映画情報どっとこむ ralph 松坂桃李主演『あの頃。』が2月19日より全国公開となります。

この度、主演の松坂桃李と、共演の仲野太賀、山中崇、若葉竜也、芹澤興人、コカドケンタロウ、そして今泉力哉監督が登壇して完成報告会が行われました。その模様を記載したイベントレポートをお送りいたします。

日時:1月18日(月)
会場:神楽座
登壇:松坂桃李、仲野太賀、山中崇、若葉竜也、芹澤興人、コカドケンタロウ、今泉力哉 監督

映画情報どっとこむ ralph 「“推し”に出会って“仲間”ができた」。ハロプロの名曲が彩る、笑いと涙の青春エンターテインメント映画『あの頃。』(2月19日公開)の完成報告会が1月18日に神楽座で行われ、主演の松坂桃李、共演の仲野太賀、山中崇、若葉竜也、芹澤興人、コカドケンタロウ、そして今泉力哉監督が参加した。

松浦亜弥に魅せられアイドルオタクとなる主人公を演じた松坂は、その松浦こそ自身の中学時代の先輩だという。それだけに「あの松浦先輩かと。僕が中1のときに3年生でして、遠くからずっと眺めていました。当時のそんな思い出が蘇ったりして、これはやるしかない!と思いました」とオファーを快諾したことを明かした。

当時の松浦については「スターってこういう輝き方をするんだと、歩くたびにキラキラしたものが残り香のように残るというか、これがスターだ!と鮮明に覚えています」と羨望の眼差しだった。面識はないというが「当時サインをもらいに行ったけれど、『すみません、事務所が…』とやんわり断られました」と甘酸っぱい思い出を告白。

昨年12月に女優の戸田恵梨香と結婚した松坂にとって、この日が結婚後初の公の場。キャスト陣から「おめでとう!」と拍手で祝福されると、照れながら「ありがとうございます」と一礼。結婚後の心境の変化を聞かれると「健康をより一層大事にしようと思いました。健康管理を維持するためにこそ、しっかりとやっていきたいと改めて思います」と幸せそうな笑顔を浮かべていた。

撮影現場の様子について仲野は「みんな和気あいあい。居心地のいい時間でした」と振り返ると、松坂は「今泉監督は耳元でコソコソと演出をする。しかもそれは言われた本人しか知らないものなので、ドキドキ感というかお芝居の新鮮味が生まれる」と今泉監督の独特な演出スタイルを回想。仲野も「爆弾を投下されたような感じで、言われたらそれをやるしかない。でも相手も実はボソボソと耳元で言われているので、返しを用意している。それに対して驚いている僕の顔で『OK!』とカットがかかったりする」と予定調和にならない今泉監督の撮影メソッドに目を丸くしていた。

今回が映画初出演となるコカドは、年齢の近い山中や芹澤と行動を共にしていたようで「3人で芹澤さんのホテルの部屋で飲もうとしたら、山中さんがすぐに寝た。その寝顔を見ながら芹澤さんが『年長者だから気を張っている部分がある』とまるで映画のワンシーンみたいなことを言っていた」と深い絆にシミジミ。しかし当の芹澤は「そんなこと言ってました?」と照れ隠しでとぼけて、山中も「夢の話ですか?」とコカドのエピソードを打ち消していた。

映画の内容にちなんで最近の自分の“推し”をそれぞれ発表。人気漫画「SLAM DUNK(スラムダンク)」を推しに挙げた松坂は「映画化されることをご存知ですか?そのニュースを知ったときは激震が走った。僕はこの作品がきっかけで中学時代にバスケを始めました」と熱狂的ファンぶりをアピール。すかさず今泉監督から「映画化に関わろうとしているでしょ?これは仕事を取りに行っているなあ~!」としたたかさを指摘されると「違います!僕が入るのはありえない!」と大慌てで否定するも「でももし、何かで関わることができるなら…」と虎視眈々と関わるチャンスを狙う様子を見せ会場を沸かせた。

また、“推し”について仲野は「車」、山中は「ネパールカレー」、今泉監督は「卓球の石川佳純」、芹澤は「エッセイストの上原隆」、若葉は「白山眼鏡店」、コカドは「ベランピング」と回答。

最後に主演の松坂は、本作について「心の栄養になる作品で、甘酸っぱい青春群像劇です。好きなものを共有していたあの時間を改めて見るだけで、心の中に優しい風が通る気がする。その温かさを感じていただければ嬉しい」と公開へと期待を込めイベントを締めくくった。

原作は、神聖かまってちゃんの元マネージャー・劔樹人によるハロー!プロジェクトへの熱い愛と、大切な仲間たちとの出会いと別れを描いた自伝的青春コミックエッセイ「あの頃。男子かしまし物語」(イースト・プレス刊)。主人公・劔を演じるのは、『娼年』、『新聞記者』などの話題作で様々な役柄に、果敢に挑み続ける松坂桃李。そして「恋愛研究会。」というバンドを結成し、トークイベントやの啓蒙活動という名目でモーニング娘。の曲を熱唱するなど強烈なキャラクターたちを仲野太賀、山中崇、若葉竜也、芹澤興人、コカドケンタロウら個性豊かな面々が演じている。メガホンをとるのは次々に話題作を発表している今泉力哉。振り返ってみれば「どうかしていた」としか思えないほどバカバカしくて笑えるのに、ちょっぴり切ない、誰もが経験した「あの頃」の記憶を描き上げる。

映画情報どっとこむ ralph 『あの頃。』

2月19日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー

公式サイト:
https://phantom-film.com/anokoro/
公式twitter:
@eiga_anokoro

【ストーリー】
中学10年生の夏休みのような、そんな毎日が永遠に続くような気がしていた――
大学院受験に失敗し、彼女なし、お金なし、地獄のようなバンド活動もうまくいかず、どん底の生活を送っていた劔(つるぎ)。ある日、松浦亜弥の「♡桃色片想い♡」のMVを見たことをきっかけに、劔は一気にハロー!プロジェクトのアイドルたちにドハマりし、オタ活にのめり込んでいく。藤本美貴の魅力を熱く語るケチでプライドが高いコズミンをはじめとした個性的なオタク仲間と出会い、学園祭でのハロプロの啓蒙活動やトークイベント、また「恋愛研究会。」というバンドを結成しライブ活動を行うなど、くだらなくも愛おしい青春の日々を謳歌する。しかし時は流れ、仲間たちはハロプロとおなじくらい大切なものを見つけて次第に離れ離れになり…。

***********************************

監督:今泉力哉
脚本:冨永昌敬
音楽:長谷川白紙
原作:劔樹人「あの頃。 男子かしまし物語」(イースト・プレス刊)
出演:松坂桃李 仲野太賀
山中崇 若葉竜也 芹澤興人 / コカドケンタロウ
大下ヒロト 木口健太 中田青渚 片山友希 / 山﨑夢羽(BEYOOOOONDS)/ 西田尚美
製作幹事:日活 ファントム・フィルム  配給:ファントム・フィルム ©2020『あの頃。』製作委員会
2020年/カラー/ヨーロピアンビスタ/5.1ch/117分 映倫区分:G

※「♡桃色片想い♡」は白抜きハートマークが正式表記
※山崎夢羽の崎は立つ崎(たつさき)が正式表記

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ