映画情報どっとこむ ralph 映画『スパイラル:ソウ オールリセット』が、9月10日(金)より全国公開となります。
スパイラル:ソウ オールリセット
誕生から17年。スリラー映画『ソウ』シリーズは常に世界観を拡大し、映画ファンを絶叫と熱狂の嵐に巻き込み続けました。そして、2021年。過去8作をアップデート&リセットした《完全なる新章》が誕生!!

“ソウフリーク”として知られるクリス・ロック、さらには怪優サミュエル・L・ジャクソンも参戦! 監督を務めるのは『ソウ2~4』のダーレン・リン・バウズマン。J・ワン&L・ワネルが創造した原点『ソウ』の世界観を拡張した“育ての親”が、再びシリーズの再構築を成し遂げ、ました! シリーズを愛し、知り尽くす製作陣が創造したジグソウを凌駕する猟奇犯とは?彼が仕掛ける凄惨で新しいゲームとは?いま、『ソウ』シリーズを鮮烈に、過激にリセットする。

およそ1年の公開延期を経て2021年5月12日に公開された全米ではコロナ禍にも関わらず、映画館のみでの上映を決断。全米中のホラーファンがこぞって映画館に駆け付け、初登場2週連続No.1を獲得!!全米映画興行復活を象徴する1作となりました。過去シリーズを完全に刷新し、新たな進化を遂げた《完全なる新章》が幕を開ける!!
スパイラル:ソウ オールリセット
タイトルから『ソウ』を外し、新たに『スパイラル:ソウ オールリセット』と銘打った本作。過去シリーズと関係する登場人物は一新され、ジグソウの後継者を巡る物語をリセット。全く新しい“ジグソウを凌駕する猟奇犯”が現れる。彼が仕掛けるトラップの数々とは一体? そしてゲームの目的と、その行方は? 新たなゲームも【最前列】から始まる。
スパイラル:ソウ オールリセット

映画情報どっとこむ ralph この度サミュエル・L・ジャクソン登場シーンを初解禁!

今回初公開となった本編シーンは、名優サミュエル・L・ジャクソンが登場する重要な場面。不気味な渦巻模様と青い箱を手掛かりに、同僚警察官が犠牲となった事件を捜査する主人公・ジーク(クリス・ロック)が、身体を休めるために自宅に帰ると、鍵をかけたはずのドアが開いている…。“ジグソウを凌駕する猟奇犯”が、もしや狙ってきたのではと思い銃を構えながら入室するジーク。しかしそこに居座っていたのは、伝説的刑事として名高いジークの父・マーカス(サミュエル・L・ジャクソン)の姿だった! 「父親に銃を向けるのか? お前をぶっ殺したかも」と、放送禁止用語を駆使しながら息子を威圧! しかし本音は、息子を心配して様子を見に来たようで、「“ジグソウ模倣犯”か。手ごわいな」とアドバイスをするのであった。しかし本当に息子に寄り添う優しい父親なのか? 犠牲となった刑事とも顔見知りであったマーカスは、捜査状況を確認する為にコミュニケーションを取りに来たのかも知れない?もしかしてサミュエルが犯人では…?と色々な想像が膨らむ、風格たっぷりな登場シーンとなっている。

映画情報どっとこむ ralph

共演者、スタッフからコメントも到着

そんなサミュエルが出演を果たす本作だが、共演者、スタッフが、サミュエルとの共演に熱狂したという。今回関係者のコメントが到着した!

●製作総指揮/ジーク・バンクス役:クリス・ロック
僕はサミュエル・L・ジャクソンと親子の役を演じたわけだけど、うまくいったんじゃないかなと思う。年齢的にもね。サムのことをだれもが絶賛する。まさに、何をするにしても素晴らしいってね。サミュエル・L・ジャクソンの凄い所は、撮影現場で会って10秒後には、もう役に入っている。またサムの台詞には説得力があるんだ。それほど素晴らしい俳優ってことだよね。作品をひとつ上のレベルに引き上げてくれる力がある。サミュエル・L・ジャクソンが出てくると、本物の映画を観ている気持ちにさせてくれるんだ。

●ウィリアム・シェンク役(ジークの相棒):マックス・ミンゲラ
サムは天才的な才能があって、現役の俳優の中で最も素晴らしい人物のひとりで、憧れの存在なんだ! サムと同じ空間にいるのも、同じチームで作品を作れることも、ものすごく恐れ多いことのような気がした。『スパイラル:ソウ オールリセット』にサムが参加してくれて、ぼくたちは本当に幸運だった。

●脚本:ジョシュ・ストールバーグ
誰もが憧れる役者が出演する作品の脚本を書くとき、一種の不安が確かに生まれる。それがサミュエル・L・ジャクソンの様な、偉大な俳優ならなおさらだ。脚本を書きながら、この作品でも「マザーファッカー」が聞けるかもと期待したんだ。サミュエル・L・ジャクソンがキャスティングされた時点で、その言葉は絶対に台詞の中に登場させるんだと決めたんだ。現場の演技で最も印象に残っているのが、撮影初日の1テイク目、彼の最初の台詞だ。グラスを壁に投げつけて「マザーファッカー」と怒鳴るシーンで、カットがかかると、カメラのほうを向いて「さて、これでひとつ片付いたね」と言ってくれたんだよね(笑)

●監督:ダーレン・リン・バウズマン
『クール』という言葉はサムのためにあるようなものだと思った。サムがセットに入ってくると、現場は良い意味の緊張感で満たされる。その存在感と周りの空気が変わっていくのを肌で感じることができたのは、最高の経験になった。自分が監督を手がける作品にサムが出演したなんて、ある意味いまでも信じられないよ。

映画情報どっとこむ ralph

『スパイラル:ソウ オールリセット』

9月10日(金)全国公開

STORY
地下鉄の線路上。舌を固定され、宙吊りの男。舌を引き抜いて生きるか、ぶらさがったまま死ぬか?猛スピードの電車が轟音を立てて迫り、やがて無残にも男の体は四散する。それはジグソウを凌駕する猟奇犯が仕掛けた、新たなゲームの始まりだった――。ターゲットは《全て警察官》。不気味な渦巻模様と青い箱が、捜査にあたるジークと相棒ウィリアムを挑発する。やがて、伝説的刑事でありジークの父・マーカスまでもが姿を消し、追い詰められていくジーク。ゲームは追うほどに過激さを増し、戦慄のクライマックスが待ち受ける。
『スパイラル:ソウ-オールリセット』ポスター

***********************************

出演:クリス・ロック マックス・ミンゲラ マリソル・ニコルズ and サミュエル・L・ジャクソン 
監督:ダーレン・リン・バウズマン(『ソウ2』『ソウ3』『ソウ4』)
脚本:ジョシュ・ストールバーグ ピーター・ゴールドフィンガー(『ジグソウ:ソウ・レガシー』『ピラニア 3D』)
製作:マーク・バーグ オーレン・クールズ(『ソウ』シリーズ) 製作総指揮:クリス・ロック ジェームズ・ワン リー・ワネル グレッグ・ホフマン ケヴィン・グルタートほか
音楽:チャーリー・クロウザー(『ソウ』シリーズ) 
原題:SPIRAL: From the Book of Saw/2019年/アメリカ/93分/シネマスコープ/5.1chサラウンド/字幕翻訳:松浦美奈/R-15
提供:アスミック・エース/ポニーキャニオン
配給:アスミック・エース 
®, TM & © 2021 Lions Gate Ent. Inc. All Rights Reserved.
関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
  にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ    にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ