映画情報どっとこむ ralph 全世界興行収入No.1の映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』公開から約1年半、最新作を待ち焦がれている世界中のファンを前に、ついにマーベル・スタジオが再始動を遂げる2021年がスタート!『ワンダヴィジョン』を始め、『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』(2021年3月19日(金)日米同時配信)や『ロキ』(2021年5月日米同時配信)など、ディズニープラスで独占配信される絶対に見逃せないドラマシリーズ作品に加え、『ブラック・ウィドウ』(2021年4月29日(木・祝)劇場公開)を始めとする劇場作品も続々登場する2021年。

めでたく新年を迎え、新章の幕開けを飾る1作品目となる、マーベル・スタジオ”初“のオリジナルドラマシリーズ『ワンダヴィジョン』の配信がいよいよ1月15日(金)に迫る中、最新映像が解禁となった!

舞台は『アベンジャーズ/エンドゲーム』後の世界―スカーレット・ウィッチことワンダ・マキシモフとヴィジョンは長い恋愛の末、晴れて結婚し、とある郊外の街で理想の結婚生活を送ることに。これ以上ない幸せな日々を共に過ごし、双子の子供まで授かった2人は、夢にまでみた生活を送っていた。しかし2人の前に現れた隣人による不可解な行動、そして『キャプテン・マーベル』に登場したキャプテン・マーベルの親友の娘モニカ・ランボーとワンダの噛み合わない会話…次第に場面は不穏な空気に包まれ、幸せな生活の裏に隠された”謎“がむき出しになっていく― 強力なテレキネシスを繰り出すワンダ、本来の姿に戻るヴィジョン…「何かがおかしい」と語るヴィジョンの言葉通りに、平穏な生活が崩れ落ち、壮大な戦いを予感させるシーンが目まぐるしく切り替わる。一体どれが現実なのか…?全貌が明らかにならない中、誰も予想できない”衝撃的展開“に期待が高まる。

シリーズ変わらず、ヴィジョンを演じるポール・ベタニーは本作の出演オファーを受けたとき「興奮したよ。本作のアイディアはとてもぶっ飛んだもので、実に見事だった。」と、マーベル初のシットコム(シチュエーション・コメディ)を描く“規格外”の本作を称賛、またワンダ・マキシモフを務めるエリザベル・オルセンも同じく「ケヴィン・ファイギ(マーベル・スタジオ社長)からオファーがあった時は、興奮したわ。マーベルの他の作品と違うものに感じられて、違う響きがあったの。本作に出演するのは、役者にとってとても楽しいチャレンジに思えたわ。」と、2人は再びMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の世界に戻ってこられたこと、そして数々のマーベル作品に出演してきたからこそ分かる、いままでとは一線を画す本作を大絶賛。世界を驚かせてきたマーベル・スタジオがさらなる飛躍を遂げ、『ワンダヴィジョン』で描いた“新境地”とは・・・
映画情報どっとこむ ralph MCUのフェーズ4の幕開けを飾る本作では、シットコムの要素に加えて、コメディ作品の幸福に満ちた雰囲気から徐々にホラー映画のような不穏な空気が漂い始めるという、マーベル・スタジオらしい衝撃的&壮大な展開が待ち受ける。2021年マーベル・スタジオ新章の幕開けを飾る『ワンダヴィジョン』に乞うご期待!

原題:WandaVision
監督:マット・シャックマン(『ファーゴ』や『ゲーム・オブ・スローンズ』のエピソード監督)
脚本:ジャック・シェイファー(『ブラック・ウィドウ』原案、『アナと雪の女王/家族の思い出』脚本)
出演:エリザベス・オルセン、ポール・ベタニー
© 2021 Marvel
映画情報どっとこむ ralph ディズニープラスとは:
Disney+ (ディズニープラス)は、ディズニーがグローバルで展開する定額制公式動画配信サービスです。ディズニー、ピクサー、マーベル、スター・ウォーズ、ナショナル ジオグラフィックの名作・話題作が、いつでも、どこでも、見放題で楽しめます。さらに、ここでしか見られないオリジナル作品が続々と登場します。

公式サイト:
https://disneyplus.jp/
公式Twitter:
@DisneyPlusJP
公式 Instagram:
@DisneyPlusJp

***********************************

©Disney
関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ