「パク・チャヌク監督」タグアーカイブ

緊急決定!ホン・サンス監督最新作『それから』公開記念 キム・ミニ大ヒット作『お嬢さん』限定上映!


映画情報どっとこむ ralph 第70回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品され話題となった、名匠ホン・サンス監督最新作『それから』。

主演をつとめるキム・ミニは、昨年、R18指定にも関わらず大ヒットを記録した『お嬢さん』(パク・チャヌク監督作/2016年)で、妖しくミステリアスな令嬢・秀子役を演じ、衝撃のラブシーンにも堂々と挑み国際的に評価されました。

現在では、カンヌ・ベルリン・ヴェネチアなど世界の映画祭が絶賛する名匠ホン・サンスの新たなるミューズとして、その存在感を確固たるものとし、既にホン・サンス監督作で5作品の主演をとつめています。

2015年のホン・サンス×キム・ミニの初タッグ作『正しい日間違えた日』はロカルノ国際映画祭グランプリを受賞、続く『夜の浜辺でひとり』ではキム・ミニが韓国俳優史上初となるベルリン国際映画祭女優賞(銀熊賞)に輝く快挙を達成しました。また『クレアのカメラ』では大女優イザベル・ユペールとの共演を果たし、今年のベルリン国際映画祭に出品された「Grass」(原題)でホン・サンス作品の5本目の主演となり、今、キム・ミニには世界から熱い視線が送られています。


キム・ミニとホン・サンス監督の4度目のタッグとなる最新作『それから』は、カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品され、かつてロベルト・ロッセリーニとイングリット・バーグマン、ジャン=リュック・ゴダールとアンナ・カリーナ、小津安二郎と原節子といった名監督と名女優のコンビが生み出してきた名作に連なる作品として喝采を浴びました。

モデル出身の抜群のスタイルとユニークな顔立ちが印象的なキム・ミニは、ファッションリーダーとしても女性から絶大な支持を受けています。中学生の頃からモデルとして活動した後、90年代末からテレビドラマと映画で女優としての活動をはじめ、現在は37歳。意外に長いキャリアの中で、2012年に出演した宮部みゆきの原作を映画化した『火車 HELPLESS』の演技が称賛され、パク・チャヌク監督の目に留まったことで主演した『お嬢さん』の演技が、国際的に高く評価され数々の受賞に輝きました。

映画情報どっとこむ ralph このたび、日本で2週間しか上映されていなかった、「スペシャル・エクステンデッド版」を、ホン・サンス監督最新作『それから』公開記念、新ミューズ キム・ミニの大ヒット作として限定上映が決定しました。

ホン・サンスが見出した新ミューズ、キム・ミニ主演の大ヒット作!

お嬢さん
スペシャル・エクステンデッド版 

6/2(土)~8(金) 限定上映決定!ヒューマントラストシネマ渋谷にて 

監督:パク・チャヌク
出演:キム・ミニ、キム・テリ、ハ・ジョンウ
2016年/韓国/169分/R18+ 
配給:ファントム・フィルム
ⓒ 2016 CJ E&M CORPORATION, MOHO FILM, YONG FILM ALL RIGHTS RESERVED

映画情報どっとこむ ralph 名匠ホン・サンス×女優キム・ミニ 作品一挙公開!

6/16(土) 『夜の浜辺でひとり』ロードショー 
6/30(土) 『正しい日 間違えた日』 ロードショー 
7/14(土) 『クレアのカメラ』 ロードショー 

映画情報どっとこむ ralph 名匠ホン・サンス×女優キム・ミニ(『お嬢さん』)が紡ぐ、男と女の可笑しみ。

映画監督と女優の幸せなコラボレーションから生まれた、人間ドラマの最高傑作。
そこはかとなく漂うユーモアが理不尽な世の中を突き破る。

それから

原題:그 후/英題:The Day

6/9(土)より、ヒューマントラストシネマ有楽町、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開

公式サイト:crest-inter.co.jp/sorekara 

【STORY】

妻に浮気を疑われ、窮地に立たされている社長ボンワン(クォン・ヘヒョ)が経営する出版社に勤めることになったアルム(キム・ミニ)。

出勤初日早々、社長の妻がやってきて、アルムを夫の不倫相手と決めつけ騒ぎ立てる。

同じ日の夜、前任者であり社長の愛人であった女がひょっこり戻ってきたことで、事態は思わぬ方向へ…。

***********************************


監督・脚本:ホン・サンス
出演:クォン・ヘヒョ、キム・ミニ、キム・セビョク、チョ・ユニ

2017年/韓国/91分/モノクロ/ビスタ/

配給:クレストインターナショナル


パク・チャヌク監督島本理生を迎え『お嬢さん』プレミア2日目


映画情報どっとこむ ralph パク・チャヌク最新作。エロティックサスペンス映画『お嬢さん』が3月3日(金)より公開となります。

アメリカを中心とした世界中の映画賞で高い評価を受けている、そんな超話題作を引っ提げパク・チャヌク監督が来日!

そして昨日の真木よう子さんに引き続き、今夜はジャパンプレミア第2夜!作家の島本理生さんがゲストとして監督をお出迎えしました。女流作家ならではの視点から、監督と共に本衝撃作の魅力を語っていただきました。

ジャパンプレミアイベント 第2夜
日時:2月9日(木) 
場所:スペースFS汐留
登壇:パク・チャヌク監督、島本理生

映画情報どっとこむ ralph 満席の会場に登壇したパク・チャヌク監督。本作が成人指定にも関わらず、全世界で400万人以上動員の大ヒットを記録し、世界で73ノミネート33の映画賞を受賞(2月9日時点)していることについて聞かれると、


パク監督:多くの評価を頂けていることをとても嬉しく思っています。そして、何より素晴らしい演技を見せてくれた俳優たちに感謝したいと思います。

と喜びを表現した。また原作は、ヴィクトリア王朝を舞台にしたイギリスの小説「荊の城」でありながらも、今回映画化にあたり舞台を日本統治下の朝鮮半島に置き換えてことについて聞かれると、

パク監督:(日本での公開が間近に控え)日本人が登場して、日本語を話す設定にしたことを今すごく後悔しています(笑)。この作品のプロモーションのために多くの国へ行きましたが、日本だけは避けたいな、とずっと思っていました(笑)。しかし、実際に俳優たちは何ヵ月間も日本語の訓練を重ね、本番では渾身の力を込めて演じてくれました。ですので皆さん、是非とも広い心を持ってこの作品を観てください。

と答えると観客からは笑い声が。

映画情報どっとこむ ralph そして、昨夜の女優・真木よう子さんに続き、ジャパンプレミア第2夜のゲストとして「ナラタージュ」など恋愛小説で女性から高い支持を受ける作家の島本理生さんが花束を持って登場。さっそく本作の感想を聞かれると、

島本さん:もう最高でした!最初はドロドロとした官能的な映画なのかと思っていたんですが、こんなにもスリリングで解放感が溢れる映画で興奮しました。

と本作を大絶賛。昨日雑誌の企画で監督と対談をした島本さん。監督の印象について聞かれると、

島本さん:私は『オールド・ボーイ』を観て衝撃を受けて以来監督の大ファンなのですが、お会いしてまず驚いたのは監督、ものすごく優しくて穏やかな方なんです。正直、(バイオレンスな描写が多い)作風からとても怖い方を想像していました。勘違いされることは多くないですか?

との質問に

パク監督:実はものすごく多いんです。『オールド・ボーイ』の時も世界中どこに行っても「ファンです!」と言って来てくれる人は、革ジャンで腰からチェーンを下げて、体のどこかにタトゥーが入っている男性が多かったんですが(笑)最近は女性の方も声をかけてくれて嬉しいです。

と答えた。

映画情報どっとこむ ralph また主演の女優二人について

島本さん:女性の力強さや愛情深さがすごく豊かに表現されていると感じました。スッキ役のキム・テリさんは新人と聞きましたが。

との島本さんからの質問に

パク監督:彼女は短編映画に1本出演しただけのキャリアでしたが、とても堂々と演技をしてくれました。最初は100人以上のスタッフに囲まれて戸惑っていましたが、だんだんと伸びやかに演じられるようになって、さらにその順応していくスピードに驚きました。

と大抜擢のキャスティングにも自信をのぞかせる。そして最後に

島本さん:映画を観ていて、すごく官能的な描写なのに、ふと笑えてくるシーンがあって、それは自分だけなのか心配になったのですが、どうなんでしょうか。

という質問があると、

パク監督:そこは(この映画を作るうえで」とても意識した点です。意図的に笑えるように描いています。できることなら毎上映、前説やサクラを仕込んで笑いを誘導したいぐらいです(笑)なので皆さん、感情のまま大いに笑ってこの映画を楽しんでください!

と観客にメッセージを送り、大きな拍手の中、二人は会場を後にしました。

映画情報どっとこむ ralph 映画『お嬢さん』が3月3日(金)より公開

物語・・・・

1939年、日本統治下の朝鮮半島。孤児の少女・スッキ(キム・テリ)は、 “伯爵”を装った詐欺師(ハ・ジョンウ)にスカウトされ、莫大な財産の相続権を持つ美しい令嬢・秀子(キム・ミニ)のメイドとして働くことに。秀子は世間とは隔絶した大きな屋敷で、日本文化を崇拝する支配的な叔父(チョ・ジヌン)とひっそりと暮らしていた。実は詐欺師はスッキとともに秀子を誘惑し、結婚した後、彼女を精神病院に入れて財産を奪うという計画を企てていたのだ。計画は順調に進むが、献身的なスッキに秀子が次第に心を開いていく…。

映画情報どっとこむ ralph 豆知識
因に、最近劇場アニメにもなった日本の原作「虐殺器官」が、パク監督によってハリウッドで映画化されることが決定しています。

***********************************

監督:パク・チャヌク (カンヌ国際映画祭審査員特別グランプリ受賞『オールド・ボーイ』)

キャスト:キム・テリ、キム・ミニ、ハ・ジョンウ、チョ・ジヌン
配給:ファントム・フィルム
2016年/韓国/145分/シネマスコープ/5.1ch/R-18
ojosan.jp
ⓒ 2016 CJ E&M CORPORATION, MOHO FILM, YONG FILM ALL RIGHTS RESERVED


『お嬢さん』ゲイ&レズビアン・エンタ批評家協会で外国語映画賞


映画情報どっとこむ ralph パク・チャヌク監督(『オールド・ボーイ』)の最新作R-18指定『お嬢さん』ですが、この度、ゲイ&レズビアン・エンターテイメント批評家協会の贈る映画賞、第8回ドリアン賞の受賞結果が発表となり、外国語映画賞に『お嬢さん』が受賞しました!

今回『お嬢さん』は、監督賞、LGBT作品賞、外国語映画賞、ヴィジュアル・ストライク賞(美術から撮影まで、美しいと判断された作品に贈られる)にノミネートされており、欧米作品を押しのけて撮影賞やビジュアル賞にノミネートされたのは外国語作品として異例のこと。

素晴らしい映画美術と目を引くほどの撮影術をぜひスクリーンで堪能して。

映画情報どっとこむ ralph 60 分後の衝撃。
120 分後の驚愕。
騙されないと確信した後、あなたが信じていた世界が反転する

お嬢さん

3 月 3 日(金)TOHOシネマズ シャンテ他全国ロードショーです。


世界中の映画賞を席巻、「オールド・ボーイ」パク・チャヌク監督が仕掛けた、映画史に刻まれる罠。

1939 年、日本統治下の朝鮮半島。孤児の少女・スッキ(キム・テリ)は、 “伯爵”を装った詐欺師(ハ・ジョン ウ)にスカウトされ、莫大な財産の相続権を持つ美しい令嬢・秀子(キム・ミニ)のメイドとして働くことに。秀子は世間とは隔絶した大きな屋敷で、日本文化を崇拝する支配的な叔父(チョ・ジヌン)とひっそりと暮らし ていた。実は詐欺師はスッキとともに秀子を誘惑し、結婚した後、彼女を精神科病院に入れて財産を奪うと いう計画を企てていたのだ。計画は順調に進むが、献身的なスッキに秀子が次第に心を開いていく…。令 嬢、侍女、詐欺師、富豪。欲望の館で誰が誰を騙し、愛されたのか―。その結末をスクリーンで刮目せよ。

講師HP: ojosan.jp

***********************************

監督:パク・チャヌク (カンヌ国際映画祭審査員特別グランプリ受賞『オールド・ボーイ』)

キャスト:キム・テリ、キム・ミニ、ハ・ジョンウ、チョ・ジヌン
配給:ファントム・フィルム
2016 年/韓国/145 分/シネマスコープ/5.1ch/R-18
ⓒ 2016 CJ E&M CORPORATION, MOHO FILM, YONG FILM ALL RIGHTS RESERVED
   


過激なエロスと騙し合いパク・チャヌク監督『お嬢さん』17年3月公開決定


映画情報どっとこむ mari 全世界、成人指定映画で異例の大ヒット!

パク・チャヌク監督最新作『お嬢さん』(原題:アガシ 英題:THE HANDMADEN)の邦題が決定し、2017年3月より、TOHOシネマズシャンテほかにて全国公開することが決定いたしました。 HANDMADENは一人につく女中。隷属的な専用メイドな感じでしょうか・・・。

詐欺師とメイドとお嬢様・・・・過激なエロスと騙し合い

the-handmaiden-characters_1
「このミステリーがすごい!」で第1位を獲得したサラ・ウォーターズの「荊の城」が原作となる本作は、1939年、日本統治下の朝鮮半島を舞台に、スラム街で詐欺グループに育てられた孤児の少女・スッキ(キム・テリ)、莫大な財産の相続権を持つ美しい令嬢・ヒデコ(キム・ミニ)、“伯爵”と呼ばれ、ヒデコの財産を狙う詐欺師(ハ・ジョンウ)ら、それぞれの思惑が入り乱れ、騙しあいと復讐が繰り広げられていく。

複数の登場人物の視点で描かれるサスペンスと、過激なエロスが、息を飲むような美しい映像で綴られた作品。

映画情報どっとこむ mari 『オールド・ボーイ』で第57回カンヌ国際映画祭・審査員特別グランプリ、『渇き』で第62回カンヌ国際映画祭審査員賞を受賞、その後の『イノセント・ガーデン』ではハリウッドへ進出したパク・チャヌクの集大成ともいえる本作は、韓国本土では成人映画(R19指定)のオープニング記録を更新し、アメリカでも異例のヒットとなるほど、話題になっています。

この度、韓国本国での原題が「アガシ(=お嬢さん)」というタイトルを受け、邦題は『お嬢さん』と決定し、さらに日本公開時は【R-18】指定での公開も決定。

the-handmaiden-still-2
映画情報どっとこむ mari 物語
1939年、日本統治下の朝鮮半島。スラム街で詐欺グループに育てられた孤児の少女・スッキ(キム・テリ)は、 “伯爵”と呼ばれている詐欺師(ハ・ジョンウ)にスカウトされ、莫大な財産の相続権を持つ美しい令嬢・秀子(キム・ミニ)のメイドとして働くことに。ヒデコは世間とは隔絶した辺ぴな土地に建つ屋敷で、支配的なおじ(チョ・ジヌン)とひっそりと暮らしていた。実は“伯爵”はスッキの力を借りて秀子を誘惑し、結婚した後、彼女を精神病院に入れて財産を奪うという計画を企てていたのだ。計画は順調に進むが、献身的なスッキに秀子が次第に心を開いていくのだが…。

パク・チャヌク監督 最新作『お嬢さん』
原題:アガシ 英題:THE HANDMADEN

2017年3月TOHOシネマズシャンテほか全国ロードショー

***********************************

監督:パク・チャヌク (カンヌ国際映画祭審査員特別グランプリ受賞『オールド・ボーイ』)
キャスト:キム・テリ、キム・ミニ、ハ・ジョンウ、チョ・ジヌン 
配給:ファントム・フィルム 
©CJ E&M Corporation