映画情報どっとこむ ralph フランス:マルタン・プロヴォ監督の最新作『5月の花嫁学校』は5月28日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほかにて全国公開となりますが、この度、各界の著名人よりコメントが到着しました。
5月の花嫁学校
コメントをくれたのは、・・・
予約のとれない伝説の家政婦タサン志麻さん、60 代向けのファッション誌「素敵なあの人」の表紙を務めるタレントの結城アンナさん、『あの子は貴族』の映画化も話題の作家山内マリコさん、恋バナ収集ユニット「桃山商事」代表の清田隆之さん、TV 朝日「羽鳥慎一モーニングショー」のコメンテーターとしても活躍されているジャーナリストの浜田敬子さん、ストリートスナップを中心としたフォトグラファー・ジャーナリストのシトウレイさん、漫画家・コラムニストの辛酸なめ子さんから絶賛コメントが到着。

今のフランスからは全然想像できないけれど、こうやって戦ってきた女性達がいるからこそ、今があるんだなと思いました。パンツ姿のビノシュがとてもかっこよかったです。
タサン志麻(家政婦)

ジュリエット・ビノシュがとにかく美しい!久しぶりの明るいフランス映画、ドタバタコメディとラムールももちろん。学校で刺繍を学んだ事を含めて1960年代を懐かしく思い出されました。
結城アンナ(タレント)

予定調和を吹き飛ばすラストシーンが爽快! “良き妻”という呪いに疑問を持ち、自由と解放に目覚めたことのある人も、まだの人も、みんなで肩を組んで歌い出したくなる。
山内マリコ(作家)

常識とか伝統とかジェンダーとか、身体に染みついたものを脱ぎ捨て、自分自身を取り戻すことから革命は始まるのだと、強く教わりました。
清田隆之(文筆業、「桃山商事」代表)

当たり前だと思っていたことを疑うことは難しい。発端となるのは、自身の欲望や感情に忠実になること。女性たちはそうやって時代を進化させてきた。
浜田敬子(ジャーナリスト)

私たちは自分自身のこの人生を、それぞれに幸せにまっとうするために産まれてきた。そんな「当たり前」のことを教えてくれる作品。今では「当たり前」になってるその価値観を、作り上げてくれた全ての人に対して、改めて心から深い感謝を。
シトウレイ(フォトグラファー・ジャーナリスト)

古い良妻賢母教育はもはやギャグで笑って観ていたら、後半、感動に包まれてエンパワーメントされました。価値観の変化を体感できて、同じく時代の変わり目の今、必見の作品。
辛酸なめ子(漫画家・コラムニスト)

映画情報どっとこむ ralph また女学生たちのキュートな学校生活などの場面写真も解禁となります。
5月の花嫁学校
1967年、アルザス地方の花嫁学校。パリから届いた”自由“の風に乗り、先生と生徒たちの革命がはじまる!?
フランスの名女優たちが奏でるカラフル&キュートな人生讃歌!
5月の花嫁学校5月の花嫁学校
アカデミー賞(助演女優賞)や世界3大映画祭で女優賞を制覇した大女優ジュリエット・ビノシュ主演最新作は、ビノシュ史上最もキュートなコメディに挑戦。『セラフィーヌの庭』でセザール賞主演女優賞を受賞したヨランド・モローと、セザール賞主演女優&助演女優賞に6度もノミネートされているノエミ・ルヴォウスキーとともに繰り広げる名女優たちのパワフルな演技が話題を呼びフランスで初登場1位を獲得した。監督には、セザール賞で7部門を制した『セラフィーヌの庭』(08)や、大女優カトリーヌ・ドヌーブを起用した『ルージュの手紙』(17)で知られるマルタン・プロヴォ。
映画情報どっとこむ ralph 『5月の花嫁学校』

『5月の花嫁学校』

原題: La bonne épouse
英題:How to be a good wife
『5月の花嫁学校』
5月28日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国公開!
オフィシャルHP
5gatsu-hanayome.com
『5月の花嫁学校』『5月の花嫁学校』

ストーリー
1967 年。美しい街並みと葡萄畑で有名なフランスのアルザス地方にあるヴァン・デル・ベック家政学校では、”完璧な主婦”を育成させるため今年も18 人の少女達が⼊学した。ある⽇、校⻑のポーレット(ジュリエット・ビノシュ)は、経営者である夫の突然の死をきっかけに学校が破産⼨前であることを知り、なんとか窮地から抜け出そうと奔⾛する。そんな中、パリで“5 ⽉⾰命”が勃発。フランス全⼟に抗議運動が広がってゆくのを⽬の当たりにしたポーレットや生徒たちは、これまでの自分たちの考えに疑問を抱き始め、ある⾏動に出ることを決意。果たして新生ヴァン・デル・ベック家政学校の運命や
いかに!?
『5月の花嫁学校』

***********************************

監督・脚本:マルタン・プロヴォ (『ルージュの手紙』『セラフィーヌの庭』)
出演:ジュリエット・ビノシュ(『真実』『私の知らないわたしの素顔』)
ヨランド・モロー(『セラフィーヌの庭』『神様メール』)
ノエミ・ルヴォウスキー (『PLAY 25年分のラストシーン』『カミーユ、恋はふたたび』)
2020 年/フランス/フランス語/109 分/シネスコ/5.1ch/日本語字
幕:井村千瑞/提供:ニューセレクト
配給:アルバトロス・フィルム PG12
© 2020 – LES FILMS DU KIOSQUE – FRANCE 3 CINÉMA – ORANGE STUDIO – UMEDIA
関連記事:

Facebook にシェア
LINEで送る
LinkedIn にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加