映画情報どっとこむ ralph ホラーですが、何故かプロモーションはお笑い寄りの岡田准一さん主演の『来る』!

第1弾のアンタッチャブル山崎弘也コラボに始まり・・・・、

第2弾はタイトルをいじり倒した「ひらかたパーク」とのコラボ

第3弾は!!
このコラボに「わたしがコラボしなくてどないすんねん」と、殴り込みをかけてきたのは、関西お笑い界の大御所怪物・今“くる”よ師匠。

もちろん、映画本編には一切出演していない今くるよ師匠ですが、今回のコラボ企画では、映画の主演・岡田准一に入れ替わって、映画ポスターと映像に登場し、映画『来る』を「どやさ」一色にジャック。

映画情報どっとこむ ralph 映画に登場する、得体の知れない怪物“あれ”にも負けない、存在感のある衣裳でスタジオに登場するや、「楽しんでやろな!どやさ!」と現場を和ませ、渾身の持ちギャグ「どやさ!」を何度も何度も全力投球!

同じ関西出身の岡田准一の映画ビジュアルをみて「ええ髭してはるね!どやさ!」とアドリブまで披露。

「どやさ」へのまっすぐな姿勢に、スタジオ中が笑いと感動に包まれました。撮影後には、「怖いけど、面白い!ホラーが苦手な人にも楽しんでもらえたらええね、どやさ!?」と、ホラーが苦手なご本人自らPR。撮影の仕上がりにも自信をのぞかせて、「年賀状にしたいわ!」「吉本(事務所)に貼ったらええね!」と、太鼓判をおしてスタジオを後にしました。

本作の、“怖すぎて笑えてくる”という映画の本質にマッチングした本企画。

年末年始、漫才を観に行くようなイベント感覚で、家族・友人と映画を観に来てもらいたい。という今くるよ師匠の想いが詰まったコラボ企画となりました。

元になった本ポスターはこちらでチェック!
http://eigajoho.com/123962

映画情報どっとこむ ralph 12月7日(金) 全国に、、、あれが、いま来るよ!

映画『来る』

映画公式サイトURL
http://kuru-movie.jp/

物語・・・
オカルトライター・野崎のもとに相談者・田原が訪れた。最近彼の身の回りで、超常現象としか言い様のない怪異な出来事が連続しており、妻・香奈と幼い一人娘・知紗に危害が及ぶことを恐れていると言う。野崎は、霊媒師の血をひくキャバ嬢・真琴とともに調査を始めるのだが、田原家に憑いている「何か」は、想像をはるかに超えて強力なものだった。民俗学者・津田はその「何か」を、田原の故郷の民間伝承に由来する、人ならざるモノ、「※※※※」ではないかと言う。対抗策を探すため、記憶を辿る田原。幼き日。「お山」と呼ばれる深い森。片足だけ遺された赤い子供靴。名を思い出せない少女。誰かがささやく声。その声の主、・・そ・・う・・か!・・あ・・れ・・の・・正・・体・・は、・・あ・・い・・つ・・だ!
あれの名を呼んではならない。あれは人の声と形を真似て、人の心の闇に、来る。 エスカレートする霊的攻撃に死傷者が続出。真琴の姉で日本最強の霊媒師・琴子の呼びかけで、日本中の霊媒師が集結。かつてない規模での「祓いの儀式」が始まろうとしていた。彼らは、あれを止めることができるのか!?

≪原作≫
「ぼぎわんが、来る」(2015年10月30日 初版発行 2月24日文庫発売)
◆著者:澤村伊智(角川ホラー文庫刊)2015年「第22回日本ホラー小説大賞」獲得

***********************************

監督・脚本: 中島哲也
出演:岡田准一 黒木華 小松菜奈 / 松たか子 / 妻夫木聡
撮影スケジュール:2018年2月上旬~5月上旬
製作プロダクション:東宝映画 ギークサイト
配給:東宝
©2018「来る」製作委員会

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
  にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ    にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ