松山ケンイチ、東出昌大のストイックさが光る『聖の青春』完成披露


映画情報どっとこむ TJ 羽生善治を追い詰めた伝説の棋士・村山聖
病と闘いながら全力で駆け抜けた、わずか29年の生涯を描く奇跡の実話

映画『聖の青春

は、11月19日(土)丸の内ピカデリー・新宿ピカデリー他全国公開となります。
%e8%81%96%e3%81%ae%e9%9d%92%e6%98%a5%e5%ae%8c%e6%88%90%e6%8a%ab%e9%9c%b2%e3%83%88%e3%83%bc%e3%82%af01 そして、この度、豪華キャスト・監督登壇つきの完成披露試写会が行われ、各キャストが事前に揮毫(好きな言葉や格言を書くこと)した扇子を持参。真っ白な扇子に書かれた想いを発表。スペシャルゲストに、今年5月に羽生善治三冠を破り14年ぶりの新名人となった佐藤天彦名人が登場しました

『聖の青春』 完成披露イベント
日時:10月5日(水)
場所:丸の内ピカデリー
登壇:松山ケンイチ、東出昌大、竹下景子、安田顕、森義隆監督
ゲスト:佐藤天彦名人

映画情報どっとこむ TJ %e8%81%96%e3%81%ae%e9%9d%92%e6%98%a5_%e5%ae%8c%e6%88%90%e6%8a%ab%e9%9c%b2_%e6%9d%be%e5%b1%b1%e3%82%b1%e3%83%b3%e3%82%a4%e3%83%81
松山さん:この役ほど、スタートまで時間のかかった作品はありません。村山聖という生き方に心揺さぶられ、熱中してました。太ってるのはわかってましたが、映画を観て初めてこういう風にやってたのかなと。 この作品に対して答えを見いだせていません。お客さんの中に生まれていたら嬉しいです。村山さんは亡くなられているので、お知り合いの方に聞いたり映像を観て役の栄養になったと思いますが、役の精神とか内面も作り上げました。特に病とか死に向き合うことは苦労しましたし監督と話し合いました。

と、当時20kg増量しての迫真の演技は憑依していたかの如く覚えていないそう。

%e8%81%96%e3%81%ae%e9%9d%92%e6%98%a5_%e5%ae%8c%e6%88%90%e6%8a%ab%e9%9c%b2_%e6%9d%b1%e5%87%ba%e6%98%8c%e5%a4%a702 東出さん:羽生先生に憧れていたプロ棋士。知れば知るほど難解だし。台本が来た時に鳥肌がたちました。初日街にたたずむだけの演技で監督に「芝居するなと。」言われて。リアルっていうものがあったのではないかなと。お芝居って何だったろと。精神性を考えてました。

と、当時を振り替えりるお二人。監督は

監督:こういう思いを受け止めた現場でしたね。

映画情報どっとこむ TJ 実際にご本人のものをお借りしたのですよねとMCに問われ

村山さんのネクタイをお借りして、対局シーンなどでは使ってますね。村山さんが割と崩してつけていて、ユーモラスで可愛くて。効果的だったと思います。

東出さん:七冠の時の眼鏡をしてました。嘘のない力をもらえました。羽生さんと事前にお会いしてプロ棋士のことだったり感情論だったり。凄い人でした。

松山さん:僕その会呼ばれてないんですけど・・羽生さんに会えなかったのは納得してないし。ショックでした。

と、不満な松山さんに監督は

監督:この映画の中で、二人に出会って欲しかったので。内なる闘志を出して欲しかったので

と、なるべく合わないように仕向けていたそう。
%e8%81%96%e3%81%ae%e9%9d%92%e6%98%a5_%e5%ae%8c%e6%88%90%e6%8a%ab%e9%9c%b2_%e6%a3%ae%e7%be%a9%e9%9a%86%e7%9b%a3%e7%9d%a3
安田さんは監督の演出に

安田さん:セリフを覚えてちゃんと言う。奏でる。

と、若干固くなった場をおどけて盛り上げます。松山さん曰く、棋士の方々の「負けました」っていうセリフに注目して欲しいとも。

そして、母役の竹下さんはウルウルしながら

竹下さん:自分が丈夫な体に産んであげられなくて申し訳ない。子供を想う気持ちは一緒だと思いますが、強さと自分の中での戦いは壮絶だった思います。子供の頃の将棋の駒は、実際に子供のころに指していたもので。監督は 丁寧に撮られています。

映画情報どっとこむ TJ 最高の憧れやライバルはと問われると

松山さん:ライバルは自分ですね。自分に勝たないと演じられませんから。

東出:憧れは多いですが、僕もライバルは自分。打ち勝たないと。

と、どこまでもストイックなお二人。安田さんは同志でありライバルはNACSのメンバーを、竹下さんは生涯現役に憧れイングリットバーグマンをあげました。

そして、監督はライバルに松山ケンイチさんを上げ、今回負けた気がするので、次は倒したいと次回作でも松山さんにオファー?を披露。
%e8%81%96%e3%81%ae%e9%9d%92%e6%98%a5%e5%ae%8c%e6%88%90%e6%8a%ab%e9%9c%b2%e3%83%88%e3%83%bc%e3%82%af02
映画情報どっとこむ TJ ここで、羽生名人を倒した佐藤名人が登壇。
%e4%bd%90%e8%97%a4%e5%a4%a9%e5%bd%a6%e5%90%8d%e4%ba%ba 佐藤名人:将棋界にいますとうわさは聞いていて、今日見させていただく機会をいただいてありがたく思っています。将棋をPRする機会は少ないですが、将棋界としては良いPRになったのかなと。彼らの生きざまを感じていただければと思います。

ここで、将棋界の習わしで扇子に座右の銘を書くことがあるそうで、村山棋士は「大局観」と記されたそう

松山さん「好きに勝るものなし」
東出さん「無私」
安田さん「おだやかに」
竹下さん「絆」
森監督「聖魂」

%e8%81%96%e3%81%ae%e9%9d%92%e6%98%a5%e5%ae%8c%e6%88%90%e6%8a%ab%e9%9c%b2
最後に

森監督:大きな何かに撮らされた映画だと。村山さんの生き方に惚れてくれた方々が広めていっていただければと思います。

松山さん:誰のための為でない自分の人生を大切にしたいと思いました。皆さんも何か心に残れば幸いです。

とイベントを締めました。

映画情報どっとこむ TJ 物語・・・
1994年、大阪。路上に倒れていたひとりの青年が、通りかかった男の手を借りて関西将棋会館の対局室に向かっていく。

聖の青春 本ポスター彼の名は村山聖[さとし](松山ケンイチ)。現在七段、“西の怪童”と呼ばれる新世代のプロ棋士だ。

聖は幼少時より「ネフローゼ」という腎臓の難病を患っており、無理のきかない自らの重い身体と闘いながら、将棋界最高峰のタイトル「名人」を目指して快進撃を続けてきた。そんな聖の前に立ちはだかったのは、将棋界に旋風を巻き起こしていた同世代の天才棋士・羽生善治(東出昌大)。

すでに新名人となっていた羽生との初めての対局で、聖は必死に食らいついたものの、結局負かされてしまう。

「先生。僕、東京行きます」どうしても羽生の側で将棋を指したいと思った聖は上京を希望し、相談を持ちかける。

先生とは「冴えんなあ」が口癖の師匠・森信雄(リリー・フランキー)だ。聖は15歳の頃から森に弟子入りし、自分の存在を柔らかく受け入れてくれる師匠を親同然に慕っていた。

体調に問題を抱える聖の上京を家族や仲間は反対したが、将棋に人生の全てを懸けてきた聖を心底理解している森は、彼の背中を押した。

東京。そして。

映画『聖の青春』

11月19日(土)丸の内ピカデリー・新宿ピカデリー他全国公開

satoshi-movie.jp

***********************************

松山ケンイチ
東出昌大 染谷将太
安田 顕 柄本時生 鶴見辰吾 北見敏之 筒井道隆
竹下景子/リリー・フランキー

原作:大崎善生(角川文庫/講談社文庫)
監督:森 義隆『宇宙兄弟』『ひゃくはち』
脚本:向井康介『クローズEXPLODE』『陽だまりの彼女』
主題歌:秦 基博「終わりのない空」 AUGUSTA RECORDS/Ariola Japan
(C)2016「聖の青春」製作委員会
配給:KADOKAWA

4
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ