「YEBISU GARDEN CINEMA」タグアーカイブ

モーリス・ベジャール・バレエ団✕東京バレエ団『ダンシング・ベートーヴェン』公開日決定!


映画情報どっとこむ ralph 日本でも人気のある天才振付家モーリス・ベジャールの代表作のひとつ「第九交響曲」の舞台裏を捉えた感動のドキュメンタリー「DancingBeethoven」が、邦題を『ダンシング・ベートーヴェン』とし、12月23日(土)より全国公開することが決定!
その日本版ポスタービジュアルも解禁となりました!!

本作は、故モーリス・ベジャールによって振付られ、日本では年末おなじみのベートーヴェンの「第九」を“バレエ”で表現した踊るコンサートとして、21世紀のバレエ史上最高傑作と呼ばれたステージが出来上がるまでの度重なるリハーサルの様子や、ベジャール亡き後、後継者ジル・ロマン芸術監督のもと新たに踏み出したベジャール・バレエ団の様々な文化的背景を持つダンサーたちが織りなす人間ドラマに密着した感動のドキュメンタリー。

ベジャール・バレエ団には大貫真幹ら日本人ダンサーも所属しており、彼らの舞台裏にも迫ります! 

映画情報どっとこむ ralph
映画ファンだけでなく、バレエファン、クラシックファン必見の作品です。

ダンシング・ベートーヴェン

12月23日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMA他にて公開です。

***********************************

振付:モーリス・ベジャール
監督:アランチャ・アギーレ 
音楽:ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン作曲『交響曲第9番 ニ短調 作品125』
出演:マリヤ・ロマン、モーリス・ベジャール・バレエ団、東京バ レエ団、ジル・ロマン、ズービン・メータ
配給:シンカ
協力:東京バレエ団
後援:スイス大使館
(c)Fondation Maurice Béjart, 2015 (c)Fondation Béjart Ballet Lausanne, 2015 


坂本龍一 の音楽と思索の旅『Ryuichi Sakamoto: CODA』ビジュアル解禁!


映画情報どっとこむ ralph これは最終楽章のはじまりなのか坂本龍一の音楽と思索の旅を捉えたドキュメンタリー

Ryuichi Sakamoto: CODA

は、11月4日(土)より、角川シネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国公開いたします。

<自然の音>を探求する姿を捉えたビジュアルがついに完成!
この度解禁となったビジュアルは、自宅の庭で雨の音を録ろうと、バケツを被っている坂本の後ろ姿。雨や鳥の声などの自然の音や、街の雑踏のノイズなど、様々な<音>を自分の音楽に取り入れる坂本の様子がわかる本編からのカットが使われています。

また、タイトルでもあるの音楽的な特性である<転調>を、タイポグラフィの配置のリズムで表現した美しいビジュアルとなっています。

映画情報どっとこむ ralph 合わせて、未だベールに包まれる作品の雰囲気がより伝わる場面写真も一挙に解禁に!
過去の旅路を振り返りながら、新たな楽曲が誕生するまでの、坂本龍一の音楽と思索の旅を捉え、

坂本さん:全てをさらけ出した。

という本作のエッセンスを文字通り感じられるものになっています。

映画情報どっとこむ ralph また、9月16日(土)より全国共通前売鑑賞券1,400円(税込)の発売も決定!

劇場窓口・メイジャーオンラインでの購入者に限り非売品<オリジナルエコトートバッグ>をプレゼント!(一部劇場を除く/数量限定)


Ryuichi Sakamoto: CODA

公式サイトも解禁です!
ryuichisakamoto-coda.com

公式Facebook @ryuichisakamoto.coda 
公式Twitter @skmt_coda

***********************************

出演:坂本龍一
監督 : スティーブン・ノムラ・シブル
プロデューサー : スティーブン・ノムラ・シブル エリック・ニアリ
エグゼクティブプロデューサー : 角川歴彦 若泉久央 町田修一 空 里香
プロデューサー:橋本佳子 共同制作 : 依田 一 小寺剛雄
撮影 : 空 音央 トム・リッチモンド, ASC
編集 : 櫛田尚代 大重裕二
音響効果: トム・ポール
製作/プロダクション:CINERIC BORDERLAND MEDIA
製作:KADOKAWA  エイベックス・デジタル 電通ミュージック・アンド・エンタテインメント 
制作協力 : NHK  
共同プロダクション:ドキュメンタリージャパン
配給 : KADOKAWA
2017年/アメリカ・日本/カラー/DCP/American Vista/5.1ch/102分
©2017 SKMTDOC, LLC


DJ・作家のロバート・ハリス登壇『マンチェスター・バイ・ザ・シー』トークイベント


映画情報どっとこむ ralph 本年度アカデミー賞主演男優賞・脚本賞を受賞した、マット・デイモン プロデュース、ケイシー・アフレック主演、ケネス・ロナーガン監督・脚本『マンチェスター・バイ・ザ・シー』が、5/13(土)初日より全国で満席続出の大ヒットとなっております。
この度、大ヒットを記念して、ゲストにDJ・作家のロバート・ハリスさんを迎えて世界中を旅し、人生経験豊富なハリスさんならではの視点で、映画『マンチェスター・バイ・ザ・シー』を語っていただきました。

日時:6月10日(土)
場所:シネスイッチ銀座
登壇:ロバート・ハリスさん(DJ・作家)

映画情報どっとこむ ralph ハリスさん:素晴らしい!ものすごく感動した!

アメリカのご友人から本作の噂を聞きつけマスコミ試写で一度目のご鑑賞を、そして本日二度目の鑑賞をされたロバート・ハリスさん。ご感想を伺うと

ハリスさん:一度見て、ものすごく感動しました。二度目も、やはり素晴らしかった。リーの心の機微やディテールを読み解くことができて、だからこそ彼の最後の台詞「I can’t beat it.」(僕は乗り越えられないんだ)がより心にしみました。きっと、リーがこの言葉を言えたことに、この映画の救いがあったと思う。

と始まりから、本作への熱い想いを語ったハリスさん。


『マンチェスター・バイ・ザ・シー』は 今までのハリウッド映画にない人間ドラマを描いている!

ハリスさん:今までのハリウッド映画は

ハリスさん:悲しみは乗り越えられる」というメッセージが込められているものばかり。しかし本作は「乗り越えられない悲しみもある。それでも人は生きていける。

ということを教えてくれました。だからリーは空っぽな状態でも、お兄さんのことを愛したし、甥への愛情を持てた。そこが美しかった。今まではこんなハリウッド映画はありませんでした。

ハリスさん:こんな企画が、ハリウッドでよく通ったな!と思いましたよ(笑)。でもそれはプロデューサーのマット・デイモンのおかげもあるでしょう。彼はこの映画の原案から携わっていたけれど、脚本を見て、監督のケネス・ロナーガンに「君がふさわしい」と監督を譲り、全面協力したというのですから。

と、今までのハリウッド映画にはない美しい物語だからこそ、本作に強く胸を打たれたのだそう!

映画情報どっとこむ ralph マット・デイモンじゃなくて、ケイシー・アフレックが演じて正解?!

ハリスさん:ケイシー・アフレック過去作も観ていて、彼は怒りと、その奥の孤独を秘めている俳優だと思っていました。だから見ていて、恐ろしさと同時に悲しみを感じる。そんな彼がリーを演じていて、ものすごく自然だと感じました。きっとマット・デイモンじゃ出来なかったことでしょう。ケイシーは、昔やんちゃをして干されていたことがありましたが、本作で復活を遂げて、アカデミー賞のときに、実兄のベン・アフレックも泣いて喜んでいて、非常に良かったな、と。そして、お兄さんよりいい役者だと思います。(笑)

と、ハリスさんは本作にはケイシー・アフレックが必要不可欠だったと、彼の演技も絶賛!

小津安二郎を彷彿!監督ケネス・ロナーガンの手腕とは。

ハリスさん:この映画には、悲劇の中にも、監督の優しさや思いやりの目線が詰まっているように思える。昔、日本映画の字幕翻訳をやっていたことがあるのですが、『マンチェスター・バイ・ザ・シー』を見ていて感じたのは小津安二郎の映画。派手なドラマチックさはないけれど、人々の言葉の裏に感情が見えますよね。劇中、リーが大事に持っている3つの写真がある。誰の写真が画面には映らないけれど、想像できるのです。そのような細部への配慮が、この映画にはすごく感じる。だから、何度見ても楽しめるのではないでしょうか。

と、作家ならではの視点で鋭い考察をされたハリスさん。

ハリスさん:小津を意識したのか、ケネスに会ったら聞いてみますね。

と冗談も。

映画情報どっとこむ ralph そして最後に日本での大ヒットをうけて

ハリスさん:この映画が多くの人を魅了するのはなぜなのか?“悲しみをどうやって乗り越えるのか”という普遍的なテーマに多くの人が共感するのだと思う。

と答えられたロバート・ハリスさん。

「本作で感動された方?」という質問には満席の客席からほぼ全員の手があがり、「二度目以上の鑑賞の方?」という質問にも幾つ

か客席から手があがっていました。その様子をみて

ハリスさん:多く方にこの映画が愛されていて本当に嬉しいです。ぜひこの感動を、周りの友人にも伝えてくださいね。

と締めくくり、大きな拍手の中、トークイベントは終了しました。

映画『マンチェスター・バイ・ザ・シー

シネスイッチ銀座、新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMA ほか全国大ヒット上映中!

manchesterbythesea.jp  
***********************************

監督・脚本:ケネス・ロナーガン 

出演:ケイシー・アフレック、ミシェル・ウィリアムズ、カイル・チャンドラー、ルーカス・ヘッジズ、カーラ・ヘイワード

2016年/アメリカ/137分 ユニバーサル作品 
配給:ビターズ・エンド/パルコ
© 2016 K Films Manchester LLC. All Rights Reserved.