映画情報どっとこむ ralph 映画『ホテルローヤル』が11月13日より全国公開いたします。

この度、映画の公開を記念して原作者である桜木紫乃の書き下ろしエッセイ「もうひとつのホテルローヤル」が無料公開されることが決定しました!10月31日付けの北海道新聞に掲載された本エッセイ、全国からの読みたい!という声に応える形で、映画公式サイトにて12月31日までの期間限定で公開です。

「ホテルローヤル」という小説が、桜木氏自身のホテルローヤルで働いていた体験がベースになって書かれていることは広く知られていますが、今回は小説にも映画にも登場していないばかりか、桜木氏の両親にも話したことがなかったという新たなエピソードが披露されています。

「桜木さんと訪れる人々の“一瞬”が数多く通り過ぎたホテルローヤルだけが知っているお話を、もう一つだけ聞かせてほしい」というオファーを、桜木氏が快諾し、実現しています。

書かれているのは、16歳の夏休み、家業を手伝う日々を過ごしていた桜木氏と、清掃パートの求人に応募してきたエイコさんとのエピソード。身も心も裸になって解放されるラブホテルという場所だからこそ語ることができる本音があるのは、訪れる人だけではありません。文字になっていない部分もエイコさんの人生に思いを馳せ、幸せを願わずにはいられない切なさが詰まった1本です。映画、小説、そして今回のエッセイとそれぞれに異なる「ホテルローヤル」の魅力を堪能してください。

映画情報どっとこむ ralph 「もうひとつのホテルローヤル」が読めるリンクはこちら
映画情報どっとこむ ralph 映画『ホテルローヤル』

11月13日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー

公式サイト:
https://www.phantom-film.com/hotelroyal/

原作は累計発行部数100万部を超える桜木紫乃の直木賞受賞作。桜木の実家だったラブホテルを舞台にした七編の連作小説を、現代と過去を交錯させ一つの物語へ大胆に映像化しました。主人公であるホテル経営者の一人娘の雅代には、映画やドラマで圧倒的な演技力と存在感を示す波瑠。誰にも言えない秘密や孤独を抱えた人々が訪れる場所、ホテルローヤル。そんなホテルと共に人生を歩む雅代が見つめてきた、切ない人間模様と人生の哀歓。誰しもに訪れる人生の一瞬の煌めきを切り取り、観る者の心に温かな余韻と感動をもたらします。

***********************************

波 瑠 
松山ケンイチ
余 貴美子 原 扶貴子 伊藤沙莉 岡山天音
正名僕蔵 内田 慈 冨手麻妙 丞 威 稲葉 友
斎藤 歩 友 近 / 夏川結衣 
安田 顕

原作:桜木紫乃「ホテルローヤル」(集英社文庫刊) 
監督:武 正晴  脚本:清水友佳子
音楽:富貴晴美 主題歌:Leola「白いページの中に」(Sony Music Labels Inc.)
製作幹事:メ~テレ ファントム・フィルム
製作プロダクション:ダブ  
配給・宣伝:ファントム・フィルム
©桜木紫乃/集英社 ©2020映画「ホテルローヤル」製作委員会 

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ