「柄本明」タグアーカイブ

映画『天空の蜂』緊迫の本予告が完成!


東野圭吾最大の勝負作を堤監督が完全映画化!
『天空の蜂』ポスターサスペンス・アクション!

映画『天空の蜂

が9月12日(土)より全国公開となります。その本予告が完成しました!

超巨大ヘリ・ビッグBを奪った謎の男“天空の蜂”からの犯行声明で幕を開ける本映像。

犯人から突きつけられた、“日本の原子力発電所を全て破棄せよ”との要求、そして上空に取り残された子供の救出…残されたタイムリミット8時間の中、それぞれの大切なものを守り抜こうと奔走する姿が描かれています。

また、圧倒的な迫力を誇る超巨大ヘリ・ビッグBが壮大なスケールで描かれ、様々な立場に立つ人々が強い信念を貫き、ぶつかり合う緊迫感は圧巻です。

それではご覧ください!



天空の蜂

9月12日(土) 全国ロードショー 

公式サイト:www.tenkunohachi.jp
@tenku_bee #天空の蜂

物語・・・

爆薬を積んだ超巨大ヘリが原発に墜落するまで、タイムリミットは8時間。

大切なものを守り抜くために――命を懸けたカウントダウンが、始まる。

1995年8月8日。最新鋭の超巨大ヘリ《ビッグB》が、突然動き出し、子供を一人乗せたまま、福井県にある原子力発電所「新陽」の真上に静止した!遠隔操縦によるハイジャックという驚愕の手口を使った犯人は〈天空の蜂〉と名乗り、“全国すべての原発の破棄”を要求。

従わなければ、大量の爆発物を搭載したヘリを原子炉に墜落させると宣言する。 

機内の子供の父親であり《ビッグB》を開発したヘリ設計士・湯原(江口洋介)と、原子力発電所の設計士・三島(本木雅弘)は、上空に取り残された子供の救出と、日本消滅の危機を止めるべく奔走するが、政府は原発破棄を回避しようとする。燃料が尽きてヘリが墜落するまで、残された時間はたった8時間。

姿の見えない敵との緊迫の攻防戦が始まった。

その頃愛知県では、《ビッグB》と原発を開発した錦重工業本社に、家宅捜索が入っていた。
総務課に勤める三島の恋人・赤嶺(仲間由紀恵)は、周囲に捜査員たちが押し寄せる中、密かに恋人の無事を祈る。一方、事件現場付近で捜査にあたる刑事たちは、《ビッグB》を奪った謎の男(綾野剛)の行方を追跡。

聞き込みを続けるうちに、ある意外な真相へと辿り着いていく。

********************************************************************

キャスト:
江口洋介 本木雅弘 仲間由紀恵 綾野剛 國村隼 柄本明
光石研 佐藤二朗 やべきょうすけ 手塚とおる 落合モトキ 松島花 向井理 竹中直人 石橋蓮司 他

監督:堤幸彦
原作:東野圭吾「天空の蜂」(講談社文庫)  
脚本:楠野一郎  
音楽:リチャード・プリン
主題歌:秦 基博「Q & A」(オーガスタレコード/アリオラジャパン)
制作:オフィスクレッシェンド
企画/配給:松竹

(C)2015「天空の蜂」製作委員会
 


『天空の蜂』オールキャストなポスター完成!


原作:東野圭吾×監督:堤幸彦

映画『天空の蜂

が9月12日(土)より全国公開となります。

この度、ついに本作の豪華オールキャストが勢揃いする、本ポスタービジュアルが完成です!

今回到着したビジュアルには、江口洋介、本木雅弘、仲間由紀恵、綾野剛をはじめ、柄本明、國村準、向井理、石橋蓮司、佐藤二朗ほか、豪華オールキャストが総集結。
『天空の蜂』ポスター
それぞれの表情には、胸に秘めた想い、そして揺るぐことのない決意が表れ、炎に包まれる超巨大ヘリ・ビッグBがその緊迫感をさらに増しています。

また、中央には、“絶対、守り抜く-”と力強いメッセージが添えられ、それぞれ大切なものを守り抜くために、命を懸けたカウントダウンが始まることを告げています。

日本消滅の危機まで残されたタイムリミットは8時間-。

天空の蜂

9月12日(土) 全国ロードショー 

公式サイト:www.tenkunohachi.jp
@tenku_bee #天空の蜂

過去記事:
江口洋介さん、本木雅弘さん、仲間由紀恵さん、綾野剛さん、堤幸彦監督が登壇した『天空の蜂』完成報告会見 豪華俳優陣が初結集

天空の蜂photo
********************************************************************

キャスト:
江口洋介 本木雅弘 仲間由紀恵 綾野剛 國村隼 柄本明
光石研 佐藤二朗 やべきょうすけ 手塚とおる 落合モトキ 松島花 向井理 竹中直人 石橋蓮司 他

監督:堤幸彦
原作:東野圭吾「天空の蜂」(講談社文庫)  
脚本:楠野一郎  
音楽:リチャード・プリン
制作:オフィスクレッシェンド 
企画/配給:松竹
(C)2015「天空の蜂」製作委員会 


佐藤浩市、樋口可南子が北海道・美瑛町へ!『愛を積むひと』舞台挨拶


「日本で最も美しい村」北海道・美瑛町を舞台に佐藤浩市と樋口可南子が夫婦役初共演の

愛を積むひと

が、約1年の撮影期間を経て完成!!!6月20日(土)の全国公開となります。

この度5月31日(日)、ロケ地・美瑛町にて記念セレモニーと舞台挨拶つき町民限定試写会がおこなわれ、佐藤浩市さん、樋口可南子さん、朝原雄三監督が再訪しました。

劇中で、良子(樋口)の思いを聞き入れ、篤史(佐藤)が積み上げた石塀はこのイベントにあわせ、再度積み上げられて無事に完成。

0531_愛を積むひと
本日のセレモニーでは佐藤さんと樋口さんが、この日のために用意された「ハート型に作られた石」をはめ込み、石塀を完成させました。このハート型の石は、撮影中にも石塀作りに協力をした平間造園が用意したもの。

ハートの石がぴったりとはめ込まれたこの石塀とセットは、映画公開初日と同じ6月20日から一般公開されます。

その後、佐藤さん、樋口さん、朝原監督の3人は、美瑛町町民センターで実施された美瑛町民のための特別試写会の舞台挨拶に登場。映画を観終わった直後には、美瑛町民430名で超満席となった場内から割れんばかりの大きな拍手が!!!!。

愛を積むひと劇中の白髪とはうってかわって黒髪で登場した

佐藤さん:劇中とはちょっと見た目が変わりましたが…(一同笑)

と笑いを交えて挨拶。続いて

樋口さん:この映画のために家を一軒建てていただき、本当に贅沢な撮影ができたことを感謝しています。

と町民へ改めて感謝の気持ちを伝えました。美瑛の印象を聞かれた佐藤さんと樋口さんは「家から見える雄大な風景」が最も印象に残っていると口をそろえ、

樋口さん:特に1階のリビングの縁側から見える丘と十勝岳の風景は本当に最高。そこで浩市さんとぼんやりと風景を見ながら贅沢な時間を過ごしました。

一方の朝原監督はその十勝岳をロケハンで登頂し、本当にキツかった思い出を披露。

監督:撮影で佐藤さんにも本当に登らせようとしたけれど、「俺は嫌だ」とはっきり断られました(笑)。

とのエピソードで会場を笑わせていました。

0531_愛を積むひと美瑛町
美瑛町を代表して、浜田哲町長が3人へ「丘のまち美瑛を舞台に素晴らしい作品を作ってくださって心からお礼を申し上げます」と感謝の言葉が述べられ、ついで町民から美瑛の特産品である「アスパラガス」が贈呈されました。


樋口さん:映画館のない美瑛町で、今日この地で映画を見ていただけたことはとても嬉しい。映画がこの場所からどんどん全国へ広がるようにご協力ください。

と締めくくった後、佐藤さんと樋口さんは熱気あふれる満席の会場を練り歩き、町民と直接お話や握手をしながら退場しました。

0531_愛を積むひと舞台挨拶
試写会、そして舞台挨拶を終えた直後の町民のみなさんからは「自分にも一人娘がいるので、篤史(佐藤さんの役)に通じるものを感じて、何度も泣かされた」「愛をたくさん感じた。これからも愛と時間を大事にして生きていきたい」「美瑛に移住、農業をしてきた自分と重ねて見てました」と熱く感想を語っていました。

佐藤さん&樋口さんの舞台挨拶については「撮影中には一度も会えなかった二人に今日、ようやく会えた」「朝早くから並んでよかった」「樋口さんはテレビで見るよりもすごくきれい」と興奮気味なコメントばかりでした。

美瑛町と町民の協力を得て完成した『愛を積むひと』は、美瑛の人々の温かな気持ちと思いを受けて、6月20日、いよいよ公開となります。

2015年6月20日(土)全国ロードショー

公式サイト:http://www.ai-tsumu.jp

過去記事:映画『愛を積むひと』完成披露試写会の模様


********************************************************************


愛を積むひとポスター物語・・・
第二の人生を大自然に包まれた美しい土地で過ごそうと、北海道に移り住むことにした夫婦、篤史と良子は、かつて外国人が暮らしていた家で暮らし始める。良子は篤史に家を囲む石塀作りを頼んだが、以前から患っていた心臓の病を悪化させて、この世を去ってしまう。
悲しみにくれる篤史のもとに、ある日良子より手紙が届いた。驚く篤史。そして、次々と見つかる手紙に導かれるように、篤史は周囲の人々の人生に関わっていく。
そして長年疎遠となっていた娘、聡子と再会し・・・。

原作:「石を積むひと」エドワード・ムーニー・Jr.(小学館文庫刊)
監督:朝原雄三(『釣りバカ日誌』シリーズ、『武士の献立』 )
出演:佐藤浩市、樋口可南子、北川景子、野村周平、杉咲花、吉田羊、柄本明

脚本:朝原雄三、福田卓郎
音楽:岩代太郎
劇中歌: 「SMILE」 (Nat King Cole)
製作:「愛を積むひと」製作委員会
企画・制作:アスミック・エース/松竹
制作プロダクション:松竹撮影所
配給:アスミック・エース/松竹
(C)2015「愛を積むひと」製作委員会


映画『愛を積むひと』完成披露試写会の模様


「日本で最も美しい村」北海道・美瑛町を舞台に佐藤浩市さんと樋口可南子さんが夫婦役初共演を果たした『愛を積むひと』が、約1年の撮影を経て遂に完成!!

全国公開を先立ち、佐藤浩市さん、樋口可南子さん、北川景子さん、野村周平さん、杉咲花さん、吉田羊さん、柄本明さん等の豪華キャストと朝原雄三監督による完成披露試写会での舞台挨拶が行われました。

『愛を積むひと』完成披露試写会
日付:5月13日
場所:丸の内ピカデリー1
登壇者:佐藤浩市、樋口可南子、北川景子、野村周平、杉咲花、吉田羊、柄本明、朝原雄三監督

0513_愛を積むひと_完成報告会見
完成披露試写会を行いました。老若男女のお客さんで埋め尽くされた会場に、豪華キャストと朝原監督が登壇すると、大きな拍手で迎えられました。

MC:佐藤さん、樋口さんにお聞きします。今回はほぼすべてのシーンを北海道・美瑛で撮影していますが、美瑛の印象、また役を作っていく中でロケで撮影した、ということが影響を与えたことなどがあればお話しください。

佐藤さん:美しい町です。一年のいちばんいい時期に撮影させていただきました。その場所に家を建てたことがすごい。そこから見える景色、朝夕の変化など、自然の力が、おおらかな気持ちにさせてくれました。

樋口さん:家の周りの大自然、丘の風景、見たことのないスケール感でした。そんな中でお芝居ができ、しかもオフまで満喫させていただきました。ただただ「美しい」から、撮影が進むと役柄も入ってきて、涙を感じる瞬間もありました。

MC:続きまして、北川さんにお聞きします。今回は佐藤浩市さん演じる篤史と、ある出来事がきっかけで疎遠となっている娘・聡子役を演じられましたが、佐藤さんと共演されて印象的なエピソードなどありましたでしょうか?

北川さん:佐藤さんとは今回初共演で、美瑛で初めてお会いしました。しかも最初の撮影がクライマックスの感情が昂ぶるシーンだったので、不安もありました。さすがに大変だから、と佐藤さんが撮影前に話す時間を作ってくれて、「景子ちゃんのお父さんはどんな人なの?」など聞いてくださり、役柄のバックグラウンドを肉付けしていって、撮影もうまくいきました。とても勉強になりました。

MC:野村さん、杉咲さんにお聞きします。今回お二人は恋人役での共演でしたが、お互いの印象はいかがでしたか?

野村さん:現場で会ったとき、自然体で良い子だなと思いました。妹みたいで、彼女役だったこと忘れてしまいました(笑)

杉咲さん:同じく…お兄ちゃんみたいだなと思いました。
気さくに話しかけてくださって、恋人としての距離感を大事にしたいとおっしゃってくれて、とてもありがたかったです。


MC:吉田さん、柄本さんにお聞きします。今回、夫婦役でしたが、いかがでしたでしょうか。

吉田さん:大先輩で大変緊張しました。最初のシーンが抱き合って喜ぶというシーンだったので。映画の中できちんと夫婦に見えていたら、それは柄本さんの懐の大きさによるものです!

柄本さん:初めて会って、抱き合って喜ぶ。そういう仕事です、はい(笑)

MC:朝原監督にお聞きします。主演の佐藤浩市さんと樋口可南子さん、お二人それぞれの印象と、お仕事された感想をお聞かせください。

朝原監督:佐藤さんはせっかちで「スケジュールどうなっている?」とよく聞いてきました。しかもスタッフ全員の名前を覚えていて、座長として皆のことを考えてくださいました。そこはお父さん(三國連太郎さん)と違うところで、あの人は自分のことしか考えない迷惑な役者でした(笑)でも佐藤さんの後ろ姿を撮っていたら、三國さんに似ていて…「この背中、見たことある」と思ったんです。なので、そろそろ二代目・三國連太郎を襲名してもよいのではないかと…

佐藤さん:勘弁してください(笑)

朝原監督:樋口さんは、いつもげらげら笑っている明るいおばさんでした(笑)ナイーブな役柄を「女優はやる気になったらやるのよ」とおっしゃっていたようにしっかり努めてくださいました。


MC:それではキャストの皆様にお聞きします。本作では「手紙」がキーアイテムとして登場しますが、皆さんが今まで贈られた(受け取った)手紙で、強く心に残っているものを教えていただけますでしょうか。

佐藤さん:昔30代半ばのころ、三國が「生かされてあればこそ」と一筆くれたんです。勝手に生きているという振る舞いが鼻についたのかもしれません。今になってジワジワとその言葉の重みを感じながら、この仕事を続けています。

樋口さん:20年ほど前にお亡くなりになった五社英雄監督の最後の2作品に出させていただいて、5通手紙をいただいたんです。「大きい大きい女優さんになってください。次回作は惚れすぎないよう、噛みつきたいと思います」とあって、女優にとっては殺し文句だなと。そろそろ朝原監督からも手紙をいただけると思っています(笑)(監督「メールします!」)

北川さん:10年ほど前の母からの手紙ですね。
10代で上京したばかりで、仕送りもしてもらっていて、迷惑ばかりかけていた私に「若くして自分のやりたいこと、進みたい道を見つけて、頑張っているあなたを誇りに思います」と書いてくれて…つらいときはいつも読み返してます。今も大切にとっています。

野村さん:上京するときにおばあちゃんから手紙と色紙をもらって、色紙に「堕落するな」と書いてありました。今も飾っています!

杉咲さん:小さい頃、お泊り遠足に行く前、お母さんから手紙をもらって「気を付けてね、大好きだよ」と書いてありました。すぐ帰りたくなりました(笑)

吉田さん:誕生日に母から手紙をもらって、「羊ちゃん見たよ」と疎遠になってた方からも連絡をもらうようになったらしく、「人と人をつなぐ尊い仕事をしてるわね」と書いてありました。この仕事を選んだ意味を再認識させられました。

柄本さん:20年ほど前、帰宅すると妻からの手紙が置いてありました。「別れてください」と。謝って、謝って、どうにか40年続いています(笑)

MC:最後に朝原監督から一言お願いいたします。

朝原監督:4年間温めた映画です。キャストもすばらしく、理想の形に出来上がりました。
地味な映画ですが、ぜひ楽しんでください。

愛を積むひと
愛を積むひと

2015年6月20日(土)全国ロードショー
公式サイト:http://www.ai-tsumu.jp


********************************************************************

愛を積むひとポスター物語・・・
第二の人生を大自然に包まれた美しい土地で過ごそうと、北海道に移り住むことにした夫婦、篤史と良子は、かつて外国人が暮らしていた家で暮らし始める。良子は篤史に家を囲む石塀作りを頼んだが、以前から患っていた心臓の病を悪化させて、この世を去ってしまう。
悲しみにくれる篤史のもとに、ある日良子より手紙が届いた。驚く篤史。そして、次々と見つかる手紙に導かれるように、篤史は周囲の人々の人生に関わっていく。そして長年疎遠となっていた娘、聡子と再会し・・・。

原作:「石を積むひと」エドワード・ムーニー・Jr.(小学館文庫刊)
監督:朝原雄三(『釣りバカ日誌』シリーズ、『武士の献立』 )
脚本:朝原雄三、福田卓郎
音楽:岩代太郎
劇中歌:「SMILE」 (Nat King Cole)
製作:「愛を積むひと」製作委員会
企画・制作:アスミック・エース/松竹
制作プロダクション:松竹撮影所
配給:アスミック・エース/松竹
出演:佐藤浩市、樋口可南子、北川景子、野村周平、杉咲花、吉田羊、柄本明
(C)2015「愛を積むひと」製作委員会
  


こんな佐藤浩市は見たことがない!映画『愛を積むひと』予告編完成。



2004年に出版され、翻訳本としては異例のロングセラーを続けているエドワード・ムーニーJr著の「石を積むひと」が舞台をアメリカから日本に移し新しい物語として誕生。

邦題を『愛を積むひと』として、6月20日(土)公開となります。

奥さんに先立たれて弱さを露呈する夫・篤史を演じる佐藤浩市さんを注目の予告編が完成です。



愛を積むひと長年連れ添った仲睦まじい夫婦。

樋口可南子演じる妻・良子に頼まれた石塀作りを渋々始める様子が映し出されると一転、妻の死に打ちひしがれた背中や、

「この手紙を読んでいるということは、私はもうあなたの傍にいないということですね」

「愛を積むひと」サブ4と亡き妻から届いた手紙を読み彼女の姿を探すように空を見上げる姿。

黄昏時に石塀の上でひとりうなだれている姿。

さらに慣れない手つきで赤ちゃんを抱いている姿。

最後には不器用に笑う姿まで、今までに見たことのない佐藤浩市さんがここに。

それら男の弱さは、初めて地毛の白髪で佐藤浩市さんが演じたからこその母性本能くすぐる愛すべき女々しさに感じるはず。

また豪華共演者たちの姿も垣間見れ、さらに北海道・美瑛町の素晴らしい風景も、スケール感たっぷりに映し出されています。


愛を積むひと

公開:2015年6月20日(土)全国ロードショー

公式サイト:http://www.ai-tsumu.jp

********************************************************************

愛を積むひとポスター 物語は・・・

第二の人生を大自然に包まれた美しい土地で過ごそうと、北海道に移り住むことにした夫婦。篤史と良子は、かつて外国人が暮らしていた家で暮らし始める。

良子は篤史に家を囲む石塀作りを頼んだが、以前から患っていた心臓の病を悪化させて、この世を去ってしまう。

悲しみにくれる篤史のもとに、ある日良子より手紙が届いた。驚く篤史。そして、次々と見つかる手紙に導かれるように、篤史は周囲の人々の人生に関わっていく。

そして長年疎遠となっていた娘、聡子と再会し・・・。


原作:「石を積むひと」エドワード・ムーニー・Jr.(小学館文庫刊)
監督:朝原雄三(『釣りバカ日誌』シリーズ、『武士の献立』 )
脚本:朝原雄三、福田卓郎
出演:佐藤浩市、樋口可南子、北川景子、野村周平、杉咲花、吉田羊、柄本明

音楽:岩代太郎
劇中歌: 「SMILE」 (Nat King Cole)
製作:「愛を積むひと」製作委員会
企画・制作:アスミック・エース/松竹
制作プロダクション:松竹撮影所
配給:アスミック・エース/松竹
(C)2015「愛を積むひと」製作委員会