映画情報どっとこむ ralph 藤原竜也×竹内涼真 最強バディ!
心臓に爆弾。タイムリミットは24時間。ミッション失敗は ―爆死。
世界を股にかけた壮大なスケールで贈る極限のノンストップ・サスペンス!
『太陽は動かない』先行特別上映決定!

東京都調布市では、2021年2月5日(金)~28日(日)に、映画の作り手にスポットを当てた映画祭「映画のまち調布 シネマフェスティバル2021」を開催します。

この度、2021年3月5日(金)公開の『太陽は動かない』の映画賞「第3回映画のまち調布賞」授賞式後のトークショー付き先行特別上映が決定。

本作は、当初2020年5月15日(金)に公開が予定されていましたが、新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から公開が延期。お客さまの健康を第一に考え、英断された製作委員会やスタッフ、キャストの皆さんの意思に感銘を受け、映画のつくり手が集積する「映画のまち調布」の映画祭として、僅かながらでも作品PRの一翼を担いたいという思いから、製作委員会へ相談し、上映が決定しました。 

待望の公開に先立ち、極限のノンストップ・サスペンスをイオンシネマ シアタス調布の最大スクリーンでお楽しみいただける貴重な機会です。

『太陽は動かない』

2021年3月5日(金)全国ロードショー 

≪ストーリー≫
心臓に爆弾を埋め込まれた秘密組織のエージェント・鷹野(藤原竜也)と相棒の田岡(竹内涼真)。
24時間ごとに迫る死の危険を抱えながら、「全人類の未来を決める次世代エネルギー」の極秘情報をめぐり、
各国のエージェントたちとの命がけの頭脳戦が始まる。次から次へと困難が襲い来る極限の状況の中、
2人の心臓爆破のリミットは迫っていた――。

原作:吉田修一「太陽は動かない」「森は知っている」(幻冬舎文庫)
監督:羽住英一郎
脚本:林民夫
出演:藤原竜也 竹内涼真 ハン・ヒョジュ ピョン・ヨハン /
   市原隼人 南沙良 日向亘 加藤清史郎 八木アリサ/
   勝野洋 宮崎美子 鶴見辰吾 / 佐藤浩市 
制作会社:ROBOT
ⓒ吉田修一/幻冬舎 ⓒ2020 「太陽は動かない」製作委員会

映画情報どっとこむ ralph 「第3回映画のまち調布賞」授賞式+『太陽は動かない』先行特別上映
【日時】2021年2月20日(土) 映画賞授賞式17:00 上映会18:10
【会場】イオンシネマ シアタス調布 スクリーン10(全席指定) 
【料金】1,400円
【チケット販売日時】2021年1月21日(木) e席リザーブ0:00~ 劇場窓口8:00~ 
【チケット購入方法】WEBサイト参照 https://www.aeoncinema.com/cinema/chofu/
「第3回映画のまち調布賞」の受賞者、トークショーのゲストは、2021年1月中旬頃に発表します。
「映画のまち調布賞」は、主に映画をつくる技術スタッフ(撮影、照明、録音、美術、編集)を顕彰する映画賞です。
また、シネマフェスティバル実行委員会が選出したフィルム作品や洋画の上映も決定しました。
『時をかける少女』の上映では、大林宣彦監督の妻で映画プロデューサーの大林恭子さんが登壇します。

***********************************

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ