映画情報どっとこむ ralph

第18回ラテンビート映画祭 IN TIFF

この度、今年で18年目を迎えるスペイン&ラテンアメリカ映画の祭典「第18回ラテンビート映画祭」(LATIN BEAT FILM FESTIVAL 2021)」は、昨年は新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点からオンライン主体の開催となりましたが、今年は東京国際映画祭の共催企画として開催いたします。
TIFF2021_東京国際映画祭
単独開催による新宿バルト9、梅田ブルク7、横浜ブルク13での劇場上映、及びデジタル配信はございません。

スペイン&ラテンアメリカ映画の祭典
「第18回ラテンビート映画祭 IN TIFF」 開催決定!!
東京国際映画祭ワールド・フォーカス部門内にて3作品を劇場上映!

この度、今年で18年目を迎えるスペイン&ラテンアメリカ映画の祭典「第18回ラテンビート映画祭」(LATIN BEAT FILM FESTIVAL 2021)」は、昨年は新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点からオンライン主体の開催となりましたが、今年は東京国際映画祭の共催企画として開催いたします。(単独開催による新宿バルト9、梅田ブルク7、横浜ブルク13での劇場上映、及びデジタル配信はございません。)

今年は、「第18回ラテンビート映画祭 IN TIFF」として、東京国際映画祭ワールド・フォーカス部門内にて3作品を上映いたします。中南米に初めてヴェネチア国際映画祭で金獅子賞をもたらしたベネズエラ人監督・ロレンソ・ビガスによる待望の最新作『箱』、2021年の第74回カンヌ国際映画祭で批評家週間に選出された『リベルタード』、ヴェネチア国際映画祭で銀獅子賞・脚本賞を受賞した『気狂いピエロの決闘』などで熱烈な支持を集めるアレックス・デ・ラ・イグレシア監督の最新作『ベネシアフレニア』の3作品のラインナップとなっております。

映画情報どっとこむ ralph

◆「第18回ラテンビート映画祭 IN TIFF」上映作品紹介

●『箱』 The Box [La Caja]

The Box
メキシコ北部。祖母と暮らすメキシコ・シティから父の遺骨を受け取りに来た少年ハツィンは、その帰り道でバスの窓から、父と瓜二つの男・マリオを目撃する。マリオは父であることを否定するが、何度も押しかけてくるハツィンを仕方なく自分のビジネスの助手として採用する。彼は、大工場に貧しい人々を労働者として斡旋するブローカーだった……。

2015年の『彼方から』(LBFF2016で上映)で、中南米に初めてヴェネチア映画祭金獅子賞をもたらしたベネズエラ人監督・ロレンソ・ビガス待望の最新作。2021年の第78回ヴェネチア国際映画祭コンペティション作品。
マリオを演じるエルナン・メンドーサは、舞台演出家としても活躍するメキシコ人俳優。ミシェル・フランコ監督の第65回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門グランプリ作『父の秘密』(12)にも出演している。

監督:ロレンソ・ビガス
出演:エルナン・メンドーサ、ハツィン・ナバレッテ、クリスティーナ・ズルエタ
2021年/ドラマ/アメリカ・メキシコ合作/93分/カラー

●『リベルタード』 Libertad

LIBERTAD
15歳の少女ノラは、母と小さな妹とともに、祖母が療養するスペインの海沿いの邸宅で夏休みを過ごすことになる。もう子供ではなく、かといって大人でもない。なんとも言えない居心地の悪さを感じるノラの前に、邸宅の使用人の娘でコロンビア出身のリベルタ―ドが現われる。育ちも性格も対照的なふたりの少女は、互いを牽制しあいながらもやがて友情を育んでいくが……。
ハイメ・ロサレス監督の『ペトラは静かに対峙する』(18)の共同脚本で知られる脚本家、クララ・ロケの初監督作。2021年の第74回カンヌ国際映画祭では、批評家週間に選出されている。
ノラ役のマリア・モレラは、本作が主演2作目となるスペインの新進女優。リベルタード役、コロンビア出身のニコール・ガルシアは本作がデビュー作となる。ペドロ・アルモドバル監督作『ペイン・アンド・グローリー』(19)のノラ・ナバスが、ノラの母役を務めている。

監督:クララ・ロケ
出演:マリア・モレラ、ニコール・ガルシア、ノラ・ナバス
2021年/ドラマ/スペイン・ベルギー合作/109分/カラー
(c) Lastor Media

●『ベネシアフレニア』 Veneciafrenia

VENECIAFRENIA
イタリアのヴェネチアに、スペイン人観光客グループが到着するが、彼らは1人、また1人と姿を消していく。その陰には、街を外国人から取り戻そうとする秘密結社の存在があり……。

ヴェネチア国際映画祭銀獅子賞・脚本賞受賞の『気狂いピエロの決闘』(10・LBFF11で上映)、ゴヤ賞8部門受賞の『スガラムルディの魔女』(13・LBFF14で上映)など、熱烈な支持を集めるアレックス・デ・ラ・イグレシア監督が、ダリオ・アルジェント監督らが手掛けた1970年代イタリアの“ジャッロ映画”にオマージュを捧げた最新作。

出演は『007/カジノ・ロワイヤル』(06)にも出演したイタリア人女優のカテリーナ・ムリーノ、同じくイタリア出身で『天使と悪魔』(09)のコジモ・ファスコ、『ザ・レイジ/果てしなき怒り』(15)などスペイン映画界で活躍するスウェーデン出身のイングリッド・ガルシア・ヨンソンほか。

監督:アレックス・デ・ラ・イグレシア
出演:カテリーナ・ムリーノ、コジモ・ファスコ、イングリッド・ガルシア・ヨンソン
2021年/ホラー/スペイン/100分/カラー
(c)2021 POKEEPSIE FILMS S.L. – THE FEAR COLLECTION I A.I.E.

映画情報どっとこむ ralph

◆「第18回ラテンビート映画祭 IN TIFF」

東京国際映画祭公式サイト:
こちら

ラテンビート映画祭公式サイト:
https://lbff.jp/index.html
Facebook:
@LatinBeatFilmFestival
Twitter:
@LATINBEAT_FF
Instagram:
@latinbeat_filmfestival/

映画情報どっとこむ ralph

◆ラテンビート映画祭

主催:LBFF実行委員会 プロデューサー・プログラミングディレクター:アルベルト・カレロ・ルゴ
制作コーディネート:杉田洋子、根岸由紀 プレス:(株)ライトフィルム 字幕:東映ラボ・テック(株)
上映協力:アテネ・フランセ文化センター ライター・編集:村上健一 アートディレクション&デザイン:金澤竜也、奥津裕郁

「第18回ラテンビート映画祭 IN TIFF」のチケットは、10月23日(土) から一般発売開始となります。詳細は東京国際映画祭公式サイトをご確認ください。

◆ラテンビート映画祭 プロデューサー/プログラミング・ディレクター

アルベルト・カレロ・ルゴ(Alberto Calero Lugo)コメント
第18回ラテンビート映画祭は今年、東京国際映画祭との3回目のコラボを実施できることになりました。作風の異なる3本の作品は、それぞれユニークなキャラクターとメッセージ性に富み、皆さんの記憶に長く残ることでしょう。階級や出自の差に揺れ動く少女たちの心を描いた『リベルタード』、経済的な生存競争がもたらす矛盾を炙り出す『箱』、マスツーリズムを巡る恐怖を題材にした『ベネシアフレニア』。いずれも日々進化する世界を映し出す作品です。また、LBFFも新たな試みとして、旧作やクラシック作品(今年生誕100周年を迎えたスペインの巨匠ルイス・ガルシア・ベルランガ監督の代表作や、1940~50年代のメキシコ映画界黄金期の作品、さらにはホラーやエロス映画の特集プログラムなど)を配信するプラットフォームを開設予定です。 今年はTIFFのオープニングやコンペティション、ガラ・セレクションでもスペインとラテンアメリカにゆかりある作品が上映され、嬉しく思います。

映画情報どっとこむ ralph TIFF2021東京国際映画祭

<第34回東京国際映画祭 開催概要>

開催期間: 2021 年 10 月 30 日(土)~11 月 8 日(月)
会場:日比谷・有楽町・銀座地区
公式サイト:www.tiff-jp.net

<TIFFCOM2021 開催概要>
開催期間: 2021年11月1日(月)~3日(水・祝) 
公式サイト:www.tiffcom.jp

***********************************

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
  にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ    にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ