映画情報どっとこむ ralph 第76回ヴェネチア国際映画祭で銀獅子賞(最優秀監督賞)を受賞したスウェーデンの巨匠ロイ・アンダーソン監督最新作『ホモ・サピエンスの涙』が11月20日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館にて公開します。

この度、本作のポスタービジュアルと予告編が完成しました。

世界中の映画監督が敬愛する、奇才ロイ・アンダーソン監督5年ぶりの最新作!

前作『さよなら、人類』(14)で、第71回ヴェネチア国際映画祭の金獅子賞に輝き、さらに5年ぶりとなる最新作『ホモ・サピエンスの涙』でも同映画祭銀獅子賞(最優秀監督賞)受賞という快挙を成し遂げた巨匠ロイ・アンダーソン。CG全盛のこの時代にCGはほぼ使わず、野外撮影ではなく巨大なスタジオにセットを組み、模型や手描きのマットペイント(背景画)を多用するという、アナログにこだわった手法で傑作を生みだし続けてきた。そんな唯一無二の世界は、映画ファンのみならず、アリ・アスター、アレハンドロ・G・イニャリトゥ、ダーレン・アロノフスキーなど名だたる映画監督たちをも魅了してきた。
「やっぱり、愛がなくっちゃね。」
映像の魔術師が、この時代を生きる全人類に贈る――。愛と希望を込めた映像詩。

時代も性別も年齢も異なる人々が織りなす悲喜劇を描く『ホモ・サピエンスの涙』。映像の魔術師ロイ・アンダーソン監督が構図・色彩・美術と細部まで徹底的にこだわり、全33シーンすべてをワンシーンワンカットで撮影した。この世に絶望し、信じるものを失った牧師。戦禍に見舞われた街を上空から眺めるカップル…これから愛に出会う青年。陽気な音楽にあわせて踊るティーンエイジャー…悲しみと喜びを繰り返す人類の姿を、愛と希望を込めた優しい視点で映し出す。
今回解禁されたビジュアルでは、世界的に有名な画家マルク・シャガールの絵画からインスピレーションを受けて生まれた“上空を漂うカップル“が印象的に配され、更に十字架を背負った男や、傘をさす親子など、エピソードに期待が膨らむような登場人物たちの姿が散りばめられている。

併せて解禁となった予告編では、スタジオ撮影とは思えないような、奥行きと広がりのある監督こだわりの精巧な映像美が垣間見える。更に、悲しみを抱えた不器用で愛おしい人々の姿を切り取りつつ、「人類は、悲劇に負けずに生きていける」との言葉が添えられ、今を生きる私たちへ向けられた希望溢れる作品メッセージを感じさせる予告となった。
 

さらに、国立映画アーカイブで9/12~26に開催される第42回ぴあフィルムフェスティバルでは、「ロイ・アンダーソン・コンプリート特集」を実施!『ホモ・サピエンスの涙』ほか、過去作『スウェーディッシュ・ラブ・ストーリー』『ギリアップ』『散歩する惑星』『愛おしき隣人』『さよなら、人類』、さらには学生時代の作品を含む初期短編の上映が予定され、ロイ・アンダーソン監督へさらなる注目が集まっている。

映画情報どっとこむ ralph 『ホモ・サピエンスの涙』

英題:ABOUT ENDLESSNESS
原題:OM DET OÄNDLIGA 

http://www.bitters.co.jp/homosapi

***********************************

出演:マッティン・サーネル、タティアーナ・デローナイ、アンデシュ・ヘルストルム
監督・脚本:ロイ・アンダーソン
撮影:ゲルゲイ・パロス
2019年/スウェーデン=ドイツ=ノルウェー/カラー/76分/ビスタ
後援:スウェーデン大使館
提供:ビターズ・エンド、スタイルジャム
配給:ビターズ・エンド 
(C)Studio 24
(C)2019 Roy Andersson Filmproduktion AB, Essential Filmproduktion, Société Parisienne de Production, 4 1/2 Fiksjon AS, ZDF/ARTE, Arte France Cinéma, Sveriges Television AB, Film Capital Stockholm

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ