映画情報どっとこむ ralph この度、池袋シネマ・ロサにて、「新人監督特集 vol.5」として「小野峻志監督特集」を上映する運びとなりました。

ゴミ拾いに狂った執着をみせる OL を描いた『拾って捨てろ!』、大流行の飲み物「プルンチョ」をめぐって闘争を繰り広げる若者たちを描いた『やわらかい季節』。二作の監督を務めるのは、新進気鋭の映画監督、小野峻志(おのたかし)です。往年の日本映画を彷彿とさせる、エンターテインメント映画に仕上がっております。

イベントタイトル:『小野峻志監督特集』
●上映作品
『拾って捨てろ!』『やわらかい季節』
●上映劇場
池袋シネマ・ロサ
●上映期間
2020 年 2 月 8 日(土)~2 月 14 日(金) 一週間限定レイトショー
●チケット情報
前売り券:1,300 円(税込) 当日券:一般 1,500 円(税込)

映画情報どっとこむ ralph 確かなスタイルを持った監督:小野峻志。
それも、見せかけのスタイルではない。
クラシック映画を思わせる画面構成とナンセンスなユーモア。そこには映画はかくあるべし、という監督の強烈な「作家性」が刻印されている。そして、その「作家性」がいま主流の映画とは全く異なるのだから面白い。どこかで見たような、しかし、まだ誰も知らない「映画」の誕生をぜひ劇場で。

小野峻志監督からのコメント
映画館で映画を観ること。今日それは「博奕」と化しています。高いお金を払って観る映画が面白いかつまらないか。
ましてそれが、なんの前評判も無い、何処の馬の骨とも分からない男が監督した映画だとしたら……博奕はいやがうえにも盛り上がります。映画ファンを自称するあなたがこの博奕に乗らない手はありません。ただし、その賭けにあなたが勝つか負けるか、それはこちらの知るところではありません。『拾って捨てろ!』と『やわらかい季節』という二本の映画は、映画館の暗闇に仄白く浮かび、あなたの挑戦を待っています。

映画情報どっとこむ ralph 『拾って捨てろ!』
2019/日本/45 分/カラー/スタンダード/DCP
病的なまでにゴミ拾いが大好きな OL の星ひろ子(峯尾麻衣子)。ある日、彼女は東京オリンピックのために公園を清掃するボランティア団体TOKYO SOYLENT GREEN と出会い、その活動に参加する。やがて、公園を荒らす不良軍団と TOKYO SOYLENT GREEN、両組織の抗争に巻き込まれ、その中で自らのゴミ拾い人間としての性を覚醒させていく。

出演:峯尾麻衣子 坂本憲子 久野仁 酒井文子 石川皓一 植本純米 ウクレレえいじ
監督:小野峻志 脚本:堀雄斗 撮影:田中諭 照明:中津愛 録音:森翔梧 音楽:中澤洸紀 製作:カブ研究会

『やわらかい季節』
2020/日本/35 分/カラー/スタンダード/DCP
巷で大流行の飲み物「プルンチョ」。
雪子(酒井文子)は友人の新子(大條瑞希)に誘われて、プルンチョ廃絶を訴える団体、アンチ・プルンチョ同盟の運動に参加する。雪子が作った「アンチ・プルンチョ同盟のテーマ」がデモ行進とともに高らかに歌われる。しかし、体制による圧力が彼女たちの運動を弾圧する。徐々に追い詰められた団体はその内部から崩壊していくこととなる…。

出演:酒井文子 大條瑞希 田中陸 村田直樹 関英雄 オノミチ 古矢航之介
監督:小野峻志 脚本:小野峻志 堀雄斗 撮影:中津愛 音楽:中澤洸紀 製作:カブ研究会

***********************************

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ