「ジェームズ・フランコ」タグアーカイブ

ニコール・キッドマン イラク建国の砂漠の女王に『アラビアの女王 愛と宿命の日々』


映画情報どっとこむ ralph この度、イラク建国の立役者として尽力、現地の人々に“砂漠の女王”と称された、イギリス人女性ガートルード・ベルの半生を描いた

映画『アラビアの女王 愛と宿命の日々』

が、2017年1月21日(土)より、日本公開する事が決定。予告編が解禁。

人は彼女を“砂漠の女王”と呼んだ――
%e3%82%a2%e3%83%a9%e3%83%93%e3%82%a2%e3%81%ae%e5%a5%b3%e7%8e%8b-%e6%84%9b%e3%81%a8%e5%ae%bf%e5%91%bd%e3%81%ae%e6%97%a5%e3%80%85%e3%83%9d%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc
20世紀初頭、ひとりの女性が英国を旅立ち、アラビアの地へ向かおうとしていた―。彼女の名はガートルート・ベル。イギリスの裕福な家庭に生まれ、オックスフォード大学を卒業した才女であった彼女は、上流階級の生活を捨て、アラビアの各地を約2,500kmも旅し、現地の部族と交流を続け、やがてイラク建国の立役者として尽力、イラクとヨルダン両国の国境線を引く偉業を成し遂げました。砂漠に魅せられ、研究に情熱を注いだ彼女を、アラビアの人々は“砂漠の女王”と呼び、尊敬の意を示しました。

映画情報どっとこむ ralph 今回解禁となる予告編では、N・キッドマン演じる、かつてイラクとヨルダン両国の国境線を引き“アラビアの女王”と呼ばれたイギリス人女性ガートルード・ベルの多様な魅力と、ドラマに富んだ人生に迫る予告編となっています。冒頭では、イギリスの大邸宅で煌びやかなドレスを纏いダンスを踊る美しいベル(ニコール)の姿、一方で、優秀な学者であり海外への憧れを抱く、美しさと聡明を兼ね添えた女性である事を見せます。中盤では、広大なアラビアの砂漠を女性1人で旅する逞しい探検家の一面を覗かせ、さらには混沌とした情勢下で、現地の人々と交流を続ける中、部族の襲撃に遭い命を狙われる危険にもひるまず、勇敢に振る舞います。ベルの旅の経験・手記は、やがてヨーロッパ政府にとって重要な情報源となり諜報員として重宝されていきます。



そして今回、ベルと同時代に生きた伝説の英雄であり、アカデミー賞7部門受賞の名作『アラビアのロレンス』(62)の主人公トーマス・エドワード・ロレンスが登場!ロバート・パティンソン演じる新たな“アラビアのロレンス”と、“砂漠の女王”との友情にも期待が高まります。予告ではジェームズ・フランコ、ダミアン・ルイス等豪華俳優陣との恋愛も垣間見られ、全編を通して流れる祈りにも似た幻想的なイスラム音楽が、ベルの数奇な人生を巡る旅へと誘う予告編となっています!

映画情報どっとこむ ralph 物語・・・
彼女の決断が、やがて世界を動かす――
20世紀初頭、ひとりの女性が英国を旅立ち、アラビアの地へ向かおうとしていた。彼女はイギリス鉄鋼王の家庭に生まれ社交界にデビュー、オックスフォード大学を卒業した才女ガートルード・ベル。自由なトラベラーであり、考古学者であり、諜報員ともなった彼女は、やがて“イラク建国の母”と称されるほどにアラビアの地に根付き、情熱を注いでいくのだった。望んでも叶わない2度の悲恋、ロレンスとの出会い、度重なる困難―-。それらが彼女のこころを嵐のように翻弄し大きな傷跡を残したとしても、約束の地こそが、彼女の大いなる生命の源となっていく――。やがて時代は大きなうねりとともに転換し、彼女はその渦の中心の存在となっていくのだった…。

%e3%82%a2%e3%83%a9%e3%83%93%e3%82%a2%e3%81%ae%e5%a5%b3%e7%8e%8b-%e6%84%9b%e3%81%a8%e5%ae%bf%e5%91%bd%e3%81%ae%e6%97%a5%e3%80%85
映画『アラビアの女王 愛と宿命の日々』
原題:QUEEN OF THE DESERT

が、2017年1月21日(土)より、日本公開です。

***********************************


監督・脚本:ヴェルナー・ヘルツォーク『フィツカラルド』、『狂気の行方』、『世界最古の洞窟壁画 3D 忘れられた夢の記憶』

出演:ニコール・キッドマン、ジェームズ・フランコ、ダミアン・ルイス、ロバート・パティンソン

アメリカ・モロッコ合作/128分/カラー/シネスコ/5.1chデジタル 字幕
      


ニコール・キッドマン『アラビアの女王 愛と宿命の日々』ポスター解禁!


映画情報どっとこむ ralph この度、20世紀初頭にアラビアへ渡り、砂漠に魅せられてイラン・ヨルダン・シリア・サウジアラビア等の各地を約2,500km旅し、イラク建国の立役者として尽力し“砂漠の女王”と称された、イギリス人女性ガートルード・ベルの半生を描いた映画『アラビアの女王 愛と宿命の日々』(原題:Queeen of Desert)が、2017年1月21日(土)より、日本公開が決定しました。

この度、公開決定に伴いポスタービジュアルも解禁です。
%e3%82%a2%e3%83%a9%e3%83%93%e3%82%a2%e3%81%ae%e5%a5%b3%e7%8e%8b-%e6%84%9b%e3%81%a8%e5%ae%bf%e5%91%bd%e3%81%ae%e6%97%a5%e3%80%85%e3%83%9d%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc
ポスターはニコール・キッドマン演じる、ガートルード・ベルの遠くを見つめる姿を中央に大きく配置し、知性と逞しさ、美しさを兼ね添えたガートルード・ベルの強い女性像を表現しました。周りにはベルの愛した壮大な砂漠風景が広がり、ミステリアスな魅力を放つ共に、壮大な大河ロマンを想起させています。


人は彼女を“砂漠の女王”と呼んだ。
20世紀初頭、ひとりの女性が英国を旅立ち、アラビアの地へ向かおうとしていた。彼女の名はガートルート・ベル。イギリスの裕福な家庭に生まれ、オックスフォード大学を卒業した才女であった彼女は、良家との結婚や、良い家庭を持つ事に重きを置く、イギリス上流階級の生活を捨て、イラン・ヨルダン・シリア等、アラビアの各地を約2,500kmも旅し、各地の部族と交流を続け、やがてイラク建国の立役者として尽力、イラクとヨルダン両国の国境線を引く偉業を成し遂げました。

映画情報どっとこむ ralph 砂漠に魅せられ、土地に根付き、研究に情熱を注いだ彼女を、アラビアの人々は“砂漠の女王”と呼び、尊敬の意を示しました。時が経ち、彼女の存在は歴史の裏に隠されてしまいましたが、ガートルード・ベルの不思議な魅力に取りつかれ、再び光を当てたのは、世界三大映画祭全てで受賞経験を持つ、ドイツの巨匠ヴェルナー・ヘルツォーク。

撮影はモロッコの砂漠地帯で4Kカメラを駆使して行われ、昼夜問わず常に過酷な気候がつづく砂漠での撮影に耐えながら、見事に取り上げました。スクリーンいっぱいに広がる砂漠の風景は圧巻の一言です。

また、ベルの人生に深く関わる豪華俳優陣が演じた3人にも注目。

ジェームズ・フランコ演じる、イギリス大使館の書記官との悲恋、アカデミー賞7部門を受賞の名作『アラビアのロレンス』の主人公でも有名なロバート・パティンソン演じるトーマス・エドワード・ロレンスとの友情、トルコの副領事官との叶わぬ恋(ダミアン・ルイス)、出会いと別れを繰り返し、やがて混沌としたアラビアの情勢に秩序をもたらした、彼女の壮大な大河ロマンに、ぜひご注目ください!!


映画情報どっとこむ ralph %e3%82%a2%e3%83%a9%e3%83%93%e3%82%a2%e3%81%ae%e5%a5%b3%e7%8e%8b-%e6%84%9b%e3%81%a8%e5%ae%bf%e5%91%bd%e3%81%ae%e6%97%a5%e3%80%85
アラビアの女王 愛と宿命の日々

2017年1月21日(土) 新宿シネマカリテほか全国順次公開です。

物語・・・・
彼女の決断が、やがて世界を動かす。
20世紀初頭、ひとりの女性が英国を旅立ち、アラビアの地へ向かおうとしていた。彼女はイギリス鉄鋼王の家庭に生まれ社交界にデビュー、オックスフォード大学を卒業した才女ガートルード・ベル。自由なトラベラーであり、考古学者であり、諜報員ともなった彼女は、やがて“イラク建国の母”と称されるほどにアラビアの地に根付き、情熱を注いでいくのだった。望んでも叶わない2度の悲恋、ロレンスとの出会い、度重なる困難―-。それらが彼女のこころを嵐のように翻弄し大きな傷跡を残したとしても、約束の地こそが、彼女の大いなる生命の源となっていく――。やがて時代は大きなうねりとともに転換し、彼女はその渦の中心の存在となっていくのだった…。

***********************************

監督・脚本:ヴェルナー・ヘルツォーク
出演:ニコール・キッドマン、ジェームズ・フランコ、ダミアン・ルイス、ロバート・パティンソン

原題:QUEEN OF THE DESERT/アメリカ・モロッコ合作/128分/カラー/シネスコ/5.1chデジタル 
字幕翻訳:松浦美奈 
配給:ギャガ・プラス
©2013 QOTD FILM INVESTMENT LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
    


巨匠ヴィム・ヴェンダース監督『誰のせいでもない』日本版予告編完成


映画情報どっとこむ ralph 巨匠ヴィム・ヴェンダース監督の7年振りの劇映画であり、豪華キャストが出演する『誰のせいでもない』の日本版予告編が完成しました。



本作で、昨年のベルリン国際映画祭金熊名誉賞を受賞したヴェンダース監督だが、予告編の冒頭でこれまでのフィルモグラフィーが紹介され、あらためて偉大な監督であることを実感させる。それに続く、真っ白な雪に包まれた街。走る車。そして急ブレーキ。この映像の連なりを見るだけでも、ヴェンダース・ファンなら本領発揮の予感が・・・。

誰のせいでもないm
加えて、豪華で魅力あふれる俳優たち。主人公の作家に『スパイダーマン』『127時間』『スプリング・ブレイカーズ』のジェームズ・フランコ。彼がひき起こした事故に息子が巻き込まれる母親には、伝説の『シャルロット・フォー・エヴァー』から最近はラース・フォン・トリアー作品で大胆な演技を見せるシャルロット・ゲンズブール。フランコ演じる作家に別れを告げられる恋人には『アバウト・タイム』や『スポットライト 世紀のスクープ』のレイチェル・マクアダムス。フランコに惹かれていく編集者に『みなさん、さようなら』『潜水服は蝶の夢を見る』のカナダ女優マリ=ジョゼ・クローズ。

映画情報どっとこむ ralph 本作は本来3D作品として撮影され、日本では2Dと3Dでの上映が予定されていて

監督:人物の心の深い奥こそ3Dで語るにふさわしい。

と言うヴェンダースの言葉通り、俳優たちの表情や内面を、ロードムーヴィーの名手ヴェンダースらしく風景のランドスケープのように映しだす独特なカメラの動きも感じ取れます。


一つの事故。一人の男。三人の女。

魅力的なキャストとヴェンダースならではの感情のランドスケープ。

誰のせいでもない

原題:Every Thing Will Be Fine

11月12日(土) ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次ロードショー!

映画情報どっとこむ ralph 誰のせいでもない物語・・・

カナダ、ケベック州モントリオール郊外。作家のトーマスは恋人サラと暮らしているが、仕事がうまくいかずその関係はぎこちない。

ある大雪の日、車を走らせていたトーマスは目の前に飛び出してきた何かに驚き急ブレーキをかける。そこには車の前で虚ろに座り込んでいる幼い少年がいた。幸い怪我もなくほっとしたトーマスが彼を家まで送ると、母ケイトは息子の姿を見て半狂乱になる……。

トーマス、恋人のサラ、編集者のアン、そして少年の母ケイト。

誰のせいでもない一つの事故が、一人の男と三人の女の人生を変えてしまう。

***********************************

CAST
ジェームズ・フランコ
シャルロット・ゲンズブール
レイチェル・マクアダムス
マリ=ジョゼ・クローズ

監督:ヴィム・ヴェンダース
脚本:ビョルン・オラフ・ヨハンセン
撮影:ブノワ・デビエ
音楽:アレクサンドル・デスプラ
配給 トランスフォーマー

2015年 ドイツ・カナダ・フランス・スウェーデン・ノルウェー 118min

©2015 NEUE ROAD MOVIES MONTAUK PRODUCTIONS CANADA BAC FILMS PRODUCTION GÖTA FILM MER FILM ALL RIGHTS RESERVED.


警視庁と『パーフェクト・プラン』がタイアップ


2月28日(土)公開『パーフェクト・プラン』は、公開に先駆けて警視庁 組織犯罪対策部 組織犯罪対策第五課 及び 東京都 福祉保健局 健康安全部とタイアップすることとなったそうです!

パーフェクト・プラン
今回のタイアップは、麻薬密売事件を巡って、夫婦が事件に巻き込まれていく映画のストーリーが、警視庁と東京都が常日頃、市民の皆さんへ発信しているメッセージとも重なることから実現した、異色のコラボレーションです。

警視庁と『パーフェクト・プラン』がタイアップ 誘惑を断ち切れ!危険ドラッグに巻き込まれるな!
警視庁と『パーフェクト・プラン』がタイアップ 誘惑を断ち切れ!危険ドラッグに巻き込まれるな!
タイアップの内容としては、

劇中でも重要なポイントとなっている薬物に関する事件が実際に多発していて、市民の皆さんへその危険性の注意を喚起すべく、都内の警察署、交番、保健センターなどでオリジナル・タイアップポスターの展開などを予定してます。

警視庁では近年多発している危険ドラッグに関わる事件を深刻にとらえ、兼ねてより東京都と一緒に危険ドラッグの撲滅運動に取り掛かっています。

その運動の一環として、銃器・薬物に関する情報提供を求める24時間体制のホットラインを設置するなど、薬物への対策を強化しています。

今回のタイアップを受け、警視庁からも、以下のコメントがきてます。

警視庁コメント
危険ドラッグの使用者が、二次的な犯罪や健康被害を起こす事例が多発しています。誘惑を断ち切り、危険ドラッグに巻き込まれないようにしましょう。

偶然手にした現金3,500万円、それは完全なる計画のはじまりだった・・・。

パーフェクト・プラン

公式サイト:perfect-plan.jp

パーフェクト・プラン2
********************************************************************

物語・・・
ロンドン郊外の安アパートに住む請負労働者のトムと小学校教師アナの夫妻。

シカゴから再起を誓い移住して来たふたりは祖母から相続した屋敷を改築し子供を持ち幸せに暮らすという夢を抱いていた。ある日、トムの元にひとつの通知が届く。

“退去勧告”。政府による金融引き締め政策と外国人労働者への取り締まり強化により、ふたりは経済的に追い込まれていた。途方に暮れる中、思わぬ事態が訪れる。

階下の住人が3,500万円の大金を残して突然死したのを発見したのだ。

持ち主不在の3,500万円。近づく退去期限。そして、ふたりは誘惑に負けてしまう。
しかし、それは絶対に手を出してはいけない金=黒金だった。
金を巡りフレンチマフィア、麻薬売人、そしてある事件の復讐を誓う刑事がふたりに迫る。つかの間の“安心”を手に入れたふたりの完全なる計画は恐ろしい陰謀が蠢く闇世界への切符だった・・・

出演:ジェームズ・フランコ『127時間』、ケイト・ハドソン『あの頃、ペニー・レインと』、オマール・シー『最強のふたり』、トム・ウィルキンソン『フィクサー』
監督:ヘンリク・ルーベン・ゲンツ
2013年/アメリカ/90分/シネスコ/5.1ch/字幕翻訳:チオキ 真理/原題:GOOD PEOPLE
(c)2013 GOOD PRODUCTIONS, INC 
配給:東京テアトル、日活
宣伝協力:キネマ旬報社
協力:ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
 


ジェームズ・フランコからコメント!『パーフェクト・プラン』


この度、ジェームズ・フランコ、ケイト・ハドソン、オマール・シー、トム・ウィルキンソン、世界の名優が一堂に会しましたクライム・サスペンス
パーフェクト・プランパーフェクト・プラン

が2015年2月28日(土)公開となります。

本作は、ふとした出来心から麻薬密売取引に関わる現金3,500万円に手を染めた平凡な夫婦が、闇社会の陰謀に巻き込まれ、麻薬売人、刑事、フレンチマフィアにたった二人で命がけの戦いに挑むこととなる“巻き込まれ型クライム・サスペンス”です。

本作でジェームズ・フランコとケイト・ハドソンが初の共演が実現しました。先般『ジ・インタビュー』でも話題となりました主演のジェームズ・フランコより本作におけるコメントが届きましたのでご紹介。

パーフェクト・プラン1
本作の魅力は―
「大金を見つけた夫婦が正しいことは何かを自分たちに問う。金を盗むと決めたからには、
闘わなければならない。物語自体は今までにもあったような話だけど、トム(ジェームズ)とアナ(ケイト)の関係性がこの物語の面白いところなんだ。互いに信頼し合っている夫婦を演じたいと思ったよ。依存し合う二人が、力を合わせて最悪の事態を乗り越える。そのことによって絆がさらに強まるんだ。
二人とも非常事態に対する特別な能力なんて何も持ってなくて、そういった点で二人は対等な立場にいる。そこが最も興味を惹かれた点だった」。

パーフェクト・プランケイト・ハドソンとの共演について―
「ケイトは陽気で一緒にいて楽しい人だけど、同時にとても深みがあるんだ。面白いイメージが先行して、こういった誠実な女性の役に深みを与えられることに、あまり気付かれていないと思うよ。この作品には、彼女のそういう一面がよく表れているよ」。

パーフェクト・プラン3トム・ウィルキンソンとの共演について―
「僕はトム・ウィルキンソンの大ファンさ。ちょっと厳しそうな顔をしているから、一見怖い印象を受けるかもしれないけれど、実際はすごく優しい人なんだ。本物のプロフェッショナルで、彼が役に入りこむと、こちら側の演技がとても楽なんだ。共演は本当に楽しかったし貴重な経験になったよ」。

パーフェクト・プラン4ヘンリク監督について
「僕は監督にとても興味がある俳優だ。参加するプロジェクトにおいて、監督は誰かという点が
最も重要なんだ。ヘンリク監督の前作『TERRIBLY HAPPY』を見たんだけど、
彼は独特のスタイルを持っている。作品を俯瞰して捉えて、慎重に物語を語っている。
とても魅力を感じたよ。今作の監督にぴったりだと思った」。

パーフェクト・プラン2本作のテーマについて―
「現代には、社会の中で置き去りにされている人がいるように思う。アメリカ国内や世界中で、能力を身につけていても、仕事に就けず、生活に困っている人がいる。お金を盗んだことに関して、この夫婦が100%悪いと言えるのか、僕には分からない。二人はきちんとした生活を送るためにできるだけの努力をしたのに、どうにもならなかったのだから。二人と同じような状況に陥って彷徨っている人たちがたくさんいるんだと思う。今までとは違う方法でみんなが結束することが、生き抜くために必要なんじゃないかな」。

偶然手にした現金3,500万円、それは完全なる計画のはじまりだった・・・。

パーフェクト・プラン

シネマート新宿、ヒューマントラストシネマ渋谷、ユナイテッド・シネマ豊洲ほかロードショーです。

公式サイト:perfect-plan.jp

パーフェクト・プラン2
********************************************************************

ものがたり・・・
ロンドン郊外の安アパートに住む請負労働者のトムと小学校教師アナの夫妻。
シカゴから再起を誓い移住して来たふたりは祖母から相続した屋敷を改築し子供を持ち幸せに暮らすという夢を抱いていた。ある日、トムの元にひとつの通知が届く。
“退去勧告”。政府による金融引き締め政策と外国人労働者への取り締まり強化により、ふたりは経済的に追い込まれていた。途方に暮れる中、思わぬ事態が訪れる。
階下の住人が3,500万円の大金を残して突然死したのを発見したのだ。持ち主不在の3,500万円。近づく退去期限。そして、ふたりは誘惑に負けてしまう。

しかし、それは絶対に手を出してはいけない金=黒金だった。

金を巡りフレンチマフィア、麻薬売人、そしてある事件の復讐を誓う刑事がふたりに迫る。
つかの間の“安心”を手に入れたふたりの完全なる計画は恐ろしい陰謀が蠢く闇世界への切符だった・・・

キャスト:
ジェームズ・フランコ『127時間』
ケイト・ハドソン『あの頃、ペニー・レインと』
オマール・シー『最強のふたり』
トム・ウィルキンソン『フィクサー』

監督:ヘンリク・ルーベン・ゲンツ
2013年/アメリカ/90分/シネスコ/5.1ch/字幕翻訳:チオキ 真理/原題:GOOD PEOPLE

(c)2013 GOOD PRODUCTIONS, INC 
配給:東京テアトル、日活 宣伝協力:キネマ旬報社
協力:ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント