加藤雅也で『棒の悲しみ』リメイク 公開日決定!北方謙三小説映画化


映画情報どっとこむ TJ 11月26日(土)より公開の映画「棒の哀しみ」。

1994年に神代辰巳監督、主演・奥田瑛二さんで映画化され、第37回ブルーリボン賞作品賞等、数々の映画賞を受賞した「棒の哀しみ」をリメイク。

%e6%a3%92%e3%81%ae%e5%93%80%e3%81%97%e3%81%bf 監督は、助監督として神代辰巳監督に師事し、前作の「棒の哀しみ」では脚本を務めた伊藤秀裕さん。主な監督作品は、1996年「男たちのかいた絵」、2002年モントリオール国際映画祭正式出品作品「ピカレスク 人間失格」、2013年「チャイ・コイ」など。

主演を務めるのは、加藤雅也さん。今作では、時に今にも壊れてしまいそうな弱さを見せる一方で、不気味なほどのヤクザの顔を見せる主人公・田中のもの悲しく、人間味に溢れる生き様を体現しています。

映画情報どっとこむ TJ 原作は北方謙三の同名小説。
 
%e6%a3%92%e3%81%ae%e5%93%80%e3%81%97%e3%81%bfs3気になるあらすじは・・・

グレーのスーツ、地味なネクタイ、きっちりと整えられた髪。よく独り言を呟く神経質な男、田中。一見普通に見えるが、職業は大村組幹部というヤクザ者。時には素人をいたぶり、ケチな取り立てなど、若い衆がやるような仕事もこなす日々。独身だが、自分の情婦・芳江に素人娘を高級娼婦へと育てあげるようなことまでさせている。

大村組の若頭でありながら、組長に疎んじられている田中は、危険な仕事ばかり回される日々に、苛立ちを募らせていた。そんなある日、組長の大村は、田中に新しい組を作れと命令する。上納金だけ絞り取り、跡目は若い倉内に継がせようとしていることを察する田中。もがき苦しみながら極道という修羅場をしたたかに生き抜こうと、田中は野心を燃やす。

映画情報どっとこむ TJ 11月26日(土) 初日舞台挨拶決定しています!

加藤雅也さん近くで見ると銀幕スター感半端ないですよ!是非!!

日 時:11月26日(土) 20:00の回(映画上映前)
場 所:池袋シネマ・ロサ
料 金:1,800円
登壇者(予定):加藤雅也、大鶴義丹、井上奈々、竹崎綾華、高嶋香帆、監督・伊藤秀裕

映画情報どっとこむ TJ %e6%a3%92%e3%81%ae%e5%93%80%e3%81%97%e3%81%bf%e3%83%9d%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc棒の悲しみ

11月26日(土)より、池袋シネマ・ロサ/シネマノヴェチェントほか全国順次公開!!

池袋シネマ・ロサでの上映は11/26(土)、27(日)のみとなります(レイトショー予定)

公式HP:
www.exf.info  

Twitter:
@bounokanashimi

・なら国際映画祭2016 正式招待作品
 (2016年9月17日~22日)
・第三回新人監督映画祭 招聘部門上映作品
 開催日時:2016年11月5日(土)、6日(日)、
      11日(金)、12日(土)、13日(日)
 会場:【オープニング】アーバンドック ららぽーと豊洲 シーサイドデッキメインステージ
 上映会場:ユナイテッド・シネマ豊洲(アーバンドック ららぽーと豊洲内)

***********************************

キャスト:加藤雅也、大鶴義丹、神保悟志、団時朗、中丸シオン、井上奈々、竹崎綾華、高嶋香帆/内山理名(特別出演) 他

脚本・監督:伊藤秀裕
原作:北方謙三「棒の哀しみ」(集英社文庫刊)
製作:コンセプトフィルム
制作協力:エクセレントフィルムズ
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ