映画情報どっとこむ ralph このたび、10月16日より絶賛全国公開中の中国映画『薬の神じゃない!』が、公開直後から、SNS、映画サイトのレビューで絶賛の声が相次ぎ、映画を見た俳優の役所広司さんも絶賛の声を寄せてくれました。さらに、役所さんのコメントに感激した、本作の主演シュー・ジェンがアンサーコメントを寄せた。 

10月16日から公開中の『薬の神じゃない!』は、公開直後からエンタメ的な面白さと同時に、世相を反映した要素も相まって、TwitterなどのSNS、映画サイトのレビューなどで絶賛の感想書き込みが相次ぎ、映画レビューサービス「Filmarks」の初日満足度ランキングで2位!、Yahoo!映画の作品ユーザーレビュー・評価ランキングでは、同日公開で大ヒットして(*10月第3週公開映画の初日満足度ランキング)  (*Yahoo映画ランキング(評価ランキング)2020年10月19日付)いる「鬼滅の刃」を抜いて1位!となるなど話題となっている。
映画情報どっとこむ ralph さらに、映画を見た日本を代表する俳優の役所広司さんの絶賛コメントに感激し、本作の主演で中国を代表するシュー・ジェン(徐崢)が、役所さんに向けて異例のアンサーコメントを返答した!!

役所広司(俳優)
「この美しい物語が実話と聞いて、更に感動します。主人公チョン・ヨン役のシュー・ジェンさんはじめキャストのアンサンブルが素晴らしい!」

シュー・ジェン(徐崢)
「役所広司さんは、僕がすごく尊敬している役者であり、彼が主演した
映画はほぼ全部拝見しています。私たちの映画、そして私たちの演技を賞賛下さり、
大変光栄です!新型コロナウィルスが一日も早く克服され、日中間の芸術的な交流が
促進されることを願います。」

映画情報どっとこむ ralph 薬の神じゃない!
原題:我不是薬神
新宿武蔵野館、池袋シネマ・ロサ他、全国絶賛公開中!!

公式サイト:
www.kusurikami.com

<映画内容>
上海で、男性向けの回春薬を売る小さな店主チョン・ヨン(程勇)は、店の家賃さえ払えず、妻にも見放され、人生の目標を見失っていた。ある日、慢性骨髄性白血病患者リュ・ショウイー(呂受益)が店に訪れ、安価で成分が同じインドのジェネリック薬を購入してほしいという依頼だった。最初は申し出を断ったものの、金に目がくらんだチョン(程)は、ジェネリック薬の密輸・販売に手を染め、より多くの薬を仕入れるため、購入グループを結成する。依頼人のリュ(呂)、白血病患者のネットコミュニティの管理人のリウ・スーフェイ(劉思慧)、リウ牧師(劉牧師)、不良少年のボン・ハオ(彭浩)が加わり、事業はさらに大きく拡大していく。しかし、警察に目をつけられ始め、いったんはグループを解散したチョン・ヨン(程勇)たちだったが、薬を絶たれた患者たちの悲痛な叫びに決意を固める。患者の負担を軽くするため仕入れ値以下の価格で薬を売り、あえて危険な仕事を続ける彼に待ち受ける結末とは・・・。
薬の神じゃない!

***********************************

監督・脚本:ウェン・ムーイエ(文牧野
共同製作: ニン・ハオ(寧浩)、シュー・ジェン(徐崢)  
出演:シュー・ジェン(徐崢)、ワン・チュエンジュン(王伝君)、ジョウ・イーウェイ (周一囲)ほか
中国/2018年/カラー/北京語・英語/117分/ビスタ/5.1ch
配給:株式会社シネメディア
©︎2020 Cine-C. and United Smiles Co., Ltd. All Rights Reserve
関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ