映画情報どっとこむ ralph 第76回ヴェネチア国際映画祭で銀獅子賞(最優秀監督賞)を受賞したスウェーデンの巨匠ロイ・アンダーソン監督最新作『ホモ・サピエンスの涙』が11月20日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館にて公開します。

映像の魔術師が、この時代を生きる全人類(ホモ・サピエンス)に贈る――。
愛と希望を込めた映像詩。

ヴェネチア国際映画祭最高賞・金獅子賞を受賞した前作『さよなら、人類』から5年の歳月を経て発表された『ホモ・サピエンスの涙』。

昨年の同映画祭でも絶賛され、銀獅子賞(最優秀監督賞)に輝いた。
そんな本作の日本公開に先駆けて鑑賞した、各界の著名人たちから絶賛コメントが到着しました!

映画情報どっとこむ ralph ロイ・アンダーソンは「静止画に挑んだ映像作家」だ。
まさに美術館で見る芸術に近く、「永遠性」のようなものを感じる。「負の遺産」を美しさと一緒に未来へとバトンをつなぐ
この映画は、もしかしたら100年後に届くかもしれない。
斎藤工(俳優/映画監督)

分厚い画集のページを一枚一枚丁寧にめくるように広がっていく映像世界。曇り空のような灰色で描かれた悲劇の画たちは、時に希望で色づいているかのように美しく見えた。
吉田ユニ(アートディレクター)

たった1秒で目と心が支配され、76分畏敬の念が止まらない。映し出される“画”の圧倒的存在感。
今日、僕は、神の御業を見てしまった。
SYO(映画ライター)

寂しくて哀しいとき、何度も読み返せるよう手元に置いておきたくなる、まるで絵本のような映画。私たちの瞳から零れる水は、やさしく、つめたく、心地よいと信じたくなる。
枝優花(映画監督/写真家)

すべてのシーンが絵になっていて、バラエティ豊かなスケッチブックをめくるように最後まで飽きさせない。
こんな映画、他にない。
米谷一志(芸術新潮編集部)

不器用な登場人物たちが、愛おしい…!監督の人間を見つめる視点にしびれる。なにかを失った人、絶望した人……、彼らはすぐそばにいる誰か、そしてわたしたちなのかもしれない。哀しくて奇妙なのに、すべてが愛おしくなる不思議な映画。
柴崎友香(小説家)

我々が普段SNSで目にしている日常の前後に起きているであろう、いわば「のりしろ」の部分が淡々と続く76分に、むしろそんな「のりしろ」こそが人生であり、人間らしさであり、眩しく美しいものだと気づかせてくれる、鳥たちの群れ。
ふかわりょう(タレント)

よく分からないけど笑っちゃう。”分かりやすい”=”正義”ではない!この滞空時間を映画館で体験して欲しい。
片桐仁(俳優・彫刻家)

坂本九の「明日があるさ」を思い出した。一歩踏み出せずに、幸せが訪れない人々を通して、「でも、僕たちは今を生きてて、明日がある」と気づかせてくれるのだ。
奥山大史(映画監督)

人間の駄目な部分が表現されていてまるで落語を聴いているかのような映画でした。
加賀美健(現代美術作家)

ロイ・アンダーソンの画面では、あらゆるものに等しく居場所が与えられる。雲に覆われた暗い空、くすんだ街、淡い光に包まれた室内、さえない人物。要らないものは何もない。それを見つめる私たちの妄想も含めて。
小野正嗣(作家)

集大成のようでいて、若き日の熱い思いもあふれるような傑作。ロイ・アンダーソンのように世界を捉えられたら。監督の視線が、音楽が、胸にしみる…!
森百合子(北欧ジャーナリスト)

やっぱり彼は、地球調査にやってきた宇宙人なんじゃないだろうか!?ロイ・アンダーソンさんの目から見た地球人たちは、哀しくてどこかおかしい。個人的には、信仰をなくした牧師のこれからが心配です!
福里真一(CMプランナー)

悩んだり、トラブルに見舞われたり、つかの間の幸せに浸ったり……人間の移ろいゆく姿が神の視点で変換されたかのように愛おしいです。
観る側もいつの間にか俯瞰して神目線に……。
達観するためには人間を「ホモ・サピエンス」と呼ぶことからはじめたいです。
辛酸なめ子(漫画家/コラムニスト)

人生ってほとんど地味な瞬間の積み重ねだと思っています。でも、その地味な瞬間を切り取ると、嬉しかったり、物悲しかったり、ものすごく悲劇的だったりその逆だったりと、それぞれに表情があります。人生は地味だけどドラマチックなものなんだな、と再確認できる作品でした。
星野概念(精神科医など)

まるで完璧なタブローのような、ジオラマのような人工的な風景をバックに人が動き出す時、そこからこぼれてくるのは人生の不条理、哀愁、侘しさ。でもそれが不思議とコミカルで、何だか愛おしい。
山崎まどか(コラムニスト)

嘆きに寄り添い脆さを受け止めるうちに、不思議なおかしみに包まれ肩の力が抜けた。感情をドラマチックに演出しなくても、ありのままの姿で私たちは充分ユニークなのだ。
奥浜レイラ(映画/音楽パーソナリティ)

全てのシーンがまるでミニチュアの世界を覗いているような不思議な感覚。世界観の作り込みと美しさに感服しました。
田中達也(ミニチュア写真家/見立て作家)

1カット目が永遠に続いてもいいと思った。ラストカットが永遠に続いてくれと思った。ああ!あのシーンと同じ鳥が飛んでいる!最高!
長久允(映画監督)

とても美しい!そして面白くて悲しい…劇場でお金を払って観る価値がある作品だ。
エドガー・ライト(映画監督)

映画情報どっとこむ ralph 各界の著名人も太鼓判を押す、ロイ・アンダーソン監督最新作、

『ホモ・サピエンスの涙』
英題:ABOUT ENDLESSNESS
原題:OM DET OÄNDLIGA 

公開は11月20日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次公開。
11/20(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー!
http://www.bitters.co.jp/homosapi

この世に絶望し、信じるものを失った牧師。
戦禍に見舞われた街を上空から眺めるカップル。
これから愛に出会う青年。陽気な音楽にあわせて踊るティーンエイジャー…。

本作で描かれるのは、時代も性別も年齢も異なる人々が織りなす悲喜劇。
映像の魔術師ロイ・アンダーソン監督が構図・色彩・美術と細部まで徹底的にこだわり、全33シーンすべてをワンシーンワンカットで撮影した。実在の名画の数々からインスパイアされた美術品のような映像美にのせて「千夜一夜物語」の語り手を彷彿とさせるナレーションが物語へと誘う。

***********************************

出演:マッティン・サーネル、タティアーナ・デローナイ、アンデシュ・ヘルストルム
監督・脚本:ロイ・アンダーソン
撮影:ゲルゲイ・パロス
2019年/スウェーデン=ドイツ=ノルウェー/カラー/76分/ビスタ後援:スウェーデン大使館 提供:ビターズ・エンド、スタイルジャム
配給:ビターズ・エンド
(C)Studio 24
関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ