映画情報どっとこむ ralph パリを舞台に人魚のラブストーリーを描いた映画『マーメイド・イン・パリ』が、2月11日(木・祝)より新宿ピカデリーほか全国ロードショーとなります。この度、本編映像が解禁となりました。
マーメイド
この度解禁となったのは、ルラが人魚の不思議な力をガスパールに告白するシーン。
傷を負いセーヌ川のほとりで倒れていた人魚ルラは、バーでパフォーマー(サプライザー)として働くガスパールに助けられ、彼の家のバスタブで傷を癒していた。献身的に介抱をするガスパールに、「私の歌を聞いた男は、恋に落ちて心臓が破裂する」と人魚が持つ不思議な力を告白する。ガスパールはそれを鼻で笑い、「心なら既に破れてる。何度も繰り返し、感情が消えた」と過去の失恋でもう恋する感情が失われてしまった自分はそんなことにはならないと言うが、「今回こそ確実に破裂するはずよ」とルラは断言。不思議な力を持つ人魚ルラと、恋する気持ちを捨ててしまったガスパール。ふたりの恋がどのように始まるのか、期待が高まります。また、ガスパールとルラのやりとりを浴室から貝殻を使い盗み聞きしているロッシ・デ・パルマ演じる隣人ロッシの存在も気になるところだ。

また、映像では緑を基調としたガスパールのバスルームや、ピンクを基調とした隣人ロッシのバスルームなど、マチアス監督のこだわりの美術・装飾を見ることができる。「装飾は僕にとっては根幹だった。世界観や雰囲気は、基礎だ。遊び場は重要だからね。ガスパールとサプライザーの精神を映し出す魔法世界に浸りたかった。多くのシーンが浴室のシーンなので、アパートの真ん中に浴室に置くことにした」と、大胆な間取りへのこだわりをはじめ、想像力と創造性に満ちた劇中の美術について語っています。
映画情報どっとこむ ralph 映画『マーメイド・イン・パリ』

2021年2月11日(木・祝)新宿ピカデリーほか全国公開!


恋の都パリ。セーヌ川に浮かぶ老舗のバーでパフォーマーとして働くガスパールは、ある夜、傷を負い倒れていた人魚を見つける。ルラと名乗る人魚は、美しい歌声で出会う男性を虜にし、心臓を破裂させ命を奪っていた。ルラは、ガスパールの命も奪おうとするが、過去の失恋から恋する感情を捨て去ってしまったガスパールには、その歌声が全く効かなかった!

恋を知らぬまま、美しい歌声で男性を魅了し、その命を奪ってきた人魚ルラ。恋を捨ててしまった心優しい男性ガスパール。ふたりの男女が、偶然にもパリで出逢い恋に落ちる。おとぎ話のようなこの恋物語をドラマチックに描いたのは、フランスのカリスマアーティスト、マチアス・マルジウ。主演に⼆コラ・デュヴォシェル、マリリン・リマを迎え、共演にはロッシ・デ・パルマをはじめ、ロマーヌ・ボーランジェ、チェッキー・カリョらフランスの名優が脇を固め、忘れがたいアクセントとなっている。

【STORY】
恋の都パリ。セーヌ川に浮かぶ老舗のバーのオーナーの息⼦で、パフォーマーとして働くガスパールは、ある夜、傷を負い倒れていた人魚ルラを見つける。ルラは、美しい歌声で出会う男性を例外なく虜にし、恋に落ちた男性の⼼臓を破裂させ命を奪っていた。ルラは、ガスパールの命も奪おうと歌をうたうが、過去の失恋の経験から、恋する感情を⼀切捨て去ってしまったガスパールには、その歌声が全く効かなかった。ルラを懸命に看病するガスパール。その献身的な優しさに、ルラは次第に⼼惹かれていく。しかし、人魚であるルラは2日目の朝日が昇る前に海に帰らねば命を落としてしまうという。と同時に、ガスパールの体に異変が起こる。胸がギュッと締め付けられるように苦しいのだ。そんな中、ルラに夫を殺された女医のミレナがルラを探しあて…。パリで出会ったふたりは、無事に恋を成就させることが出来るのかー?

***********************************

出演:ニコラ・デュヴォシェル、マリリン・リマ、ロッシ・デ・パルマ、ロマーヌ・ボーランジェ、チェッキー・カリョ
監督:マチアス・マルジウ
原題:Une sirène à Paris 2020/仏/102分/G
提供・配給:ハピネット
配給協⼒・宣伝:リージェンツ
後援:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本公式HP:mermaidinparis.jp
©2020 – Overdrive Productions – Entre Chien et Loup – Sisters and BrotherMitevski Production – EuropaCorp – Proximus
関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ