映画情報どっとこむ ralph クリスマス・イブの東京で突如発生した未曾有の連続爆破テロ事件と事件に巻き込まれた人々の群像劇を圧倒的なリアリティとともに空前のスケールで描き出す、予測不能のサスペンス・エンターテインメント超大作映画『サイレント・トーキョー』

この度、公開2日前の12月2日(水)に公開直前!渋谷ジャックイベントを実施しました!

映画『サイレント・トーキョー』公開直前!渋谷ジャックイベント
日時:12月2日(水) 渋谷バス周遊
会場:渋谷ストリーム 
登壇:佐藤浩市 石田ゆり子 西島秀俊 中村倫也 広瀬アリス 井之脇海 勝地涼 波多野監督

映画情報どっとこむ ralph 本作の重要な舞台である渋谷。
本イベントでは主演の佐藤浩市をはじめ、石田ゆり子・西島秀俊・中村倫也・広瀬アリス・井之脇海・勝地涼の豪華キャストが2F建バスに乗りこみ、道玄坂、宮益坂、スクランブル交差点と渋谷の様々な場所に突如として出現して渋谷をジャック!「こんなバスに乗って東京を回ったことなんて一度もない。まるで遠足のような気分でみんなで楽しく回りました」と語る佐藤をはじめ、キャスト一同で渋谷を周遊しました。和気あいあいと渋谷についての思い出を話したり、渋谷の風景やキャスト同士でお互いを撮影したりした一同。突如として現れた豪華キャストの出現に歩行者の人たちも大興奮!そんなみなさんに手を振ったり、「サイレント・トーキョー!」や「12月4日公開です!」と声を上げるキャストもおり、映画を渋谷に猛烈アピール!
映画情報どっとこむ ralph バスでの周遊後は、渋谷ストリームホールにてコメント出し。「いつもと違った感覚で東京が見えた」と語る佐藤や、「渋谷そのものが自分の知っている渋谷と変わっていて驚きました。若者グループとそうでないグループで、景色を見ながらあそこにあんな建物があった、いや、ないと言い合って対立しました(笑)」と町の変化を語る石田、そして「建物の2Fにいる人たちと目線があったりしてそれも驚きましたね(笑)」と西島もバスで周遊した感想を語りました。その後も映画の撮影の際、栃木県足利市に建てられた渋谷のオープンセットが、完成した映画の中では、実際の渋谷と見紛うことほどのクオリティーであったことや、1000人以上のエキストラが迫真の演技をしてくれたこと、そして佐藤は「この映画には現場や仕上げに懸けたスタッフ、キャスト、エキストラ、一人一人の“人間力”が詰まっている映画だと思います」と締めくくり、本作をアピールしました。

佐藤 「こんなバスに乗って東京を回ったことなんて一度もない。渋谷をバスでみんなで回るというのは新鮮だったし、まるで遠足のような気分でみんなで楽しく回りました。映画の中で描かれているように、世界中の人たちが知っている渋谷スクランブル交差点という場所で日本を揺るがす大事件が起きる可能性があるという、決して対岸の火事では済まされない危うさを映画を観てちょっとでも感じてもらえればと思います。この映画には現場や仕上げに懸けたスタッフ、キャスト、エキストラ、一人一人の“人間力”が詰まっている映画だと思います」

石田「私もバスで東京を回るのは初めてでしたが、渋谷そのものが自分の知っている渋谷と変わっていて驚きました。若者グループとそうでないグループで、景色を見ながらあそこにあんな建物があった、いや、ないと言い合って対立しました(笑)99分間の映画、ジェットコースターに乗ったように物語は進んでいきますので、何も考えずに映画を感じてもらればと思います。」

西島「2F建バスに乗って目線が高くなるだけで、全然町の見え方が違って楽しかったです。建物の2Fにいる人たちと目線があったりしてそれも驚きましたね(笑)映画の渋谷のオープンセットでの撮影ではエキストラの皆さんが1000人以上集まって、キャスト含めみんなでイメージを共有して現場に臨んで、素晴らしい経験ができました。」

中村「出来上がった映像をみて、この映画の中の渋谷が足利のオープンセットで撮影していたことを忘れてしまうほどのクオリティーでした。映画の中でこの渋谷を再現できたのは“裏の主役”と言ってもいい、エキストラの皆さんのおかげだと思います。ご覧いただければ、この映画は確実に皆さんの記憶に残る作品になると思います。」

広瀬「初めて渋谷のオープンセットに行ったときにまず大きさに圧倒され、映画の完成品をみてまたそのクオリティをみて圧倒され。本当にずっと行っていた渋谷が映像で再現されていました。流行に敏感な、本当に渋谷にいそうな若者を演じましたので共感してご覧いただける部分もあると思います。」

井之脇「僕は石田さんと一緒のシーンが多かったのですが、本当に現場では気持ちの面でも、演技の面でも石田さんに助けていただきました。この映画をご覧いただいて、ジャーナリズムの有り方や、情報を自分で取捨選択することの大切さを感じてくれたらと思います。」

勝地「渋谷は昔からよく来ていたので馴染みがあります。本当にこの映画は当たり前のことが当たり前じゃなくなることにふと気づかされる、ハッとさせられる物語だと思います。この映画は僕の立場で観てみると本当に真犯人が分からないと思いますので、そこも楽しんでいただければと思います。」

波多野監督「渋谷を再現したセットの中で大人数を集めて、大規模な撮影ができたのは本当に幸せな体験でした。エキストラの皆さんが本当にリアルで、映画の中でも渋谷の中で起きる大事件を描くことが出来たと思います。ぜひ劇場でご覧いただければと思います」

映画情報どっとこむ ralph 『サイレント・トーキョー』

12月4日(金)  

公式HP:
silent-tokyo.com
公式Twitter:
@SilentTokyo2020
公式Instagram:
@silent_tokyo2020

監督は、「SP」シリーズを手掛け、迫真のアクションやハリウッドクオリティのVFXで日本映画の新時代を切り開いた波多野貴文。「アンフェア」×「SP」の最強タッグのもと、主演の佐藤浩市、石田ゆり子、西島秀俊をはじめオールスターキャストが集結し、クリスマス・イブの東京で突如発生した未曾有の連続爆破テロ事件と事件に巻き込まれた人々の群像劇を圧倒的なリアリティとともに空前のスケールで描き出す、予測不能のサスペンス・エンターテインメント超大作となっています。

***********************************

出演:
佐藤浩市 石田ゆり子 西島秀俊 / 中村倫也 広瀬アリス 井之脇海 勝地涼 ほか 
エンディングソング:
Awich「Happy X-mas (War Is Over)」 (ユニバーサル ミュージック)
原作:
秦建日子「サイレント・トーキョー And so this is Xmas」(河出文庫刊) 
スタッフ:
監督:波多野貴文  脚本:山浦雅大
Ⓒ2020 Silent Tokyo Film Partners

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ