ちすん、福本愛菜が出演映画『スキャナー 記憶のカケラをよむ男』


2016年GWに全国公開予定の映画『スキャナー 記憶のカケラをよむ男』。

現代劇初挑戦の野村萬斎が残留思念(物や場所に残った人間の記憶や感情など)を読める元・お笑い芸人の人間嫌い、仙石和彦を熱演し、宮迫博之が口は悪いが、仙石が唯一、本音でぶつかれる元相方の丸山竜治を演じ、これまでにないコンビで様々な事件に挑んでいく本作。

この度、本作に、ちすんさん、福本愛菜さんが参加することが決定しました!!!
ちすんさん&福本さん
行方不明となった音楽教師の沢村雪絵。教え子である秋山亜美の依頼によって、かつて人気お笑いコンビで活躍した元マイティーズの仙石と丸山はその行方を捜し始め、手がかりを捜すべく、雪絵が勤めていた音楽学校へ赴きます。そこで出会ったのは沢村雪絵の同僚である美しき音楽教師・伊藤忍。しかし、残留思念を読み取る仙石たちを見て、「インチキに決まってる」と冷たく言い放ち、彼らに疑いの目をむけます。

そんな美しき音楽教師・伊藤忍を演じるのはちすんさん。特撮番組「超星神グランセイザー」(テレビ東京)の敵女戦士・ルシア役でドラマデビューを果たし、その後も、テレビドラマ、連続テレビ小説「風のハルカ」(NHK)で、主人公・ハルカ(村川絵梨)の勤める大阪の旅行会社の先輩社員役を演じ、注目を浴びます。映画でも数々の人気作品に出演し、活躍の場を広げ、実力派女優として注目される女優の一人。本作でも、行方不明となった同僚を心配する一方で、どこか妖艶さも兼ね備えている美しき音楽教師を演じています。

一方、マイティーズがかつて所属した芸能事務所・峠プロダクション。
その事務所で“秋葉原系プチプリアイドル・唯川ひな子“としてアイドル活動する傍ら、社長の峠 久美子の下、事務員としても働くひな子。そんな彼女を演じるのは福本愛菜さん。

元・人気アイドルグループNMB48チームNの元メンバーでしたが、脱退後、吉本新喜劇の研究生として入団。大阪・なんばグランド花月の舞台などで活躍。テレビドラマに関しては「保育探偵25時〜花咲慎一郎は眠れない!!〜」(テレビ東京)での出演経験があるものの、映画出演に関しては本作が初。本作ではベテラン女優・高畑淳子との共演シーンも多い中、映画初出演とは思えない、テンポのよい台詞のやりとりなども見せ、自然体の演技を披露しています。

スキャナー_ロゴ
伊藤忍役・ちすんさん コメント

Q:今回、雪絵の同僚で音楽教師役という役どころでしたが、いかがでしたか?演じるにあたって金子監督からどんな要望やアドバイスがありましたか?

A:とてもミステリアスな存在なので、難しそうだけど、演じるのが楽しそうだなと思いました。監督からは背筋を伸ばしもっと胸を張って!と言われました。“凛とした女性”、そして、“なんだか不思議な女性”に映っているといいなぁと思っています。


Q:ご共演者には、野村萬斎さん、宮迫博之さん、杉咲花さんと個性豊かな方がそろっておりますが、実際に共演されてみていかがでしたか?

みなさんとても素敵な役者さんなので緊張しましたが、役柄上、みなさんに流されないように、飲み込まれないように意識しました。


ひな子役・福本愛菜さん コメント

Q:今回、映画の初出演を果たしましたが、率直な感想を聞かせてください。

A:映画の話をいただいたときは素直にめっちゃ嬉しかったです!念願の映画初出演ということで、すごく気合いも入ってました!演技をすることの楽しさを改めて感じ、周りの方々から刺激を受けながら撮影できました!


Q:ご自身、元NMB48でアイドルとしてご活躍されていましたが、今作でアイドル兼事務員という役どころを演じるにあたって意識した点はありますか。また、その経験が活きた点があれば教えてください。

A:事務員としての仕事をしつつアイドルらしさを出すというのはすごく難しかったんですが、話し方に丸みを持たせるように意識しました。あと事務所に貼ってるポスターの撮影では、NMB時代に数々の撮影で得たポーズとアイドルスマイルが活きてたんじゃないかなと思います!

映画『スキャナー 記憶のカケラをよむ男』

2016年GW全国ロードショー
公式サイト:scanner-movie.jp

(C)2016「スキャナー」製作委員会

********************************************************************


関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ