沢尻エリカの男前エピソードを白石晃士監督が吐露!映画『不能犯』


映画情報どっとこむ ralph 俳優・松坂桃李が初めてのダークヒーローを演じることで話題の映画『不能犯』が、2018年2月1日(木)より公開となります。

本作は、「ウロボロス-警察ヲ裁クハ我ニアリ-」などでも知られる神崎裕也が作画、原作を宮月新が担当し、「グランドジャンプ」で連載中の同名漫画が原作。

見つめるだけで相手を死に追いやる主人公・宇相吹(うそぶき)正(ただし)役を松坂桃李さん、宇相吹が唯一殺すことのできない、正義感溢れる女刑事・多田友子役を沢尻エリカさんが演じている他、宇相吹に翻弄される人々に新田真剣佑さん、間宮祥太朗さん、真野恵里菜さん、忍成修吾さん、今野浩喜さん、芦名星さん、矢田亜希子さん、安田顕さん、小林稔侍さんという豪華キャストが出演。

そして主題歌は、今大注目の男女二人組ロックユニットGLIM SPANKY(グリム・スパンキー)の書き下ろし楽曲「愚か者たち」に決定するなど、話題を集めています。

そして!

嘘と曲がったことが大嫌いで、口は悪いが部下や改心した前科者の面倒見がよく、人望厚い姐御肌の“デキる”刑事、多田友子。

宇相吹が唯一コントロールできない存在であり、影ひとつない純白の正義を貫く多田を演じるのは、現代の日本映画界において、最も芝居が熱く最も眼力の強い沢尻エリカさん。本作で初の刑事役に挑戦、キレのあるアクションも披露する沢尻さんの演技も見どころのひとつとなっています。

この度、“デキル女”オーラをビシビシと放つ、男前の女刑事多田演じる沢尻さんの場面写真が解禁です。

映画情報どっとこむ ralph 原作では、男性のキャラクターである多田刑事ですが、女性に支持されるかっこいい女性刑事を沢尻さんに演じてもらいたいというプロデューサーたっての希望でオファー。

そのキャスティングは功を奏したようで、

白石監督:沢尻エリカさんはとても感じがよく、なおかつとても可愛らしい方でした。実は朝イチでヒールで走るシーンがあったんですが、そこで足を痛めてしまったんです。それでもだましだまし、根性で最後までやり切ってくれて感謝しています。

と大満足の様子で振り返っています。

脚本を読んだときの印象について

沢尻さん:もともとアクションに興味があって、いつかやってみたかった。

と明かしますが、アクション演技は予想以上に難しかったそうで

沢尻さん:いざ自分でやってみると難しく、ひとつひとつの動きをカッコ良く演じなければならなかったので、色々と挑戦でした。

と当時を振り返っています。
映画情報どっとこむ ralph 不能犯とは
〈呪い〉や〈マインドコントロール〉で殺すなど、目的は犯罪だが、常識的に考えて実現が不可能な行為のこと。
あらすじ
都会で次々と起きる変死事件。いずれの被害者も、検死をしても、何一つとして証拠が出てこない不可解な状況で、唯一の共通点は事件現場で必ず目撃される黒スーツの男。その名は宇相吹正(松坂桃李)。
彼こそがSNSで噂の〈電話ボックスの男〉だった。とある電話ボックスに、殺人の依頼を残しておくと、どこからともなく彼が現れ、ターゲットを確実に死に至らしめるという。その死因はどれも病死や自殺に事故――
宇相吹の犯行は、すべて立件不可能な犯罪、〈不能犯〉だった。今日も、愛憎や嫉妬、欲望に塗れた人々が彼のもとにやってくる。そんな中、警察はようやく宇相吹の身柄を確保し、任意で取り調べを始める。
多田(沢尻エリカ)と部下の百々瀬(新田真剣佑)が見守る中、宇相吹を前に上司の夜目(矢田亜希子)が取り調べを始めるが、次第に夜目の様子がおかしくなり、最終的に宇相吹は解放される。
彼の正体とは一体―。そして、真の目的とは―。
公式サイト:
http://funohan.jp/
公式twitter:
@FunohanMovie

***********************************

出演:松坂桃李 沢尻エリカ
新田真剣佑 間宮祥太朗 テット・ワダ 菅谷哲也 岡崎紗絵 真野恵里菜 忍成修吾
水上剣星 水上京香 今野浩喜 堀田茜 芦名星 矢田亜希子 安田顕 小林稔侍

原作:『不能犯』
(集英社「グランドジャンプ」連載 原作:宮月新/画:神崎裕也)
監督:白石晃士
脚本:山岡潤平、白石晃士

配給:ショウゲート
(C)宮月新・神崎裕也/集英社 2018「不能犯」製作委員会
    


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

吉田孝行監督『ぽんぽこマウンテン』 第8回前橋映像祭2017にて上映間近!


映画情報どっとこむ ralph 吉田孝行監督 43歳で初めて発表した映像作品『ぽんぽこマウンテン』 。

スペイン・マドリードの映画祭で世界初上映されて以降、これまで世界18か国の映画祭に選出され、国際的に高い評価を得ています。
このほど、本作が、11月25日(土)、11月26日(日)に開催される第8回前橋映像祭2017に選出され、11月26日(日)13時00分からのプログラムで上映されます。
@前橋映画祭

前橋映像祭2017では、今年の日産アートアワード2017でグランプリを受賞した藤井光さんの『日本人を演じる』や、元ひきこもりの現代美術家として知られる渡辺篤さんの『7日間の死』など、美術家の映像作品も多く上映されます。

映画情報どっとこむ ralph 吉田孝行監督『ぽんぽこマウンテン』


作品概要:
「ぽんぽこマウンテン」とは、日本のとある公園に設置されている白い色のエア遊具のこ とです。雪山のようなトランポリンであり、その上で子ども達は、ぽんぽこ飛び跳ねて遊 んでいます。本作は、曲線のあるユニークな風景の中で、無邪気に遊んでいる子ども達の 姿を、動画と静止画の組み合わせによって表現したモノクロの映像作品です。作品の冒頭 に引用される「子供心を失った者は、もはや芸術家とはいえない」という彫刻家コンスタ ンチン・ブランクーシの言葉に着想を得て制作されました。


吉田孝行プロフィール:
1972 年北海道生まれ。一橋大学大学院社会学研究科修士課程修了。映 画美学校で映画制作を学ぶ。東京フィルメックス 2014 でアジアの映画 人材育成事業「タレンツ・トーキョー」のコーディネーターを務める。 ドキュメンタリー専門誌「neoneo」の編集に携わる。共著に『アメリ カン・アヴァンガルド・ムーヴィ』など。イラク北部クルド自治区で開 催されたスレイマニヤ国際映画祭 2017 で審査員を務める。新作『タッ チストーン』(2017)が、2017 年 12 月にインドネシアのジョグジャカ ルタ・ドキュメンタリー映画祭で世界初上映を予定。本作『ぽんぽこマウンテン』 (2016) が、国際映画祭など、世界 18 か国、22 の国際フェスティバルに選出されている。

Pärnu International Documentary and Anthropology Film Festival(国際映画祭)
(2017 年 7 月 3 日〜7 月 16 日、パルヌ、エストニア)
International Short Film Festival Detmold(国際映画祭)
(2017 年 6 月 30 日〜7 月 2 日、デトモルト、ドイツ)
Jogja NETPAC Asian Film Festival(国際映画祭)
(2016 年 11 月 28 日〜12 月 3 日、ジョグジャカルタ、インドネシア)
SalaMindanaw Asian Film Festival(国際映画祭)
(2016 年 11 月 7 日~11 月 13 日、ジェネラルサントス、フィリピン)
International Video Art Festival Now&After(国際ヴィデオアート祭)
(2016 年 10 月 22 日〜11 月 29 日、モスクワ、ロシア)
Eye on Film – International Film Festival for Children and Youth(国際こども映画祭)
(2016 年 9 月 30 日~10 月 4 日、リュブリャナ他全 10 都市、スロベニア)

Twitter:
@yoshidafilms
Facebook:
@yoshidafilms

撮影・編集:吉田孝行/2016 年/10 分/HD/16:9/白黒
©吉田孝行

***********************************



良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

百田夏菜子 × 山寺宏一 デュエット『映画かいけつゾロリ ZZのひみつ』PV到着!


映画情報どっとこむ ralph こどもたちに圧倒的な人気を誇る児童書「かいけつゾロリ」シリーズ。

累計発行部数3,500万部を誇る本シリーズが2017年、遂に30周年を迎え、その記念すべき映画第5作目『映画かいけつゾロリ ZZ(ダブルゼット)のひみつ』が、11月25日(土)より全国公開。
原作でも語られることのなかったゾロリの秘密に迫る本作では、過去にタイムスリップし、若き日のゾロリの母“ゾロリーヌ”が登場。そのゾロリーヌの声には、ゲスト声優本格初挑戦となる「ももいろクローバーZ」リーダー・百田夏菜子さん!百田夏菜子さんは今回ゾロリーヌとしてゾロリ役の山寺宏一さんとともにソロ主題歌にも初挑戦。いたずらの天才ゾロリには、「七色の声を持つ男」と称され、長年アニメと共に演じてきた山寺宏一さんが続投し、百田さんとのデュエットが実現いたしました。作曲はアニメ楽曲になくてはならないこの方!田中公平さん。作詞は原作の原ゆたかさんです。

この度主題歌「夢は心のつばさ」のPVを初公開いたします。百田夏菜子さん&山寺宏一さん、2人の歌声が視聴できるとともに、PV映像には、25日より公開される『映画かいけつゾロリ ZZのひみつ』のハイライトシーンが多数登場です。


百田夏菜子さん&山寺宏一さんコメント
※10月10日(火)ビクタースタジオ・レコーディング会見より

●百田夏菜子さん:
山寺さんの声が一緒にヘッドフォンから聞こえたときに涙が出てきそうになりました。普段は自分として歌っているけれど、今回、役として歌うのも初。正直どうすればいいかわかりませんでしたが、山寺さんの声が先に入っていたので全身を預ける感じでした。男の人の声が耳(ヘッドフォン)から聞こえることも今までなかったので、それが新鮮で、ハモった瞬間が楽しい!って思えた。ゾロリに寄り添うように、声でも優しいママを出せたらと思って歌いました。親子愛もあるし、ちょっと初恋のような気持ちでキュンキュンしたりとかもある、ドキドキウルウルハラハラな作品になったので是非楽しんでください!

●山寺宏一さん:
こんなおっさんが息子でごめんねー。ももクロの一員になったような気がした。いつでもももクロの公演に呼んでもらえたら!夏菜子ちゃんの声は特別な波動がでているよね。みんなを笑顔にする、顔だけじゃなく声も。(声で波動をだすのは)野沢雅子さんくらいしか知らなかったけど、やっぱりそういうことか!なんか出ているんだ、みんなを明るく楽しくさせる波動が。ゾロリはとにかくママが大好き。そのママとデュエット、特別な思いがあります。歌詞がすごい音楽もすごい。僕、アニメで主人公と主題歌の両方を担当しているのは、唯一「ゾロリ」だけなんです。TVシリーズの最初から主題歌を歌っていますが、ゾロリは名曲ゾロリ。幸せです。「夢は心のつばさ」。後世に残したい名曲です。ももクロファンが好きになってくれたら。百田さんをお迎えして心あたたまる作品になったので、映画も主題歌同様楽しんで欲しいです。

映画情報どっとこむ ralph 『映画かいけつゾロリ ZZ(ダブルゼット)のひみつ』ストーリー

http://www.zorori-movie.jp/

朝一番にドーナツ屋さんに並ぶため、“目覚まし時計”型のゾロリ庵で寝ていたゾロリとイシシ&ノシシ。3人は、ひょんなことから異空間に吸い込まれてしまった!行きついた先は見知らぬ町。そこで出会ったすてきなレディにゾロリが恋心を抱いたのもつかの間、「ゾロリーヌ」と名乗った彼女は、なんと若き日のゾロリママだった!ゾロリたちは過去にタイムスリップしてしまったのだ!!

突然あらわれた謎のかいじゅうに飲み込まれてしまったゾロリーヌを取り戻すため、宝探しから帰ってきたトレジャーハンターのゾロンド・ロンとともに奮闘するゾロリたち。はたして、ゾロリたちは、無事、ゾロリーヌを助けることができるのか?
そして、ゾロリのコスチュームに刻まれた「ZZ」マークにかくされたひみつとは?かいけつゾロリ誕生のひみつが、今、ここに明かされる!!

***********************************

原作:原ゆたか(「かいけつゾロリ」シリーズ/ポプラ社刊)
監督:藤森雅也 
脚本:吉田玲子 
音楽:田中公平
声の出演:山寺宏一 愛河里花子 くまいもとこ 他
アニメーション制作:BN Pictures、亜細亜堂
配給:東京テアトル
配給協力:イオンエンターテイメント 
(c)2017 原ゆたか/ポプラ社,映画かいけつゾロリ製作委員会 


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

神田沙也加登壇決定!映画『ムーミン谷とウィンターワンダーランド』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 1945年にフィンランドの作家、トーベ・ヤンソンによって原作小説が発表されて以来、絵本、コミックス、アニメーションとして、世界中の人びとから愛されているムーミンの物語。

その映画最新作、2017年12月2日(土)丸の内TOEIほか全国公開予定のパペットアニメーション映画『ムーミン谷とウィンターワンダーランド』より、12月2日(土)に丸の内TOEI②にて初日舞台挨拶を開催することになりました!

ムーミンファンお待ちかね、このたびファンの前に初登場となるのは、歌手であり『アナと雪の女王』(2014)年のアナ役として知られ、本作でナレーションを務めた神田沙也加。

ナレーションとして参加した本作では、透明感あふれるその美しい声で作品の世界を語り、映画公開初日に待望の生の声を披露いたします。そして先日のジャパンプレミアでムーミンが大好きだと語った、主題歌を務めたサラ・オレインも登壇。さらにはムーミントロールも駆けつけ、映画公開初日をお祝いいたします。

日時:12月2日(土)
会場:丸の内
時間:10:00開場、10:30開演、舞台挨拶後上映予定
チケット発売:11月23日(木・祝)
AM10:00~詳しくは東映公式HPをご覧ください
登壇:神田沙也加、サラ・オレイン


物語・・・

はじまりは、木の葉が舞い落ちる秋。冬になるとムーミン一家は春まで眠りにつきますが、好奇心いっぱいのムーミントロールはムーミン谷にまもなく訪れる冬を感じようと出かけます。そこで知ったのは、まもなくやってくるという「クリスマス」の存在。”クリスマスさん”って誰?どんな人?ムーミン一家はクリスマスさんをもてなそうと大騒ぎ!やがてムーミンが出会う不思議な冬の魔法、驚きの数々、そしてムーミン谷に訪れる最高の夜・・・・・・。ムーミンたちが初めてクリスマスを迎えるまでを描いた、心あたたまる物語


ムーミン谷とウィンターワンダーランド

原題:『MOOMINS AND THE WINTER WONDERLAND』

2017年12月2日(土)全国ロードショー

公式サイトURL:
www.moominswonderland.jp
***********************************

監督:ヤコブ・ブロンスキ、イーラ・カーペラン
エグゼクティブ・プロデューサー:トム・カーペラン

声の出演:宮沢りえ、森川智之、朴璐美

ナレーション:神田沙也加

主題歌:サラ・オレイン「ウィンターワンダーランド」(ユニバーサルミュージック)

配給:東映
©Filmkompaniet/ Animoon
MoominCharacters ™
上映時間:86分


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

働けど、働けど・・・ドキュメンタリーなのにヴェネチアで脚本賞『苦い銭』1月下旬公開決定!


映画情報どっとこむ ralph ドキュメンタリーであるにも関わらず、群像劇のような見応えにヴェネチア映画祭が脚本賞(オリゾンティ部門)を授与した『苦い銭』。

こんな会話や表情が、なぜ撮れる?と常に観客を驚かせ、カメラの存在を消す天才監督と言われるワン・ビン監督の真骨頂といえる作品です。

今回、監督のカメラが捉えたのは、出稼ぎ労働者が住民の80%を占める街・湖州で働く人々。


14億が生きる巨大中国の片隅で、1元の金に一喜一憂する彼ら。そのひとりひとりの人生が胸に迫り、ある意味、“彼ら”は世界のいたるところに存在する“私たち”なんだと気づかせてくれる必見の傑作です。

メインビジュアル決定!
雲南省から湖州の街に出稼ぎに行く少女とその先輩の女性が車中で眠りこける表情を捉えたポスタービジュアル。

キャッチフレーズの「働けど、働けど」が身に沁みます。

ワン・ビン(王兵)監督コメント
中国社会では、現代ほど「金」が重要な時代は、これまでに存在しませんでした。今、誰もが裕福になりたいと願っています。 しかし現実から見れば、それは誰もが空想の中に生きていると言うしかありません。また、“流れゆくこと”は、今日の市井の中国人にとって重要なテーマです。私は、彼らの物語を語るために、カメラのショットや捉える人物をずらしながら、ある被写体から別の被写体へ、焦点を揺らすようにひとつに絞らずに撮影しました。

ワン・ビン(王兵)監督プロフィール
『鉄西区』『無言歌』『三姉妹〜雲南の子』『収容病棟』と数々の傑作を発表し、山形国際ドキュメンタリー映画祭、ナント三大陸映画祭、ヴェネチア国際映画祭オリゾンティ部門などで最高賞に輝く。美術の分野でも高く評価され、ポンピドゥー・センター(パリ)では1カ月以上にわたる回顧展が開催され、ドイツのドクメンタ14にも招聘されている。


『苦い銭』
英語題:Bitter Money

2018年1月下旬 シアター・イメージフォーラム他全国順次ロードショー

公式HP 

第74回ヴェネチア国際映画祭オリゾンティ部門脚本賞
第74回ヴェネチア国際映画祭ヒューマンライツ賞受賞


***********************************

中国語題:苦銭
2016年|フランス・香港合作|163分|DCP 5.1 | 16:9 |カラー|中国語
字幕:樋口裕子
配給:ムヴィオラ


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ