「白石和彌」タグアーカイブ

書いていいの?日本で一番悪!白石和彌監督VS警察関係者トーク


映画情報どっとこむ TJ 道警だけじゃない!兵庫県警も、大阪府警も悪い奴ら!?

綾野剛主演、白石和彌監督の最新作『日本で一番悪い奴ら』が全国公開中です。

6月22日より開催中のニューヨーク・アジア映画祭ではオープニング作品として上映され、綾野剛がライジング・スター賞を受賞した本作ですが、7月2日(土)~8日(金)まで白石和彌監督による7日間連続トークイベントを実施。

第一弾となったのは、7月2日(土)。
白石和彌監督VS警察関係者チーム
白石和彌監督VS警察関係者トーク
テレビでおなじみ元兵庫県警、警察本部捜査一課刑事の飛松五男さん、そしてリアルにやばい元大阪府警の銃器対策課刑事の高橋功一さん。そして、ナビゲーターにジャーナリスト/銃器評論家の津田哲也さんが登壇。

本作で描かれるような出来事は、普通に北海道警だけでなく、他の県警でもと話す皆さんのヤバ過ぎトークとなりました。

7日連続トークイベント:第一弾白石和彌監督VS警察関係者チーム
日付:7月2日
場所:バルト9
登壇者:飛松五男、高橋功一、津田哲也、白石和彌監督

映画情報どっとこむ TJ 白石和彌監督VS警察関係者トーク中
本作をすでに観た皆さん。

飛松さん:リアリティがあってすごいな!と。嫁と見ましたが、観終わっても黙ってるから気に入らんのかな?と思ったら、『お父さん警察の人だけでなく、警察官の家族の人みんな観なあかんで!』と。私機動捜査隊におったんですけど、映画の中で点数の話がでてきますよね。まさにその通りです。どの県もすべて点数で評価されています。

と。

高橋さん:綾野剛さんが主演、中村獅童さんが暴力団役ということで、エンターテイメントな作品かと思ってサラッと観ていたのですが、途中から鳥肌が立ちました。再現フィルムを見ているようで、私と同じことを北海道でもやっていたんだと驚きました。

と二人とも、映画のリアリティに舌を巻きます。

映画情報どっとこむ TJ ナビゲーターの津田さんは

津田さん:警察は部署によってやる仕事、手法、気風も違います。諸星が純粋で使命感に燃えていたときは飛松さんがいた機動捜査隊。薬物・拳銃の捜査をしてグレ始めたときは高橋さんがいた銃器対策課になるわけです。私も非常にリアリティに感心しました。監督はさぞ、リサーチされたのでは?

と監督に質問。

白石監督:稲葉さんが手記を書いていて、基本的にははみ出ないようにしました。あとは、ご本人とお話しを聞き、点数や機動捜査隊とは?など細かいところの話は元警官のOBの方に、当時の稲葉さん(綾野さんの役の方)のことは稲葉さんの元Sに会いに行って聞きました。実は道警の方には聞いてなくて、埼玉県警の方に雰囲気を聞いたりしました。機動捜査隊とマル暴、銃器対策課のことは特に細かく聞きましたね。

と回答。
白石和彌監督VS白石和彌監督
原作者の稲葉さんと同期で同時期に銃器対策課にいた高橋さん。

高橋さん:どこまで言っていいのかな・・・・平成6年に銃刀法を変えるということで拳銃を警察が買いとれるという法律ができて、その翌年に銃器対策課ができました。稲葉さんは道警であることを表に出して暴力団に接触して、私は秘匿捜査ということで名前を変えて、関西で有名なとある組の中に入りました。公務員の給料をもらいながら、企業舎弟としての暴力団員でした。

ととんでもない事実を。
白石和彌監督VS高橋功一
映画では諸星が首なし銃(被疑者なしの拳銃)をコインロッカーに入れて、警察に電話するシーンがありますが・・・

津田さん:コインロッカーに拳銃は基本中の基本ですよね。

高橋さん:拳銃の強化月間であった2月。10(銃)の日に向けて、もうパンフレット作っちゃってて。映画と同じように、「なんとかしろ」と本部から命令があって、ある組長を脅して拳銃を出させました。東京に出向き、銃を受け取って懐にいれて大阪に。戻ってきた時に上司に連絡したら『新大阪のコインロッカーにいれろ』と言われて。コインロッカーに拳銃を入れ、そのあと『ヤクザやめます。コインロッカーに銃をいれました』といって警察に通報しました。

と映画とまったく同じ。。日本中でありそう。

映画情報どっとこむ TJ 白石和彌監督VS飛松五男‗津田哲也
続けて、大阪府警が激怒したケースも。

津田さん:映画では道警が拳銃を大量輸入することが未遂に終わる展開がありますが、1994年当時の兵庫県警は61丁の拳銃を実際に輸入して。兵庫県で陸揚げするのではなく、大阪の泉北港におろしてしまって。縄張りを荒らして失敗したんですよね。

高橋さん:そのころ、大阪の銃器対策課だったんですよ。

とトンデモナイ事件を明かしました。

白石和彌監督VS飛松五男 白石監督:警察の話だけではなく、民間の組織が生まれた瞬間ってこういうことはどこにでもあって、銃をあげるにはお金が必要で、それが裏金になって、とすごく普遍的な話ではあると思います。

飛松さん:稲葉さんはエリート、いわばエースなんです。いまもエースの人はいて、組織のために頑張っている。組織がやめるべきことはやめて、考える時期にきています。

と苦言を呈します。

映画情報どっとこむ TJ 最後に、

白石監督:全国30万人の警察官がいますので、ぜひ警察官と家族の方にはぜひ観ていただきたいです。

と、イベントを終えました。因みに一部劇場にて警察手帳割引を実施中!

映画『日本で一番悪い奴ら』

公式HP:www.nichiwaru.com

物語・・・
日本で一番悪い奴ら 日本警察史上最大の不祥事。奴らはいったい何をしたのか!?

北海道警察の新米刑事・諸星要一(綾野剛)は、叩き上げの刑事たちの前で右往左往する毎日をおくっていた。そんな中、署内随一の敏腕刑事・村井(ピエール瀧)から教えられた刑事として認められる唯一の方法、それは【点数】を稼ぐこと。あらゆる罪状が点数別に分類され、熾烈な点数稼ぎに勝利した者だけが組織に生き残る。そのためには裏社会に飛び込み、捜査に協力するスパイ=S(エス)を仲間にし、有利な情報を手に入れろ――。こうして、その教えに従った諸星と、彼の元に集まった3人のSたちとの狂喜と波乱に満ちた生活がはじまった。

「正義の味方、悪を絶つ」の信念をもちながらも、でっちあげ・やらせ逮捕・おとり捜査・拳銃購入・覚せい剤密輸など、ありとあらゆる悪事に手を汚した北海道警察の刑事・諸星の行き着く先は!?「日本警察史上、最大の不祥事」と呼ばれる実際の事件をモチーフに、日本一ワルな警察官と裏社会のワルたちのタッグが巻き起こす“ヤバすぎる事件”の幕が切って落とされる

***********************************


監督:白石和彌
脚本:池上純哉
音楽:安川午朗
原作:稲葉圭昭「恥さらし 北海道警 悪徳刑事の告白」(講談社文庫)

出演:綾野剛、中村獅童、YOUNG DAIS、植野行雄(デニス) 、ピエール瀧

配給:東映・日活
制作プロダクション:ジャンゴフィルム
企画協力:フラミンゴ
(C)2016「日本で一番悪い奴ら」製作委員会
    


『日本で一番悪い奴ら』に山田孝之、堀江貴文ら各界著名人がコメント


映画情報どっとこむ TJ 日本警察史上、最大の不祥事に、各界著名人が大絶賛!!

綾野剛主演、『凶悪』の白石和彌監督の待望の最新作『日本で一番悪い奴ら』が6月25日(土)より全国公開。

日本で一番悪い奴ら
この度、各界著名人からコメントが到着。その絶賛コメントの一部を使用したTVスポットが今週末6月19日(日)より放映されます。

そして!太っ腹!WEBで先行解禁されました!



「正義の味方、悪を絶つ」の信念をもちながらも、でっちあげのやらせ逮捕・おとり捜査・拳銃購入・覚せい剤密輸など、ありとあらゆる悪事に手を汚していく北海道警察の刑事・諸星要一の26年を描いた問題作に、多くの著名人がコメントを寄せています。

映画情報どっとこむ TJ それでは白石監督の前作「凶悪」の主演俳優 山田孝之さんのコメントから!

山田孝之(俳優)
この作品が世に出たとき、気持ちに変化が訪れる人は多いかもしれない。
それがその人にとって救いになるかもしれないし、その逆かもしれない。きっと制作に携わった人々にも分からない。でも、自分なりの希望を持って作られたことは分かる。間違いなく、いろんな意味で、問題作。

棚橋弘至 (新日本プロレス所属プロレスラー)
綾野剛さんに惚れました。
同じ岐阜県出身ということで秘かに応援していましたが、惚れました。
「道警のエース」と「新日本プロレスのエース」をダブらせてしまい、感情移入が止まりません。
『日本で一番悪い奴ら』。果たして誰が一番悪いのか? うぉぉぉー!余韻が半端ないっす!!!

新堂冬樹(小説家)
本作は、邦画史に衝撃を与える問題作だ。
北海道警察本部の刑事、諸星要一。ヤクザよりも半グレよりも、「刑事が本気で悪事に手を染める」と一番手に負えない。日本警察史上で一番の悪徳警官を、綾野剛は最高に「純粋」に最高に「卑劣」に演じ切った。

堀江貴文(実業家)
北海道警察のノルマに追われた腐った体質。中でもはぐれものの刑事を綾野剛が迫真の演技で熱演。まだ問題は続いている。

赤江珠緒(キャスター)
本来、全く対極の正義と悪。しかし角度によっては同じ色 に見えてしまう錯覚アートのような感覚。主人公は結局何色に染まったのか悲劇か喜劇か…この映画実話ベースだから尚始末が悪い!

高橋名人(ゲームプレゼンター)
僕が育った北海道で現実に起きた事件で、真剣に考えなければいけない題材なんだけど、最高に楽しめた!
綾野剛さんを更に好きになりそうです。

ハセベバクシンオー(脚本家)
本作は「ウルフ・オブ・ウォールストリート」のような、アウトローの一代記。序盤から笑い、最後までノンストップで楽しむことができた。綾野剛演じる諸星は、悪党だが愛すべきキャラクターだ。

町山智浩(映画評論家)
『プリンス・オブ・シティ』『トレーニング・デイ』と並ぶ実録ワル刑事映画の傑作!イケイケに上げて笑わせてズドンと落とす、ウルフ・オブ・ホッカイドー警察!
水道橋博士(浅草キッド/漫才師)
『凶悪』に続く、白石和彌監督の黒い実録路線第2弾は、日本で一番映画化困難な実話を見事に映画化した。禍々しい悪球を2打席連続本塁打の快挙だ。

鈴木おさむ(放送作家)
『凶悪』に続く日本の凶悪な物語。だけど、この凶悪にはなんだか青春を感じずにはいられない。この役を演じきった綾野剛、さらに羽ばたく音がする。おもしろい!!

コウノコウジ(「クロコーチ」漫画家)
やはりあの巨大組織が日本で一番悪い奴らなんだな。そしてその裏にはさらに悪い闇の組織の存在があるに違いない!

天龍源一郎(元プロレスラー)
実にデリケートな題材だがアンチヒーローという主人公や登場人物達のバラエテに富んだ配役、コミカルさにくすぐられるが、北海道という雄大な土地で正義と野心を育まれ、またせめぎ合い、飲み込まれていく主人公の姿に男が生きて抜いていく事の過酷さを垣間見ることが出来た。また、作品に携わる皆さんの情熱を感じる作品でした。ただ、こりゃ間違いなくR指定だな(笑)

名越康文(精神科医)
生き残りと狂気。ここに描かれているのは特異な人間たちではない。ナマの日本人の、描かれて来なかった闇のすべてだ。

丸山ゴンザレス(犯罪ジャーナリスト)
犯罪者たちの下流暮らし、ドラッグ中毒者の日常など、裏社会取材で馴染みの光景が何度も出てきた。
リアルな違法行為の描写とテンポの良い展開。胸糞の悪さを突き抜けた疾走感がある。

越智啓太 ( 法政大学文学部心理学科教授 )
悪と戦おうとするものが、その悪に絡め取られ後戻りできなくなっていく
そのリアルな展開に背筋が寒くなりました。綾野剛さんの迫真の演技にも驚きました。

映画情報どっとこむ TJ 監督さんたちのコメントは・・・・

中野量太(映画監督/『湯を沸かすほどの熱い愛』今秋公開)
警察の恥さらしとまで言われたあの事件を、比類無き極上エンタメにまで昇華させ、お客さんを楽しませちゃおうなんて、白石監督は日本で一番悪い監督だ・・・たぶん。

松居大悟(映画監督)
圧倒的でした。常識を疑わない良心に、中指を立てられた気持ち。この白石組こそが日本で一番悪い奴らです。

瀬々敬久(映画監督)
警察不祥事の中を生き抜き、破滅する主人公に震撼。腐敗の物語であるが、まるで溝口健二の『山椒大夫』のように神々しい。やられた。

内田けんじ
(映画監督)
こんなに豪快で最悪の刑事が日本に存在したとは。その話をこんなに面白いエンターテイメントとして描けてしまうとは。現実も、映画も、実はこんなに危険なものだと気づかされる危ない作品。必見。

映画情報どっとこむ TJ と、コメントを寄せている ヤバい物語は・・・

日本警察史上最大の不祥事。ヤツらはいったい何をしたのか!?

日本で一番悪い奴ら北海道警察の新米刑事・諸星要一(綾野剛)は、叩き上げの刑事たちの前で右往左往する毎日をおくっていた。そんな中、署内随一の敏腕刑事・村井(ピエール瀧)から教えられた刑事として認められる唯一の方法、それは【点数】を稼ぐこと。あらゆる罪状が点数別に分類され、熾烈な点数稼ぎに勝利した者だけが組織に生き残る。そのためには裏社会に飛び込み、捜査に協力するスパイ=S(エス)を仲間にし、有利な情報を手に入れろ――。

こうして、その教えに従った諸星と、彼の元に集まった3人のSたちとの狂喜と波乱に満ちた生活がはじまった。

「正義の味方、悪を絶つ」の信念をもちながらも、でっちあげ・やらせ逮捕・おとり捜査・拳銃購入・覚せい剤密輸など、ありとあらゆる悪事に手を汚した北海道警察の刑事・諸星の行き着く先は!?「日本警察史上、最大の不祥事」と呼ばれる実際の事件をモチーフに、日本一ワルな警察官と裏社会のワルたちのタッグが巻き起こす“ヤバすぎる事件”の幕が切って落とされる!
映画『日本で一番悪い奴ら』

2016年6月25日[土]全国ロードショー

公式HP: www.nichiwaru.com

***********************************

監督:白石和彌
脚本:池上純哉
音楽:安川午朗
原作:稲葉圭昭「恥さらし 北海道警 悪徳刑事の告白」(講談社文庫)

出演:綾野剛、中村獅童、YOUNG DAIS、植野行雄(デニス) 、ピエール瀧

配給:東映・日活
制作プロダクション:ジャンゴフィルム
企画協力:フラミンゴ
製作:「日本で一番悪い奴ら」製作委員会
(C)2016「日本で一番悪い奴ら」製作委員会


水谷豊の“相棒”を懇願!デニス植野「日悪」巡回パトロール!


映画情報どっとこむ TJ 綾野剛主演、『凶悪』の白石和彌監督の待望の最新作『日本で一番悪い奴ら』は、6月25日(土)より全国公開となります。

そして、本作で綾野剛が扮する日本一ワルな刑事・諸星要一のS(スパイ)の一人であり、パキスタン人の盗難車バイヤー役を怪演しているお笑いコンビ・デニスの植野行雄さんが、警官姿で全国の一部公開劇場をパトロール中です。銃器犯罪から市民の安全を守るため、6月5日(日)に都内劇場4か所をパトロールし、本作の宣伝活動を行いました。(上村さんは劇中では、警察の制服は着ていません。)
日悪0605s
映画情報どっとこむ TJ 先週の埼玉に続き、今回は新宿バルト9、109シネマズ二子玉川、渋谷TOEI、サンシャイン池袋の都内4か所の劇場を巡回した警官姿の植野さん。

各劇場では長打の列ができる盛況ぶりで、渋谷TOEIでは、植野さんのいきなりの登場に足を止めて笑いながら「あ、行雄ちゃんだ!」「デニス!」「ブラジル!」「めっちゃファン!」などと口々に!なかなかの人気です!

植野さんと一緒に写真撮影ができるとあって長蛇の列が出来る中、列の最初に駆け付けたのは高校球児のグループ。諸星(綾野剛)とS(スパイ)が一致団結シーンで

植野さん:甲子園を目指す高校球児のように演じてください。

と白石監督からアドバイスがあったエピソードを話すと、その場が映画のワンシーンのように植野と球児の間にかすかな友情が!?
日悪0605
映画情報どっとこむ TJ この日の警官姿でのキャンペーンについて

植野さん:(制服をきていると)しまった感じがするし、自分が強くなったような気分にもなります。色々な人に写真を撮ってもらっているのでPRになっているのかな。

と充実の表情。さらにこの日、初お披露目となった相棒のキャラターの“ニチワルくん”。

植野さん:ぎりぎりアウトでしょ!完全にピー○くんですよね!?ただ、子供がニチワルくんの方ばかり行くので寂しい思いをしました。

と植野さんがニチワルくんに嫉妬!また、本作で片言な日本語を話す外人役を演じたことについて

植野さん:(自分の演技は)点数では評価はできない。魂で演じました。

と言うと、今後、同じような役がきたら?との質問に

植野さん:ぜひやりたい!

と即答!

植野さん:片言の外人役って需要無いでしょ(笑)ドラマ『相棒』でCIAからきた外人役とか!?いいですね。水谷豊さんの“相棒”になってみたい!

と今後の抱負を述べ、マスコミ陣を笑わせていた。渋谷TOEIの後、巡回したシネマサンシャイン池袋では通行規制がかかるほどの盛り上がりをみせ、この日だけでのべ300人もの来場客と触れ合いました。

映画情報どっとこむ TJ 綾野剛の最狂最愛の“ワル”キャラを演じた物語・・・

日本警察史上最大の不祥事。奴らはいったい何をしたのか!?

日本で一番悪い奴ら北海道警察の新米刑事・諸星要一(綾野剛)は、叩き上げの刑事たちの前で右往左往する毎日をおくっていた。そんな中、署内随一の敏腕刑事・村井(ピエール瀧)から教えられた刑事として認められる唯一の方法、それは【点数】を稼ぐこと。あらゆる罪状が点数別に分類され、熾烈な点数稼ぎに勝利した者だけが組織に生き残る。そのためには裏社会に飛び込み、捜査に協力するスパイ=S(エス)を仲間にし、有利な情報を手に入れろ。こうして、その教えに従った諸星と、彼の元に集まった3人のSたちとの狂喜と波乱に満ちた生活がはじまった。

「正義の味方、悪を絶つ」の信念をもちながらも、でっちあげ・やらせ逮捕・おとり捜査・拳銃購入・覚せい剤密輸など、ありとあらゆる悪事に手を汚した北海道警察の刑事・諸星の行き着く先は!?「日本警察史上、最大の不祥事」と呼ばれる実際の事件をモチーフに、日本一ワルな警察官と裏社会のワルたちのタッグが巻き起こす“ヤバすぎる事件”の幕が切って落とされる!

映画『日本で一番悪い奴ら

公式HP:www.nichiwaru.com

過去記事:完成披露舞台挨拶の模様はこちら
日本で一番悪い奴ら_舞台挨拶デニスいじり

***********************************

監督:白石和彌  
脚本:池上純哉  
音楽:安川午朗 
原作:稲葉圭昭「恥さらし 北海道警 悪徳刑事の告白」(講談社文庫)
出演:綾野剛、中村獅童、YOUNG DAIS、植野行雄(デニス) 、ピエール瀧
配給:東映・日活 
制作プロダクション:ジャンゴフィルム 
企画協力:フラミンゴ 
製作:『日本で一番悪い奴ら』製作委員会  
(C)2016「日本で一番悪い奴ら」製作委員会 
  


『日本で一番悪い奴ら』白石和彌×安川午朗Meet the Filmmakerに!


映画情報どっとこむ TJ 『凶悪』、そして『日本で一番悪い奴ら』を手掛けた[監督]白石和彌×[音楽]安川午朗のコンビが、㊙撮影エピソードを語る!

刑務所でも是非上映を!出所後の元受刑者から白石監督へリクエスト!



綾野剛主演、『凶悪』の白石和彌監督の待望の最新作『日本で一番悪い奴ら』が6月25日(土)より全国公開となります。

本日、第一線で活躍する映画作家の声が聞けるApple Store銀座店で開催されるイベント“Meet the Filmmaker”に映画監督・白石和彌が登場!

そして白石和彌監督の長編作品のすべての劇中音楽を担当していて、今年の日本アカデミー賞で優秀音楽賞を受賞した安川午朗さんをゲストに、㊙撮影エピソード満載でトークイベントを繰り広げました。
日本で一番悪い奴らイベント
日付:6月4日
場所:Apple Store, Ginza 3Fシアター
登壇:白石和彌監督、安川午朗

映画情報どっとこむ TJ 2013年に公開され日本アカデミー賞優秀作品賞など国内の数々の賞を受賞した『凶悪』。

白石監督:次の作品は?とよく聞かれていました。

と、『凶悪』の評価を受けて、いまや数々の企画が持ち込まれるまでになった。『凶悪』の次に選んだのは、一人の刑事の歪んだ正義が暴走するエンターテインメント『日本で一番悪い奴ら』。

白石監督:この企画は、脚本の池上さんがとある有名なスター俳優主演の企画を出さないといけない状況でたくさんプロットを出していた中の一つでした。さすがにそのスター俳優の企画には当てはまらず、そこでプロットを読んでほしいと言われたのが始まりでした。シリアスに見せるのは『凶悪』でやりきったので、次はエンターテインメント作品をやりたかったんです。よりエンターテインメントに寄せることを意識しました。この作品は、ギャング映画にしたかったんですが、日本でギャング映画というとヤクザ映画。それはちょっと違うなと。このプロットを見て、警察を主人公にしたらギャングになるんだと気づきました。マーティン・スコセッシ監督作品でいうと『ウルフ・オブ・ストリート』よりも『カジノ』のほうが参考になりましたね。

と本作の製作秘話を語りました。

<日本警察史上、最大の不祥事>といわれる驚愕の事件を題材に描いた本作。

原作「恥さらし北海道警 悪徳刑事の告白」を執筆した稲葉圭昭氏に関しては、

白石監督:人たらしで女性だったらコロッといくだろうなという色気がありました。男っぽさと色っぽさがあったほうがいいなと思い、綾野くんに依頼しました。

とキャスティングの経緯を語りました。さらに、

白石監督:稲葉氏は基本的には真面目で一生懸命で、根本的に優秀な人。マル暴で拳銃をあげようとしても、普通は五丁から十丁。拳銃を出すには企業努力が必要、お金が必要、それをやっていた。取引先がヤクザなだけで、どの組織も同じ。警察という組織内での話ではなく、社会的な構図が描かれています。

映画情報どっとこむ TJ 音楽に関しては、

安川さん:稲葉さんご本人の写真を見せていただき、リアルに青春を謳歌していた。犯罪者の青春ムービーなんですよととキーワードをくれて、そこから音楽を作り始めたんです。

と言うと、会場にでは、新人刑事時、諸星が悪に染まることに覚悟を決めて名刺を配りまくるシーンでかかる音楽が流れる。中近東とデジタル感が融合された独特の音楽に関して

安川さん:中近東の音楽は、死生観がすごくある。死が裏側にあってそれを受け入れられる人たちにはそういう音楽があるのかなと。

と言い、『凶悪』から死生観とデジタルを組み合わせた音楽を映像に乗せたことを明らかにした。

映画情報どっとこむ TJ 撮影現場では笑いが絶えず、監督が一番笑っていて、監督が笑い過ぎて声が入ってしまってNGになったこともあるそう。

白石監督:悪い事を演じるのは、絶対的に楽しい。綾野さんは、おっさんの時期を演じる際には、『加齢臭がほしい』ってずっと言っていて、撮影前日は焼き肉を食べて、朝歯をみがかなかったんです。

と暴露。

白石監督:映画を見ると、そこが生きていると感じると思います。『歯垢がほしい』とずっと言っていましたから。すごいですよね、普通なら思いつかないです。

と感嘆。ぜひチェックしてみて!


先月末まで刑務所入っていたという一般の方から

観客:こういうジャンルの映画は刑務所内では見せないようにするんですが、僕は(半面教的な意味で)こういう作品をみせたほうがいいと思っています。監督からぜひ(刑務所)にプレゼンをお願いします。

という声に、

白石監督:この作品が刑務所にいる人たちによいか分かりませんが(笑)世の中がインモラルなものに蓋をして終了になっている。そうじゃなくて、必要なものは見せるべき。インモラルなもの、不道徳なものを観て、学んでいくことが必要。両方知ってどう判断させていくのが教育だと思います。プレゼンしてみます(笑)。

と返答。


映画情報どっとこむ TJ 最後に、

白石監督:テレビや映画が当たり障りのない表現が多くなっている。クリエイターは皆、振り切ったことをしたいんです。師匠(若松孝二監督)の言葉ですが、『観客にナイフをつきつけるような映画をつくらないといけない』と思っています。映画ってまだまだ可能性があって広がりがあって、イマジネーションと野心があればまだまだメッセージを届けられるコンテンツだと思っています。頑張って日本映画を含めて社会を盛り上げて行ければと思います。この作品は単純に楽しめる映画になっていると思うので、ぜひ劇場で観てください。

と熱く語りイベントは終了した。

『日本で一番悪い奴ら』

どんな物語かというと・・・

日本警察史上最大の不祥事。奴らはいったい何をしたのか!?

日本で一番悪い奴ら北海道警察の新米刑事・諸星要一(綾野剛)は、叩き上げの刑事たちの前で右往左往する毎日をおくっていた。そんな中、署内随一の敏腕刑事・村井(ピエール瀧)から教えられた刑事として認められる唯一の方法、それは【点数】を稼ぐこと。あらゆる罪状が点数別に分類され、熾烈な点数稼ぎに勝利した者だけが組織に生き残る。そのためには裏社会に飛び込み、捜査に協力するスパイ=S(エス)を仲間にし、有利な情報を手に入れろ。

こうして、その教えに従った諸星と、彼の元に集まった3人のSたちとの狂喜と波乱に満ちた生活がはじまった。

「正義の味方、悪を絶つ」の信念をもちながらも、でっちあげ・やらせ逮捕・おとり捜査・拳銃購入・覚せい剤密輸など、ありとあらゆる悪事に手を汚した北海道警察の刑事・諸星の行き着く先は!?「日本警察史上、最大の不祥事」と呼ばれる実際の事件をモチーフに、日本一ワルな警察官と裏社会のワルたちのタッグが巻き起こす“ヤバすぎる事件”の幕が切って落とされる!

公式HP:www.nichiwaru.com

***********************************

監督:白石和彌
脚本:池上純哉
音楽:安川午朗
原作:稲葉圭昭「恥さらし 北海道警 悪徳刑事の告白」(講談社文庫)

出演:綾野剛、中村獅童、YOUNG DAIS、植野行雄(デニス)、ピエール瀧

配給:東映・日活
制作プロダクション:ジャンゴフィルム
企画協力:フラミンゴ

製作:『日本で一番悪い奴ら』製作委員会
(C)2016「日本で一番悪い奴ら」製作委員会
 


綾野剛が『日悪』警官姿で敬礼!等身大スタンディ劇場に登場


映画情報どっとこむ mari 綾野剛主演、『凶悪』の白石和彌監督の待望の最新作『日本で一番悪い奴ら』が6月25日(土)より全国公開となります。

今回、主演を務めた綾野剛が扮した、日本一ワルな刑事・諸星要一のスタンディパネルが完成!今週末より全国上映劇場にて設置されます。

綾野剛が演じた日本一ワルな警察官が劇場に登場!今週末より全国上映劇場にて、“日本で一番悪い”敬礼 実施中!

日悪_綾野剛_スタンディング
映画情報どっとこむ mari この度公開に先立ち、綾野剛扮する刑事・諸星要一のスタンディパネルが劇場に登場。大きさは、高さ180cm×幅90cmの等身大サイズで生真面目な顔とも不敵な笑みとも取れる表情で劇場に降臨。

警官姿で凛々しく敬礼している手には、手錠がかかっている構図になっており、果たして北海道警察 銃器対策課のエース・諸星は犯人を捕らえる側か?それとも捕らえられる側なのか!?日本一ワルな刑事と裏社会のタッグが巻き起こす”ヤバすぎる事件”をエンターテイメントとして描いた本作のストーリーを想起させるデザインになってます。

全身全霊で拳銃摘発にまい進した諸星の隣で敬礼すればあなたも諸星のS(エス)になれるかも!?

『日本で一番悪い奴ら』スタンディパネルは今週末より丸の内TOEI、渋谷TOEI、109シネマズ二子玉川など全国の上映劇場にて設置予定です。 ※一部、取扱いがない劇場がございます

映画情報どっとこむ mari 映画『日本で一番悪い奴ら

www.nichiwaru.com

物語・・・
日本警察史上最大の不祥事。ヤツらはいったい何をしたのか!?

日本で一番悪い奴ら北海道警察の新米刑事・諸星要一(綾野剛)は、叩き上げの刑事たちの前で右往左往する毎日をおくっていた。そんな中、署内随一の敏腕刑事・村井(ピエール瀧)から教えられた刑事として認められる唯一の方法、それは【点数】を稼ぐこと。あらゆる罪状が点数別に分類され、熾烈な点数稼ぎに勝利した者だけが組織に生き残る。そのためには裏社会に飛び込み、捜査に協力するスパイ=S(エス)を仲間にし、有利な情報を手に入れろ。

こうして、その教えに従った諸星と、彼の元に集まった3人のSたちとの狂喜と波乱に満ちた生活がはじまった。
「正義の味方、悪を絶つ」の信念をもちながらも、でっちあげ・やらせ逮捕・おとり捜査・拳銃購入・覚せい剤密輸など、ありとあらゆる悪事に手を汚した北海道警察の刑事・諸星の行き着く先は!?「日本警察史上、最大の不祥事」と呼ばれる実際の事件をモチーフに、日本一ワルな警察官と裏社会のワルたちのタッグが巻き起こす“ヤバすぎる事件”の幕が切って落とされる!

***********************************

出演:綾野剛、中村獅童、YOUNG DAIS、植野行雄(デニス) 、ピエール瀧

監督:白石和彌  
脚本:池上純哉  
音楽:安川午朗 
原作:稲葉圭昭「恥さらし 北海道警 悪徳刑事の告白」(講談社文庫)

配給:東映・日活 制作プロダクション:ジャンゴフィルム 企画協力:フラミンゴ 
製作:「日本で一番悪い奴ら」製作委員会
(C)2016「日本で一番悪い奴ら」製作委員会