映画情報どっとこむ ralph

戸松遥、松岡禎丞、水瀬いのり登壇舞台挨拶

『劇場版 ソードアート・オンライン -プログレッシブ- 星なき夜のアリア』が絶賛公開中です!

この度、大ヒットの御礼を込めて、戸松遥、松岡禎丞、水瀬いのりが登壇の舞台挨拶イベントが行われました。
【SAOP】ソードアート・オンライン
日時:11月13日(土)
会場:新宿バルト9
登壇:戸松遥、松岡禎丞、水瀬いのり

映画情報どっとこむ ralph 本作は今週で公開3週目を迎え、大ヒットの御礼を込めて舞台挨拶イベントを実施した。アスナ役の戸松遥、キリト役の松岡禎丞、ミト役の水瀬いのりが登壇。(以下、戸松、松岡、水瀬)初週の週末興行ランキングでは1位と大ヒットスタートとなったことについて、戸松は「ご関係者の方も映画館で観てくださって、観終わった後にコラボカフェに行っていただけたり、とてもうれしいです。」、松岡は「スタッフの方にも“プログレ(プログレッシブ)観に行ったよ”とお声掛けいただいて嬉しかったです。あと、りなまる(日高里菜)さんから“『SAO』観てきたよ!キリトカッコいいー!”と連絡がきました(笑)」、水瀬は「私自身も劇場に観に行って、その時に前の席に座っていた男子学生が、入場者特典でミトを当てていたんですが、終演後に「ミトが当たってよかった」って話していたのを聞いて、すごく嬉しかったです。」と周囲からの反応にそれぞれの喜びをみせていた。

今回は上映後の舞台挨拶で公開後のイベントということもあり、本編の内容を深堀したトークを展開。まず序盤のシーンについて、戸松は「結城一家大集合で、お兄ちゃんの存在や両親のシーンはとても新鮮でしたね。」と結城家の日常についてコメント。水瀬は「アスナとミトは正反対の性格で、この後どんな関係性になるのかなと思っていたら、屋上で格闘ゲームしているシーンになり感慨深くなりました。」と結城明日奈との学校生活についてコメントし、その話題から河野監督が学生時代に格闘ゲームが非常に強く自分と照らし合わせて制作したというこぼれ話にも発展。さらに兎沢深澄が《SAO》ゲーム内で最初に使用していたアバターの声は、中尾隆聖が担当していたということ、また監督の熱烈なオファーによって中尾のキャスティングが実現したこともが明らかに。水瀬は「中尾さんは私より先にアフレコしていたのですが、大柄なアバターで女子らしいミトを連想させるしぐさを細かく演技されていました。」とアフレコ時のことを振り返り、戸松は「声をお聞きしただけで感動でした。」と大先輩の演技に圧倒した様子を見せた。またアスナとミトが始まりの街からすぐに旅立ち、レベル上げする姿について、松岡は「クラインとキリトとの関係性に似ているなと思いました。」とTVアニメシリーズの第1期を思い返すように振り返っていた。

本作でキリトとアスナが始めて出会うシーンについては、松岡は「TVシリーズから関係性がリセットされて、非常に厚い壁がありましたね。あとお年頃のキリトが初々しかったです。」、それに続けて戸松は「キリトが幼いですよね。松岡くんと一緒にアフレコしていた時も吐きそうになってましたよね?」と暴露し、対し松岡は「いっぱいいっぱいでした。」と返答した。

話題は変わり、本作の見せ所でもある第1層フロアボス《イルファング・ザ・コボルドロード》戦のかなり気合の入った戦闘シーンについて、水瀬は「『SAO』を語る上では戦闘シーンは欠かせないと思います。」、松岡は「どのカットも自分が見ていても鳥肌が立ちますし、9年たってさらに進化していることも同じくらい感動しました。」、戸松は「すごく感動して私も泣いてしまったんですが、当時のTVアニメのシーンからさらに進化していました。監督から伺ったのですが使える赤色の種類が増えているそうで、この映画館の大画面でお気付き頂けると思うので、ぜひ本作で赤色に注目してほしいです。」とそれぞれ熱く語った。
ネタバレトークも盛り上がったところでイベントはあっという間に終盤を迎え、水瀬は「私は念願の『SAO』に参戦ができて、そして新キャラのミトとして関われたことが本当に本当にうれしいです。」、松岡は「頑張りました!ありがとうございました!」人々に向けて一言ずつコメント。戸松は「本当にありがとうございました!赤色の部分、ぜひ注目してください!」と、戦闘シーンの見どころを再アピールし、ラストはお馴染みの「リンクスタート!」の掛け声とともにイベントを締めくくった。

映画情報どっとこむ ralph また、イベント内で合わせて、LiSAが担当する主題歌「往け」のジャケットイラストのフルサイズが解禁となりました!
【SAOP】ソードアート・オンライン

『劇場版 ソードアート・オンライン -プログレッシブ- 星なき夜のアリア』

公式HP:
https://sao-p.net/

公式ツイッターアカウント:
@sao_anime

STORY
これは、《閃光》と《黒の剣士》が、その名で呼ばれる前の物語――
あの日、 《ナーヴギア》を偶然被ってしまった《結城明日奈》は、
本来ネットゲームとは無縁に生きる中学三年生の少女だった。

2022年11月6日、世界初のVRMMORPG《ソードアート・オンライン》が始動した。
ところが、ログインの熱狂冷めやらぬプレイヤーたちが、突如ゲームマスターによってログアウトの手段を奪われ、ゲームの世界に閉じ込められてしまう。ゲームマスターは告げた。
《これはゲームであっても遊びではない。》
ゲームの中での死は、そのまま現実の死につながっている。

それを聞いた全プレイヤーが混乱し、ゲーム内は阿鼻叫喚が渦巻いた。そのうちの一人であったアスナだが、
彼女は世界のルールも分からないまま頂の見えない鋼鉄の浮遊城《アインクラッド》の攻略へと踏み出す。

死と隣り合わせの世界を生き抜く中で、アスナに訪れる運命的な《出会い》。そして、《別れ》――。

《目の前の現実》に翻弄されるが、懸命に戦う彼女の前に現れたのは、孤高の剣士・キリトだった――。

***********************************

STAFF
原作・ストーリー原案:川原 礫(「電撃文庫」刊)
原作イラスト・キャラクターデザイン原案:abec
監督:河野亜矢子
キャラクターデザイン・総作画監督:戸谷賢都
アクションディレクター・モンスターデザイン:甲斐泰之
サブキャラクターデザイン:秋月 彩・石川智美・渡邊敬介
プロップデザイン:東島久志
美術監督:伊藤友沙
美術設定:平澤晃弘
色彩設計:中野尚美
撮影監督:大島由貴
CGディレクター:織田健吾・中島 宏
2Dワークス:宮原洋平・関 香織
編集:廣瀬清志
音楽:梶浦由記
音響監督:岩浪美和
音響効果:小山恭正
音響制作:ソニルード
プロデュース:EGG FIRM・ストレートエッジ
制作:A-1 Pictures
配給:アニプレックス
製作:SAO-P Project

【CAST】
キリト:松岡禎丞
アスナ / 結城明日奈:戸松 遥
ミト / 兎沢深澄:水瀬いのり
クライン:平田広明
エギル:安元洋貴
シリカ:日高里菜
ディアベル:檜山修之
キバオウ:関 智一
茅場晶彦:山寺宏一

【音楽】
「往け」 LiSA(SACRA MUSIC)
作詞:LiSA /作曲:Ayase /編曲:江口 亮
©2020 川原 礫/KADOKAWA/SAO-P Project

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
  にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ    にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ