「柄本明」タグアーカイブ

映画『愛を積むひと』完成披露試写会の模様


「日本で最も美しい村」北海道・美瑛町を舞台に佐藤浩市さんと樋口可南子さんが夫婦役初共演を果たした『愛を積むひと』が、約1年の撮影を経て遂に完成!!

全国公開を先立ち、佐藤浩市さん、樋口可南子さん、北川景子さん、野村周平さん、杉咲花さん、吉田羊さん、柄本明さん等の豪華キャストと朝原雄三監督による完成披露試写会での舞台挨拶が行われました。

『愛を積むひと』完成披露試写会
日付:5月13日
場所:丸の内ピカデリー1
登壇者:佐藤浩市、樋口可南子、北川景子、野村周平、杉咲花、吉田羊、柄本明、朝原雄三監督

0513_愛を積むひと_完成報告会見
完成披露試写会を行いました。老若男女のお客さんで埋め尽くされた会場に、豪華キャストと朝原監督が登壇すると、大きな拍手で迎えられました。

MC:佐藤さん、樋口さんにお聞きします。今回はほぼすべてのシーンを北海道・美瑛で撮影していますが、美瑛の印象、また役を作っていく中でロケで撮影した、ということが影響を与えたことなどがあればお話しください。

佐藤さん:美しい町です。一年のいちばんいい時期に撮影させていただきました。その場所に家を建てたことがすごい。そこから見える景色、朝夕の変化など、自然の力が、おおらかな気持ちにさせてくれました。

樋口さん:家の周りの大自然、丘の風景、見たことのないスケール感でした。そんな中でお芝居ができ、しかもオフまで満喫させていただきました。ただただ「美しい」から、撮影が進むと役柄も入ってきて、涙を感じる瞬間もありました。

MC:続きまして、北川さんにお聞きします。今回は佐藤浩市さん演じる篤史と、ある出来事がきっかけで疎遠となっている娘・聡子役を演じられましたが、佐藤さんと共演されて印象的なエピソードなどありましたでしょうか?

北川さん:佐藤さんとは今回初共演で、美瑛で初めてお会いしました。しかも最初の撮影がクライマックスの感情が昂ぶるシーンだったので、不安もありました。さすがに大変だから、と佐藤さんが撮影前に話す時間を作ってくれて、「景子ちゃんのお父さんはどんな人なの?」など聞いてくださり、役柄のバックグラウンドを肉付けしていって、撮影もうまくいきました。とても勉強になりました。

MC:野村さん、杉咲さんにお聞きします。今回お二人は恋人役での共演でしたが、お互いの印象はいかがでしたか?

野村さん:現場で会ったとき、自然体で良い子だなと思いました。妹みたいで、彼女役だったこと忘れてしまいました(笑)

杉咲さん:同じく…お兄ちゃんみたいだなと思いました。
気さくに話しかけてくださって、恋人としての距離感を大事にしたいとおっしゃってくれて、とてもありがたかったです。


MC:吉田さん、柄本さんにお聞きします。今回、夫婦役でしたが、いかがでしたでしょうか。

吉田さん:大先輩で大変緊張しました。最初のシーンが抱き合って喜ぶというシーンだったので。映画の中できちんと夫婦に見えていたら、それは柄本さんの懐の大きさによるものです!

柄本さん:初めて会って、抱き合って喜ぶ。そういう仕事です、はい(笑)

MC:朝原監督にお聞きします。主演の佐藤浩市さんと樋口可南子さん、お二人それぞれの印象と、お仕事された感想をお聞かせください。

朝原監督:佐藤さんはせっかちで「スケジュールどうなっている?」とよく聞いてきました。しかもスタッフ全員の名前を覚えていて、座長として皆のことを考えてくださいました。そこはお父さん(三國連太郎さん)と違うところで、あの人は自分のことしか考えない迷惑な役者でした(笑)でも佐藤さんの後ろ姿を撮っていたら、三國さんに似ていて…「この背中、見たことある」と思ったんです。なので、そろそろ二代目・三國連太郎を襲名してもよいのではないかと…

佐藤さん:勘弁してください(笑)

朝原監督:樋口さんは、いつもげらげら笑っている明るいおばさんでした(笑)ナイーブな役柄を「女優はやる気になったらやるのよ」とおっしゃっていたようにしっかり努めてくださいました。


MC:それではキャストの皆様にお聞きします。本作では「手紙」がキーアイテムとして登場しますが、皆さんが今まで贈られた(受け取った)手紙で、強く心に残っているものを教えていただけますでしょうか。

佐藤さん:昔30代半ばのころ、三國が「生かされてあればこそ」と一筆くれたんです。勝手に生きているという振る舞いが鼻についたのかもしれません。今になってジワジワとその言葉の重みを感じながら、この仕事を続けています。

樋口さん:20年ほど前にお亡くなりになった五社英雄監督の最後の2作品に出させていただいて、5通手紙をいただいたんです。「大きい大きい女優さんになってください。次回作は惚れすぎないよう、噛みつきたいと思います」とあって、女優にとっては殺し文句だなと。そろそろ朝原監督からも手紙をいただけると思っています(笑)(監督「メールします!」)

北川さん:10年ほど前の母からの手紙ですね。
10代で上京したばかりで、仕送りもしてもらっていて、迷惑ばかりかけていた私に「若くして自分のやりたいこと、進みたい道を見つけて、頑張っているあなたを誇りに思います」と書いてくれて…つらいときはいつも読み返してます。今も大切にとっています。

野村さん:上京するときにおばあちゃんから手紙と色紙をもらって、色紙に「堕落するな」と書いてありました。今も飾っています!

杉咲さん:小さい頃、お泊り遠足に行く前、お母さんから手紙をもらって「気を付けてね、大好きだよ」と書いてありました。すぐ帰りたくなりました(笑)

吉田さん:誕生日に母から手紙をもらって、「羊ちゃん見たよ」と疎遠になってた方からも連絡をもらうようになったらしく、「人と人をつなぐ尊い仕事をしてるわね」と書いてありました。この仕事を選んだ意味を再認識させられました。

柄本さん:20年ほど前、帰宅すると妻からの手紙が置いてありました。「別れてください」と。謝って、謝って、どうにか40年続いています(笑)

MC:最後に朝原監督から一言お願いいたします。

朝原監督:4年間温めた映画です。キャストもすばらしく、理想の形に出来上がりました。
地味な映画ですが、ぜひ楽しんでください。

愛を積むひと
愛を積むひと

2015年6月20日(土)全国ロードショー
公式サイト:http://www.ai-tsumu.jp


********************************************************************

愛を積むひとポスター物語・・・
第二の人生を大自然に包まれた美しい土地で過ごそうと、北海道に移り住むことにした夫婦、篤史と良子は、かつて外国人が暮らしていた家で暮らし始める。良子は篤史に家を囲む石塀作りを頼んだが、以前から患っていた心臓の病を悪化させて、この世を去ってしまう。
悲しみにくれる篤史のもとに、ある日良子より手紙が届いた。驚く篤史。そして、次々と見つかる手紙に導かれるように、篤史は周囲の人々の人生に関わっていく。そして長年疎遠となっていた娘、聡子と再会し・・・。

原作:「石を積むひと」エドワード・ムーニー・Jr.(小学館文庫刊)
監督:朝原雄三(『釣りバカ日誌』シリーズ、『武士の献立』 )
脚本:朝原雄三、福田卓郎
音楽:岩代太郎
劇中歌:「SMILE」 (Nat King Cole)
製作:「愛を積むひと」製作委員会
企画・制作:アスミック・エース/松竹
制作プロダクション:松竹撮影所
配給:アスミック・エース/松竹
出演:佐藤浩市、樋口可南子、北川景子、野村周平、杉咲花、吉田羊、柄本明
(C)2015「愛を積むひと」製作委員会
  


こんな佐藤浩市は見たことがない!映画『愛を積むひと』予告編完成。



2004年に出版され、翻訳本としては異例のロングセラーを続けているエドワード・ムーニーJr著の「石を積むひと」が舞台をアメリカから日本に移し新しい物語として誕生。

邦題を『愛を積むひと』として、6月20日(土)公開となります。

奥さんに先立たれて弱さを露呈する夫・篤史を演じる佐藤浩市さんを注目の予告編が完成です。



愛を積むひと長年連れ添った仲睦まじい夫婦。

樋口可南子演じる妻・良子に頼まれた石塀作りを渋々始める様子が映し出されると一転、妻の死に打ちひしがれた背中や、

「この手紙を読んでいるということは、私はもうあなたの傍にいないということですね」

「愛を積むひと」サブ4と亡き妻から届いた手紙を読み彼女の姿を探すように空を見上げる姿。

黄昏時に石塀の上でひとりうなだれている姿。

さらに慣れない手つきで赤ちゃんを抱いている姿。

最後には不器用に笑う姿まで、今までに見たことのない佐藤浩市さんがここに。

それら男の弱さは、初めて地毛の白髪で佐藤浩市さんが演じたからこその母性本能くすぐる愛すべき女々しさに感じるはず。

また豪華共演者たちの姿も垣間見れ、さらに北海道・美瑛町の素晴らしい風景も、スケール感たっぷりに映し出されています。


愛を積むひと

公開:2015年6月20日(土)全国ロードショー

公式サイト:http://www.ai-tsumu.jp

********************************************************************

愛を積むひとポスター 物語は・・・

第二の人生を大自然に包まれた美しい土地で過ごそうと、北海道に移り住むことにした夫婦。篤史と良子は、かつて外国人が暮らしていた家で暮らし始める。

良子は篤史に家を囲む石塀作りを頼んだが、以前から患っていた心臓の病を悪化させて、この世を去ってしまう。

悲しみにくれる篤史のもとに、ある日良子より手紙が届いた。驚く篤史。そして、次々と見つかる手紙に導かれるように、篤史は周囲の人々の人生に関わっていく。

そして長年疎遠となっていた娘、聡子と再会し・・・。


原作:「石を積むひと」エドワード・ムーニー・Jr.(小学館文庫刊)
監督:朝原雄三(『釣りバカ日誌』シリーズ、『武士の献立』 )
脚本:朝原雄三、福田卓郎
出演:佐藤浩市、樋口可南子、北川景子、野村周平、杉咲花、吉田羊、柄本明

音楽:岩代太郎
劇中歌: 「SMILE」 (Nat King Cole)
製作:「愛を積むひと」製作委員会
企画・制作:アスミック・エース/松竹
制作プロダクション:松竹撮影所
配給:アスミック・エース/松竹
(C)2015「愛を積むひと」製作委員会
  


『愛を積むひと』日本を舞台に映画化 ティザービジュアル解禁


6月20日(土)公開の映画『愛を積むひと』のビジュアルが解禁となりました!

はじめて知る、妻の 《家族への想い》
北海道を舞台にした新たな感動作誕生

2004年に出版され、翻訳本としては異例のロングセラーを続けているエドワード・ムーニー・Jr.著の「石を積むひと」が舞台をアメリカから日本に移し新しい物語として映画化されます。
愛を積むひと
主人公の篤史を演じるのは日本を代表する俳優、佐藤浩市さん、良子役には7年ぶりの待望の映画出演となる樋口可南子さん。

二人の一人娘・聡子役に北川景子さんのほか、野村周平さん、杉咲花さん、吉田羊さん、そして柄本明さんと、ベテランから躍進目覚ましい若手まで、豪華なキャスティングが実現しました。

監督は『釣りバカ日誌』シリーズ、『武士の献立』でメガホンをとった、巧みな演出で定評のある朝原雄三さんです。

愛を積むひとポスター撮影は「日本で最も美しい村」連合第1号に認定された北海道美瑛町にオープンセットを建てて1年にわたり敢行、色鮮やかな丘陵や日本百名山のひとつでもある十勝岳など、大自然の四季の移ろいとともに、そこに住む人々のドラマを映し出します。

長年連れ添ってきた夫婦が、これからの第二の人生をどう過ごすのか、連れ合いを亡くしたとき、どのように立ち直り、一歩前へ進んでいくのか。

そして人生の希望・豊かさとは? 今日の私たちに寄り添い、問いかける新たな感動作が誕生します。

愛を積むひと
亡き妻から届いた手紙。
それが、彼を新たな人生へと導いていく──。

第二の人生を大自然に包まれた美しい土地で過ごそうと、北海道に移り住むことにした夫婦、篤史と良子は、
かつて外国人が住んでいた家で暮らし始める。良子は篤史に家を囲む石塀作りを頼んだが、以前から患って
いた心臓の病を悪化させて、この世を去ってしまう。

悲しみにくれる篤史のもとに、ある日、良子から手紙が届いた。驚く篤史。そして、次々と見つかる手紙に導か
れるように、篤史は周囲の人々の人生に関わっていく。また、長年疎遠になっていた娘、聡子と再会し・・・。

愛を積むひと

6月20日(土)全国ロードショー
公式サイト:http://ai-tsumu.jp/

********************************************************************

原作:「The Pearls of The Stone Man」エドワード・ムーニー・Jr.著
出演:佐藤浩市 樋口可南子 北川景子 野村周平 杉咲花  吉田羊 柄本明
監督:朝原雄三
脚本:朝原雄三 福田卓郎
音楽:岩代太郎
劇中歌:「SMILE」 ( Nat King Cole)
製作:映画『愛を積むひと』製作委員会
撮影:2014年3月より撮影開始
   2014年6月15日より キャスト撮影開始
配給:アスミック・エース、松竹
(c)2015「愛を積むひと」製作委員会


  
 


映画『愛を積むひと』クランクアップ。佐藤浩市と樋口可南子コメント!


映画『愛を積むひと』

朝原雄三監督作品が無事にクランクアップを10月末に迎えました。

佐藤浩市と樋口可南子が第二の人生を歩む夫婦を演じる本作は、北海道の大地に本建築のオープンセットを建てて、およそ1年に亘る撮影が行われました。

クランクアップ&メイキング(C)映画「愛を積むひと」製作委員会
鮮やかな緑に覆われた美瑛の丘を、マルチコプターを駆使して4Kのカメラで空撮したり、日本百名山のひとつである十勝岳で登山撮影に挑むなど、スケールの大きな風景がスクリーンいっぱいに広がります。そして、北海道の雄大な自然と豊かな四季を丁寧に紡ぎ出しながら、夫婦の愛、家族の絆を描いています。

主演のお二人からクランクアップに際してのコメントが来ています。

佐藤浩市さんからのコメント

隣にいる人を受け入れられる、そういう優しい気持ちになってくれたら足掛け4か月の撮影は、夏編と秋編との間が2か月ぐらい空いていました。
継続して撮影した方がメンタリティとしては楽な部分もあるのですが、今回は逆に時間が空いたおかげで振り返って整理することができ、俯瞰視できたので良かったな、と思いました。美瑛の大地に本建築で家を作って、そのオープンセットでほとんどのロケをしたので、美瑛の風光明媚な風景、人々の優しさ、空気感は確実にフィルムに焼き付いていると思います。
可南子さんとの共演は、昔の日本映画を知っている者同士ということで、安心してキャッチボールができました。朝原組は「釣りバカ日誌」で三國と一緒にやってきたスタッフが多いので、みんな僕の後ろに三國を見るだろうし、逆に言うと僕は朝原さん含めて、スタッフの後ろにまた三國を見る。そんな、普段なかなか無い相関性がありました。
僕が演じた篤史は、いい人なんです。いい人なんだけれど、単純に人を許せなかったりとか、そういった狭いところで生きてしまうところがある。やっぱり、“人を許す”って大変な事なんですよね。
それなりに人生経験を積んできた人間なのに、なかなか難しい。
“人を許す”ことで、自分自身が前向きになれるという、そのことが上手くスクリーンに出てくれればいいなと思いますし、今回僕の中では、そのことがテーマとして一番大きかったな
という気がします。
あとは、お互いを受け入れるということですよね。この映画を観てくれて、なんとなく隣にいる人を受け入れられるっていうかな、そういう、少し優しい気持ちになってくれたら嬉しいです。

樋口可南子さんからのコメント

苦労はたくさんあったのに、純な気持ちを失わないこの夫婦は、 つくづくいいなぁと思いました
美しい大自然の中で、静かに戦ったという感じ。
命の時間が長くないと知った妻は、残された時間をどう夫と過ごすのだろう?自分のため、夫のため、娘のため、何をしたいのだろう?
ロケの間、ずーっと考えていたような気がします。実は、石塀を夫に作って欲しいという希望を出すところが、とりわけ難しかった。
この突飛な希望って大丈夫なのかなぁと思っていたのですが、浩市さんの石を積む姿を見ていたら、なんだか妙に納得してしまいました。

私の答えは、言いません。

映画を観て下さる方からもいろんな答えが出そうで、今から楽しみです。
演じ終えて、 苦労はたくさんあったのに、純な気持ちを失わないこの夫婦は、つくづくいいなぁと思いました。

純な夫婦。こうなりたいなー。

この美しい話を成立させるためにがんばってくださった朝原組の心優しいスタッフ、いろいろ助けて下さった美瑛の皆様に、心より感謝してます。


『愛を積むひと』

公開は、2015年初夏 全国ロードショーです。

公式サイト:http://www.shochiku.co.jp/movie/aiwotsumuhito/
********************************************************************

物語・・・

第二の人生を大自然に包まれた美しい土地で豊かに過ごそうと、東京下町の工場をたたみ、北海道に 移り住むことにした夫婦、篤史と良子。以前に外国人が住んでいたという瀟洒な家を手にいれ、良子は野菜やガーデン作り、家の内装のアレンジなどささやかながらも豊かな生活を満喫していた。
一方、仕事人間から仕事がなくなった途端、手持ち無沙汰で暇を持て余す毎日の篤史。
見かねた良子は、長年の憧れでもあった家の周りの 石塀作りを篤史に頼む。
そんなある日、良子が倒れた。以前から患っていた心臓の病が悪化していたのだ。
心配させまいと夫に病状を言わず、一時退院し、明るくふるまう良子。そんな良子に、景気の良い時も悪い時も、結婚以来毎年贈り続けていた一粒の真珠を、篤史は今年も誕生日にプレゼントする。笑顔で受け取る良子を見つめながら、夫婦二人の幸せな時が続くことを願う篤史。
しかし、その願いは叶わなかった。突然、訪れた良子の最期。 悲しみにくれる篤史のもとに、ある日、良子からの手紙が届いた。自分の死期を悟った良子が、篤史のこれからを案じ、たくさんの篤史宛ての手紙を、ふたりの家に隠していたのだった。
良子の手紙に書かれた想いに触れ、閉ざされた心が溶け周りの人の人生に関わっていく篤史。
更生を誓い、石塀作りを手伝いに来る青年・徹や、その恋人・紗英との交流、紗英の義父・熊二との友情。そして長年疎遠になっていた娘・聡子との再会。篤史が良子を思いながら一つ一つ積み上げた石に、それぞれの人間ドラマが重なっていくー。

原作:「石を積むひと」エドワード・ムーニー・Jr.(小学館文庫刊)
監督:朝原雄三(『釣りバカ日誌』シリーズ、『武士の献立』 )
脚本:朝原雄三、福田卓郎
音楽:岩代太郎
劇中歌: 「SMILE」 ( Nat King Cole)
製作:「愛を積むひと」製作委員会
企画・制作:アスミック・エース/松竹
制作プロダクション:松竹撮影所
配給:アスミック・エース/松竹
出演:佐藤浩市、樋口可南子、北川景子、野村周平、杉咲花、吉田羊、柄本明

(C)映画「愛を積むひと」製作委員会