映画情報どっとこむ ralph 新進気鋭の映画監督とアーティストの掛け合わせによる音楽×映画プロジェクト「MOOSIC LAB」にて企画が生まれ、昨年のプチョン国際ファンタスティック映画祭2018にて見事NETPAC賞(最優秀アジア賞)を受賞した古舘佑太郎主演映画『アイムクレイジー』 。8/24(土)よりシアター・イメージフォーラム他全国順次公開予定である本作のキービジュアル及び本予告を初解禁となりました。
『アイムクレイジー』
劇中のラストライブのシーンでギターをかき鳴らしながら歌い乱れる、刹那的な表情が印象的な主人公 佑樹(古舘佑太郎)と佑樹を暖かく見守る美智子(桜井ユキ)と店長(曽我部恵一)の表情が印象的なビジュアルとなりました。キャッチコピーは「人生には、選ばなければいけない瞬間がある。」。劇中の冒頭にも登場するこのフレーズはオスカー・ワイルドの名言より引用したもので、主人公の状況を端的に、鋭く表しています。予告編ではラストライブの日を迎えた佑樹と美智子の出会いから佑樹、美智子、店長のセッションシーン、本作の為に古舘と古舘がボーカル/ギターを務めるバンド“2”のメンバー加藤綾太が書き下ろした主題歌「LONELINESS BOY」の歌唱シーンも解禁。工藤将亮監督の師匠である行定勲監督と兄弟子である白石和彌監督からのコメントも公開されており、作品への期待感が高まる予告編となりました。

行定勲監督、森田芳光監督ら日本映画界の巨匠の下で研鑽を積んだ工藤将亮監督の長編デビュー作。映像監督にはポン・ジュノ監督や行定監督らとタッグを組んできた福本淳、衣装には三池崇史監督や石井岳龍監督、園子温監督の作品も手がける澤田石和寛が参加しています。

映画情報どっとこむ ralph 古舘佑太郎主演映画『アイムクレイジー』

8月24日(土)よりシアター・イメージフォーラム他全国順次公開。

公式HP:http://www.synca.jp/iamcrazy/

シアター・イメージフォーラムにて前売り券販売中!(販売価格:1,500円(税込))その他劇場順次販売予定。

ミュージシャンの佑樹(古舘佑太郎)は音楽の道を諦めようとラストライブの日を迎えていた。
バイトに向かう途中、交通事故に遭い車を運転していた作曲家の美智子(桜井ユキ)と広汎性発達障害を持った息子・健吾と出会う。バイト先の店長(曽我部恵一)に半ば強引に健吾の子守をさせられたことをきっかけに佑樹は親子と深く関わっていく。
かつての仲間の活躍、元カノの妊娠、”ヤバイ”なんて言葉でまとめられる音楽、周囲の全てに苛立つ佑樹。厳しい現実の中でも強い信念を持ち、明るく振る舞う美智子の姿を見て佑樹の中で何かが変わっていく。

***********************************

監督:工藤将亮
脚本:加藤結子、工藤将亮
出演:古舘佑太郎、桜井ユキ、佐々木聖輝、 中田絢千、田本清嵐、 岩谷健司、曽我部恵一他
製作統括:古賀俊輔
プロデューサー:大日方教史
企画協力:小川真司
撮影監督:福本淳 
サウンドデザイン:伊藤裕規
衣装プロデュース:澤田石和寛
音楽:加藤綾太(2)
製作:ザフール&スタッフ
配給:シンカ ◾️スペック:2019/日本/カラー/アメリカン・ビスタ/5.1ch/86分
©2019ザフール&スタッフ *コピーライト表記が左記に変更となっております。

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ