『百日紅~Miss HOKUSAI~』一足先に試写しました

投稿日2015/05/07

杏さん、松重豊さんが声の出演をしていることで話題のお江戸の四季を通して自由闊達に生きる人々を描く、浮世エンターテインメント!

百日紅 ~Miss HOKUSAI~

いよいよ5月9日(土)よりTOHOシネマズ日本橋、テアトル新宿他全国公開です。

百日紅ジャパン プレミア

百日紅ジャパン プレミア

先日行われたジャパンプレミアの際に拝見させていただきました。

感想を先に述べますと・・・とっても良かったです。

“アニメ好き”ではない大人向けのアニメのあり方の一つを示しているのではないかと。

先ずはどんなものがたりかと言うと・・・

百日紅(さるすべり)の花が咲く江戸の町。
百日紅ポスター
浮世絵師・お栄は、父であり師匠でもある葛飾北斎とともに絵を描いて暮らしています。

雑然とした家に集う善次郎や国直と騒いだり、犬と寝転んだり、離れて暮らす妹・お猶と出かけたりしながら絵師としての人生を謳歌。今日も江戸では、両国橋や吉原、火事、妖怪騒ぎ、など喜怒哀楽に満ちあふれた世界が描かれています。

恋に不器用なお栄は、絵に色気がないと言われ落ちこむが、絵を描くことはあきらめない。

そして、百日紅が咲く季節が再びやってくる、嵐の予感とともに……。


落語の世界をアニメで見ているようで全編テンポがよく、江戸の世界にはまれます。

普段、声優は声優さんがやるべき派の僕ですが・・・

本作の主人公、浮世絵師のお栄を演じるのは、実力派女優の杏さん。とっても伸びやかで、江戸の勝気な女性。それでいて現代の女性を感じさせていて好印象。

お栄と父娘でもあり師弟の葛飾北斎を演じている松重豊さんは声優が初めてとは思えないはまりっぷりです。

濱田岳さんに至っては声優?と思えるほど。


そして、今回特出すべきは、お栄の妹のお猶を演じた清水詩音さん。子役の方ですが、この妹の声がこの映画に筋を通してくれている気さえする好演です。

百日紅
映画はフランス、イギリスなど世界6国での上映が決まっていて、更にフランスのアヌシー国際アニメーション映画祭の長編コンペティション部門に正式招待されました!

どのように、海外の方の目に映るのか。楽しみです。

椎名林檎 そしてもう一つ残るのが主題歌。

椎名林檎さんの「最果てが見たい」なのですが、映画の世界観にとてもマッチしていて、改めて映画の主題歌って大事だなと思わせてくれる楽曲となっています。

因みに、5月13日(水)に全世界同時配信リリースが決定しています。


公式:椎名林檎 「最果てが見たい」特設サイト
http://sp.universal-music.co.jp/ringo/saihate/

江戸の四季を通して自由闊達に生きる人々を描く、浮世エンターテインメント!

百日紅 ~Miss HOKUSAI~

5月9日(土)よりTOHOシネマズ日本橋、テアトル新宿他全国公開です。
原 恵一監督もかなりの自信作とおっしゃっています。

是非、お近くの映画館で。
大きい画面の方が絶対に良いですよ。この作品。

公式WEB:sarusuberi-movie.com



********************************************************************

監督:原 恵一
(『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲』、『河童のクゥと夏休み』、『カラフル』)
原作:杉浦日向子「百日紅」
出演:杏、松重豊、濱田岳、高良健吾、美保純、清水詩音、麻生久美子、筒井道隆、立川談春
入野自由、矢島晶子、藤原啓治

制作:Production I.G 配給:東京テアトル
(c)2014-2015杉浦日向子・MS.HS/「百日紅」製作委員会
 
関連記事:


 

************************************

 

以下のランキングに登録しています。良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

映画情報どっとこむ

映画情報どっとこむへの作品掲載

映画情報サイトです。配給会社・監督・プロデューサー・映画祭・学生映画系の皆さん。そしてパブの方!HPサイト映画情報どっとこむ:http://eigajoho.com/ で情報発信しませんか? pub@eigajoho.comまでどうぞ。
記事掲載は無料。広告は週単位で有料です。