映画情報どっとこむ ralph 都会の異なる環境を生きる二人の女性が、恋愛や結婚だけではない人生を切り拓く姿を描いた『あのこは貴族』が2月26日(金)より全国公開となります。

最高のハイスペ男子 高良健吾が撮影秘話を明かす『あのこは貴族』特別映像到着

『あのこは貴族』高良健吾 (1)
この度、主人公・華子と美紀をつなぐ幸一郎役を演じた高良健吾の特別映像が解禁となります!

映画情報どっとこむ ralph 東京の上流階級に生まれ育った「箱入り娘」の華子(門脇麦)と、大学への入学を機に地方から東京へ出てきた「上京組」の美紀(水原希子)。異なる世界を生き、決して出会うはずのなかった2人を結びつけることになるのが、高良健吾演じる弁護士の幸一郎。華子とはお見合いを経て、後に結婚。美紀とは大学時代の同級生であり、お互い社会人となってからもつかず離れずの関係を続けているキーパーソンだ。
『あのこは貴族』高良健吾 (1)『あのこは貴族』高良健吾 (1)『あのこは貴族』高良健吾 (1)『あのこは貴族』高良健吾 (1)
代々政治家を輩出してきた華子以上の名家の子息であり、将来が約束された他に類を見ない最高のハイスペ男子である幸一郎。高良はそんな役柄に対して、「一流のものが生まれたときから用意されている」と明かしており、演じてみて「あまり感じたことのないドキドキ」を感じていたとか。華子と美紀、2人の女性にそれぞれ違う表情をみせ、上流階級の家庭に生まれたからこその葛藤や悩みを抱える様を嫌味なく表現した高良。幸一郎が素直なキャラクターとして受け止められるのは、高良が演じればこその魅力となっている。実際に高良と対峙した門脇と水原も、「高良さんが幸一郎を演じることでどこかチャーミングな人になる」と意気投合している様子が映像内で映し出されている。
映画情報どっとこむ ralph 幸一郎との出会いをきっかけに、引き合わされた華子と美紀。同じ東京という街でまるで違う世界を生きる互いの存在に驚きながらも、それぞれを受け入れることで自らの世界を切り拓いていくー。彼女たちが選ぶ人生の選択とは?
「あのこは貴族」

映画『あのこは貴族』

2021年2月26日(金)全国公開

公式サイト:
anokohakizoku-movie.com

公式Twitter&公式Instagram:
aristocrats0226

監督は初のオリジナル長編作品『グッド・ストライプス』で、新藤兼人賞金賞を受賞した岨手由貴子。山内マリコによる同名小説を映画化し、第33回東京国際映画祭では、【階層を越えて手を取り合う女性たちの姿は、これまでになかったジャンル】と喝さいを浴びました。主人公の箱入り娘・華子に門脇麦。地方から上京し、自力で生きる美紀役は水原希子が演じます。奇しくも二人を繋ぐことになる、弁護士・幸一郎役に高良健吾、華子の学生時代からの友人でバイオリニストの逸子役に石橋静河、美紀の地元の友人で同じ名門大学に入学する・平田役に山下リオと、若手実力派俳優が集結しました。

ストーリー
東京に生まれ、箱入り娘として何不自由なく成長し、「結婚=幸せ」と信じて疑わない華子。20代後半になり、結婚を考えていた恋人に振られ、初めて人生の岐路に立たされる。あらゆる手立てを使い、お相手探しに奔走した結果、良家の生まれである弁護士・幸一郎と出会う。幸一郎との結婚が決まり、順風満帆に思えたのだが…。一方、東京で働く美紀は富山生まれ。猛勉強の末に名門大学に入学し上京したが、学費が続かず、夜の世界で働くも中退。仕事にやりがいを感じているわけでもなく、都会にしがみつく意味を見いだせずにいた。幸一郎との大学の同期生であったことから、同じ東京で暮らしながら、別世界に生きる華子と出会うことになる。二人の人生が交錯した時、それぞれに思いもよらない世界が拓けていく―。
あのこは貴族_ポスター

***********************************

監督・脚本:岨手由貴子
出演:門脇麦、水原希子、高良健吾、石橋静河、山下リオ ほか
原作:山内マリコ(「あのこは貴族」集英社文庫刊)
配給:東京テアトル/バンダイナムコアーツ
©山内マリコ/集英社・『あのこは貴族』製作委員会
関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ