映画情報どっとこむ ralph この度、中国で興行収入70億円超えを突破した『白蛇:縁起』(2019年)の制作スタジオ・追光動画が4年の年月を費やして制作し、アヌシー国際アニメーション映画祭(2020)ではWIP部門にノミネートされるなど、公開前にも関わらず全世界から注目を集めた3DCGアニメーション映画『ナタ転生』(※読み:なたてんせい)(原題『新神榜:哪吒重生』)が2月26日(金)から好評公開中。中国では2月12日(金)に公開され、上映からわずか3週間で、もうまもなく70億円を突破しようとしている大盛り上がりの超話題作!
『ナタ転生』
映画情報どっとこむ ralph ナタの物語は長年愛されているが、時代の変化によって解釈はだんだんと異なってきている。そこで追光動画では、神や宇宙についての新たな世界観を次世代に伝えていくために、出発点として自社が持つ最新の技術で少年神・ナタを描いた。その最新の技術とは?

技術の高さに世界中が驚嘆!制作背景の秘密に迫る制作特集映像解禁!

本作は中国人なら誰でも知っている少年神・ナタを新たな解釈で描いているが、実際にどのような制作技法を用いたのかなどはこれまで明かされてこなかった。しかし今回中国アニメーション制作でも随一の技術力を持つ、追光動画制作陣による解説付き制作特集動画が解禁!

本編に登場する建築物にもナタの反骨的なパンクの精神(スチームパンクやディーゼルパンク、サイバーパンク)を反映させるため、1900年代初頭をイメージし、アールデコ様式を取り入れて作り上げたとプロダクションデザイナーの亀氏。物語の舞台となる東海市や街並みもアールデコ様式だけでなく東洋と西洋の2つの美的センスを組み合わせ、今までにないパンクスタイルの世界観を形成した。

アートディレクターの崔月梅氏は主人公・雲祥のデザインについて「みんなが持っているナタのイメージに古い絵画や仏像をミックスさせ、さらには少しだけ芸能人の要素もとりいれた」と現代的なキャラクターを作り上げたポイントを語る。
『ナタ転生』(新神榜:哪吒重生) 『ナタ転生』(新神榜:哪吒重生)
また、2Dアニメに似たシーンを増やし誇張して描くことで観客にインパクトを与えたほか、『ナタ転生』に登場するキャラクターの最大的な特徴でもある”身体の一部に金属要素がある”ということには、本当の人間のように見せるため、複雑な感情表現を可能にするシステム構築を行うことに成功した。また、アルゴリズム(Generated Assets&Shots)を使用し、場面ごとに建物を抽出・選択して自動で街並みを作り上げるデータベースなど様々なシステムを用いて制作されたことが明かされており、動画からは4年の年月をかけて制作されたこだわりや本作への思いがひしひしと伝わってくる。
『ナタ転生』(新神榜:哪吒重生) 『ナタ転生』(新神榜:哪吒重生) ナタ転生ナタ転生ナタ転生
SNSでは、すでに鑑賞したユーザーからは好評価の声が圧倒的に多く、「雲祥の着古したTシャツのくたびれ感や、徳会長の高い糸を使った毛羽立ち具合に感動!」「徳会長の口回りのひげや質感と、雲祥では全然違う!各キャラクターの年齢感がわかるようになっているww」といった3DCGの技術力の高さについてのコメントがみられた。

映画情報どっとこむ ralph アニメーション映画=日本という概念を打ち破り、まさに中国アニメーション映画の新たな扉を開いた本作をぜひお見逃しなく!

『ナタ転生』

原題:新神榜:哪吒重生
(New Gods:Nezha Reborn)

2021年2月26日(金) より好評上映中!
TOHOシネマズ池袋/上野 順次公開

【ストーリー】
中国の古代小説「封神演義」に登場し、3000年以上前の世界で絶大な権力を持つ一族・東海龍王の息子・三太子に歯向かい死闘を繰り広げ、勝利したほどの強い魔力を持つ7歳の少年神≪ナタ≫。しかし、息子を殺され激怒した東海龍王が「町の百姓たちの命が惜しければ、自らの死で罪を償え」と卑怯な脅しを行い、ナタは百姓たちを守るために自ら命を絶つ。
そして時は流れ、現代。ナタはバイク好きな好青年、李雲祥(リ・ウンショウ)として生まれ変わった。バイクで縦横無尽に駆け回り、仲間と共に充実した日々を送っていたのだが、東海龍王の息子・三太子の生まれ代わりである三公子が、ナタに前世で殺された恨みを晴らそうと雲祥の命を狙い始めたことで、仲間たちも次々と危険にさらされ、市民をも巻き込む決死の戦いに。まだ自分がナタの生まれ変わりであることを気付いていない雲祥だが、三公子と戦うためにはナタの魂を呼び覚まし、覚醒しなければ勝つことは出来ない。大切な仲間や、市民たちを守るために立ち上がった雲祥の戦いが今始まる。
『ナタ転生』本ポスター

***********************************

【制作スタジオ】
追光動画(Light Chaser Animation Studios)
2013年3月、中国北京で設立。3DCGアニメーション制作会社。
代表作『小門神(The Guardian Brothers)』(2016)、『阿唐奇遇(Tea Pets)』(2017)、
『猫と桃源郷(Cats and Peachtopia)』(2018)、『白蛇:縁起(White Snake)』(2019)。
『白蛇:縁起』は70億円超の興行収入を記録して大ヒット。

監督 ZHAO Ji(趙霽)
脚本 MU Chuan(沐川)
プロデューサー LU Xi(路晞)
出演 YANG Tianxiang(楊天翔)/ZHANG He(張赫)/XUAN Xiaoming(宣暁鳴)/LI Shimeng(李詩萌)
制作 追光人動画設計(北京)有限公司
配給 チームジョイ株式会社

2021年|中国|中国語|日本語字幕|DCP|カラー|117分
公式サイト:www.nezha.jp
(C)Light Chaser Animation Studios

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
  にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ    にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ