映画情報どっとこむ ralph 「動機はそちらで見つけてください」 アナウンサー志望の女子大生が父親を刺殺するという衝撃的な導入で始まる島本理生の小説『ファーストラヴ』。主演:北川景子×監督:堤幸彦で完全映画化となり、2月11日(木・祝)に全国公開です。

北川景子を優しく包み、温かく見守る窪塚洋介の姿が印象的な『ファーストラヴ』本編映像解禁

今回解禁となるのは、窪塚洋介が演じる我聞が、愛する妻・由紀(北川景子)を優しく包み込む様子が伝わる本編映像。

写真館を営むカメラマンの我聞が公認心理師である妻・由紀の帰宅を待ちながらキッチンで料理を作っています。
帰宅した由紀に「お帰り」と我聞が優しく声をかけると、キッチンからの良い匂いにつられた由紀はすぐ横に立ち、「もしかして得意のポトフ!?」と嬉しそうに満面の笑顔を見せながら、女子大生による父親殺害事件の取材について語り始め。
北川景子x窪塚洋介『ファーストラヴ』北川景子x窪塚洋介『ファーストラヴ』 北川景子x窪塚洋介『ファーストラヴ』
公認心理師として日々人間の心の問題と向き合い多忙な日々を過ごしていても、我聞のような夫が優しく見守り寄り添ってくれているからこそ、家ではつかの間のリラックスした表情を見せられる夫婦の関係性と安心感が伝わるシーンとなっています。

映画情報どっとこむ ralph <ファーストラヴ>というタイトルに隠された事件の真相とは?
見る者の<愛された記憶>を刺激する禁断のサスペンス・ミステリーに是非ご注目ください。

『ファーストラヴ』

公式サイト:firstlove-movie.jp
公式Twitter @firstlove2021
公式Instagram @firstlove2021
#ファーストラヴ

主演を務めるのは、人を惹きつける芝居と端麗な容姿で幅広い層から絶大な支持を誇る北川景子。
女子大生による動機なき殺人事件の真相に迫る、主人公の公認心理師・真壁由紀(まかべ・ゆき)を演じる。
ミステリアスな容疑者に翻弄されながらも、彼女の心理を解明していくうち、由紀自身が心の奥底にしまい込んでいた<ある記憶>も暴かれていくという複雑な役どころを体当たりで演じ、女優としての新境地を見せる。
さらに由紀の義理の弟で、由紀と共に、事件の真相に迫る敏腕弁護士・庵野迦葉(あんの かしょう)に中村倫也。
父親殺しの容疑者・聖山環菜(ひじりやま かんな)には芳根京子。そして由紀の夫であり、迦葉の兄・真壁我聞(まかべ がもん)に窪塚洋介。

人気・実力ともにトップクラスの俳優陣が集結。監督には『十二人の死にたい子どもたち』をはじめ、数々のスタイリッシュなサスペンス作品でファンを生み出してきた堤幸彦監督が務めます。

今最も注目されているシンガーUruが提供した挿入歌「無機質」にのせて、主人公:由紀(北川)と弁護士:迦葉(中村)の”閉じ込めた愛の記憶“が映し出された本編映像が初解禁!

<あらすじ>
川沿いを血まみれで歩く女子大生が逮捕された。殺されたのは彼女の父親。
「動機はそちらで見つけてください。」
容疑者・聖山環菜の挑発的な言葉が世間を騒がせていた。
事件を取材する公認心理師・真壁由紀は、夫・真壁我聞の弟で弁護士の庵野迦葉とともに彼女の本当の動機を探るため、面会を重ねる。
二転三転する供述に翻弄され、真実が歪められる中で、由紀は環菜にどこか過去の自分と似た「何か」を感じ始めていた。
そして自分の過去を知る迦葉の存在と、環菜の過去に触れたことをきっかけに、由紀は心の奥底に隠したはずの「ある記憶」と向き合うことになるのだが…。
ファーストラヴ

***********************************

北川景子
中村倫也 芳根京子
板尾創路 石田法嗣 清原翔 ・ 高岡早紀
木村佳乃 窪塚洋介

監督:堤幸彦
脚本:浅野妙子
原作:島本理生『ファーストラヴ』(文春文庫刊)
音楽:Antongiulio Frulio
主題歌・挿入歌:Uru「ファーストラヴ」「無機質」(ソニー・ミュージックレーベルズ)

製作:『ファーストラヴ』製作委員会
制作:角川大映スタジオ/オフィスクレッシェンド
配給:KADOKAWA
Ⓒ2021『ファーストラヴ』製作委員会
     

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ