「白石和彌」タグアーカイブ

『孤狼の血』制作現場から役所広司 松坂桃李 江口洋介コメント


映画情報どっとこむ ralph この度、2018年春公開予定の映画『孤狼の血』より、主演である役所広司をはじめ、松坂桃李、真木よう子、江口洋介の製作現場でのコメント、写真素材が解禁されました。

監督は、『凶悪』や『日本で一番悪い奴ら』で日本映画賞を総なめにした白石和彌。

<警察小説×『仁義なき戦い』>との呼び声高い本作に、今から目が離せません!

撮影場所は物語同様、広島県呉市。昭和63年当時を彷彿とさせる町並みの中で、4月17日よりクランクインし、5月20日にクランクアップ。

映画情報どっとこむ ralph 今回、主人公である大上章吾を演じる主演の役所広司さんは撮影を無事終えた感想について、
役所さん:楽しかったですね。白石監督も終盤に差し掛かるにつれ て(撮影が)粘り強くなってきて、現場が深夜までかかる日も増えましたけど、ずっといい雰囲気だったし、俳優・スタッフ全員が「これはいい映画になるぞ」と いう手応えを強く感じられた現場だったんじゃないでしょうか

と、撮影現場の充実さや仕上がりを期待させるコメントを残した。

同じく、撮影を終えての感想を聞かれた、大上章吾の部下で、日岡秀一を演じる松坂桃李さんは、
松坂さん:とにかく楽しかったです。これまでなかなか体験するこ とのなかった“攻めた現場”でした。その日の現場がどういう感じで進むのか、想像のつかない日々でした。白石監督とは2作目となりましたが、今回は前作 よりもかなりがっつりご一緒することができ、いやー“やっぱり変態だなあ”と思いました(笑)。

松坂さん:でもそんな白石監督の“攻める”感じが僕は大好きなので、非常に充実した撮影となりました

と、非常に現場の雰囲気の良さが伝わってくるコメントを残した。

映画情報どっとこむ ralph 5月14日に行われました、真木よう子さん演じる高木里佳子がママを務めるクラブでの撮影シーンについて、尾谷組の若頭である一之瀬守孝を演じる江口洋介さんは、

江口さん:ここから戦いが始まるかのような、少しでも引いたら負けという緊迫感がありました。それぞれの組織が対立する縮図のようなシーンでした。 『仁義なき戦い』や『ゴッドファーザー』といった名作で見られた人間の生き様が、白石監督の手腕で実に巧妙に、むしろ新鮮に映っていると思います

と、コメント。
さらに、撮影を終えて、

江口さん:完成が楽しみな現場となりました。シーン全て刺激的で“台本を超えているな”という手応えを感じていましたし、全てのシーン が繋がったら、『仁義なき戦い』とはまた違った魅力を持ついい作品になると思います。混乱した時代の中で、自分の精神を貫き通す男たちの生き様がどう 届くのか、今から興味深く思います。

と、今から公開が待ちきれなくなってしまうようなコメント。

映画情報どっとこむ ralph 広島県呉市にて、約1ヶ月に渡った撮影は、5月20日(土)に無事クランクアップ。

キャスト陣、製作陣含め皆、手応えを感じているという本作は2018年春全国 公開予定。
物語・・・
舞台は、昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島。所轄署に配属となった日岡秀一は、暴力団との癒着を噂される刑事・大上章吾とともに、金融会 社社員失踪事件の捜査を担当する。常軌を逸した大上の捜査に戸惑う日岡。失踪事件を発端に、対立する暴力団組同士の抗争が激化しー。 第69回日本推理作家協会賞受賞、「このミステリーがすごい!2016年版」国内編3位に輝いたベストセラー小説「孤狼の血」が、2018年春、待望の映画化!


過去記事:
白石和彌監督最新作『孤狼の血』製作発表記者会見
eigajoho.com/?p=67993


***********************************

キャスト:役所広司 松坂桃李 真木よう子 滝藤賢一 田口トモロヲ 石橋蓮司 江口洋介 ほか

原作:柚月裕子「孤狼の血」(KADOKAWA)
監督:白石和彌
配給:東映
©2018「孤狼の血」製作委員会
   


『彼女がその名を知らない鳥たち』WALNUTデザインステッカー付ムビチケ決定!


映画情報どっとこむ ralph ラブストーリーに夢を見られなくなった大人の女性たちに「究極の愛とは何か」と突きつけ、読者を虜にした沼田まほかるの 20 万部を超える人気ミステリー小説、「彼女がその名を知らない鳥たち」が同名でついに映画化。10月28日(土) 新宿バルト9他全国ロードショー 。

メガホンを取るのは、『凶悪』『日本で一番悪い奴ら』の白石和彌。
ノンフィクションを原作に骨太な社会派エンターテイメントを作り出してきた彼が、初めて本格的な大人のラブストーリーに挑みます。

映画情報どっとこむ ralph この度、7月1日(土)より、『彼女がその名を知らない鳥たち』オリジナル【“かの鳥さん”ステッカー】付きムビチケカードが、各劇場及びメイジャーオンライン(http://major-j.com/)にて発売開始となります!(※数量限定、一部劇場を除く)かの鳥さんが咥えている本作のカギを握るミステリーアイテムであるダイヤのピアスを付けた十和子(蒼井優)の物憂げなシーンの場面写真も合わせて解禁です!
「かの鳥」さんのデザインを手がけたのは、COACHなどの有名ファッションブランドでのイラスト起用をはじめ世界各国のミュージシャンのグッズデザインなど幅広く活躍するイラストレーター・アーティストWALNUT。

共感度0、不快度100の究極の愛の物語であり、行方不明の元恋人を巡るミステリーでもある、一筋縄ではいかない本作を表現し、可愛げのない表情が特徴的の「かの鳥」さんは、蒼井優演じる十和子の持ち物で、劇中の重要なミステリーアイテムとなるダイヤのピアスを咥えているところをイメージして生み出されました。


本作についてWALNUTさんは

★WALNUT さんコメント
こんな蒼井優さん見たことない!!夢見がちなラブストーリーに感情移入できなくなってしまった大人のための、滑稽で不気味で不愉快極まりない、最高に切ない愛の物語。
映画情報どっとこむ ralph ★ムビチケカード情報
彼女がその名を知らない鳥たち』オリジナル【“かの鳥さん”ステッカー】付きムビチケカード(¥1,400)は
7月1日(土)より各劇場及びメイジャーオンライン(http://major-j.com/)にて発売開始。
※劇場一般¥1,800のところ ※数量限定 ※一部劇場を除く

物語・・・
八年前に別れた男・黒崎を忘れられない十和子は、今は15歳上の男・陣治と暮らしている。
下品で、貧相で、地位もお金もない陣治を激しく嫌悪しながらも、彼の稼ぎで働きもせず日々を過ごしていた。ある日、十和子は黒崎の面影を思い起こさせる妻子ある男・水島と関係を持ち、彼との情事に溺れていく。そんな時、家に訪ねてきた刑事から「黒崎が行方不明だ」と知らされる。どんなに足蹴にされても文句を言わず、「十和子のためなら何でもできる」と言い続ける陣治が、執拗に自分をつけ回していることに気付いた十和子は、黒崎の失踪に陣治が関わっているのではないかと疑い、水島にも危険が及ぶのではないかと怯え始める

公式サイト:
http://kanotori.com
公式twitter:
@kanotori_movie
公式Facebook:
@kanotori.movie

***********************************

蒼井優 阿部サダヲ
松坂桃李 / 村川絵梨 赤堀雅秋 赤澤ムック・中嶋しゅう / 竹野内豊

監督:白石和彌
原作:沼田まほかる「彼女がその名を知らない鳥たち」(幻冬舎文庫)
制作プロダクション:C&Iエンタテインメント
製作:映画「彼女がその名を知らない鳥たち」製作委員会
配給:クロックワークス
(C)2017映画「彼女がその名を知らない鳥たち」製作委員会
2017年/カラー/シネマスコープ/DCP5.1ch/123分 【R15】
     


役所広司、松坂桃李、江口洋介『孤狼の血』撮影現場での熱いコメント到着!


映画情報どっとこむ ralph この度、2018年春公開予定の映画『孤狼の血』より、主演である役所広司 をはじめ、松坂桃李、江口洋介の製作現場での貴重なコメントと写真素材が解禁されました。


撮影場所は物語同様、広島県呉市。昭和63年当時を彷彿とさせる町並みの中で、4月17日よりクランクイン。撮影場所には多くの ギャラリーが押し寄せ、来年春公開予定の本作に、今から注目が集まってます。

映画情報どっとこむ ralph 広島県呉市にて行われている撮影。
今回、舞台が広島県呉市ということで、呉弁を勉強した感想について、主人公である大上章吾を演じる主演の役所広司さんは、

役所さん:非常に 苦労しています、アクセントが一つズレただけで関西弁のようになってしまう。撮影スタッフさんの中に呉出身の方がいたりするので、確認し ながら表現できるように努めています。

と、役への作りこみに対する熱い思いを語りました。

当日の撮影現場であった広島県呉市にある夜景で有名な灰ヶ峰、こちらで撮影を行った感想について、尾谷組の若頭である一之瀬守孝 を演じる江口洋介さんは、

江口さん:呉の街が一望できる非常に素敵な場所。そして、呉に住んでいらっしゃる街の方たちから、毎日応援の声をい ただくので、本当に街を上げて映画『孤狼の血』を応援してくださってくれているというのが伝わってきます。絶対にいい映画にします。

と、 作品にかける思いを語ってくださいました。 今回、役所さん、江口さんという素晴らしい俳優さんと共演をしてみての感想を聞かれた、大上章吾の部下で、日岡秀一を演じる松坂桃李さんは、

松坂さん:毎日勉強の日々です!今回、役所さん、江口さんという偉大な先輩方と共演できたことは、またとないチャンスなので、吸収で きるものを出来る限り吸収して、これからもっと学んでいきたいです。

と、胸の内を熱く語りました。

撮影現場の雰囲気は、キャスト陣、製作陣たちから笑顔が溢れており、非常に和やかな雰囲気で撮影が行われております。しかし、いざ本番が始まるとピリッとした緊張感が伝わってきて、程好い緊張感の中にも和やかな雰囲気があり、キャスト陣含む全員が一丸となって、 作品を良いものに仕上げようという気持ちが伝わってきます。

映画情報どっとこむ ralph
原作は、「臨床真理」で「このミステリーがすごい!」大賞を受賞し、今もっとも注目されるミステリー作家の一人である柚月裕子先生。監督は、 『凶悪』や『日本で一番悪い奴ら』で日本映画賞を総なめにした白石和彌さん。

そして、それを彩るキャスト陣は、主演である役所広司をはじ め、松坂桃李さん、真木よう子さん、石橋蓮司さん、江口洋介さん、滝藤賢一さん、田口トモロヲさんと、若手から大御所まで超豪華なキャスト陣が大集結!<警察小説×『仁義なき戦い』>との呼び声高い本作に、今から目が離せません!

物語・・・
舞台は、昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島。所轄署に配属となった日岡秀一は、暴力団との癒着を噂される刑事・大上章吾とともに、金融会 社社員失踪事件の捜査を担当する。常軌を逸した大上の捜査に戸惑う日岡。失踪事件を発端に、対立する暴力団組同士の抗争が激化しー。 第69回日本推理作家協会賞受賞、「このミステリーがすごい!2016年版」国内編3位に輝いたベストセラー小説「孤狼の血」が、2018年春、待望の映画化!

映画 『孤狼の血』 2018年 SPRING ROADSHOW

過去記事:
白石和彌監督最新作『孤狼の血』製作発表記者会見
eigajoho.com/?p=67993



***********************************

キャスト:役所広司 松坂桃李 真木よう子 滝藤賢一 田口トモロヲ 石橋蓮司 江口洋介 ほか

原作:柚月裕子「孤狼の血」(KADOKAWA)
監督:白石和彌
配給:東映
©2018「孤狼の血」製作委員会


蒼井優、阿部サダヲ「彼女がその名を知らない鳥たち」特報到着!


映画情報どっとこむ ralph 最近ラブストーリーに夢を見られなくなってませんか?

そんな大人の女性たちに「究極の愛とは何か」と突きつけ、読者を虜にした沼田まほかる先生の人気ミステリー小説「彼女がその名を知らない鳥たち」がついに映画化。監督は『凶悪』『日本で一番悪い奴ら』の白石和彌。

ノンフィクションを原作に骨太な社会派エンターテイメントを作り出してきた彼が、初めて本格的な大人のラブストーリーに挑みます。


W主演の蒼井優、阿部サダヲ、そして、松坂桃李、竹野内豊という豪華俳優陣が織りなす”全員最低なのにまぎれもない愛の物語”のポスタービジュアルと特報が完成!
そんな4人がポスタービジュアルでは、冷たく薄暗い影と暖かみを感じる灯りが相交わるなか、鋭くも交わらない4人の視線に、全員最低な彼らを待ち受ける、想像を超える愛の結末を予感させる仕上がり。

映画情報どっとこむ ralph 特報では、登場人物たちの卑しく最低な一面がまざまざと映し出されます。

仕事もせず飲食店に入りびたり電話で無茶な難癖をつけ続ける嫌な女・十和子(蒼井優)、その十和子に毛嫌いされぞんざいに扱われても執拗に付きまとう下劣な男・陣治(阿部サダヲ)、家庭があるにも関わらず誠実を装い十和子との不倫を愉しむゲスな男・水島(松坂桃李)、他の女との結婚話を隠して自らの保身のために十和子を利用していたクズな男・黒崎(竹野内豊)。共感度0%、不快度100%、限りなく不愉快なのに・・・・、

「でもこれは、まぎれもない愛の物語。」

の言葉でムードが一転。十和子の柔らかな視線と、男たちの十和子を呼ぶ声の先には、観る者の「恋愛観が変わる」ほどの結末が待ち受けることが暗示されています。

映画情報どっとこむ ralph 物語・・・

八年前に別れた男・黒崎を忘れられない十和子は、今は15歳上の男・陣治と暮らしている。下品で、貧相で、地位もお金もない陣治を激しく嫌悪しながらも、彼の稼ぎで働きもせず日々を過ごしていた。ある日、十和子は黒崎の面影を思い起こさせる妻子ある男・水島と関係を持ち、彼との情事に溺れていく。そんな時、家に訪ねてきた刑事から「黒崎が行方不明だ」と知らされる。どんなに足蹴にされても文句を言わず、「十和子のためなら何でもできる」と言い続ける陣治が、執拗に自分をつけ回していることに気付いた十和子は、黒崎の失踪に陣治が関わっているのではないかと疑い、水島にも危険が及ぶのではないかと怯え始める――


10月28日(土) 新宿バルト9他全国ロードショー    

公式サイト:
kanotori.com 
公式twitter:
@kanotori_movie

***********************************

蒼井優 阿部サダヲ
松坂桃李 / 村川絵梨 赤堀雅秋 赤澤ムック・中嶋しゅう / 竹野内豊
監督:白石和彌  
原作:沼田まほかる「彼女がその名を知らない鳥たち」(幻冬舎文庫)
制作プロダクション:C&Iエンタテインメント   

製作:映画「彼女がその名を知らない鳥たち」製作委員会   
【R15】
配給:クロックワークス   
(C)2017映画「彼女がその名を知らない鳥たち」製作委員会
2017年/カラー/シネマスコープ/DCP5.1ch/123分 
   


白石和彌監督 『孤狼の血』圧巻の7名が大集結な画像解禁!


映画情報どっとこむ ralph 2018年春公開予定の映画『孤狼の血』。

柚月裕子先生のベストセラー小説である本作が、『凶悪』や『日本で一番悪い奴ら』 で日本映画賞を総なめにした白石和彌監督と、超豪華キャストにより映画化となります。  

先日の製作記者発表会で登壇したキャスト 役所広司さん、 松坂桃李さん、真木よう子さん、石橋蓮司さん、江口洋介さんだけでなく、当日は来ることが出来なかったキャスト 滝藤賢一さんに田口トモロヲも含めたメインキャスト画像解禁となりました!


映画情報どっとこむ ralph 物語の舞台は、昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島。所轄署に配属となった日岡秀一は、暴力団との癒着を噂される刑事・大上章吾とともに、金 融会社社員失踪事件の捜査を担当する。常軌を逸した大上の捜査に戸惑う日岡。失踪事件を発端に、対立する暴力団組同士の抗争が激化しー。

第69回日本推理作家協会賞受賞、「このミステリーがすごい!2016年版」国内編3位に輝いたベストセラー小説「孤狼の血」が、2018年春、待望の映画化!

本作の撮影は、原作の舞台と同じく広島県・呉市で行われます!
コンプライアンスに逃げない!by 白石監督

映画『孤狼の血

2018年 SPRING ROADSHOW 

eigajoho.com/?p=67993


***********************************

キャスト:
役所広司 松坂桃李 真木よう子 滝藤賢一 田口トモロヲ 石橋蓮司 江口洋介 ほか

原作:柚月裕子「孤狼の血」(KADOKAWA)
監督:白石和彌
配給:東映 
©2018「孤狼の血」製作委員会