「PANTA」タグアーカイブ

韓国で大ヒット映画『金子文子と朴烈』予告編&著名人コメント到着!


映画情報どっとこむ ralph この度、大鐘賞映画祭2017にて5冠達成し、韓国で大ヒットした映画『輝く朝を求めて 乱世備忘 金子文子と朴烈』が2019年2月16日(土)よりシアター・イメージフォーラムほか全国順次公開する運びとなりました。

瀬戸内寂聴さん「余白の春」(2019年2月刊行)、小池真理子さん「悪女と呼ばれた女たち」など、多くの文芸作品でも時代を問わず取り上げられてきた金子文子。100年前の激動の時代を愛と気高き志と共に駆け抜けた“金子文子”の生き方は、私たちに多くの事を示してくれます。

その予告編が完成!さらに著名人からのコメントが到着しています!


『王の男』『王の 歴史を変えた八日間』『空と風と星の詩人 の生涯』に続き、
イ・ジュンイク 監督がまたもや世界を魅了する―― 禁断の歴史映画の誕生!
本作はイ・ジェフンと、イ・ジュンイク監督のミューズとして『空と風と星の詩人 尹東柱の生涯』で注目された新鋭チェ・ヒソがW主演。

確かな演技力人気スターであるイ・ジェフンは、本作で朴烈役を演じるに辺り、外見を変え、日本語を学んだほか、朴烈の人生についても調べ、若きアナキストの信念を懸命に表現し、その卓越した演技により表現者として大きな転機を迎えた。文子を演じたチェ・ヒソは、本作で大鐘賞映画祭新人女優賞と主演女優賞のW受賞のほか、韓国映画評論家協会賞、青龍映画賞などでも新人女優賞を獲得、一躍人気女優となった。

本作には多くの日本人・在日韓国人俳優が参加。布施辰治を演じた山野内扶やミン・ジウン、韓国を拠点に活動する在日コリアンの俳優キム・インウ、そして金守珍、をはじめとした劇団「新宿梁山泊」のメンバーが顔を揃える。日韓両国の実力派俳優による共演も見どころになっています。

映画情報どっとこむ ralph 著名人からのコメントをどうぞ!

■ブレイディみかこ(ライター)
金子文子は自分の足で立ち、自分の頭で思考し、愛し、抗い、自分自身を生きた。百年前の日本に、こんなクールな若い女性がいたことを、日本の人々こそ知るべきだ。

■岩井志麻子(作家)
私は犬だといえるほど気高く誇り高い人達にとって、地を這いながら抵抗することは屈辱ではなく命を燃やし未来を輝かせることだった。

■西村賢太(小説家)
それぞれの思想とそれぞれの立場により、どのような観かたをしても勝手であるに違いない。ここに描かれた“個”における自由と、他者への愛の崇高さを胸に刻みつけてさえおけば――。

■福島泰樹(歌人)
テロリストの烙印を押す前に問え大逆事件、鮮人の意味
さわやかな風吹く午後を駆けてゆく朴烈なにもしていないよう
福島泰樹歌集「うたで描くエポック 大正行進曲」から

■森元斎(哲学・思想史研究)
犬ころの存在はかき消されたとしても、そして一切の現象は現象として滅しても、永遠の実在の中に存続する――そう、金子文子と朴烈は今もなお、私たちの中で生き続けているのだ!

■鈴木邦男(評論家・元一水会顧問)
大正時代の方が思想弾圧は厳しいのに、朴烈と金子文子はのびやかに闘い恋愛をしている。法廷でのあの自由な態度。今の時代の方がよっぽど窮屈に感じます。すっかり二人に感情移入して、私の民族派の血が揺さぶられました。

■足立正生(映画監督)
ああ、朴烈と金子文子の、若い血潮に満ちた道行が何と美しいことよ。
まさに、『赤き唇褪せぬ間に、恋せよ乙女』だ。
<天皇制を爆砕せよ!悪の根源を撃て!>
そう、一組の若い男女が、直線の純愛を生き抜こうとして、革命に向かって走り抜けた。
ここには、草食派だろうが肉食派だろうが、閉塞社会の苦境を突き抜けようとするなら、現代の私たちが否応なく引き継ぎ、紡ぐべき愛の神話が語られている。

■PANTA(ミュージシャン)
素晴らしい凄まじいとてつもない映画と出会った。まるで現場に居合わせてねじ曲げられた歴史に拳を振るわせるように天皇制から連なるすべての差別、捏造されていく報道に鋭く食い込んでいく制作陣の思いはときに清々しくもある、キャストの素晴らしさなど語るより大正から昭和にかけた日本の真実に目を見開いてもらいたいものだ


映画情報どっとこむ ralph 韓国で235万人の動員を記録した、激しくも心揺さぶる真実の物語。
1923年関東大震災後の混乱の中、囚われたふたりは、愛と誇りのため、強大な国会に立ち向かう——

映画『金子文子と朴烈』

2019年2月16日(土)よりシアター・イメージフォーラムほか全国順次公開





STORY
青春を懸けて掴み取ろうとした、愛、そして革命。社会の底辺で見つけた、美しくも狂おしい魂の叫び―
1923年、東京。社会主義者たちが集う有楽町のおでん屋で働く金子文子は、「犬ころ」という詩に心を奪われる。この詩を書いたのは朝鮮人アナキストの朴烈。出会ってすぐに朴烈の強靭な意志とその孤独さに共鳴した文子は、唯一無二の同志、そして恋人として共に生きる事を決めた。ふたりの発案により日本人や在日朝鮮人による「不逞社」が結成された。しかし同年9月1日、日本列島を襲った関東大震災により、ふたりの運命は大きなうねりに巻き込まれていく。
内務大臣・水野錬太郎を筆頭に、日本政府は、関東大震災の人々の不安を鎮めるため、朝鮮人や社会主義者らを無差別に総検束。朴烈、文子たちも検束された。社会のどん底で生きてきたふたりは、社会を変える為、そして自分たちの誇りの為に、獄中で闘う事を決意。ふたりの闘いは韓国にも広まり、多くの支持者を得ると同時に、日本の内閣を混乱に陥れていた。そして国家を根底から揺るがす歴史的な裁判に身を投じていく事になるふたりには、過酷な運命が待ち受けていた…。

***********************************



芸人・松元ヒロの伝説的一人語りを短編映画化!『憲法くん』8・15終戦の日にスペシャル上映決定!!


映画情報どっとこむ ralph コント集団「ザ・ニュースペーパー」の結成に参加し、村山富市元首相を演じ注目を集め、その後独立し活躍する芸人・松元ヒロさんが20年以上、舞台で演じ続けている日本国憲法を擬人化した一人語り「憲法くん」(2016年には同名の絵本が講談社より発行)を『大地を受け継ぐ』(15)などの井上淳一監督により短編映画化した『憲法くん』が、この度「8・15終戦の日」に新文芸坐にてスペシャル上映会が決定したそうです。


「憲法くん」を演じるのは今年86歳になる名優・渡辺美佐子さん。
初恋の人を広島の原爆で亡くしたという辛い経験を持つ渡辺さん。
毎夏、原爆の朗読劇をやり続け、全国各地を回っています。

戦争を知る世代として、渡辺は再び戦争の悲劇がこの国に起こらないように、この役を魂を込めて演じました。スペシャル上映会では渡辺美佐子出演の太平洋戦争末期の夏、出撃前の最後の思い出にピアノを弾き、戦死していった若き特攻隊員の実話をもとに描いた映画『月光の夏』(93)も併せて上映されます。

さらに2019年には渡辺美佐子×井上淳一が再びタッグを組み、渡辺の激動の半生を描いた長編ドキュメンタリー映画『誰がために憲法はある(仮題)』を憲法記念日に合わせて公開です。

映画情報どっとこむ ralph ◆映画『憲法くん』スペシャル上映会◆

8月15日(水) 池袋の新文芸坐にて(東京都豊島区東池袋1丁目43-5)

18時35分より『月光の夏』(神山征二郎監督/出演・渡辺美佐子)112分
20時35分より『憲法くん』12分
20時50分より「スペシャル・トークショー」渡辺美佐子×井上淳一監督

新文芸坐/8.15終戦の日 特別企画上映プログラム
www.shin-bungeiza.com/program.html


短編映画『憲法くん』
公式HP:
dogsugar.co.jp/kenpoukun/index.html

***********************************

出演・渡辺美佐子 作・松元ヒロ 
音楽・PANTA 
製作・馬奈木厳太郎 プロデューサー・片嶋一貴 
撮影・蔦井孝洋 土屋武史 照明・石田健司 
録音・臼井勝 編集・蛭田智子 監督・井上淳一
制作・配給 ドッグシュガー
宣伝 太秦株式会社(小林三四郎)
(C)ドッグシュガー
      


井樫彩監督!桜井ユキ × 小松未来『真っ赤な星』2018年12月に公開決定!


映画情報どっとこむ ralph 前作『溶ける』で卓越した演出力と表現力が評価され、第70回カンヌ国際映画祭シネフォンダシオンに正式出品されるなど、国内外で注目を集めている新鋭・井樫彩監督による初長編作品『真っ赤な星』が2018年12月よりテアトル新宿ほか全国順次公開することが決定しました。

映画『真っ赤な星』は、『みつこと宇宙こぶ』で第11回田辺・弁慶映画祭女優賞を受賞した小松未来さん演じる14歳の少女・陽(ヨウ)と、『THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY リミット・オブ・スリーピング・ビューティ』『娼年』の桜井ユキさん演じる27歳の元看護師の女性・弥生の交わることのない愛の日々を力強く繊細に描いた作品。


桜井演じる弥生の恋人・賢吾役には、映画『ケンとカズ』(’16)で毎日映画コンクール・スポニチグランプリ新人賞を受賞し、今後も出演作が多数公開待機中の毎熊克哉さんが抜擢。

さらに、小林竜樹さん、菊沢将憲さん、大原由暉さん、西山真来さんなど、演技派俳優が脇を固めるほか、モデルで女優の中田クルミさんも声で出演しています。


映画『真っ赤な星

Twitter:@makka_hoshi

あらすじ・・・
片田舎の病院に怪我をして入院した14歳の陽(小松未来)。彼女はいつも優しく接してくれていた看護師の弥生(桜井ユキ)に対し、特別な感情を抱き始めていた。だが退院の日、弥生が突然看護師を辞めたことを知る。

1年後、陽は買い物の帰り道で偶然弥生と再会する。そこにいたのは、過去の優しい面影はなく、男たちに身体を売ることで生計を立てている弥生だった。再会後、学校にも家にも居場所がない陽は、吸い寄せられるように弥生に近づく。

一方、弥生には誰にも言えない悲しい過去があった。満たされない現実を冷めた目で見つめ、互いに孤独を抱えるふたりは、弥生のアパートで心の空白を埋める生活を始めていく。

***********************************

キャスト:小松未来・桜井ユキ/毎熊克哉・大原由暉/小林竜樹・菊沢将憲・西山真来/湯舟すぴか・山谷武志・若林瑠海 
大重わたる(夜ふかしの会)久保山智夏・高田彩花・長野こうへい/中田クルミ(声の出演) PANTA(頭脳警察)
脚本・監督:井樫彩
1996年生まれ、北海道出身。現在22歳。学生時代に卒業製作として制作した『溶ける』が、ぴあフィルム・フェスティバル、なら国際映画祭など国内各種映画祭で受賞し、第70回カンヌ国際映画祭正式出品を果たす。今作『真っ赤な星』が初長編作品、劇場デビュー作となる。また、山戸結希プロデュースによるオムニバス映画『21世紀の女の子』の公開も控える。

スタッフ:
【撮影】萩原脩【照明】仁藤咲【録音・整音】柳田耕佑【衣装】藤山晃子【ヘアメイク】藤原玲子 
【美術】内田紫織【助監督】満岡克弥【編集】小林美優【カラリスト】川村尚寛【音楽】鷹尾まさき
【スチール】北島元朗【デザイン】田中進【アソシエイト・プロデューサー】髭野純、夏原健
【プロデューサー】菅原澪、島野道春【エグゼクティブ・プロデューサー】松坂喜浩

2018/日本/カラー/3,1ch/16:9/101分 
製作・配給:映画「真っ赤な星」製作委員会 配給協力:SDP
©「真っ赤な星」製作委員会


PANTA × 相原裕美監督登壇『SUKITA 刻まれたアーティストたちの一瞬』川越スカラ座初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph デヴィッド・ボウイをはじめ、イギー・ポップ、マーク・ボラン、ジム・ジャームッシュ、寺山修司、YMO、忌野清志郎など、時代の寵児たちをカメラに収め、代表的なポートレートやアルバムジャケットを数多く手掛けてきた日本人写真家・鋤田正義。現在全国順次公開中。

そんな彼が写真への情熱を語るだけではなく、名だたるアーティスト・著名人、是枝裕和監督、リリー・フランキー、布袋寅泰らが貴重な撮影秘話を披露し、彼の人柄や創作活動に迫ってゆくドキュメンタリー映画です。
この度、6月23日(土)川越スカラ座での初日公開を記念し、本作に登場するPANTAさんと相原裕美監督が登壇し、舞台挨拶を行いました。あいにくの雨にもかかわらず劇場には多くのファンが訪れた。MCには当日急遽登壇となった脚本家・監督の井上淳一氏を迎え、終始和やかな雰囲気でトークセッションが行われた。


日付:6月23日(土)
場所:川越スカラ座
登壇:PANTA、相原裕美監督

映画情報どっとこむ ralph 『SUKITA 刻まれたアーティストたちの一瞬』の川越スカラ座での初日舞台挨拶に、本作に登場するPANTA氏と監督である相原裕美さんが登壇。

PANTAさん:是枝監督とリリー・フランキー、パルムドールが勢ぞろいで…。これ本人許諾とか大変じゃなかったですか?

と今年5月に「第71回カンヌ国際映画祭」にて『万引き家族』でパルムドールを受賞した是枝裕和監督、そして同作主演であるリリー・フランキー氏が本作の出演者であることを話題にあげると、

相原監督:大変でした。

さらに、本編中で、デヴィッド・ボウイの楽曲が使用されていることについては

相原監督:一年くらい交渉にかかって、もちろん鋤田さんとの関係があったので、いろいろやっていただいて良くしてもらったのですが、やっぱりそのくらいかかる感じでした。

と、改めてデヴィッド・ボウイの楽曲使用についての苦労を語った。

映画情報どっとこむ ralph 井上さん:なぜ鋤田さんを撮ろうと思ったんですか?

と質問すると、

相原監督:僕とPANTAさんは元々僕がビクターというレコード会社で仕事をしていて、PANTAさんがアーティストだった、というところからのお付き合いで、どちらかというと音楽ビデオや、音楽に関する映画などを作っていたんです。数年前に自分で会社を興して、アーティストの音楽映画以外のものをやりたいなと思っていた時、ちょうど2016年の1月にデヴィッド・ボウイが亡くなって、鋤田さんお元気かなと思って連絡して会ったのがきっかけですね。

と映画『SUKITA』誕生秘話を披露した。


PANTAさんは鋤田さんとのジャケット撮影当時を振り返り、

PANTAさん:原宿のセントラルアパートの屋上で寒中の中延々立たされたんですよ。よくみんな鋤田さんの写真のことをいろんな言葉を使って説明するけれど、音楽を言葉で説明するのと同じで、すごく届かないところがあるんですよ。やはり彼は撮影のとき一切注文を出さない。セッティングの打ち合わせはしますが、こういうポーズをしてくれとか、ここを見てくれとか一切言わないんです。スタジオにいてもそれは一切同じで、このとき(映画にも登場するジャケットの撮影)一時間近くかかったので、もう寒さで死にそうでしたよ(笑)

と話し、会場の笑いを誘った。

また、

PANTAさん:話によると、カメラマンのタイプは2通りあって、1つは撮影するときによく話しかけてくるタイプ、そしてしゃべらないタイプの人がいるんです。鋤田さんは後者らしいですね。基本的にはしゃべらないで、途中で話をしながら、そういう風にコミュニケーションはとるんですが、写真でこういう風にやってくれとかは言わないと聞いています

と鋤田さんの撮影のスタイルについて話し、

PANTAさん:「誤解があったら申し訳ないんだけれど、注文を出すカメラマンもいっぱいいるんですよ、でもあんまり成功したためしがない。自分がこうやるんだっていう構造ができていて、そこに当てはめようとするわけじゃないですか。それはやっぱり無理がある。それよりもナチュラルにっていうのが、自分の一番大好きな言葉ですけれど、やはりこれが一番かな。

と語った。

映画情報どっとこむ ralph 相原監督は、本作撮影時の鋤田さんについて、

相原監督:いつシャッターを押すのかを撮りたいです、と打ち合わせの時に言いました。そしたら後で是枝監督とかいろんな人が、鋤田さんは新しい技術をいとわない、そっちに行ってしまうと言っていて。一番最初の撮影が2016年の布袋さんのライブで、もうデジタルの時代。布袋さんのライブでいつシャッターを押すのか見ていると、シャッターを押しっぱなしだったんです。デジタルなのですごい量。5000枚くらい撮っていました。後から聞いたら、鋤田さんはムービーをまわしてそこからコマ抜きをしてやりたいぐらいと。そのくらい一瞬のタイミングを逃したくない気持ちで今はやっているみたいです。今年80歳の方なんですけれどそういう風にスタイルを変えられるっていうのがすごいことだと思います。

と、まさに現在進行形で進化し続けている様子を披露した。


『SUKITA 刻まれたアーティストたちの一瞬』は、全国順次公開中。

公式サイト:sukita-movie.com

デヴィッド・ボウイをはじめ、世界的アーティストの代表的なポートレートやアルバムジャケットを数多く手がけてきた日本人写真家がいるーー。鋤田正義、5月に80歳を迎えた。ボウイとの親交は40余年に及び、マーク・ボランを撮った1枚は、ギタリスト・ 布袋寅泰の人生を決定づけた。本作では鋤田自身が写真への情熱を語るだけでなく、錚々たるアーティストたちが貴重な撮影秘話を披露し、彼の人柄や創作活動に迫ってゆく。



***********************************

監督:相原裕美

出演:鋤田正義 布袋寅泰 ジム・ジャームッシュ 山本寛斎 永瀬正敏 糸井重里 リリー・フランキー クリス・トーマス

ポール・スミス 細野晴臣 坂本龍一 高橋幸宏 MIYAVI PANTA アキマ・ツネオ 是枝裕和 箭内道彦 立川直樹 高橋靖子 他

製作:コネクツ ハピネット スペースシャワーネットワーク パラダイス・カフェ パルコ 鋤田事務所
配給:パラダイス・カフェフィルムズ
2018年/日本/カラー/ビスタ/Digital/5.1ch/115分
©2018「SUKITA」パートナーズ


布袋寅泰、山本寛斎、木村カエラらがコメント!『SUKITA 刻まれたアーティストたちの一瞬』


映画情報どっとこむ ralph デヴィッド・ボウイをはじめとする時代の寵児たちをカメラに収め、代表的なポートレートやアルバム・ジャケットを数多く手掛けてきた日本人写真家・鋤田正義の軌跡をたどる初のドキュメンタリー映画『SUKITA 刻まれたアーティストたちの一瞬』が5月19日(土)より公開となります。
国内外の数多くのアーティストとコラボレーションし、永遠の一瞬を刻んできた鋤田を敬愛して止まない出演者の面々―布袋寅泰、山本寛斎、永瀬正敏、PANTA、アキマ・ツネオ、箭内道彦、立川直樹、高橋靖子―がコメントを寄せています。

布袋寅泰(ギタリスト)

目の前にあるモノクロームの瞬間が「SUKITA」というファインダーを通すと伝説になる。

彼の眼球と指先にはきっと神通力が宿っているに違いない。電光石火のエレガンス。


山本寛斎(デザイナー/プロデューサー)

鋤田さんはデヴィッド・ボウイをカメラで追いかけていた―――

私はボウイの一番目立つ服を作った―――


永瀬正敏(俳優)

先に誰も走っていない中、鋤田さんが1ショット1ショット紡いでこられた素晴らしい作品、

深い人間関係、歴史に、ただただ圧倒される。

一瞬でもその歴史の中でご一緒出来た事を、改めて心から感謝しています。

【次ページに続く】

PANTA(ミュージシャン)

「歴史から飛び出せ」という自分の歌があるが、

飛び出したのは一瞬を刻み続けたSUKITAそのものではないかと思う。

これからもその冷たいくらいに温かい視線で永遠を刻み続けてほしい、

彼と結んでくれた平田国二郎に感謝して・・・♪



アキマ・ツネオ(ミュージシャン)

ロックンロールが急速に進化しファッションセンスを取り入れ、

聴覚で楽しむモノが視覚も含め楽しむモノになってきた。

そんな時代背景の中、鋤田さんはミュージシャンが求めていた最高の写真家であり、

音楽を立体化させた第一人者だ!



箭内道彦(クリエイティブディレクター)

愛されるって、一番すごい。

デヴィッド・ボウイも、イギー・ポップも、T・レックスも、清志郎も、僕たちも、みんなSUKITAがすき。



立川直樹(プロデューサー/ディレクター)

SUKITAさんの長くて終わらない旅がSUKITAさんの人柄そのままに静かにシンプルにまとめられている。

どこかアンダーグラウンド・フィルムのような趣きがあるのも魅力的だ。



高橋靖子(スタイリスト)

スキタさんは、人を、時代を見つめてきた方だという事を、再認識しました。

暖かくて、時には可愛らしさも垣間見えました。

そして、長年にわたる彼のクリエイションのお手伝いが出来た事を、幸せに思いました。

同じ時代を駆け抜け、共に“永遠の一瞬”を創り上げてきた方、そしてその一瞬に魅せられた方の言葉からは、鋤田に対するそれぞれの想いがひしひしと伝わってきます。


さらに上記の面々に加えて木村カエラからもコメントが到着!

NYLON JAPANでの連載『kaela’s gallery(カエラズギャラリー)』のアーカイヴやインタビューで構成されたアートブック「Session」で鋤田とコラボレーションした木村カエラ。本作鑑賞後に

木村カエラ(歌手)
近くにあるもの全てが愛おしい。そう言ってるように見えた。愛情の深さと、そのまっすぐな瞳で、人の中の中をみて、その人の生きている証を映し出す。アスファルトに咲く一輪の花のように、強く生きる姿を伝えてくれるその写真たちは、永遠に私たちに勇気を与え続けてくれるだろう。

と語ったのだそうです。

映画情報どっとこむ ralph 『SUKITA 刻まれたアーティストたちの一瞬』

5月19日(土)より新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMA ほか全国ロードショー!

公式サイト:sukita-movie.com

デヴィッド・ボウイをはじめ、世界的アーティストの代表的なポートレートやアルバムジャケットを数多く手がけてきた日本人写真家がいるーー。鋤田正義、この5月で80歳。ボウイとの親交は40余年に及び、マーク・ボランを撮った1枚は、ギタリスト・布袋寅泰の人生を決定づけた。本作では鋤田自身が写真への情熱を語るだけでなく、錚々たるアーティストたちが貴重な撮影秘話を披露し、彼の人柄や創作活動に迫ってゆく。

***********************************



【監督】相原裕美
【出演】鋤田正義 布袋寅泰 ジム・ジャームッシュ 山本寛斎 永瀬正敏 糸井重里
リリー・フランキー クリス・トーマス ポール・スミス 細野晴臣 坂本龍一 高橋幸宏 MIYAVI PANTA
アキマ・ツネオ 是枝裕和 箭内道彦 立川直樹 高橋靖子 他

【製作】コネクツ ハピネット スペースシャワーネットワーク パラダイス・カフェ パルコ 鋤田事務所

【配給】パラダイス・カフェ フィルムズ

2018年/日本/カラー/ビスタ/Digital/5.1ch/115分 ©2018「SUKITA」パートナーズ