映画情報どっとこむ ralph

JAM Project初のドキュメンタリー映画『GET OVER -JAM Project THE MOVIE-』公開日決定

2020年に結成から20周年という記念すべきアニバーサリーイヤーを迎えたJAM Project。現在は、影山ヒロノブ、遠藤正明、きただにひろし、奥井雅美、福山芳樹の5名のメンバー構成で、それぞれがヒットソングを生み出し、「アニソン界」を代表する実力派シンガーが集結したスーパーユニットとして活動を続けている。そんな「アニソン」を世界に躍進させた開拓者である彼らの初のドキュメンタリー映画のタイトルが、『GET OVER -JAM Project THE MOVIE-』に決定。2月26日(金)から3月11日(木)まで2週間限定ロードショーとなります。
GET OVER  JAM Project
さらに、キービジュアルと本予告も解禁となりました。ビジュアルは、これからライブに挑む前の5人のみなぎる闘志と結束力の強さを感じさせる後ろ姿が全面に映し出され、5人を囲むように、ライブ、レコーディング、オフの姿など、様々なシーンを切り取ったビジュアルが散りばめられたデザインとなっております。
JAM Project GET OVER
また、本予告は、遠藤の「アニソンってダサいイメージがあった」という、今のJAM Projectとは結び付かない言葉から始まります。彼らがいかにして、自分たち発信の“アニソン”を作るようになりファンに受け入られていったのか。そして、「JAM Projectという“体”が重くなってきたのかな」と語る福山の想いとは…。本作はメンバーさえも互いに知らなかった“真実”の姿を映し出した究極のドキュメンタリーでありながら、このコロナ禍で元気を失っているエンタメ業界、そして今後のエンタメ業界を担うであろう若者たちに勇気を与える、挑戦をし続けてきたJAM Projectだからこその説得力のある言葉や行動で紡がれた、まさに今こそ見るべき内容となっている。
予告は公式サイトをチェック:
http://Jamproject-movie.jamjamsite.com

映画情報どっとこむ ralph 同作に出演するゲストアーティストからのコメントも到着しました。

●宝野アリカ(ALI PROJECT/アーティスト)
JAM Project5人の、歌に、音楽に、向かう個々の気持ちは、人間の、生きるということに対する姿勢そのもの。だから私たちは彼らの歌声を耳にしただけで、無条件に無意識に感動を覚えるのです。時代も国境も越え、人々の心に共鳴し、優しく力強く真っ直ぐと、未来へ続く道の先へ、これからもずっと響いていくでしょう。

●atsuko(angela/アーティスト)
音楽を長く続けたい!と思って生きてきたけど、続ければ続けるほど大変だという事に気づきます。そしてこの映画を観て、それは自分だけじゃないんだと感じました。ライヴのシーン、見ているだけで泣けてきます。「抱えるもの」を昇華し表現していく背中。まだまだ追いかけたいです。

●KATSU(angela/アーティスト)
JAM Project のKATSUです。こう発言すると今はヒーローモノの主人公になれたような気分です(笑)僕が伝えたかった事は映画本編で少し伝えられたのでここでは言いません!
ご本人達の葛藤、苦悩、全てが我々の道しるべ・・・兄さんたち、俺のGONG鳴ったよ。。。

●KISHOW(GRANRODEO/アーティスト)
偉大な先輩で、でも楽に偉大になり得たわけではないのだなと、当たり前なんだけど深々と感じました。続けていくという事の意味、そしてそれがどれだけ大変な事なのか、お一人お一人の言葉から伝わってきて真に前向きな感情をもらえました。JAM project 先輩、MOTTO MOTTOつき進んでください!僕たちも追いていかれないように突き進んで行きます!

●e-ZUKA(GRANRODEO/アーティスト)
リビングレジェンドJAM Projectが切り拓き重ねてきた偉大な歴史とメンバー本人たちの口から語られた赤裸々な思いに胸が熱くなりました!ソロでも活動している一人一人がこれだけのことをしながらパワーアップしている姿は見習いたい所や考えさせられたところもあり本当に素晴らしかったです。必見です!

●TAKE(FLOW/アーティスト)
JAM Project大先輩の20th記念映画お先に拝見させていただきました。やっぱりフロンティアでありレジェンド!!!歴史の中での葛藤や苦悩もきめ細かく描写されてて見応えたっぷりでした。道無き道を切り開いていく様は全ミュージシャンはもちろん、現在挑戦している人、闘っている人、勇気と元気がもらえます。必見です!

■梶浦由記 (作曲家)
JAM Projectさん結成20周年、そして映画完成おめでとうございます!積み重ねて来たステージ、そして真摯に語られる2020だからこその想い、レコーディング風景も大変興味深く、試写室を出て冬空を見上げ、私もより音楽と向かい合わねば!と熱い気持ちをいただきました。ありがとうございました!この素敵な映画が多くの方に届きますよう!

さらに、来週からは毎週木曜日に、JAM Projectと所縁のある著名人からの応援コメントを発表していく企画を作品公式サイトおよびSNSにて実施予定だそうです。

映画情報どっとこむ ralph また、劇場前売り券(ムビチケ)は1月15日(金)より発売が決定。前売特典にはライブが難しい時期だからこそファンにはたまらないデザインの「バックステージパス風ステッカー」全5種が数量限定でランダム配布されることが発表となりました。

■劇場前売り券(ムビチケ)
発売日:1月15日(金)
価格:2300円(税込)
GET OVER MOVIE TICKET FIN OL
<前売特典>「バックステージパス風ステッカー」(全5種ランダム配布)
※前売券(ムビチケ)1枚のご購入につき特典1枚。
※特典の種類はお選び頂けません。
※特典は数量限定につき、なくなり次第配布終了。

映画情報どっとこむ ralph 『GET OVER -JAM Project THE MOVIE-』

2021年2月26日(金)から3月11日(木)まで2週間限定ロードショー

公式サイトURL:
http://Jamproject-movie.jamjamsite.com
公式Twitter:
@JAMProject_eiga #JAMMOVIE

【イントロダクション】
世界で日本の「アニソン」ジャンルを開拓し、
結成20周年を迎えたJAM Project初のドキュメンタリー映画!

世界に日本の「Anison(アニソン)」を躍進させた開拓者であり、”レジェンド”と称されるスーパーユニット、JAM Project(JAPAN ANIMATIONSONG MAKERS PROJECT)の結成20周年を記念した初のドキュメンタリー映画。460日間に渡る長期密着を敢行。レコーディング、海外LIVE、LIVEツアーリハーサル…だが、誰も予測し得なかったCOVID-19 の影響により、予定されていたLIVEツアーは次々と中止になっていった…。そんな“現在(いま)”だからこそ浮かび上がる、音楽を通して世界を勇気づけてきた彼らの真実のメッセージとは?メンバー自身でさえ知らなかったと驚く“誰もみたことのないJAM Project”の姿が、ここにある。

【JAM Projectとは】
「アニソン界」を代表する実力派シンガーによって、2000年に立ち上げられたスーパーユニットです。世界に誇る進歩した日本のアニメーションに見合う主題歌を作り歌っていきたいと、シンガー達自らが立ち上がり、集いました。アニメやゲームに付随した主題歌文化に磨きをかけていきたい…そんな欲望をもってJAM Projectは「アニソン」というジャンルの中で独自の地位を築き上げました。現メンバーは、影山ヒロノブ、遠藤正明、きただにひろし、奥井雅美、福山芳樹の5人。メンバー自らが主題歌の「曲づくり」にも携わっており、プロデューサーや監督達との打合せ、デモづくり、ディレクションと、「作品」=「主題歌」を目指して、常に制作者と表現者を兼ねて邁進しています。

***********************************

【CAST】
JAM Project
影山ヒロノブ 遠藤正明 きただにひろし 奥井雅美 福山芳樹

Guest Artist:ALI PROJECT angela GRANRODEO FLOW 梶浦由記

【STAFF】
監督:大澤嘉工
製作:井上俊次 二宮清隆/企画:松村起代子 宇田川美雪/プロデューサー:高橋義人
/撮影:脇屋弘太郎 西岡章/録音・音響デザイン:石寺健一/オンライン編集:波江野剛/ラインプロデューサー:安養寺紗季 原啓介/制作:東北新社/配給:東宝映像事業部
2021年/日本/カラー/16:9/114分
©2021「GET OVER -JAM Project THE MOVIE-」FILM PARTNERS

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ