映画情報どっとこむ ralph 是枝裕和もその才能に惚れ込んだ、新進気鋭の監督 佐藤快磨の劇場デビュー作で、第68回サン・セバスティアン国際映画祭で最優秀撮影賞を受賞した、仲野太賀主演の映画『泣く子はいねぇが』。

本作は、監督・脚本・編集の佐藤快磨が、秋田県・男鹿半島の伝統⽂化「男鹿のナマハゲ」から、“父親としての責任”、“人としての道徳”というテーマを見出し、親になることからも、大人になることからも逃げてしまった主人公が、過去の過ちと向き合い、不器⽤ながらも青年から大人へ成長する姿を描いた完全オリジナル作品。

大人として、そして父親としての自覚も曖昧な主人公たすくを演じるのは、個性溢れる表現力で注目を集める演技派俳優、仲野太賀。
そして妻ことね役の吉岡里帆、親友の志波役の寛 ⼀ 郎に加え、山中 崇、余 貴美子、柳葉敏郎といった実力派俳優が集結し、物語を彩り魅了します。

映画情報どっとこむ ralph この度、主人公・たすくを演じた仲野太賀の“アツイ”想いが込められたクランクアップ映像が解禁!

仲野太賀は佐藤監督との撮影現場を振り返りながら、
「昔の佐藤監督は、どこか頼りなくて、話が長くて、演出が細かくて、という印象でした(笑)。
数年ぶりに再会して、本当に話が長くて、演出が細かくて(笑)」と、笑いを交えたピソードを披露し、スタッフも大爆笑。
続けて、「ただ、とっても頼りになりました!」と最後に力強く語り、スタッフや男鹿の方々への感謝、そして本作で再び佐藤監督と共に作品を作り上げられたことへの溢れんばかりの“アツイ”気持ちが込められたクランクアップ映像になっています。
映画情報どっとこむ ralph 映画『泣く子はいねぇが』

11/20(金)より、新宿ピカデリー他全国ロードショー

<ストーリー>
秋田県・男鹿半島で暮らす、たすく(仲野太賀)は、娘が生まれ喜びの中にいた。一方、妻・ことね(吉岡里帆)は、子供じみていて 父になる覚悟が見えないたすくに苛立っていた。大晦日の夜、たすくはことねに「酒を飲まずに早く帰る」と約束を交わし、地元の伝統行事「ナマハゲ」に例年通り参加する。しかし結果、酒を断ることができずに泥酔したたすくは、溜め込んだ鬱憤を晴らすように「ナマハゲ」の面をつけたまま全裸で男鹿の街へ走り出す。そしてその姿がテレビで全国放送されてしまうのだった。ことねには愛想をつかされ、地元にも到底いられず、逃げるように上京したものの、そこにも居場所は見つからず、くすぶった生活を送っていた。そんな矢先、親友の志波(寛 一 郎)からことねの近況を聞く。ことねと娘への強い想いを再認識したたすくは、ようやく自らの愚行と向き合い、地元に戻る決意をする。だが、現実はそう容易いものではなかった…。果たしてたすくは、自分の“生きる道”、“居場所”を見つけることができるのか?
仲野太賀『泣く子はいねぇが』

***********************************

出演:仲野太賀 吉岡里帆 寛 一 郎 山中 崇 / 余 貴美子 柳葉敏郎
監督・脚本・編集:佐藤快磨
主題歌:折坂悠太 「春」 (Less + Project.)
企画:是枝裕和
エクゼクティブ・プロデューサー:河村光庸 プロデューサー:大日向隼、伴瀬萌、古市秀人
企画協力:分福 制作プロダクション:AOI Pro.
配給:バンダイナムコアーツ/スターサンズ
製作:『泣く子はいねぇが』製作委員会
©2020「泣く子はいねぇが」製作委員会
関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ