映画情報どっとこむ ralph

第43回ぴあフィルムフェスティバル開催日決定!


このたび「第43回ぴあフィルムフェスティバル」 の 開催日が決定の方が到着しましましたのでお知らせ。

今年は9月11日(土)より25日(土)までの13日間(月曜休館)、東京都・京橋にある映画の殿堂「国立映画アーカイブ」を会場に開催するそうです。

併せ、映画祭メインプログラムのコンペティション「PFFアワード2021」は、2月1日より応募受付を開始です。

今回から新たな試みとして、18歳以下の監督を対象とした応募料の「U-18割」をスタート。
新世代の監督大募集です!

映画情報どっとこむ ralph

●「第43回ぴあフィルムフェスティバル」

今年は9月11日(土)より25日(土)までの13日間!(月曜休館)、東京都・京橋にある映画の殿堂「国立映画アーカイブ」を会場に開催します。

●「PFFアワード2021」は本日2月1日より応募受付開始

「ぴあフィルムフェスティバル」のメインプログラムは、1977年から続く<自主映画>のためのコンペティション「PFFアワード」。
入選監督の中からこれまでに、黒沢清、園子温、塚本晋也、佐藤信介、李相日、荻上直子、石井裕也監督など140名を超えるプロの映画監督を輩出し、新人映画監督の登竜門とも呼ばれています。

応募作品の時間(短編・中編・長編)、ジャンル(ドラマ、CG、アニメーション、ドキュメンタリーetc)、応募者の年齢、性別、国籍などの制限は一切ありません。

本日より、9月の映画祭に向け「PFFアワード2021」の応募受付を開始!
締め切りは3月23日(火)。
入選作品は、「第43回ぴあフィルムフェスティバル」で上映され、グランプリを競います。
グランプリの賞金は100万円!

〇新世代の監督大募集!応募料のU-18割

今回から新たな試みとして、18歳以下の監督を対象とした応募料の「U-18割」をスタート。
応募料3,000円のところ、2002年4月1日以降生まれの監督は1,000円に割引します。
初監督作品、大歓迎!

映画情報どっとこむ ralph

●活躍するPFFアワード入選監督

▼「PFFアワード」の入選を経て、現在第一線で活躍する監督たちの昨年の劇場公開作はこちら。
黒沢清『スパイの妻』、手塚眞『ばるぼら』、成島出『グッドバイ 嘘からはじまる人生喜劇』、深川栄洋『ドクター・デスの遺産 BLACK FILE』、古厩智之『のぼる小寺さん』、石井裕也『生きちゃった』、吉野耕平『水曜日が消えた』、内山拓也『佐々木、イン、マイマイン』、諏訪敦彦『風の電話』、タナダユキ『ロマンスドール』、豊島圭介『三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実』ほか。
また、本年の公開待機作に、岨手由貴子『あのこは貴族』、渡部亮平『哀愁しんでれら』などがあります。
 昨年の第42回ぴあフィルムフェスティバル「PFFアワード2020」表彰式の様子写眞:昨年の第42回ぴあフィルムフェスティバル「PFFアワード2020」表彰式の様子

▼近年「PFF アワード」入選作品の劇場公開が続き、多くの映画ファンが熱狂しました。
『アボカドの固さ』(監督:城真也)、『あみこ』(監督:山中瑶子)、『オーファンズ・ブルース』(監督:工藤梨穂)、『おばけ』(監督:中尾広道)、『スーパーミキンコリニスタ』(草場尚也)、『赤色彗星倶楽部』(監督:武井佑吏)、『沈没家族』(監督:加納土)、『わたしたちの家』(監督:清原惟)ほか。 *作品名 50 音順

映画情報どっとこむ ralph

◎映画祭「第43回ぴあフィルムフェスティバル」開催概要

【会期】2021年9月11日(土)~25日(土)  ※月曜休館
【会場】国立映画アーカイブ(東京都中央区京橋3-7-6)  
【公式サイト】
 https://pff.jp

◎コンペティション部門「PFFアワード2021」作品募集概要

【募集期間】2021年2月1日(月)~3月23日(火)
【作品募集ページ】
 https://pff.jp/jp/award/entry/

***********************************

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ