映画情報どっとこむ ralph 2021年の幕開け1月は、アート映画が注目を集めているそうです。

映画館だけで味わうことが出来る“絵画展のライブ・ビューイング“とも言える『ルーブル美術館の夜 ―ダ・ヴィンチ没後500年展』は、1月1日(金・祝)から順次公開されます。

そして、

“映画館の大画面で美術を楽しむ”というコンセプトで贈る斬新なアート・ドキュメンタリーシリーズ『アート・オン・スクリーン』は、1月29日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほか全国順次公開が決定しています。「ダヴィンチ」「ピカソ」「フリーダ」の天才3名を取り上げ、「時代を創った芸術家たちの作品とその背景」が楽しめる内容とです。

映画館で世界中の巨匠に恋をしながら、究極の名画の旅をお楽しみいただけたら・・・大人が楽しめる美術映画をぜひお近くの映画館で。

映画情報どっとこむ ralph

「ルーブル美術館の夜―ダ・ヴィンチ没後500年展」

公式HP:
https://liveviewing.jp/contents/louvre/
世界最大、最も入場者数の多い「ルーブル美術館」、最も有名な芸術家「レオナルド・ダ・ヴィンチ」、そして「モナ・リザ」。構想だけで10年を費やした、奇跡のダ・ヴィンチ展。ルーブル美術館だけが、没後500年だから実現させることができた、二度と見ることができない機会。芸術家としての生涯を網羅し、ダ・ヴィンチが、どのように絵画を他分野よりも優先させたのか、また、どのようにこの世界を探求してきたのかを掘り下げていきます。彼の言う「絵画は科学である」、その大いなる野望は、作品に”命”を吹き込むことでした。

© Pathé Live
2020年 / 製作フランス /4K/5.1ch/ カラー / デジタル / フランス語 / 日本語字幕 /95分
監督: ピエール=ユベール・マルタン / 制作:パテ・ライブ / 広報協力:ルーブル美術館
配給:ライブ・ビューイング・ジャパン

映画情報どっとこむ ralph

映画「アート・オン・スクリーン」

公式HP:
https://artonscreen.jp

一筆のタッチの向こう側に、画家たちは何を見ていたのか?

アート・オン・スクリーンは、“映画館の大画面で美術を楽しむ”をコンセプトに、
全く新しい体験を提案するアート・ドキュメンタリーシリーズ。
現地の風景・建物・文化にふれながら、時代背景と共に世界有数の専門家による解説でアーティストの
人生に迫り、作品に秘めた想いを紐解きます。世界中の有名美術館やギャラリーが所有する至高の名品の
数々が、今までとらえられてこなかったアングルで大スクリーンに展開されていきます。
偉大なる芸術家のほとばしる情熱と息づくタッチを体感しながら、映画館で究極の名画の旅をお楽しみください。

© Succession Picasso/DACS, London2018 © Nickolas Muray Photo Archives

『天才画家ダ・ヴィンチのすべて』

『ピカソがピカソになるまで』

『フリーダ・カーロに魅せられて』

***********************************

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ