルスとの出会い

小川さん:初めはあまり気になっていなかったんです。ちょうど東京オリンピックやアイビールックが流行っていた学生の頃にLPを小脇にかかえるのが格 好良いと思って、シャツを買うお金でレコードを買いました。その頃からジャ ズ喫茶に通うようになり「スイングジャーナル」なんか読み始めて・・(マイル スを)最高だと思ったのが高校2、3年生くらいだったかな。

とマイルスとの出会いを振り返った。

現在全国公開中の『MILES AHEAD~』に話が及ぶと、本作の字幕監 修を手掛けた小川氏は

小川さん:この作品はいわゆる〝音楽映画“ではないし、”伝記映画”でもないですよね。マイルスが暴れまくりますしピストル撃っちゃう んだから!(この作品では)彼のキャラクター、イメージでストーリーを膨らま せていて史実と照らし合わせるのが目的ではない、別のおもしろさがあります。

それを受け

及川さん:あまりマイルス、マイルスしていない所が私は逆に とても良かったです。

と語ると会場の半分ほどがすでに映画を鑑賞しており、 その解説に頷く姿も。劇中にも登場するマイルスのかつての妻・フランシス・テイラーがジャケットの「Someday my prince will come」のレコードを取り出し

及川さん:マイルスはいつもフランシスの(鼻の下に)ヒゲを描くんですよ。

と直接マイルスと接していた人物だから知りえる秘話が飛び出し、直筆サインといたずら描きが足されたレコードを前に会場の笑いを誘っていた。

マイルスがスタンダードなナンバーを好んで演奏をしていた頃の話やマイルスが信頼していたギル・エヴァンスと出会いクラシックとジャズの両方からのアプローチで新しい挑戦をし続けたことなど、小川氏がマイルスに「ドク」と呼ばれ、その後20回ものインタビューを敢行した経緯なども語られ、普段家では聞くことの出来ない大音量で、味わい深いマイルスの魅力を再確認するような選曲に、途中で立ち見が出るほどの盛況ぶりでイベントは終了しました。

<曲目リスト>
1.Dear Old Stockholm~Miles Davis Vol.1 (Blue Note 10inch LP)
2.Someday My Prince Will Come(同名アルバムより)
3.Solea~Sketch Of Spain
4.Agitation~ESP 5.Black Satin~On The Corner

映画情報どっとこむ ralph 物語・・・
1970 年代後半のニューヨーク。長らく音楽活動を休止中のマイルス・デイヴィスの自宅に、彼の カムバック記事を書こうとしている音楽記者デイヴが押しかけてくる。しかし体調不良に苦しみ、ド ラッグと酒に溺れるマイルスは、創作上のミューズでもあった元妻フランシスとの苦い思い出にも囚 われ、キャリア終焉の危機に瀕していた。やがてデイヴと行動を共にするうちに、悪辣な音楽プロ デューサーに大切なマスターテープを盗まれたマイルスは、怒りに駆られて危険なチェイスに身を 投じていく。その行く手に待ち受けるのは破滅か、それとも再起への希望の光なのか。

公式サイト:Miles-Ahead.jp


***********************************


監督:主演・共同脚本・製作:ドン・チードル(『ホテル・ルワンダ』

出演:ユアン・マクレガー、エマヤツィ・コーリナルデイ

音楽:ロバート・グラスパー
原題:Miles Ahead
2015年 アメリカ映画/上映時間:101分/字幕翻訳:寺尾次郎
字幕監修:小川隆夫
PG-12
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント


 

************************************

 

以下のランキングに登録しています。良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ