『20センチュリー・ウーマン』マイク・ミルズ監督が撮った東京!写真展開催


映画情報どっとこむ ralph 前作『人生はビギナーズ』(10)で、75歳でゲイであることをカミングアウトした自らの父親と自分自身の関係を描いたマイク・ミルズ監督。
6年ぶりの新作は、自身が生まれ育った故郷サンタバーバラを舞台に、今度は自らの母親をモデルに「母と息子」の物語を完成させました。

お互いを必要としているのに、うまく表現できない、愛情深いシングルマザーと反抗期の15歳の息子。そして彼らを助ける2人の個性的な女性たちとの特別な夏をパンク・ロックなどの当時のカルチャーと共にユーモアを交えて爽やかに描きだしています。

映画情報どっとこむ ralph 本作のプロモーションのため、マイク・ミルズ監督は桜の散り始める3月下旬に来日。
『20センチュリー・ウーマン』0328アップルストア

トークイベントや雑誌の表紙撮影、対談、インタビューなど朝から夜までフル稼働のスケジュールの中、自由になるわずかな時間には宿泊先のホテルの近くをぶらぶらし、そして唯一のオフの日に親しい友人と散策した時に撮影したモノクロ写真が30枚ほど、ロサンゼルスに戻った監督から届きました。

東京が舞台のドキュメンタリー映画『マイク・ミルズのうつの話』では何度も来日。ロックバンドButter8のメンバーとして来日したこともあり、東京には詳しいミルズ監督。

取材中も「あの店はまだあるの?」「あの本屋はなくなったんだね」と東京の馴染みの街について質問していました。久々に訪れた東京は、ミルズ監督の眼にどのように映っていたのか―。
この度公開を記念し原宿のトーキョー カルチャートbyビームスにてこの写真を特別に披露します。

映画情報どっとこむ ralph I WANT TO SEE THIS MODERN WORLD.
TOKYO PHOTOS BY MIKE MILLS
会期:2017年6月2日(金)~ 7日(水)
場所:トーキョー カルチャートbyビームス
住所:〒151-0001 東京都渋谷区神宮前3-24-7 3F
営業時間:11:00 – 20:00
電話:03-3470-3251
http://www.beams.co.jp

また5月20日(土)発売の「SWITCH Vol.35」にも監督インタビューとともにこの写真の一部が掲載されます。
映画情報どっとこむ ralph 物語・・・
1979年、サンタバーバラ。シングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、思春期を迎える息子ジェイ ミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育に悩んでいた。ある日ドロシアはルームシェアで暮らすパンクな写真家アビー(グ レタ・ガーウィグ)と、近所に住む幼馴染みで友達以上恋人未満の関係、ジュリー(エル・ファニング)に「複雑な時代を生き るのは難しい。彼を助けてやって」とお願いする。15歳のジェイミーと、彼女たちの特別な夏がはじまった。



***********************************

監督・脚本:マイク・ミルズ『人生はビギナーズ』
出演:アネット・ベニング『キッズ・オールライト』、エル・ファニング『ネオン・デーモン』、グレタ・ガーウィグ『フランシス・ハ』、 ルーカス・ジェイド・ズマン、ビリー・クラダップ『スポットライト 世紀のスクープ』
提供:バップ、ロングライド
配給:ロングライド
©︎ 2016 MODERN PEOPLE, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ