映画情報どっとこむ ralph 松坂桃李主演の『あの頃。』が2月19日より全国公開。原作は、神聖かまってちゃんの元マネージャー・劔樹人によるハロー!プロジェクトへの熱い愛と、大切な仲間たちとの出会いと別れを描いた自伝的青春コミックエッセイ「あの頃。男子かしまし物語」(イースト・プレス刊)。
あの頃。
この度、主演の松坂桃李と、共演の仲野太賀、コカドケンタロウ、そして原作者の劒樹人が登壇して公開直前イベントが行われました。イベントには、登壇者にサプライズでモーニング娘。OGの藤本美貴も登場!大盛り上がりとなりました。
『あの頃。』公開直前イベント

ミキティー降臨に松坂桃李、仲野太賀大興奮『あの頃。』公開直前イベント

日時:2月3日(水)
会場:スペースFS汐留
登壇:松坂桃李、仲野太賀、コカドケンタロウ、原作・劔樹人
サプライズ登壇:藤本美貴「モーニング娘。OG」

映画情報どっとこむ ralph 「“推し”に出会って“仲間”ができた」。ハロプロの名曲が彩る、笑いと涙の青春エンターテインメント映画『あの頃。』(2月19日公開)の公開直前イベントが2月3日に東京・スペースFS汐留で行われ、主演の松坂桃李、共演の仲野太賀、コカドケンタロウ、そして原作者の劔樹人が参加した。

原作者が登壇してのイベントは今回初。劇中で劔役を演じた松坂は、観た人から本人そのものだったという声があったことについて、「ありがたいことに、劔さんが撮影現場にたくさん来てくださったんです。劔さんがスタッフさんと談笑している姿や何気ない佇まいなど、ちょっとした日常のニュアンスみたいなものを垣間見ることができたのが良かったのかなと思います」と本作の役作りについて振り返る。
劔は「松坂さんがギターを弾いているシーンで少しピントがぼやけた時に、昔の僕だ!と本当に思った瞬間がありましたね。こんなこと言うとみんなに怒られるんですけど(笑)。でも出来上がった作品を見ても、やっぱり僕自身と重なりました」と松坂の演技を絶賛。

今回3人が演じたアイドルオタクたちは劇中で「恋愛研究会。」というバンドを組むが、撮影現場にはその本物のメンバーたちが来てくれたようで、仲野は「皆さんが現場に来られた時の存在感はすごかったです」と圧倒された様子。松坂も「当たり前なんですが、本物感がありましたよね。よくモノマネ番組とかで見る、“ご本人登場!”のような感じ(笑)」と嬉しい反面、妙な緊張感だったと語る。コカドは、「僕が演じたイトウさんは来られなかったのですが、実はご本人から直々にTwitterでメッセージをいただきました」と明かした。出来上がった作品を観たメンバーの反応について劔は、「“豪華すぎる再現映像だ!”と喜んでいましたね」と語った。

「恋愛研究会。」のメンバーはそれぞれとても個性的な人たちだったというが、演じるのが難しかったかと問われると松坂は、「振り切って演じてみたつもりですが、ご本人たちは僕たちが想像している以上の方たちだったので、どんなにやっても届かないなという感じはしました」と語ると、仲野も「演じてみて、普段の自分の生活から考えるとこんな青春を送ってみたかったなぁというのもあるし、もっと伸び伸びしていいんだ!っていう気付きもありました」と振り返る。今作が映画初出演となったコカドは「毎日現場に行くのが楽しみで、ワクワクしていました。まさに撮影自体が青春でした。最後の方になると、みんなリラックスしていて、太賀くんと若葉くんはギター弾きながら歌ったりもしてたよね。放課後に誰かの家で遊んでいるような感覚でした」と現場の様子を振り返り、遅れてきた青春の日々を謳歌する、まさに劇中同様、和気あいあいとした雰囲気だったと明かした。

そして、2月3日は「2(ふ)3(み)」と読む語呂合わせから、「絵手紙の日」であるということにちなんで、サプライズで劔からキャストへ手紙が準備されており、松坂への手紙が読まれた。「自分を松坂さんが演じてくれるという二度とない素晴らしい経験になりました。僕の愛しき記憶が他の誰かの愛しい疑似体験となり残っていく、こんな素敵なことはありません。外見の違いはあれど、僕の内面としっかり向き合い大切に演じてくれました」と読まれると、松坂は「隣のアクリル板がなければ、ぐっとハグしたい気持ちです」と感無量。さらに、松坂、仲野、コカドへ似顔絵のプレゼントも。
『あの頃。』公開直前イベント

映画情報どっとこむ ralph サプライズはここで終わらず、なんとこの後にモーニング娘。OGである藤本美貴が登場!

松坂をはじめ、驚きが止まらない様子。特に劇中で藤本美貴を“推し”にしているコズミン役の仲野は「汗が止まらない」と緊張しながらも「やったー!!本物だー!!」と声をあげて大興奮。登壇した藤本は「この映画を観て、改めてファンの方々がこんなにも熱く人生を掛けて応援してくださっていることを知ることができて、本当に嬉しかったです」と当時を振り返りながら、作品の感想を語った。

最後に松坂は、藤本のサプライズ登場で一気に言おうとしていたことが飛んでしまったと笑いながら前置きをしつつ、「この作品はハロプロに人生を捧げた男たちの“あの頃”を描いた作品ですが、誰にでも大事にしていた“あの頃”って必ずあると思うんです。それが人生で一番良かったということではなく、それがあったからこそ今があるんだな、今を大切にできるんだなと気づかせてくれる映画です。どんな人にも共感してもらえる作品だと思うので、ぜひ多くの方に観ていただきたいです」と熱いメッセージでイベントを締めた。

映画情報どっとこむ ralph

『あの頃。』

2月19日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー

公式サイト:
https://phantom-film.com/anokoro/

公式twitter:
@eiga_anokoro

【ストーリー】
中学10年生の夏休みのような、そんな毎日が永遠に続くような気がしていた――
大学院受験に失敗し、彼女なし、お金なし、地獄のようなバンド活動もうまくいかず、どん底の生活を送っていた劔(つるぎ)。ある日、松浦亜弥の「♡桃色片想い♡」のMVを見たことをきっかけに、劔は一気にハロー!プロジェクトのアイドルたちにドハマりし、オタ活にのめり込んでいく。藤本美貴の魅力を熱く語るケチでプライドが高いコズミンをはじめとした個性的なオタク仲間と出会い、学園祭でのハロプロの啓蒙活動やトークイベント、また「恋愛研究会。」というバンドを結成しライブ活動を行うなど、くだらなくも愛おしい青春の日々を謳歌する。しかし時は流れ、仲間たちはハロプロとおなじくらい大切なものを見つけて次第に離れ離れになり…。
あの頃。

***********************************

監督:今泉力哉
脚本:冨永昌敬
音楽:長谷川白紙
原作:樹人「あの頃。 男子かしまし物語」(イースト・プレス刊)
出演:松坂桃李 仲野太賀
山中崇 若葉竜也 芹澤興人 / コカドケンタロウ
大下ヒロト 木口健太 中田青渚 片山友希 / 山﨑夢羽(BEYOOOOONDS)/ 西田尚美
製作幹事:日活 ファントム・フィルム  配給:ファントム・フィルム ©2020『あの頃。』製作委員会
2020年/カラー/ヨーロピアンビスタ/5.1ch/117分 映倫区分:G
関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ