「門脇麦」タグアーカイブ

荻上直子監督5年ぶり最新作『彼らが本気で編むときは、』ポスター・特報解禁


映画情報どっとこむ ralph 荻上直子監督がメガホンをとり、トランスジェンダーの生田斗真や桐谷健太が恋人。そのほかミムラ、小池栄子、門脇麦、りりィ、田中美佐子ら豪華キャストの共演が話題の『彼らが本気で編むときは、』は、17年2月25日(土)より全国ロードショーです。

そのティザービジュアルと、特報第一弾が完成し、解禁となりました!。

来年2月25日に上映館劇場(一部除く)で、ポスター掲出、特報の上映が開始されます。同じティザービジュアルがデザインされた特別鑑賞券(ムビチケのみ)の発売も開始。

また、公式ウェブサイトでもそのビジュアルや特報を見ることができます。
http://kareamu.com

映画情報どっとこむ ralph 残念ながらWEBでは公式サイト以外お見せ出来ないので、主要キャスト7名の役衣装でのショットを集めたビジュアルが到着しました。

ミムラさんはマキオの姉でありトモの母親・ヒロミ役、田中美佐子さんはリンコの母親・フミコ役、小池栄子さんはトモの同級生の母親・ナオミ役、りりィさんはマキオとヒロミの母親・サユリ役、門脇麦さんはリンコの職場の同僚・佑香役で登場し、いずれもこの物語を語る上で重要な役どころとなっています。

彼らが本気で編むときは、
女性として人生を前向きに生きようとしているトランスジェンダーのリンコ(生田斗真)と、その恋人・マキオ(桐谷健太)のもとに、母親に置き去りにされた少女・トモ(柿原りんか)が引き取られてきたことから、戸惑いなが らも三人が奇妙な共同生活をスタートする物語。

彼らが本気で編むときは、

公式ウェブサイト:
http://kareamu.com

***********************************


出演:生田斗真、桐谷健太、柿原りんか、ミムラ、田中美佐子、小池栄子、りりィ、門脇麦 ほか

脚本・監督:荻上直子
配給:スールキートス
© 2017「彼らが本気で編むときは、」製作委員会


『彼らが本気で編むときは、』女優陣追加キャスト発表コメント到着!


映画情報どっとこむ ralph 11歳の孤独な少女が心を開いたのは、トランスジェンダーの美しい人だった・・・

デビュー作『バーバー吉野』(03)や、『かもめ食堂』(06)、『めがね』(07)などで日本映画の新しいジャンルを築き、その世界観から女性に圧倒的人気を持つ、荻上直子監督。

5年振りとなる、待望の最新作『彼らが本気で編むときは、』は、2017年2月25日(土)より全国一斉ロードショーとなります。

本作は、女性として人生を再出発しようとしているトランスジェンダーとその恋人のもとに、母親に置き去りにされた少女が引き取られてきたことから、戸惑いながらも三人が奇妙な共同生活をスタートする物語。

今年3月の制作発表時には、主演のトランスジェンダー役に生田斗真、そのパートナー役に桐谷健太という衝撃のカップリングに加え、少女役に柿原りんか(新人)の3名が発表されていました。

そして、今回は、この世界観により一層の深みを加える豪華女優陣が追加発表されました。
「彼らが本気で編むときは、」追加キャスト
映画情報どっとこむ ralph ◆ マキオ(桐谷健太)の姉であり、娘のトモ(柿原りんか)を愛しながらも、シングルマザーの辛さから悩み、娘を置き去りにしてしまう母親・ヒロミ役にミムラ。叔父にあたるマキオにトモを預け、行方をくらます。

◆ リンコ(生田斗真)の母親・フミコ役に田中美佐子。子供の頃から自分の性に悩むリンコの一番の“人生の応援団長”。誰よりもリンコを明るく支え続ける。

◆ 小学生であるトモの同級生・カイの母親・ナオミ役に小池栄子。家庭環境が良いとは決していえないトモに自分の息子が近づくことに警戒心を強く抱くが、その息子自身も心に深い悩みを持っている。

◆ マキオとヒロミの母親・サユリ役にりりィ。痴呆が進み、リンコが女性の介護士として勤める老人ホームに入居している。ヒロミとは、長い間不仲が続いている。

◆ リンコの職場の同僚・佑香役に門脇麦。リンコと対照的に、女性でありながら男っぽいサバサバとした性格で、結婚を控えている。お互いの人生の節目に多大な影響を与え合っている。

荻上監督が、脚本執筆時に思い描いていた通りのまるで当て書きしたかのような夢のキャスティングが実現。

監督:映画を撮影していて、おもしろいな-と思う瞬間は、俳優さんが、自分の想像を越え、さらにすばらしいものを出してくれた時です。今回もおもしろい瞬間がたくさんあって幸せでした

と語っています!

映画情報どっとこむ ralph 撮影を終えたキャストから、コメントが到着しました!!


◆ミムラさんからのコメント(ヒロミ役 / トモの母、マキオの姉)

荻上監督の作品は、登場人物がお互い信頼し合っている感じがとても素敵だなと思いました。今回の台本を読んで、そのままズバリというところと、今までの監督のテイストとは少し違うぞというチャレンジの部分も感じて、この作品に呼んで頂けたのは、本当に光栄です。

多様な親子関係と、血のつながりではない部分での関係。血縁者であることの弱みと強み、そうではない人の弱みと強み。私の演じたヒロミのネグレクトも決してあってはならないことで、今回は、題材的にそんな社会問題にも踏み込んだものが多く描かれています。

従来の荻上作品ファンの方にも、観たことがないよという方にも楽しんでもらえるシーンがたくさんあると確信していますので、是非ご覧になってください!


◆田中美佐子さんからのコメント(フミコ役 / リンコの母)

脚本を最後まで一気に読み切ってしまうくらい、とても感動しました。まさに監督のいま一番描きたいことが、この脚本の中にはすべて詰まっていると思います。

トモちゃんよりは少し歳が上ですが、私も子育て中です。ただ、監督がこの映画で望む母親像と、私が実際にやっている母親とはまるで違うものです。母としてこの現場に来るのではなく、役者としてここに来て、監督の思う母親を100%できたらいいな、それに近づけたらいいなと思いながら演じました。

監督もお子さんがいらっしゃるということで、「突然子供にカミングアウトされたら、やっぱりびっくりしますよね」って監督にお話したら、「え、どうしてですか?全然びっくりしないと思います」という答えが返ってきました。その言葉にも感動しました!(笑)


◆小池栄子さんからのコメント(ナオミ役 / トモの同級生・カイの母)

色々なことに切り込んだ脚本ですし、今の時代だからこそ、こういったテーマを、特に女性監督の目線で描くことが大事だと思いました。監督も、妥協しない、こだわりの強い方で、自分が理想とする役のイメージに近づける作業を、とても楽しんでいらっしゃると感じました。今後ももっと一緒に監督と作品を作ってみたいという気持ちです!

非日常のように思えて、日常で巻き起こっている恋愛話なので、どう感じるかというのが、自分の恋愛観を見つめ直すいい機会になると思います。恋愛には寛容でいてほしい、いられる人になってほしいと、この映画を観た人には期待します。観終わった後は、恋したくなりますよ。やはりパートナーがいるのは、とても心強いことなので。恋しましょう!


◆りりィさんからのコメント(サユリ役 / マキオとヒロミの母)

私はリンコさんのようなタイプの人が友達に多くて、結構身近な問題だったんです。こういうテーマを取り上げてもらえるのは嬉しく思いました。

生田さんは、キレイの一言!傍からみていて、ちょっとしたしぐさも女性になりきろうと努力されていました。

男女を超越した人間愛。そこには男も女も、年齢制限もない。愛するってそういうことだと思うんです。そこを感じさせてもらえる作品になるんじゃないかと、完成を楽しみにしています!


◆門脇麦さんからのコメント(佑香役 / リンコの同僚の介護士)

荻上監督の作品はとても好きなので、お話をいただいた時はとても嬉しかったです。脚本を読んで、今までの荻上監督の作品のテイストと少し違うなと思ったので、どういう風に撮られるのか楽しみにしていました。監督の演出は非常に的確だし、繊細だし、自分が「今の違ったな」と感じると、その微妙な違和感も察知されて、ちゃんと「もう1回!」が来ます(笑)

私が演じた佑香は「女の子っていいな」「恋するっていいな」「誰かと一緒になるっていいな」「人と人との繋がりっていいな」っていうことをリンコさんに感じさせる役だったと思います。本作では、育児放棄など様々な社会問題が盛り込まれていますが、どんどん人間関係が希薄になっていく社会で、一緒になるのが困難だからこそ、人間の繋がりの大切さや温かさが描かれるところを観て欲しいです。

映画情報どっとこむ ralph 彼らが本気で編むときは、

公式ウェブサイト:
http://kareamu.com

公式SNS(Twitter、Facebook)は、今夏オープン予定だそうです。

***********************************

出演:生田斗真、桐谷健太、柿原りんか
ミムラ、田中美佐子、小池栄子、りりィ、門脇麦 ほか
脚本・監督:荻上直子
配給:スールキートス
© 2017「彼らが本気で編むときは、」製作委員会
  


山﨑賢人が人生初の金髪に!映画『オオカミ少女と黒王子』


八田鮎子原作の嘘つき少女とドS王子の“ドキドキ ラブコメ”の映画化。

二階堂ふみ・山﨑賢人W主演作。
メガホンを取ったのは、『ストロボ・エッジ』の廣木隆一監督、そして鈴木伸之、門脇麦、横浜流星、池田エライザ、玉城ティナ、吉沢亮、菜々緒とフレッシュな豪華キャストが集結している映画『オオカミ少女と黒王子』。

この度、原作ビジュアルをリアルに再現した、二階堂ふみ演じる恋愛経験ゼロの女子高生エリカと山﨑賢人演じる学校一モテるが、実はドS王子の男子高校生の恭也のビジュアルが解禁となりました!
『オオカミ少女と黒王子』縦イチ_(C)八田鮎子/集英社-(C)2016-映画「オオカミ少女と黒王子」製作委員並び
また5月28日(土)より新宿ピカデリー他全国ロードショーが決定しました。

今回到着したビジュアルで、黒板の前で腕組みしながらちょっと困った表情を浮かべるエリカとオレ様顔の恭也の2人。

『オオカミ少女と黒王子』横イチ_(C)八田鮎子/集英社-(C)2016-映画「オオカミ少女と黒王子」製作委員 
これまで『ヒミズ』や『地獄でなぜ悪い』、『私の男』でも制服姿を披露してきた二階堂さんですが、本作では、胸元には女子高生を象徴するアイテムの赤いリボン、そしてミニスカートにベストと、外見も中身も“平凡な”女子高生という初の役柄に挑戦!

そして、山﨑さんは今までのイメージをガラリと変える自身初の金髪姿を披露しています!さらに、ビジュアル解禁に合わせて、二階堂さんと山﨑さんからコメントも到着しています!

★二階堂さんコメント
少女漫画のテーマである相手の王子様が個性的でカッコいいところに凄く惹かれて、またエリカの誰かに対する真っ直ぐさにも惹かれて、自分がこの漫画を基に映画ができることは凄く嬉しかったです。またドS王子・恭也のカリスマ性が山﨑君と近いものがあり、今までに観たことのない山﨑賢人が観られると思います!

☆山﨑さんコメント
ヒロインを犬のように扱うドSプリが面白いし、男からか見てもカッコいいキャラですね、自分とは真逆ですが(笑)ふみちゃんとの共演は久しぶりで色々な話をしたり凄く楽しいです。髪色をこんなに明るくしたのは初めてなので、すごく新鮮な気持ちです。
外見から原作の恭也に近づけることで、更に身が引き締まりました。外見含めて、今までに見せたことのない僕を見ていただけると思います。本当に大事なところは純粋な恋の気持ちだと思って頂ける作品になると思います。皆様に楽しんでもらえる作品にしたいです。

物語・・・
高校に入学したばかりの篠原エリカ(二階堂ふみ)は、恋愛経験ゼロなのに彼氏とのラブ話を語る“オオカミ少女”。
彼氏がいないのでは?と友達に疑われ、街で見かけたイケメンを盗撮し、自分の彼氏として写真を友達に見せてその場をしのごうとする。

ところが、その彼は同じ学校に通う佐田恭也(山﨑賢人)だった事が判明。

イケメン同級生・佐田に事情を打ち明け、彼氏のフリをすることを承諾してもらえるエリカ。だが実は彼、見た目は王子だが中身は超ドSの“黒王子“だった!

契約彼氏の条件は、恭也への“絶対服従”!ウソから始まる恋の行方は?

オオカミ少女と黒王子

公式サイト:ookamishojo-movie.jp 
公式Twitter:@ookamishojo_m 
公式ハッシュタグ:#オオカミ少女と黒王子

********************************************************************

原作:八田鮎子作「オオカミ少女と黒王子」
集英社「別冊マーガレット」連載
キャスト:二階堂ふみ 山﨑賢人/鈴木伸之  門脇麦 横浜流星 池田エライザ 
玉城ティナ 吉沢亮/菜々緒
監督:廣木隆一 『ストロボ・エッジ』『娚の一生』『余命1カ月の花嫁』 
製作:映画「オオカミ少女と黒王子」製作委員会 制作プロダクション:プラスディー
配給:ワーナー・ブラザース映画  
(C)八田鮎子/集英社 (C)2016 映画「オオカミ少女と黒王子」製作委員会 



『オオカミ少女と黒王子』全キャスト一挙解禁!!


彼氏どころか今まで一度も交際経験がなかった平凡な女子高校生が、ひょんなことから学校一のイケメンと付き合うフリをすることになり、学校中の羨望の的に…。
2016年5月より公開となる映画『オオカミ少女と黒王子』(二階堂ふみ・山﨑賢人W主演/原作・八田鮎子)の全キャスト解禁!!
映画『オオカミ少女と黒王子』(C)八田鮎子/集英社
登場人物・キャスト

●篠原エリカ(シノハラ エリカ)
 /二階堂ふみ
●佐田恭也(サタ キョウヤ)
 /山﨑賢人

今回表となったキャストは!

鈴木伸之さん、門脇麦さん、横浜流星さん、池田エライザさん、玉城ティナさん、吉沢亮さん、菜々緒さんの7名です。



※以下今回解禁キャスト
オオカミ少女と黒王子 ●神谷 望(カミヤ ノゾミ)/鈴木伸之
●三田 亜由美(サンダ アユミ)/門脇麦
●日比谷 健(ヒビヤ タケル)/横浜流星
●手塚愛姫役(テヅカ アキ) /池田エライザ
●立花マリン(タチバナ マリン)/玉城ティナ
●日下部 憂(クサカベ ユウ)/吉沢亮
●佐田怜香(サタ レイカ)/菜々緒

二階堂ふみ=後戻りできない嘘をついてしまったオオカミ少女
VS
山﨑賢人=そんな彼女を救う究極のヒーローが、最強ドSな黒王子!?



実写化でも、エリカ目線で、平凡だった彼女の高校生活が恭也の存在で一変し、つれない態度に振り回されながらも、たまに見せる恭也の優しさにドキドキしたり、毎日学校に行くのが楽しくなっていったりと彼女の一生懸命恋する気持ちを丁寧に、かつワクワク感満載で描いていきます。

日本中の片思いをしている女子に共感してもらえる映画のメガホンをとるのは「ストロボ・エッジ」「娚の一生」など少女コミックの映画化に定評のある廣木隆一。


恋する女子の心を鷲掴み!

『オオカミ少女と黒王子』

公式サイト:ookamishojo-movie.jp

公式Twitter:@ookamishojo_m

********************************************************************

二階堂ふみ  山﨑賢人 
鈴木伸之 門脇麦 横浜流星 池田エライザ 玉城ティナ 吉沢亮 菜々緒

原作:八田鮎子「オオカミ少女と黒王子」(集英社「別冊マーガレット」連載)
監督:廣木隆一
脚本:まなべゆきこ

製作:映画「オオカミ少女と黒王子」製作委員会
制作プロダクション:プラスディー

配給:ワーナー・ブラザース映画

©八田鮎子/集英社
©2016 映画「オオカミ少女と黒王子」製作委員会


知られざる彰義隊の真実。『合葬』予告編到着!


知られざる彰義隊の真実。
終わりゆく江戸 切なく揺れ動く 青春最後の一ヶ月。

合葬

原作は今年没後10年となる天才漫画家・杉浦日向子の代表作がついに初実写映画化!
日本漫画家協会賞優秀賞を受賞した作品です。

この度、予告編及び場面画像が届きました!

合葬
これまでの“時代劇”とは一線を画し、現代の若者に通ずるリアルな青春像を描き大きな反響を巻き起こした作品を『ジョゼと虎と魚たち』、TVドラマ「カーネーション」の渡辺あやさんが脚本!

監督は、新進気鋭の小林達夫さんが務め・・・音楽は、まったく新しい音楽ユニットとして、コアな音楽ファンに大注目の ASA-CHANG&巡礼。そしてナレーションは カヒミ カリィが担当という異色のコラボが実現しています!。

合葬1
慶応四年(1868年)四月十一日、三百年に亘る江戸幕府の時代が終わりを告げた。 第十五代将軍・徳川慶喜は新政府軍に江戸城を明け渡し、明治時代が幕を開けたのである。 鳥羽・伏見の戦い後、将軍の警護および江戸市中の治安維持を目的として有志により結成された「彰義隊」。

高い志をもって結成され江戸の民衆から慕われながらも、幕府の解体とともに反政府的な立場に追いやられてしまった彰義隊は、「新撰組」や「白虎隊」に比べると、これまであまり語られることがなかった。



『合葬』は、将軍に熱い忠誠心を持ち、自らの意思で彰義隊に加わった青年・極 (柳楽優弥)と、養子先から追い出され、行くあてもなく赴くままに入隊した柾之助(瀬戸康史)、彰義隊の存在に異を唱えながらもそこに加わらざるをえなかった悌二郎(岡山天音)の、時代に翻弄された数奇な運命を描きます。
合葬5
合葬

2015年9月26日(土)より全国ロードショー。

公式サイト:http://gassoh.jp/
********************************************************************

出演:柳楽優弥、瀬戸康史、岡山天音、門脇麦、桜井美南 / オダギリジョー

原作:杉浦日向子「合葬」
監督:小林達夫
脚本:渡辺あや
ナレーション:カヒミ カリィ
音楽:ASA-CHANG&巡礼
制作:松竹
企画:松竹撮影所
配給:松竹メディア事業部
上映時間:87分
© 2015 杉浦日向子・MS.HS / 「合葬」製作委員会