映画情報どっとこむ ralph ヒマラヤ山脈、標高4800メートルにある秘境ルナナ村に響くブータン民謡。都会から来た若い先生と、村の人たちと子どもたちの心の交流を描いた感動作『ブータン 山の教室』(英題 Lunana A Yak in the Classroom)が2021年4月3日(土)より、岩波ホール他にて全国順次公開することが決定!

あわせてティザービジュアルと特報が解禁となりました!

若い教員ウゲンは、ある日教官に呼び出されブータンで最も僻地にあるルナナ村の学校に行くように伝えられる。「オーストラリアに行きミュージシャンになりたい」という夢を抱きながらも、渋々ルナナ村に行くことに。1週間以上かけ巡りついた村には、「勉強したい」と真っすぐな瞳で彼の到着を待つ子どもたちがいた。電気もトイレットペーパーもない土地での生活に不安を拭えなかったウゲンだが、村の人々と過ごすうちに自分の居場所を見つけていく。

2005年に行われた国勢調査で国民の97%が「幸せ」と答えたことなどから“幸せな国”と呼ばれるようになったブータン。その北部にある標高4800メートルの村ルナナは、ヒマラヤ山脈の氷河沿いにあり、実際8日間のトレッキングでしかたどり着けない集落だ。その地で、大自然とともにある日常に幸せを見つけ生きる大人たち、そして親の仕事の手伝いをしながらも、“学ぶこと”に純粋な好奇心を向ける子どもたち。本作が初メガホンのブータン出身の新鋭パオ・チョニン・ドルジ監督は、現代を生きる私たちが忘れかけてしまった、シンプルながらも尊い暮らしを圧倒的な映像美で描き出し、本当の幸せとは何かを問いかける。 

今回解禁となったティザービジュアルには、ヒマラヤ山脈の素晴らしい風景とともに、キラキラした眼差しをむける子どもたちの姿が。

映画情報どっとこむ ralph 特報映像では、埃まみれの教室に戸惑うウゲンにむけられた「子どもたちは勉強したいと願い、先生の到着を喜んでいます」という村長の言葉どおり、学べることを喜ぶ子どもたちの笑顔が印象的だ。抜けるような青空のもと響き渡る、ブータンで有名な伝統歌「ヤクに捧げる歌」の歌声とともに深い余韻を残す。

今の時代にこそ観るべき心温まる一本が来年日本公開となる。
『ブータン 山の教室』
英題 Lunana A Yak in the Classroom
2021年 4月3日(土)より 岩波ホール他にて全国順次公開!

公式サイト:
bhutanclassroom.com

***********************************

監督・脚本 : パオ・チョニン・ドルジ
出演:シェラップ・ドルジ、ウゲン・ノルブ・へンドゥップ、ケルドン・ハモ・グルン、ペム・ザム 他
【2019年/ブータン/ゾンカ語、英語/110分/シネスコ 英題:Lunana A Yak in the Classroom 
日本語字幕:横井和子 字幕監修:西田文信】
後援:在東京ブータン王国名誉総領事館
協力:日本ブータン友好協会  
配給:ドマ   
(c)2019 ALL RIGHTS RESERVED 
関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ