「白石和彌」タグアーカイブ

日本警察史上最大の不祥事 綾野剛主演『日本で一番悪い奴ら』ポスター


センセーショナルな映画『凶悪』の白石和彌監督の待望の新作。
それが綾野剛さんが日本一ワルな警察官を演じる『日本で一番悪い奴ら』。

今回そのティザーポスタービジュアルが解禁となりました!

映画化決定の第一報以降、劇中スチールいっさい解禁されていない中で、初めて綾野剛演じる諸星のスチールがティザービジュアルとして披露される。警官の制服に身をつつみ、敷き詰められた拳銃の上で手錠を掴む綾野剛演じる諸星。

正義の象徴とも言える警察と『日本で一番悪い奴ら』というタイトル。双方のギャップを一層際立たせる、インパクト大なビジュアルに仕上りです。

『日本で一番悪い奴ら』

綾野剛は<黒い警部>の異名を残す実在の男をモデルにした北海道警察の刑事・諸星を演じ、その26年間にわたる驚くべき半生が描かれるます。

綾野剛は出演オファーに関して、白石監督の最新作であり、脚本の圧倒的な内容に惚れ込み「何を犠牲にしても出演するべき作品」と感情を露わに、オファーからわずか3日で出演を快諾した意欲作なんです。

<日本警察史上の最大の不祥事>と呼ばれる「稲葉事件」をモチーフに描かれる、いまだかつてないエンターテイメント、映画『日本で一番悪い奴ら』。

さらに本作の原作「恥さらし 北海道警 悪徳刑事の告白」が、この映画ティザービジュアルが全帯として施された文庫版として、1月15日より全国の書店にて発売されます。

映画『日本で一番悪い奴ら』は6月25日(土)より全国劇場にて公開です!

公式HP:http://www.nichiwaru.com
公式TW:@nichiwaru

********************************************************************

原作:稲葉圭昭「恥さらし 北海道警 悪徳刑事の告白」(講談社文庫) 1月15日発売

監督:白石和彌 
脚本:池上純哉  
音楽:安川午朗
主演:綾野 剛  
企画:日活・フラミンゴ 
製作:日活 配給:東映・日活 
(C)2016「日本で一番悪い奴ら」製作委員会
 


凶悪の白石和彌監督の新作『日本で一番悪い奴ら』。主演は綾野剛! 


『凶悪』の白石和彌監督の待望の新作『日本で一番悪い奴ら』の全国公開が決定し、第一弾の情報が解禁となりました!

それは・・・主演・綾野剛さん!
綾野剛
日本一の悪を演じます!

彼は、2015年だけで公開作が5本、2016年度も既に5本公開予定、現在も主演ドラマが放送中という、いまや出演オファーが絶えることがない忙しい俳優。

そんな彼が、“日本警察史上の最大の不祥事”と呼ばれる「稲葉事件」で<黒い警部>と異名を残す実在の男をモデルにした北海道警察の警部を演じ、逮捕されるまでの26年間を描きます。

綾野さんは、今回の出演オファーに関して、白石監督の最新作であり、脚本の圧倒的な内容に「何を犠牲にしても出演するべき作品」とオファーから、わずか3日で出演を快諾。

持ち込まれた脚本に惚れ込み、俳優として最高の侠気をみせている。綾野さんは役作りのためクランクインからアップまで体重を10キロ増減させた上、激しい柔道練習にも毎日のように取り組み、撮影に挑んだそうです。

2013年度公開映画として、映画賞を総ナメにした白石和彌、待望のメジャー第二弾!

北海道出身の白石監督は、2002年に北海道で実際に起こった<日本警察史上、最大の不祥事>とよばれる「稲葉事件」をモチーフにした映画化の構想をあたためていた白石監督は「この映画を撮らずに、次のステージには進めない」と覚悟を決め、「凶悪」のプロデューサーチームと再びタッグを組んで挑んだ意欲作です。
白石監督
そして、白石和彌監督と綾野剛さんは、初タッグですが、現場でも阿吽の呼吸。正義だと信じて疑わずどんどん悪に染まっていくというクレイジー過ぎる役柄を、振り切って演じきった綾野剛の役者魂を大絶賛しています。そんな二人から

主演:綾野剛さんのコメント
始まってしまう。情報解禁というだけで、武者震いします。
実話を元にした白石和彌監督作品『日本で一番悪い奴ら』通称〈日悪(ニチワル)〉が、少しずつ皆様に近づいている。まるで獲物に狙いを定め、ギリギリの極致まで爪を見せない何物のように。何かのプレイのように。白石和彌監督との出会い、撮影現場、過ごした時間は、私の役者人生に無二の影響を与えて頂きました。この作品は、私が来年出演する映画でも、もっとも衝撃で愚かで愛おしい、何物にも変えがたい問答無用の最狂最愛物語です。皆様、どうか、一人の男の人生を目撃ください。

監督:白石和彌さんのコメント
綾野剛という稀代の映画俳優と共に粉骨砕身して取り組みました。一人の人間の半生を描くことが、これほどまでに困難で苦しく、そして極上の輝きを持つものかと驚嘆しています。それもこれも全ては綾野剛!苦く哀しく、どうしようもなく楽しい極上のエンターテインメントになっています。楽しみにお待ち下さい。

<凶悪>の次は <日悪>!
白石和彌監督待望の新作『日本で一番悪い奴ら
撮影は、今年6月初旬~7月上旬に行われ、2016年2月完成予定。

公開は、2016年3月初旬、Bunkamuraル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次公開です。期待しちゃいます!

公式サイト:www.nichiwaru.com

あっ!因みに「稲葉事件」とは?
2002年7月、北海道警察の生活安全特別捜査隊班長である稲葉圭昭警部が、覚せい剤取締法違反容疑と銃砲刀剣類所持等取締法違反容疑で逮捕、有罪判決が出ています。公判において、単純な犯罪ではなく、北海道警察による「やらせ捜査」や「銃刀法違反偽証」などの不祥事が明るみに出るとともに、北海道警裏金事件が2003年に発覚するきっかけともなった。日本警察史上、最大の不祥事が明るみになった事件です。

********************************************************************

映画『日本で一番悪い奴ら』
原作:稲葉圭昭「恥さらし 北海道警 悪徳刑事の告白」(講談社文庫) 2016年1月15日発売

監督:白石和彌 
主演:綾野 剛
脚本:池上純哉  
音楽:安川午朗  
企画:日活・フラミンゴ 
製作:日活 配給:東映・日活 
(C)2016「日本で一番悪い奴ら」製作委員会   


第23回日本映画批評家大賞授賞式の模様



第23回日本映画批評家大賞授賞式
映画批評家ならではの視点で選ばれる『日本映画批評家大賞』

発起人は、映画評論家の故 水野晴郎さんが、ニューヨーク映画批評家協会賞、ロサンゼルス映画批評家協会賞、全米映画批評家協会賞などに倣い、映画評論家のみを選考委員にむかえた映画賞です。

商業ベース抜きの本音で選ぶ映画賞です。

第23回も昨年に続き4月28日(月)シャングリ・ラホテル東京にて、大勢の映画人と映画ファン授賞式が開催されました。


最初に新人賞から(敬称略)

新人男優賞
(南俊子賞) 星野 源(「箱入り息子の恋」)
ホモなのか?で、映画紹介動画が切れていて場内爆笑。の中、登壇。

ありがとうございます。音楽もやっていますが、中学の頃からお芝居もやってきました。音楽の現場では役者さんといわれ。お芝居の現場では音楽本業なんでしょと言われ。。。こういう素晴らしい賞をいただけて、やっと、役者として認めていただけたかなと思います。
星野源
新人女優賞 本年は2名が選ばれています。


(小森和子賞)大原櫻子(「カノジョは嘘を愛しすぎてる」)
初の映画出演で、新人賞がいただけることは驚きと喜びを感じます。この賞を胸に日本女優として歌えて、踊れて、演じられるよう日々鍛錬してまいりたいと思います。色とりどりの私を見せていきます。

大原櫻子
(小森和子賞) 黒木 華(「草原の椅子」) の為 ビデオコメント
新人賞ありがとうございます。会場にいけないこと残念に思っています。これからも地道にがんばって行きます。

黒木-華

モエシャンドンのボトルとSTデュポンのパネルには受賞者がサインをしていきます。後日、日本映画批評家大賞ホームページにてチャリーティオークションをするそうです。
http://jmc-award.com/index.html
モエ・デュポン


新人監督賞 中野量太(「チチを撮りに」)
たぶん多くの皆さんがこの映画も私のことも知らないと思います。この作品完全に自主映画です。埼玉のスキップシティDシネマ国際映画祭で賞をいただいて、そこから一気に動き出して、劇場公開にたどり着き、そしてこの場にたどり着きました。映画は、凶悪な人が誰1人出てこない愛に溢れた映画です。
中野量太
新人監督賞 白石和彌(「凶悪」)
こう言う場に来れる映画だとは端から思っていなかったので。スタッフ、キャスト、映画を観ていただいたかたがたのおかげです。観ていただいた方には、昭和の匂いがするとか凶悪な人しか出てこないとか。。。新人らしくない言われますが今年で40歳ですので、次は中堅ぐらいとして、映画を撮って行きたいと思います。次はもう少しPOPなやつを。デモ少しだけ悪い人が出るような。
白石和彌
アニメーション部門

作品賞 「かぐや姫の物語」スタジオジブリ 西村プロデューサー
監督賞 高畑 勲(「かぐや姫の物語」)


西村プロデューサーが高畑監督の手紙を読み上げました。
かぐや姫の物語は、日本を代表するアニメーターと美術家たちが長期に渡って心血を注ぎ、他の前スタッフがそれを支えた結果できがったものです。私は、それが評価されたことに誇りを感じています。出資会社が財政的に支えてくれなければこの作品が世に出ることは絶対無かったともいます。すべてのスタッフに感謝します。この作品が日本のアニメーション映画の一歩への刺激となることを信じて。ありがとうございました。
スタジオジブリ-西村プロデューサー

功労賞
小島俊彦(「かぐや姫の物語」 他多数)

アニメーションの世界は天才が多いんですね。 絵を描く方、色彩、声、効果音。多くの天才が集まって創るのがアニメーションです。編集は命を吹き込まれたものを、切ったり、落としたりする作業です。若い頃は簡単に切れたんですが、キャリアを積むに連れ怖くなってます。「かぐや姫の物語」は僕の人生で一番切れなかった作品です。小島俊彦
伊藤克己(「キタキツネ物語」 他多数)
アニメ・実写沢山やらせていただきました。ここにいらっしゃる皆さんのおかげとスタッフ26人の代表で今日は受賞できました。伊藤克己

ドキュメンタリー作品賞:「オース!バタヤン」
山川雅彦、プロデューサー 
日本の音楽界でレジェンドと言えば田端義夫さんだと思います。音楽ドキュメンタリー映画の伝説になるように、この受賞はその第一歩だと思っています。山川雅彦、プロデューサー  宮田紗穂里 田端義夫さん長女
素晴らしい賞ありがとうございます。7年と言う長い時間をかけ、父の遺作ともいえる作品となりました。宮田紗穂里 田端義夫さん長女

編集賞:井上秀明(「青木ヶ原」)
ドキュメンタリーが主で、映画を編集することは少ないのですが、コンテのないものを繋いでいる技術が買われたのかなと思います。監督もこの賞喜んでいました。井上秀明

ゴールデン・グローリー賞は、日本映画を支えてきた俳優に与えられる賞です。

(水野晴郎賞) 加賀まりこ
つい先だって、田中絹代賞を頂き、今回この様な賞をいただくと。。もう死期が近いのかなーと思ってしまいます。皆さんにはとんがったイメージをもたれますが、作品のお役に立ちたいと思っているだけです。そして、これからもお役に立ちたいと思います。加賀まりこ
(水野晴郎賞) 吉行和子
私も随分長いことやってきたんですけど。結構地味な道のりだったと思いますが、映画が大好きで、話があれば喜んでやってきました。高齢化社会になってきまして、おかげさまで色々な高齢女性の役をいただくことができまして元気にやっております。吉行和子
(水野晴郎賞) ミッキー・カーチス
よかったね。ありがとうございます。映画に関しては現場が好きなんです。映画大好き。今年は芸能還暦。賞もらうようなタイプじゃないですがありがとうございます。ここに今日ここに居られるのも、去年胸に入れたペースメーカーのおかげです。これからも映画どんどんやってきます。ミッキー・カーチス
そしていよいよ、今年度の俳優賞!

助演女優賞 伊藤 蘭(「少年H」)
素晴らしい賞ありがとうございます。少年Hという映画は、日本の歴史の一部分を描いた作品です。とても私たちにとって意義のある作品だったと思います。その中で主人公の母親役と言う魅力的な役をやらせていただいてそれだけで十分幸せなところに、今回、映画を愛する評論家の方がたに選んでいただいて心から光栄に思っています。
伊藤-蘭 伊藤-蘭2
助演男優賞 リリー・フランキー(「凶悪」「そして父になる」)
素晴らしい賞光栄です。表彰式が始まってからずーっト考えていたことがあって。。。結局、星野源はホモなのか?(会場大爆笑)。星野(ホモじゃないです。役もホモじゃないです)。Vの使い方間違ってるよね。。
5年前にこちらで、新人賞を45歳でいただいて。ちょっと屈折した批評家の方たちに認められたということで、その後も少し映画に呼ばれるようになって。そしてまた、呼んでいただけたという事で少し恩返しできたかなと思います。ピエール瀧にではなくて私に賞をいただきまして本当にありがとうございました。
リリー・フランキー 水野晴郎を描くリリー・フランキーリリー・フランキーさんはパネルに水野先生の顔を描いてました。

主演女優賞 麻生久美子(「ばしゃ馬さんとビックマウス」)
暖かい賞ありがとうございます。素直に嬉しかったです。この作品の撮影の頃を思い出すと日々プレッシャーで凄く苦しくって。と言うのが私のシナリオライターの役は1次審査も受からない「自分に才能無いんじゃないかな」と思っているのですが頑張って書き続けるのですが、実は監督自身がモデルだったと聞いて監督が苦しんでいた頃を表現できるのか?プレッシャーがあって。そんなときに、監督に「夢がかなわない人の話を夢がかなった僕たちが創るんだから、刺し違える覚悟で臨まないといけない。」それが胸に刺さって。撮影幸せな時間でした。
麻生久美子受賞 麻生久美子
主演男優賞 松田龍平(「舟を編む」)
素晴らしい監督・スタッフ・キャストに囲まれて色々な影響を受けながらやってました。だから、こうやって賞をいただける実感がないというか。壇上に立つと嬉しいですけど。
もう次の作品もありますし、背中を押していただいたと思います。ありがとうございました。
松田龍平受賞 松田龍平2

監督賞 吉田恵輔(「ばしゃ馬さんとビックマウス」)
僕でいいのかなとも思いますが、本当はメチャメチャ欲しいです。この作品は3年間空いてまして、その間限りなくニートと言う職業だったんですけど。その間8本企画を書いて流れた経緯があって。この作品はバックステージ物なので、映画会社さんからは嫌われるものなので企画が成立し難いだろうと思ってました。お金を集めてくれて、麻生さん含めて素敵なキャストさんにも出ていただけ。その上賞までいただけるなんて、本当にわかんないものだなとおもいます。監督賞って、初めてなんですけど。カッコいいなと思って。これからもカッコイーもの創っていきます。
吉田恵輔 会場

作品賞 「舟を編む」
製作委員会を代表してテレビ東京映像事業部 五箇
石井監督は、次回作の準備がかきょうに入っていまして、登壇できませんでした。「舟を編む」と言う作品は辞書を造る人たちは、何十万と言う言葉を一つづつ集めて積み上げていく日々続けていくという。辞書をつくるのと映画を作るのは本質的に同じところがあるというのを実感しました。厳しい批評家の方々からの賞と言うことでスタッフ・キャストの励みになると思います。ありがとうございました。
アスミックエース

最後に日本映画界をささえてきた方に送られる賞

ダイヤモンド大賞 (淀川長治賞)有馬稲子
喉のポリープの手術で声の出ない有馬さんに代わり、MCが代読。
私は水の精ですよの台詞から始まり、映画70本、舞台200本。多くの台詞をやってきました。本当にありがとうございます。
有馬稲子 有馬稲子2


********************************************************************



『神奈川芸術大学映像学科研究室』明日公開


”SKIPシティDシネマプロジェクト第4弾”として、株式会社DSSが配給する

『神奈川芸術大学映像学科研究室』


神奈川芸術大学映像科研究室が、明日25日(土)より新宿・武蔵館で2週間限定レイトショー公開されます。

新進気鋭の坂下雄一郎監督が、不条理な人間模様をシニカルな視点で描いた本作には、白石和彌、大森一樹、黒沢清、長谷川和彦監督をはじめ映画業界の各方面から高い評価の声が寄せられている作品です。

白石和彌監督、黒沢清監督はトークイベントにも登壇されるそうです!

公開期間は、

上映期間: 1月25日(土)より2月7日(金)までの2週間
上映時間: 各日共、21:00開映(本編70分)
劇 場  : 新宿武蔵野館 
       http://shinjuku.musashino-k.jp/
入場料金: 当日券¥1,800.-
『神奈川芸術大学映像科研究室』
初日舞台挨拶他、連日、坂下監督と豪華ゲストによる舞台挨拶(初日)とトークイベントを開催!するそうです。
(初日のみ上映前21:00より、以降は上映終了後開演。終演は22:45前後を予定)

登壇者(予定) 随時公式Webサイトに掲載
(坂下雄一郎監督は各日登壇)
———————————————————————-
1月25日(土) 【初日舞台挨拶】 出演:飯田芳さん、笠原千尋さん、前野朋哉さん他
1月26日(日) 松崎まことさん(放送作家)×松崎健夫さん(映画文筆家)
1月27日(月) 今泉力哉監督(『サッドティー』)
1月28日(火) 中野量太監督(『チチを撮りに』)
1月29日(水) 森岡龍さん(俳優・映画監督)×前野朋哉×嶺豪一
1月30日(木) 富山省吾さん(日本アカデミー賞協会事務局長)
1月31日(金) 白石和彌監督(『凶悪』)
2月 1日(土) 黒沢清監督(『Seventh Code』)
2月 2日(日) 赤ペン瀧川先生(俳優・演出家・なんでも添削家)
2月 3日(月) 三宅唱監督(『Playback』)
2月 4日(火) コトブキツカサさん(映画パーソナリティ)
2月 6日(木) 石塚慶生さん(映画プロデューサー『武士の献立』)
——————————————————————-
『神奈川芸術大学映像科研究室』-2
映画『神奈川芸術大学映像学科研究室』公式サイト
http://kanagei.com/
SKIPシティDシネマプロジェクト 公式サイト
http://s-dp.com/

********************************************************************

出演:
飯田 芳 笠原千尋 前野朋哉 宮川不二夫 高須和彦 中村有 嶺豪一 中本章太 細井学

監督・脚本:坂下雄一郎
製作:東京藝術大学大学院映像研究科
配給:デジタルSKIPステーション
協力:コミュニティシネマセンター 2013/日本/70分/ビスタc
東京藝術大学大学院映像研究科