映画情報どっとこむ ralph お笑いコンビ・キングコングの西野亮廣原作で、2016年の発売以降、ロングラン大ヒットを記録し、累計発行部数60万部(2020年12月現在)という驚異的な数字を叩き出した話題の絵本「えんとつ町のプペル」。

そのアニメーション映画化作品、『映画 えんとつ町のプペル』が遂に12月25日(金)に公開を迎え、窪田正孝、芦田愛菜、小池栄子、大平祥生、廣田裕介監督、製作総指揮・脚本・原作の西野亮廣ら豪華なメンバーが登壇して公開初日舞台挨拶がおこなわれました!

『映画 えんとつ町のプペル』初日舞台挨拶
日時:12月25日(金)
会場:TOHOシネマズ 六本木
登壇:窪田正孝、芦田愛菜、小池栄子、大平祥生、西野亮廣、廣田裕介監督
映画情報どっとこむ ralph 遂に公開を迎えた『映画 えんとつ町のプペル』、また本日12月25日(金)午前0時に実施された最速上映会は深夜の上映にも関わらず468人のお客さんが“プペル”一色の六本木に駆けつけ本作の公開を祝った。レポートはこちら

そして、同日夕方に行われた公開初日舞台挨拶には窪田正孝、芦田愛菜、小池栄子、大平祥生、廣田裕介監督、製作総指揮・脚本・原作の西野亮廣ら豪華なメンバーが登壇!

また当初、登壇予定だったルビッチの父親・ブルーノ役の立川志の輔からも「この素晴らしい作品に参加できた喜びは言うまでもありませんが、自分の役であるブルーノに出会えた幸せは、ルビッチがプペルに会えた喜びと同じくらいの興奮でした。ブルーノという素敵な父親と引き合わせてくれた、名クリエイター西野さんに心から感謝します。忘れられない貴重なアフレコの時間をありがとう」と温かいメッセージが贈られると会場は温かい拍手で包まれた。西野は「『西野君は僕の方が先輩だから遠慮するかもしれないけど、遠慮するならこの仕事は受けれない』」と志の輔師匠から言われましたし、「ダメ出しはしっかりしてくれ」とも言われましたね。

既に映画を観た人たちからは「前向きな気持ちになった」、「新しいことにチャレンジしたくなった」とえんとつ町を舞台にルビッチとプペルの大冒険が日本中の人々に勇気を与えている声が届いており、ルビッチとプペルに命を吹き込んだ窪田は「西野さんとお話しをして、わくわくしました。この映画は何回でも見れる作品です。あと愛菜ちゃんが素晴らしくて、本当に頭が上がらないです」と相棒のルビッチを演じた芦田を絶賛。

周囲の反響を芦田は「祖父母や周りの人たちも見に行くよと言ってくれました。ルビッチとプペルの友情や、二人の関係が素敵なので、私も友達についてそうゆう関係でありたいと考えましたね。この映画を見た方全員が何かを感じることが出来るような作品です」とコメントし、続けて相棒のプペル役を演じた窪田に対し「窪田さんと一緒にアフレコした箇所には好きなシーンが沢山あります。窪田さんと一緒にやったおかげで、私も役に入り込むことが出来て、うるうるしちゃいました」と窪田とのアフレコを笑顔で振り返った。

ルビッチの母親・ローラ役を演じた小池は本作の声優を務めたことについて「『思った以上に肝っ玉母ちゃんっぽくやってほしい』と西野さんから演出を受けたんですけど、芝居の演出を受けたいくらい本当に仰ることが的確なんです」と西野の演出を称えた。作品を見た感想を「涙も流れました。でも悔しさもありましたね。ルビッチとプペルの二人を見ていると、私はいつから夢を語らなくなったのかって思いました。大人になってから自分で限界を作っていたなって思いました」と述懐した。

西野も「ローラが覚悟を決めるシーンのアフレコ時に小池さんのアフレコを聞いていたスタジオにいるみんな泣いてしまいました。小池さんならこう言うだろうなっていう台詞を書いたんですけど、本当に素晴らしいです」とアフレコ時のエピソードを明かした。

また、本作で声優初挑戦となったグローバルボーイズグループJO1の大平は「初めてのことだったので、難しかったですけど、西野さんが助けてくださりました。完成した後は達成感とほっとした気持ちになって、映画を見てめちゃくちゃ泣きました」と声優初挑戦を振り返った。

その大平には西野も「彼は凄い練習してきてくれた。アフレコ中、一回止めてブースに入って結構厳しめに演出をしましたね。へそを曲げないで、どんなリクエストをしても誠実に向き合ってくれて最高でした」と話すと、廣田監督も「僕たちの注文にガンガン応えようとしてくれる根性のある方です。デニスというキャラクターのイメージにがっちり答えてくれたました」と称賛。窪田も西野との制作時のエピソードを聞かれると「西野さんとはいろいろお話ししましたね。僕の演じたプペルはルビッチの影響を受けて出来上がりましたね」と振りけると、西野は「ゴミ人間って正解がないので、窪田さんが正解を出してくれた。しかもアニメなのに結構アドリブを入れてくれているんですよ(笑) ゴミ人間にカメラが向いていないところで、窪田さんが声を入れてくれていて、本編にも結構採用しています」と裏話を披露。

そして、ルビッチとプペルが星を見るという“夢”を持ち冒険に出る物語にちなみ、【2021年にチャレンジしたいこと】を発表することに。最初に廣田監督は「Twitterです(笑) 本当に今更なんですけど、今までやったことがなくて…でも西野さんが映画の宣伝活動をしてくれているので、僕も出来ることがあったらやりたいなと思って昨日始めました(笑) 来年はTwitter頑張ります」とSNSを始めたことを発表。すると西野も「Youtuberです。流行っているみたいなので、ニシサックです(笑) 映画が終わったらジャージ着て頑張ります。来年はYoutuber一本で頑張ります! 2021年1月1日からニシサックとして頑張ります」とYoutuber宣言をすると会場からは大きな拍手が巻き起こりました。次に大平が「“わさびを食べられるようになりたいです”お寿司が大好きなのに、わさびが食べられなくて…(笑) 20歳になったので大人の味を楽しめるように挑戦します!」と発表。

小池は「体力作りです(笑) 自粛期間中に体力が落ちてしまっていて、撮影で思ったよりもついていけなくて。気持ちはいつまでも若いけど、年齢と共に頑張らないと!と思いました。やるやる詐欺をしてきたので、皆さんの前で発表したので頑張ろうと思います」とお客さんを前に宣言。また、芦田は「ラジオ番組でハガキを読んでもらいたいです。最近ラジオにハマっていて、ラジオネーム読まれるのが羨ましくて良いなって思っていました」と2021年はラジオでハガキを読んでもらうことに挑戦することを明かした。最後に窪田は「キャンプ!周りの共演者の方とかにもキャンパーが増えていて。以前共演した音尾琢真さんとキャンプの話で盛り上がってYoutubeとかでも見ていたのでやりたいと思いましたね。サバイバルに強くなって、綺麗な星を見ちゃったり、温かいお茶とか飲んだりしたいですね」とサバイバル宣言をして、会場と舞台上を盛り上げました。

最後に芦田は「ルビッチの『星があるかどうかなんて』の台詞がすごく心に響きました。出来ないって決めるのも自分だけど、挑戦するのも自分だということに一歩を踏み出す勇気を貰いました。作品を見てくださった皆さんにもそう感じて欲しいです。沢山のメッセージが詰まっていて、どんな世代の心にも届く作品になっています」と日本中へとメッセージを送り、窪田は「2020年は予期せぬ状況となりました。プペルの中で煙が覆っているように思考がネガティブになったり、人との距離ができたり。信じる力って本当に凄いと思う。皆さんが思うこと、信じたいことって絶対いつか実ると思います。背中を押してくれるこの作品は2020年の集大成として相応しい作品だと思います。沢山の方に届いてくれれば嬉しいです」と願いを込めてコメント。西野は「朝から感想をタイムラインで見ていて、全国の各劇場で拍手が起こっているそうで、こういうことってあんまり無いな思っていて、作り手としてはそれを見て作品が届いたと気づけました。この映画はお客さんみんなで完成させてくれると嬉しいです」と構想から8年をかけて生み出した作品への思いを力強く語り、大きな拍手の中イベントの幕は閉じた。

映画情報どっとこむ ralph 「映画 えんとつ町のプペル」

12月25日(金)より 全国公開

公式サイト:poupelle.com

本作は、いつも厚い煙に覆われ、空を見あげることを忘れた「えんとつ町」を舞台に、星を信じる少年ルビッチと、ハロウィンの夜にゴミから生まれたゴミ人間プペルが「星を見つける旅」へと出る、もう一歩踏み出したいすべての人に贈る、感動の冒険物語。幅広い世代に愛され、今なお世界を魅了し続け絵本では描かれなかった、えんとつ町の“本当の物語” を描き出す。アニメーション制作は圧倒的クオリティと世界観で世界中に多くのファンを持つSTUDIO4℃。設定開発にとことんこだわり、町の創設からエネルギー構造までを再構築し、ファンタジックな町並みと魅力的なキャラクターを立体的に映像化。オープニング主題歌は、本作のために新たにアレンジを加え、新たに生まれ変わったHYDEの「HALLOWEEN PARTY-プペル Ver.-」。そしてエンディング主題歌のロザリーナの「えんとつ町のプペル」がハロウィンの奇跡を盛り上げる。本作の“願い”に賛同したスタッフ、キャスト、アーティストが集結し誕生した、大人も泣ける、この冬一番の感動物語が誕生した!

***********************************

監督:廣田裕介
製作総指揮・原作・脚本:西野亮廣
声のキャスト:窪田正孝、芦田愛菜、立川志の輔、小池栄子、藤森慎吾、野間口徹、伊藤沙莉、宮根誠司、大平祥生(JO1)、飯尾和樹(ずん)、山内圭哉/ 國村隼
OP主題歌:「HALLOWEEN PARTY -プペル Ver.-」 HYDE (Virgin Music)
ED主題歌:「えんとつ町のプペル」ロザリーナ(ソニー・ミュージックレーベルズ)
アニメーション制作:STUDIO4℃
製作:吉本興業株式会社
配給:東宝=吉本興業
映画コピーライト: ©西野亮廣/「映画えんとつ町のプペル」製作委員会
「えんとつ町のプペル」にしのあきひろ著(幻冬舎刊)
原作コピーライト:©AKIHIRO NISHINO, GENTOSHA 2016

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ