映画情報どっとこむ ralph 映画『逆光』は、『ジョゼと虎と魚たち』や『メゾン・ド・ヒミコ』などの映画や、NHK朝ドラの「カーネーション」の脚本を手掛けた脚本家の渡辺あやとNHKドラマ「ワンダーウォール」で主演した若手俳優の須藤蓮(すどうれん)が企画したオリジナル作品になります。
逆光
二人は渡辺が脚本を担当した「ワンダーウォール」で知り合い、この作品で尾道を訪れたことがきっかけになり着想され、渡辺がオリジナル脚本を書き下ろし、須藤が自ら監督を手掛ける完全な自主企画映画として制作されました。
純愛映画の名手・渡辺あやが紡ぎだした、真夏の尾道を舞台に二人の青年の情愛を描く官能的な物語。その文学的で美しい物語を、その才能に惚れ込んだ渡辺が弱冠24歳の須藤蓮に託し、驚きの美意識と感性で見事に映画へと結実させました!

故郷尾道に帰省してきた主人公晃を演じるのは、監督の須藤蓮、晃が憧れる大学の先輩吉岡は『ワンダーウォール』『花束みたいな恋をした』の新進気鋭の俳優中崎敏(なかざきはや)が演じます。

共演する女優陣は舞台や映画「リバーズ・エッジ」などで堅実なバイプレイヤーとして活躍する富山えり子(とみやま)に、オーディションで見出され今回が初の本格的な演技となる木越明(きごしあき)が映画界の新たな逸材として瑞々しい魅力を放ちます。音楽を手掛けるのは、朝ドラ「あまちゃん」や、大ヒット映画『花束みたいな恋をした』など数々の映画音楽を手がける大友良英(おおともよしひで)。さらに、渡辺とともに須藤蓮の才能に惚れ込んだ『浅田家』『ナラタージュ』といった良質な話題作を次々と手掛ける小川真司(おがわしんじ)が、エグゼクティブプロデューサーとして『ジョゼと虎と魚たち』『メゾン・ド・ヒミコ』以来のタッグを組みます。

映画情報どっとこむ ralph

映画『逆光』

2021年7月17日(土)尾道にて先行公開、全国順次公開


あらすじ
1970年代、真夏の尾道。22歳の晃は大学の先輩である吉岡を連れて帰郷する。晃は好意を抱く吉岡のために実家を提供し、夏休みを共に過ごそうと提案をしたのだった。先輩を退屈させないために晃は女の子を誘って遊びに出かけることを思いつく。幼馴染の文江に誰か暇な女子を見つけてくれと依頼して、少し変わった性格のみーこが加わり、四人でつるむようになる。やがて吉岡は、みーこへの眼差しを熱くしていき、晃を悩ませるようになるが…。
『逆光』ポスター

***********************************

出演:須藤蓮 中崎敏/富山えり子 木越明 SO-RI 三村和敬 河本清順 松寺千恵美 吉田寮有志
企画:渡辺あや 須藤蓮
脚本:渡辺あや 
監督:須藤蓮 
音楽:大友良英 
制作・配給:FOL 
制作協力:Ride Pictures 
配給協力:ブリッジヘッド 
【2021年/日本/日本語/62分/カラー/シネマスコープ/5.1ch】
©2021『逆光』FILM
関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
  にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ    にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ