山田洋次監督『妻よ薔薇のように 家族はつらいよⅢ』横尾忠則 描き下ろしポスター完成


映画情報どっとこむ ralph 山田洋次監督「男はつらいよ」シリーズ終了から20年ぶりとなる 喜劇映画「家族はつらいよ」シリーズ。

その新作となる『妻よ薔薇のように 家族はつらいよⅢ』オリジナルポスターが完成しました。


手がけたのは世界的アーティスト・横尾忠則さん。

山田洋次監督 『東京家族』(12)でY字路をモチーフにしたイメージポスターを描いて以来、「家族はつらいよ」シリーズでは、スチール写真とグラフィックを絶妙に構成したポスターデザインを手がけてきた横尾さん。

4度目のコラボとなった最新作の描き下ろし画によるもので、作品のタイトルである「妻よ薔薇のように」をモチーフに、ビビッドでカラフルな色合いとタッチで描かれ、花瓶に生けられた8本の薔薇の花の中に、お馴染みの“家族”を演じた8人の実力派俳優陣の肖像がそれぞれに描かれた驚き のビジュアルです!

「妻」の“女”の中心に、ハートが添えられたロゴ も横尾さんのデザインによるものです。平田家の父・周造を演じる 橋爪功氏からは 「横尾さんの画の中に登場できるなんて、 光栄の至りです!」 と感激のコメントが寄せられました。

そしてシリーズ全作に続き本作でも、本編のオープニングタイトルも担当します。

映画情報どっとこむ ralph 本作では、三世代が同居する一家の家事を担ってきた主婦・史枝(夏川結衣)が家出をすることで、家族の 暮らしが崩壊してゆく様をユーモラスに描きます。タイトル「妻よ薔薇のように」には、本作のテーマでもあ る“主婦への讃歌”として「妻よ薔薇のように美しく」という山田監督のメッセージが込められており、家事労 働の大変さや、長男・幸之助(西村まさ彦)と史枝夫妻に起こる“夫婦”の様々な出来事に、世の奥様方に共感 頂けること間違いなし!笑って、泣いて、しみじみと胸を打つ、新しい「家族はつらいよ」にご期待ください。 その他の出演者に、周造の友人の医師役として小林稔侍、「居酒屋かよ」の女将を風吹ジュンが演じるほか、 木場勝己、立川志らく、笹野高史、藤山扇治郎、広岡由里子、北山雅康、鰻屋役の徳永ゆうき、そして笑福亭 鶴瓶も特別出演します。

妻よ薔薇のように 家族はつらいよⅢ

公式サイト:
http://kazoku-tsuraiyo.jp/

5月25日(金)全国公開!

物語・・・
史枝(夏川結衣)は、育ち盛りの息子ふたりと夫・幸之助(西村まさ彦)、その両親3世代で暮らす主婦。ある 日、家事の合間にうとうとしていた昼下がり、泥棒に入られ、冷蔵庫に隠しておいたへそくりを盗まれた!!夫から「俺の稼 いだ金でへそくりをしていたのか!」と嫌味を言われ、余りに気遣いの無い言葉にそれまでたまっていた不満が爆発した史枝 は、家を飛び出してしまう。一家の主婦が不在となった平田家は大混乱!身体の具合の悪い富子(幸之助の母/吉行和子)に 代わり周造(幸之助の父/橋爪功)が掃除、洗濯、食事の準備と慣れない家事に挑戦するがそんなこと続くわけがない。家族 揃って史枝の存在のありがたみをつくづく実感するのだが、史枝が戻ってくる気配は一向にない。家族会議、緊急召集!平田 家崩壊の危機か!?ダメ夫を持つ全ての女性が笑って共感し、しみじみ泣けて励まされる。映画界の巨匠・山田洋次監督が贈る、新・国民的喜劇シリーズ第3弾。

***********************************

監督:山田洋次
脚本:山田洋次 平松恵美子
音楽:久石譲
出演:橋爪功 吉行和子 / 西村まさ彦 夏川結衣 / 中嶋朋子 林家正蔵 / 妻夫木聡 蒼井優

制作・配給: 松竹株式会社


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

主演 櫻井翔! x 広瀬すずx 福士蒼汰『ラプラスの魔女』最新映像が解禁


映画情報どっとこむ ralph 2015年に執筆30周年を迎えた東野圭吾が発表した『ラプラスの魔女』。「これまでの私の小説をぶっ壊してみたかった」という自身の発言、発売前から話題沸騰となり、原作権の獲得に十数社が競合した超人気作。

その異色かつ野心的な内容は、多くの読者を驚愕とさせ、そして今年、この規格外のベストセラーを映画化した『ラプラスの魔女』がついに公開を迎えます!


謎多き事件の調査に当たる生真面目な大学教授・青江修介を演じるのは、4年ぶりの映画単独主演となる、櫻井 翔。自然現象を予言するヒロイン・羽原円華には、広瀬すず。円華が探している失踪中の青年・甘粕謙人に、福士蒼汰。人気絶頂の3人の俳優が本作で初共演を果たす。

さらに、豊川悦司、玉木 宏、リリー・フランキー、高嶋政伸、檀 れい、志田未来、佐藤江梨子、TAOといった実力派人気キャスト達が集結。

監督は、鬼才・三池崇史。

映画情報どっとこむ ralph そんな『ラプラスの魔女』最新映像が劇場放映前に解禁!



最新映像には、今回が初共演となる櫻井翔、広瀬すず、福士蒼汰に続き、豊川悦司、玉木宏など全員が主役級のキャストが勢揃い!"未来予測で殺人は可能か”、“犯人は魔女なのか”など、東野ミステリーの進化系とも言える本作を象徴する迫力ある映像に仕上がっています。最新映像は1月27日(土)より全国劇場で放映予定。

かつて誰も観たことのない最大の衝撃をもたらすミステリー超大作が遂に動き始めます!

映画情報どっとこむ ralph 『ラプラスの魔女』

2018年5月4日(金・祝)全国東宝系にて超大型ロードショー!


ストーリー

かつてフランスの天才数学者ピエール=シモン・ラプラスは言った。
ある瞬間の全物質の力学的状態とエネルギーを知り、計算できる知性が存在するならば、その知性には未来が全て見えているはずであると。
全てを知り、未来を予見する者…神にも等しいその存在を、のちの学者は[ラプラスの悪魔]と呼んだ。

連続して起きた2つの不審死。それぞれの事件現場が遠く離れているにもかかわらず、死因はどちらも同じ自然現象下での<硫化水素中毒死>…そして、驚くべきことに、死亡した二人は知人同士であった。警察はこの不可解な事件の調査を、地球化学の研究者である大学教授・青江修介(櫻井翔)に依頼する。

もし一連の事件が事故ではなく、他殺と仮定するならば。犯人は「完全無風状態になる一瞬」をあらかじめ知っていて、「その瞬間、致死量の硫化水素が発生する場所」へと「ピンポイントで被害者を誘導した」ことになる。そんなことは絶対に不可能だ。[ラプラスの悪魔]でもない限り…。
青江は封鎖された事件現場の地形や地質、気象などを念入りに検証し、自然科学的見地から事件性を否定する。ところが、事件現場に現れた1人の女・羽原円華(広瀬すず)が、青江の目の前で、その場で次に起こる自然現象を言い当てていく。それは奇跡か、偶然か…。なりゆきで円華と行動を共にすることなった青江は、彼女が失踪した甘粕(福士蒼汰)という青年を探していることを知る。一方、警察は「円華には、なにか不思議な力が備わっている」として事件への関与を疑い始めた。そして、ついに第三の事件が発生する…。

映画公式サイト:
www.laplace-movie.jp/

***********************************

出演:櫻井翔 広瀬すず 福士蒼汰 志田未来 佐藤江梨子 TAO/玉木宏
高嶋政伸 檀れい リリー・フランキー 豊川悦司 

監督:三池崇史
脚本:八津弘幸
原作:東野圭吾「ラプラスの魔女」(KADOKAWA 刊)

配給:東宝(株)
制作プロダクション:東宝映画 OLM
制作協力:楽映舎
撮影期間:2017年3月中旬~4月末(東宝スタジオほか)
Ⓒ2018 映画「ラプラスの魔女」製作委員会


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

紘毅 徳永ゆうき 岡本玲『バケツと僕!』公開決定&情報解禁!


映画情報どっとこむ ralph 「無敵のハンディキャップ」(文春文庫刊)の著者・北島行徳の小説「バケツ」(文春文庫刊)を映画化した『バケツと僕!』が、3月3日(土)に公開が決定しました。
第20回講談社ノンフィクション賞を受賞し、天願大介監督により映画化もされた「無敵のハンディキャップ」の著者・北島行徳さんの小説「バケツ」を完全映画化。養護施設で働くことになった気弱な主人公と、“バケツ”と呼ばれる軽度の知的障害を持つ 15 歳の少年との友情を笑いと涙を交えて描くハートフルな人間ドラマです。

映画情報どっとこむ ralph 主人公の神島役には、前川清の長男でシンガーソングライターの紘毅さん。
本作主題歌の作詞作曲も手掛けている。最近では劇団☆新感線の舞台「Vamp Bamboo Burn~ヴァン・バン・バーン」(宮藤官九郎作)に出演するなど役者としても 活躍しています。

紘毅さんからのコメント
夢に敗れて行き着いた先で出会ったバケツと僕。原作や台本を読み込んでバケツの素性が分かれば分かるほど痛く 辛いものがありました。僕にとってはバケツも世の中の現状も寂しすぎるものでした。 きっと悲しい映画なんだろうなって思い監督と初めての会話。 『笑える楽しい映画を作りましょう』 正直驚きました。 一歩後ろから人生の全体を見れば決して楽しいものではないのかもしれません。だけどもっと内側に潜り込んで、その 人の1日・一分一秒を切り取ってみれば笑っている時間は数えきれないほど散りばめられています。本気で生きてい ればどんな人だって必ず笑える時間を与えらるんだと、心からそう思わされました。だからこそ僕史上最高に笑えた現 場でした。 誰かのために生きていく。必死に自分の夢を追い続けている僕にとっては新鮮なものでした。けどそんな生き方もいい なって。いつかそんな人間になれるようにもっともっと頑張らないと! この映画を観てそんな気持ちになっていただけたら幸いです。なので僕からも改めて。 最高に楽しい映画です☆

映画情報どっとこむ ralph バケツ役には、原作者から「バケツのイメージにそっくり」と太鼓判を押された演歌歌手で鉄道マニアでもある徳永ゆうきさんを抜擢。

最近では、山田洋次監督の『家族はつらいよ』にも出演。役者としての活動の場も広がっており、最新作『妻よ薔薇のように 家族はつらいよⅢ』(18.5.25)の公開も決定しています。

徳永ゆうきさんからのコメント
軽度な知的障害をもつ役をさせていただきました。正直、難しい役どころでした。 自分自身、どのようにしたらいいのかと不安もたくさんありましたが、 監督はじめ、共演者、スタッフの皆さん、周りの方々に支えていただき、 無事、撮影を終えることができました。感謝の気持ちでいっぱいです。 W 主演という形でご一緒させていただいた紘毅さんとは、 以前、舞台でもご一緒させていただき、今回も共演できたことを嬉しく思いました。 撮影は 12 月だったんですが、半袖だったり、アイスキャンディーを食べたり、 パンツ一丁で走りまわったりと、寒さに負けず、季節感を感じさせない現場でした。 この作品は胸が痛くなるようなシーンもありますが、 どこかホッとする笑いもあります。また、心を強く揺さぶられる感動もあります。 ひとりでも多くの方に観ていただき、 何かを感じとって、見つめ直す機会になれば幸いです。

映画情報どっとこむ ralph また、バケツが密かに想いを寄せる神島の先輩・黒田には『赤い糸』(08)、NHK連続テレビ小説『純と愛』(12)、『わろてんか』(17)の岡本玲さん。
岡本玲さんからのコメント
この作品は、児童養護施設に勤めることになった青年(神島)と、軽度の知的障害を持つ少年(バケツ)の友情を軸に、 いろんな愛を描いた作品です。わたしは神島くんの大学時代の先輩で、障害を持つ若者たちを集めた劇団を主催して いる黒田凛子を演じさせていただきました。 世知辛いこの世の中、目の前にある現実が辛く感じる事もあるけれど、「隣にいるこの人の為に…この人がいるから… もう一歩だけ踏み出してみようかな、踏み出してみたらなんか楽しいかもしれないな」と観てくださった方の心に、熱す ぎずぬるすぎず、それぞれのちょうどいい温度であったかいなにかが広がる作品になればと思います。 笑ってください。怒ってください。もしかしたら涙もあるかもしれません。 是非劇場でご覧ください!

映画情報どっとこむ ralph バケツの姉・美由紀を『NIGHT HEAD』(94)の竹島由夏さんが演じています。

その他、杉田かおるさん、ダチョウ倶楽部の肥後克広さん、寺門ジモンさん、上島竜兵さんらが出演。

そして、監督は、これまでに小林政広監督(「海辺のリア」)や本木克英監督(「超高速! 参勤交代 リターンズ」)などの助監督を務め、本作で映画監督デビューとなる石田和彦さん。

虐待や孤児、ネグレクトといった社会問題をリアルに映し出す一方で、健常者と障害者の垣根を越えた絆や友情を 純粋な視点で捉えた本作は、静岡県浜松市を舞台に、たくさんの自然と地元民の人情味があふれる爽やかで感動的 なバディムービーが、ここに誕生しました。

『バケツと僕!』

3月3日(土)より新宿 K’s cinema ほか全国公開決定!

物語・・・
養護施設で働くことになった神島(紘 ひろ 毅 き )は“バケツ”というあだ名の15歳の少年(徳永ゆうき)と出会う。バケツには 軽度な知的障害と盗癖があり、母親から虐待を受け、挙句の果てに捨てられ、更には唯一の兄弟からも見放され、しまいに は施設からも追い出されてしまう。神島は、先輩の黒田(岡本玲)の協力を得て、バケツを引き取り面倒をみることにするの だが・・・・。

***********************************


紘毅 徳永ゆうき 岡本玲 竹島由夏 二木てるみ ダチョウ倶楽部 海原はるか・かなた 杉田かおる 主題歌:「虹色のファンタジー」紘毅(出版:前川企画)

監督:石田和彦
原作:北島行徳「バケツ」(文春文庫刊) エグゼクティブプロデューサー:柿崎ゆうじ 企画・プロデューサー:竹山昌利 プロデューサー:古谷謙一 脚本:北島行徳・山田耕大・石田和彦・竹山昌利 音楽:安川午朗 撮影:佐々木原保志 照明:安河内央之 録音:橋本泰夫 美術:黒田享大 編集:細野優里子 スクリプター:長坂由起子 音響効果:伊藤進一 整音:野村みき 助監督:宮村敏正 制作担当:松田憲一良 製作:映画『バケツと僕!』製作委員会
制作プロダクション:カートエンターテイメント
配給:彩プロ


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

大雪の中深川麻衣、山下健二郎『パンとバスと2度目のハツコイ』の完成披露舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 物凄い雪の中、映画『パンとバスと2度目のハツコイ』の完成披露舞台挨拶が、1月22日(月)シアタス調布にて行われ、主演の深川麻衣さん、三代目J Soul Brothersの山下健二郎さん、今泉監督が登壇。主題歌を担当したLeolaさんが楽曲「Puzzle」を生歌で披露しました!


映画『パンとバスと2度目のハツコイ』完成披露舞台挨拶 
日時:1月22日(月)
場所:シアタス調布
登壇:深川麻衣、山下健二郎(三代目J Soul Brothers)、今泉力哉監督、Leola

映画情報どっとこむ ralph 深川さん、山下さんと監督が登場で、外の寒さを吹き飛ばすほどの割れんばかりの黄色い声援!

深川さん:雪の中のホワイト上映会になりましたね、皆さんが無事会場に着けたようで安心しました!

と、この日イベントの開催地である調布でも30cm以上の積雪を記録するほどの大雪に見舞われたことを受け、多くのマスコミと約500人のファンに向け、感謝のコメントからイベントはスタート。

お互いの第一印象を聞かれ

深川さん:山下さんは、最初はキレキレのダンスを踊られているイメージがあって、クールで無口な方かと思っていたんですけど、実際にお会いしたら、明るくムードーメーカーで、とても助かりました!

と話すと、

山下さん:深川さんは、本当にイメージ通りで、役にもすごく合っていて撮影のない時も常にリンクしていた感じがしました。

とコメント。

映画情報どっとこむ ralph 本作は“ハツコイ”が題材となっていることから、自身の「初恋」について聞くMCに、

深川さん:小学校1年生の時から、6年生の時までずっと片思いをしていました。その人にうさぎの消しゴムのセットをもらったのがすごく嬉しくて、鍵のついた引き出しの中に入れて、よく眺めていましたね。

と彼女らしい可愛いらしいエピソードを披露!続いて

山下さん:小学校2年生の時に、実家のある京都から、親の転勤で奈良へ転校したのですが、その時に出会った初恋の子と一緒に、四つ葉のクローバーを探しに出かけたりしましたね。無事クローバーも見つけられて、すごく良い思い出でしょ!

と楽しげに話し

山下さん:シワシワかもしれないけど、まだ実家にあるかも(笑)

と話し、会場の笑いを誘いました。また、演じたバスの運転手について聞かれ
山下さん:バスのドアの開け閉めを子供の頃からやってみたくて、ずっと夢だったので、現場でバスに乗った時は無駄に何度もやらせていただきました。実際にも使われていると思うので、夢が叶ったシーンを是非見つけてください!

と、少年のよう。

映画情報どっとこむ ralph さらに、劇中で、ふみとたもつが2人で一緒にパンを作るシーンにちなみ、大ヒットを祈願で作成された特製”大きいくまさんパン”が登場!

深川さん:わー!おっきい!
と感激の様子の深川が代表して、特製”大きいくまさんパン”にチョコペンで顔を描くと、

山下さん:完璧やな!

と絶賛。場内からも「かわいー!」の声が上がり、同時に『パンとバスと2度目のハツコイ』のオリジナルパンが実際に発売されることも発表されました。


映画情報どっとこむ ralph その後、観客へはサプライズで、主題歌を担当したLeolaが登壇し、さらなる盛り上がり!
作品を実際に見て、ふみの心を想像して作ったというる楽曲「Puzzle」を生歌で披露。
伸びやかな歌声、温かな声色で映画館に温かな空気が一気に広がると、歌い終えたLeolaに

山下さん:もう…上手すぎるね!同じ事務所だしCDください!

と感心しきり。

深川さん:歌声も歌詞も本当に良くて、私は事務所違うんですけど、是非CDを…(笑)

とコメントし、会場が笑いで包まれた。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

山下さん:今日は本当に雪の中ありがとうございました。この作品は、僕にとっても違う一面を出すことのできた作品だったので、役者としてもすごく勉強させていただきました。見終わった後に、それぞれの感想があると思うのですが、みなさんが思ったことが答えだと思いますので、色々想像しながら、見ていただけたらと思います。

深川さん:自分にとっても、大切な作品なので、是非映画館でたくさんの人に見ていただきたいのと、なによりも見る人の価値観によって、心に残るものが変わると思うので、自由に想像していただいて、楽しんでいただけたら嬉しいです。

と舞台挨拶を締めくくり終わりました。

公式サイト:
www.pan-bus.com

2018年2月17日(土)より全国公開です。

物語・・・
「私をずっと好きでいてもらえる自信もないし、ずっと好きでいられる自信もない」と、独自の結婚観を持ち、パン屋で働く市井ふみ(深川麻衣)が、中学時代の“初恋”の相手・湯浅たもつ(山下健二郎)とある日偶然再会したところから物語は始まります。

プロポーズされたものの、結婚に踏ん切りがつかず元彼とサヨナラしたふみと、離婚した元妻のことを今でも忘れられないたもつが織りなす、モヤモヤしながらキュンとする“モヤキュン”ラブストーリー。

「初恋相手は、今でも相変わらず魅力的だぁぁぁぁあ!!」”恋愛こじらせ女子“の面倒な恋が動き出す!?「結婚」をテーマに、コミカルで人間交差点的な今泉力哉ワールド全開の恋愛群像劇が繰り広げられます。

***********************************

キャスト:深川麻衣、山下健二郎(三代目J Soul Brothers)、伊藤沙莉、志田彩良、安倍萌生、勇翔、音月桂

監督・脚本:今泉力哉
主題歌:「Puzzle」Leola(Sony Music Associated Records)  
配給:「パンとバスと2度目のハツコイ」製作委員会

©2017映画「パンとバスと2度目のハツコイ」製作委員会 


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

東日本大震災ので壊滅した小さな漁村ドキュメンタリー『願いと揺らぎ』予告


映画情報どっとこむ ralph 東日本大震災の津波で壊滅した宮城県南三陸町の小さな漁村「波伝谷(はでんや)」。

その被災までの3年間の日常を追ったドキュメンタリー映画『波伝谷に生きる人びと』の震災後の続編に当たる『願いと揺らぎ』が2月24日(土) よりポレポレ東中野ほか全国順次公開となります。
映画情報どっとこむ ralph その予告編が解禁。



津波により集落が壊滅しコミュニティが分断された波伝谷では、ある若者の一声から 地域で最も大切にされてきた行事である「お獅子さま」復活の機運が高まり、それは 先行きの見えない生活の中で、人びとの心を結びつける希望となるはずでした。

しかし波伝谷を離れて暮らしている人、家族を津波で失った人、さまざまな立場の人 がお獅子さま復活に想いを寄せる一方で、集落の高台移転、漁業の共同化など、多く の課題に直面し、足並みは一向に揃いません。

震災によって生じたひずみは大きく、動けば動くほど想いはすれ違い、何が正解なの かも分からぬまま、摩擦や衝突を重ねお獅子さまは復活します。2005年からお獅子 さまを撮り続けてきた監督が、ともに迷い、もがきながら、復興に向けて歩み続けた 人びとの“願いと揺らぎ”は予告編でも鮮烈に映し出されています。

映画情報どっとこむ ralph <クラウドファンディング実施中!>
現在 MOTHION GALLERYにて 、公開へ向けてのクラウドファンディングも実施中。
MOTHION GALLERY

映画情報どっとこむ ralph
願いと揺らぎ

2 月24日(土)より、 ポレポレ東中野ほか全国順次公開!

公式HP

***********************************

監督・撮影・編集:我妻和樹
プロデューサー:佐藤裕美
製作・配給:ピーストゥリー・プロダクツ
宣伝:佐々木瑠郁
2017年/日本/HD/カラー・モノクロ/16:9/147分
(C)ピーストゥリー・プロダクツ
    


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ