映画情報どっとこむ ralph 3月5日(金)全国公開となる『太陽は動かない』。

主演は数々の強烈なキャラクターを演じてきた藤原竜也。そして共演は、爽やかなラブコメからシリアスなミステリーまで幅広く演じてきた竹内涼真。
太陽は動かない
大規模な海外ロケで世界を股にかけたスケールの本作に相応しく、韓国のみならずハリウッド進出も果たした人気女優のハン・ヒョジュ、同じく韓国映画・ドラマ界で一躍スターダムを駆け上がってきたピョン・ヨハン。そしてドラマ版から引き続き、体を張ったアクションで魅せる市原隼人、更には邦画界を牽引し続ける名優・佐藤浩市の出演をはじめ、豪華競演陣が集結!
太陽は動かない太陽は動かない太陽は動かない
映画情報どっとこむ ralph

藤原竜也 史上最悪の職場秘密組織“AN通信”メンバー『太陽は動かない』特別映像到着

今回、藤原竜也演じる鷹野が所属しているのは秘密組織“AN通信”。

表向きは小さなニュース配信会社を装い、世界を股にかけ国政や企業の裏で重要機密情報を入手し売買する優秀なエージェントが所属する組織でありながら、24時間ごとの定期連絡を怠ると胸の心臓の爆弾が起動し、解除の申請をしないと5分以内で爆死してしまうという常に命の危険と隣合わせという、これまで数々の役柄を演じてきた藤原竜也史上最悪の職場と言っても過言ではない。そんなAN通信に所属する鷹野含めた4名の最強メンバーについて紹介する特別映像が解禁となった!

映像では藤原竜也演じる冷静沈着なエージェント“鷹野一彦”、竹内涼真演じる優しさを持つ若手エージェントで鷹野と最強バディを組む“田岡亮一”、佐藤浩市演じる鷹野たちの上司でAN通信の司令塔“風間武”、市原隼人演じる裏組織に拉致された同僚エージェント“山下竜二”を鬼気迫るシーンと共に紹介!
太陽は動かない太陽は動かない太陽は動かない太陽は動かない
鷹野の「死にたければ死ね。生きたければ働け」という台詞からもAN通信の振り切れた職場環境の一端が垣間見える。佐藤との共演について藤原は「個人的に学ぶことは山ほどありましたね。本当に芝居が上手い先輩たちとの共演は、いい意味で楽なんです。演じていて面白いし刺激も受けますし、非常に得難い経験をさせていただきました」と学びの多い現場であったと明かし、同僚エージェント山下を演じた市原については「ブルガリアで市原(隼人)くんと一緒にワイヤーで吊られている時、市原くんから“竜也くん、高い所はダメですか?”と聞かれて、“何で?”と聞き返したら、“上に行ったとたんにブルブル震えるの、やめてもらっていいですか?”と言われました(笑)」とAN通信の最強メンバーを演じた2人からは想像も出来ない裏エピソードも明かした。

映画情報どっとこむ ralph これまでの日本映画を完全に超えたエンターテインメント超大作、24時間ごとにリセットされる極限のノンストップ・サスペンスが幕を開ける!

『太陽は動かない』

3月5日(金) 全国ロードショー!

映画公式サイト:
taiyomovie.jp
公式Twitter:
@taiyowaugokanai
#太陽は動かない 

【ストーリー】
心臓に爆弾を埋め込まれた秘密組織のエージェント・鷹野(藤原竜也)と相棒の田岡(竹内涼真)。24時間ごとに迫る死の危険を抱えながら、「全人類の未来を決める次世代エネルギー」の極秘情報をめぐり、各国のエージェントたちとの命がけの頭脳戦が始まる。次から次へと困難が襲い来る極限の状況の中、2人の心臓爆破のリミットは迫っていた―。
藤原竜也&竹内涼真『太陽は動かない』

***********************************

原作:吉田修一「太陽は動かない」「森は知っている」(幻冬舎文庫)
監督:羽住英一郎
脚本:林民夫
出演:藤原竜也、竹内涼真、ハン・ヒョジュ、ピョン・ヨハン、市原隼人、南沙良、日向亘、加藤清史郎、横田栄司、翁華栄、八木アリサ、勝野洋、宮崎美子、鶴見辰吾、佐藤浩市ほか 
制作会社:ROBOT 
主題歌:King Gnu「泡」(ソニー・ミュージックレーベルズ)
©吉田修一/幻冬舎 ©2020 「太陽は動かない」製作委員会
配給:ワーナー・ブラザース映画 

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ