「恋愛」カテゴリーアーカイブ

チェ・スヨン(少女時代) 、田中俊介(BOYS AND MEN)吉本ばなな登壇!『デッドエンドの思い出』完成披露上映


映画情報どっとこむ ralph 2019 年2月16日公開映画『デッドエンドの思い出』の主演を務めたチェ・スヨンの来日に合わせ、最速の完成 披露上映会舞台挨拶がユナイテッド・シネマ豊洲にて行われ、 チェ・スヨン(少女時代) 、田中俊介(BOYS AND MEN)の豪華キャストとともに、チェ・ヒョンヨン監督と原作者の吉本ばなな先生も登壇しました!

映画『デッドエンドの思い出』完成披露上映会舞台挨拶
日程:12月13日(木)
場所:ユナイテッド・シネマ豊洲
登壇:チェ・スヨン、田中俊介、チェ・ヒョンヨン監督/ 吉本ばなな

映画情報どっとこむ ralph よしもとばななによる同名短編小説を、チェ・スヨン&田中俊介のW 主演で実写映画化。
婚約者に裏切られたソウルに住むユミ(スヨン)が、名古屋のとあるカフェにたどり着き、カフェを営む若い男性・西山(田中)や周囲の人々に癒され、立ち直る姿を描いています。

映画初主演のスヨンさんは、

スヨンさん:映画の中で成長していくキャラクターを演じることが嬉しかったし、女優として映画をリードする役を演じるのはなかなかない機会なので、オファーを貰って役作りをしました。

と流ちょうな日本語で喜びを語り、

スヨンさん:ユミという役は私と違う部分もあって、すべてを理解することはできなかったけれど、撮影が進む中で役と共に私も成長した気がしました。

と刺激を受けた様子。

吉本さん:スヨンさんの演じたユミには説得力があった!」と太鼓判を押されると、スヨンは「韓国でも先生の作品は世代に関係なくとても人気。子供の頃からあこがれていたので、貴重な機会をいただき凄く嬉しいです。

と満面の笑みだった。



ユミの傷心を癒す西山役の田中さんに、

吉本さん:誰もが近づきたくなるけれど、心の奥底にヤバイ面を持っているのではないか?というのを出してくれました。

とされると、

田中さん:やばいものを抱えていたとしても、ここでは言いません!ありがたい言葉をいただけて光栄。今すぐにでも握手したい!

と興奮。BOYS AND MEN のホームである名古屋での撮影に

小さい頃から当たり前に見てきた景色も、改めてスクリーンを通して見てみると、素晴らしい景色が広がっていて、そんな魅力を発信できている。観光誘致の映画ではないけれど、舞台が名古屋ということでその魅力がしっかり伝わっているので嬉しい。

と名古屋愛を爆発させていた。

スヨンも見どころとして、桜満開の公園でのシーンを挙げて

スヨンさん:花見のシーンはラッキーなくらい、『風吹いてください!』と思っていたらザワザワと自然な風が吹いて美しい桜の様子を撮影することができました!

と奇跡にニッコリ。

田中さん:ハラハラドキドキはないかもしれないけれど、スクリーンから放たれる温かい空気を全身で浴びてほしいですね。

と映画全体を通してアピール。

映画情報どっとこむ ralph 吉本さん:日韓合作で、しかもスヨンちゃんが出ると聞いたときは『まさか!』と本当に実現できるとは思わなかったので嬉しいですね。撮影現場も素晴らしく、ヒョンヨン監督の勢いと情熱で明るい撮影になっていて感動しんました!

と満足そう。そして、メガフォンを取ったヒョンヨン監督は

ヒョンヨン監督:こんな温かさが出るんだ!と思うくらいのいい流れができた。皆さんにもユミや西山さんの気持ちに共感しながら映画を楽しんでほしいです。

と日本公開に向けてメッセージを送りました!


映画『デッドエンドの思い出

公式サイト:
dead-end-movie.com

2019年2月16日(土)新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー 2月2日(土)シネマスコーレにて、名古屋先行公開

公式サイト:
dead-end-movie.com


物語・・・
30歳を目前にしたごく普通の日々を送っていた韓国人女性・ユミ(チェ・スヨン)。ひとつだけ気にかかっている事があるとすれば、仕事で名古屋へ行ってしまった婚約者テギュとの未来だった。

そんなユミはふと思い立ち、テギュに会いに名古屋へと向かう。

久々の再会を待ちわびていたユミが、テギュのアパートで見たのは、見知らぬ女性の姿だった。
突然知らされたテギュの裏切りに絶望し、あてもなく街をさまようユミ。そんな彼女がたどり着いたのは、エンドポイントという名のゲストハウスを兼ねた古民家カフェだった。エンドポイントのオーナー・西山(田中俊介)は不思議な存在感でユミに寄り添い、カフェに集うちょっぴりおせっかいな常連客たちも傷ついたユミの心をゆっくりと癒していく。
そして西山の心の傷に触れた時、ユミの中で確実に何かが変わり始めた。

***********************************

出演:チェ・スヨン(少女時代) 田中俊介(BOYS AND MEN) 他
原作:よしもとばなな『デッドエンドの思い出』(文春文庫刊)
監督:チェ・ヒョンヨン
配給 アーク・フィルムズ
Ⓒ2018 「Memories of a Dead End」 FILM Partners


登坂広臣 x 中条あやみ『雪の華』橋本光二郎監督登壇!!【フィンランド日本2019】親善大使発表会


映画情報どっとこむ ralph 世代や国を超えて愛され続ける冬ラブソングの名曲、中島美嘉の「雪の華」が、『ホットロード』以来5年ぶりの恋愛映画出演となる登坂広臣、そして今最も注目される女優・中条あやみの主演で2019年2月1日(金)に公開となります。

日本―フィンランド外交関係100周年を記念して、【フィンランド日本2019】が開催。
ゲストに、東京――フィンランドを舞台にした本作の監督を務める橋本光二郎が、夏と冬にフィンランドで大型の長期ロケを行い、北欧ならではの美しい街並みと雄大な自然が映し出されている本作の魅力を語りました。



予告編上映後イベントに登場した橋本監督は、

「この映画の企画をプロデューサーの渡井さんから頂いたのは、約3年前でした。その時にフィンランドを舞台とした映画を撮りたい、しかも『雪の華』という美しい楽曲をテーマとした映画を作りたいと言われました。ただ僕自身はフィンランドをあまりよくわかっていなく、北欧にあって、すごく教育制度のいいところで、雪のきれいな場所、サンタクロースが誕生した場所と言う断片的なイメージでした」

と撮影前のフィンランドのイメージを語り、続けて初めて訪れたフィンランドの印象については
「プロデューサーと一緒にフィンランドを訪れた時に、本当にそこにある自然の美しさに感銘を受けました。最初に冬のシーンのロケ地になったラップランド地方の雪の灯台の美しさや、場合によっては人の命を奪いかねない自然の厳しさ、荒々しさも含めた美しさを肌で感じました。また、フィンランドに行って初めて知ったのですが、真っ白な雪の中を歩いていると、踏み抜いたところに影ができますよね、日本だと黒い影になるんですけど、フィンランドだと雪を透過して光が当たっているため、影が青くなるんですよね。その現象のことを現地ではラップランドブルーというらしくて、それは言葉では言い表せないような儚い美しい現象で、自分が歩いた一歩一歩にこういった美しさが宿るのは素敵だなと思いました」

と冬のフィンランドでの撮影を振り返った。

映画情報どっとこむ ralph また夏のヘルシンキの撮影については

「夏にヘルシンキに行ったときには、森の中に広がる爆発的な緑の美しさというか、冬とは全く違う顔を見せてくれる文化的なあり様だったり、自然の力強さだったり、そういったものが本当に美しいなと思いましたし、同時にそこで育まれたフィンランドの方たちの心はとても豊かなんだなと思いました。そんな中で現地のスタッフの方や出演者、土地をお借りして、フィンランドのお力をお借りして撮影できた映画だったと思います」

と現地の人たちの温かさに直に触れたと話し、

最後に・・・

「映画『かもめ食堂』でフィンランドってどういう場所だろうと知った人も多いと思いますが、またこの『雪の華』で新たにフィンランドを知る人達ができてくれたらと思います。映画でフィンランドと言う土地に出会って、実際にフィンランドを訪れてくれる方が、現地で新しい魅力に出会って感動して、好きになってもらえたらと、そんなきっかけに映画がなってくれたら、撮影に協力頂いたフィンランドの皆様への恩返しになるのでは、と思っています」

とロケ地フィンランドへの感謝の思いを語り、イベントは終わりました。

映画情報どっとこむ ralph 「雪の華」

公式サイト:
yukinohana-movie.jp 

公式Twitter:
@yukinohanamovie 
#雪の華

物語・・・
「余命1年、私の夢――恋がしたい。」
東京-フィンランドを舞台に描かれる、一生に一度、運命の恋。
幼い頃から病気がちで、ついに余命1年を宣告された美雪(中条あやみ)。
彼女の夢は2つ――1つは両親が出会った〈約束の地〉フィンランドでオーロラをみること。そしてもう1つは、最初で最後の恋をすること。
ある日、ひったくりにあった美雪はガラス工芸家をめざす青年・悠輔(登坂広臣)に助けられる。悠輔が男手ひとつで妹弟を育てていること、そして働く店が危機になっていると知った美雪は、「私が出します、100万円。その代わり1ヶ月、私の恋人になってください」と持ちかける。何も知らないまま“期間限定”の恋に応じる悠輔だったが・・・。
かけがえのない出会いが、美雪に一生分の勇気をあたえて、悠輔の人生を鮮やかに彩っていく。東京と<約束の地>フィンランドを舞台に描かれ、切ない想いに涙が溢れる、初雪の降る日に出会った2人の、1年のラブストーリー。

***********************************

CAST & STAFF
登坂広臣 中条あやみ
高岡早紀 浜野謙太 箭内夢菜 / 田辺誠一
主題歌:中島美嘉「雪の華」(ソニー・ミュージックレーベルズ)
監督:橋本光二郎 脚本:岡田惠和 音楽:葉加瀬太郎
製作:映画「雪の華」製作委員会 企画・制作プロダクション:エー・フィルムズ
配給:ワーナー・ブラザース映画
©2019映画「雪の華」製作委員会 
    


横浜流星&中尾暢樹 W主演映画『チア男子!!』 特報映像! 追加キャスト発表!


映画情報どっとこむ ralph 横浜流星と中尾暢樹のW主演作『チア男子!! 』に、 伊藤 歩、清水くるみ、唐田えりか、山本千尋が出演し、2019年5月に公開することが決定しました。

さらに、特報映像とティザーポスタービジュアルが解禁!

『チア男子!!』熱い青春ドラマを支える女性キャスト陣!
追加キャストとして発表となった実力派女優の伊藤 歩は、全国的に有名 な女子チアリーディングチーム“DREAMS” のコーチ・高城さつき役を務め る。また、晴希の姉・晴子役に『青の帰り道』が公開中の若手演技派、 清水くるみ。高城の姪・さくら役に『寝ても覚めても』でカンヌをはじめ 多くの映画祭で注目された唐田えりか。晴希たちの通う大学の学生会メンバーで“BREAKERS“の支援を申し出る小久保役には「ウルトラマンジード」でヒロインを熱演した山本千尋が出演。

今回発表となったキャスト陣は、“BREAKERS“のメンバーを取り巻く重要な役どころとして物語に登場する。


映画情報どっとこむ ralph 今回解禁された特報は・・・、

横浜流星演じる晴希が、中尾暢樹演じる一馬に男子チアリー ディングに誘われるシーンから始まる。これから始まる物語への期待を感じさせる 「新しい何かが、始まる。」というコピーに続き、「LET’S GO BREAKERS!!」とチーム 7人の掛け声が響く。「一人じゃできないことやってる」「チアに出会わなければ、 知らずに卒業していたんだろうな」といったチアに打ち込むメンバーたちの思いや、 「挑戦してもいいじゃないですか!」「集中しろよ!」「一番中途半端なんはお前やんか!」 「俺に頼れや!」という彼らの本気のぶつかり合いや情熱に、思わず胸が熱くなる。ラストは大技のジャンプのシーンで、 一馬の「跳べ!!」という叫びと晴希の一瞬の表情を映し出す。青春、友情、本格的なパフォーマンスなど、期待感溢れる 特報映像となった。



映画情報どっとこむ ralph さらに、男子チアリーディングのアクロバティックさを表現した迫力のあるティザーポスターが完成。

青空の下でダイナミックに演技する7人の姿が印象的だ。「全員で、跳べ!」というキャッチコピーに、青春と情熱を感じる インパクトのあるビジュアルとなった。

映画情報どっとこむ ralph ■TVアニメシリーズBlu-ray BOX発売決定!
2016年にTVアニメ化、舞台化された本作。実写映画公開を記念して、 TVアニメシリーズ全12話を収録したBlu-ray BOXが2019年4月26日に 発売することが決定いたしました。

商品名:チア男子!! Blu-ray
BOX 価格:12,000円(税抜)
発売・販売元:バンダイナムコアーツ
アニメ公式サイト:
http://www.cheer-boys.com/
©朝井リョウ/集英社・チア男子!!製作委員会

映画情報どっとこむ ralph 映画『チア男子!!』

2019年5月全国公開


公式サイト:
http://letsgobreakers7.com

公式Twitter:
@letsgobreakers7

本作は、『桐島、部活やめるってよ』『何者』の朝井リョウによる傑作青春小説 「チア男子!!」の実写映画化。

原作となる「チア男子!!」は早稲田大学の男子チアリー ディングチーム“SHOCKERS”をモデルに、直木賞作家の朝井リョウが大学在学中に 執筆した作品で、これまで女子がやるものとされてきたチアリーディングに男子が 挑戦する物語。

道場の長男として幼い頃から柔道を続けてきた大学1年の晴希(横浜流星)が 怪我をきっかけに柔道をやめ、親友の一馬(中尾暢樹)の言葉をきっかけに、ともに 大学チアリーディング界初の男子チーム“BREAKERS“を結成し、大舞台に挑戦します。


***********************************


出演:横浜流星・中尾暢樹 瀬戸利樹 岩谷翔吾 菅原 健 小平大智 / 浅香航大 清水くるみ 唐田えりか 山本千尋 伊藤 歩
原作:朝井リョウ「チア男子!!」(集英社文庫刊)
脚本:登米裕一
監督:風間太樹
制作プロダクション:AOI Pro.
配給:バンダイナムコアーツ/ポニーキャニオン
©朝井リョウ/集英社・LET’S GO BREAKERS PROJECT


登坂広臣、中条あやみの期間限定の恋の行方に涙する『雪の華』コメント付き特別映像解禁!


映画情報どっとこむ ralph 中島美嘉の名曲『雪の華』が、15年の時を経て登坂広臣、中条あやみの主演で、最高のラブストーリーとなって、2019年2月1日(金)に公開となります。

この度、『雪の華』の2人の期間限定の恋の行方に涙するストーリーと最高の恋の舞台フィンランド、本作の魅力が詰まったキャストコメント付き特別映像が解禁となりました!


映像内では、この映画を語る上で外せない2つのポイントを紹介。

1つ目はガラス工芸家を目指すぶっきらぼうだけど真っ直ぐな青年・悠輔と余命宣告を受けたヒロイン美雪の心が締め付けられる切ない期間限定の恋愛模様。

そして2つ目は、2人のラブストーリーの舞台となる最高のロケーション、北欧・フィンランド。
ロケ地について

登坂さん:初めて来た国なんですけど、すごく街並みもキレイですし、この作品にぴったりな風景なんじゃないかなと思います。


中条さん:このキレイな雪景色の中で撮影できて、『雪の華』らしい素敵な映画が撮れたんじゃないかなと思います。

と話すように、フィンランドの美しい街並みと雄大な自然が2人の物語に彩りを与え、最高のシチュエーションを演出しています。



映画情報どっとこむ ralph 雪の華

2019年 2月1日(金) 全国ロードショー

公式サイト:
yukinohana-movie.jp
公式Twitter:
@yukinohanamovie
#雪の華


「余命1年、私の夢――恋がしたい。」

東京-フィンランドを舞台に描かれる、一生に一度、運命の恋。

幼い頃から病気がちで、ついに余命1年を宣告された美雪(中条あやみ)。彼女の夢は2つ――1つは両親が出会った〈約束の地〉フィンランドでオーロラをみること。そしてもう1つは、最初で最後の恋をすること。
ある日、ひったくりにあった美雪はガラス工芸家をめざす青年・悠輔(登坂広臣)に助けられる。悠輔が男手ひとつで妹弟を育てていること、そして働く店が危機になっていると知った美雪は、「私が出します、100万円。その代わり1ヶ月、私の恋人になってください」と持ちかける。何も知らないまま“期間限定”の恋に応じる悠輔だったが・・・。
かけがえのない出会いが、美雪に一生分の勇気をあたえて、悠輔の人生を鮮やかに彩っていく。東京と<約束の地>フィンランドを舞台に描かれ、切ない想いに涙が溢れる、初雪の降る日に出会った2人の、1年のラブストーリー。

***********************************

CAST & STAFF

登坂広臣 中条あやみ

高岡早紀 浜野謙太 箭内夢菜 / 田辺誠一

主題歌:中島美嘉「雪の華」(ソニー・ミュージックレーベルズ)
監督:橋本光二郎
脚本:岡田惠和 音楽:葉加瀬太郎
製作:映画「雪の華」製作委員会
企画・制作プロダクション:エー・フィルムズ
配給:ワーナー・ブラザース映画
©2019映画「雪の華」製作委員会
配給クレジット:ワーナー・ブラザース映画
(C)2019 映画「雪の華」製作委員会


岸井ゆきの→成田凌 一方通行の恋『愛がなんだ』特報映像解禁&4月公開決定!


映画情報どっとこむ ralph この度、直木賞作家、角田光代の同名小説を主演・岸井ゆきの、共演・成田凌で映画化した『愛がなんだ』を 2019 年 4 月にテアトル新宿ほか全国公開する ことが決定、この度特報映像を解禁。

主人公は 28 歳の OL テルコ(岸井)。彼女は一目ぼれしたマモル(成田)に想いを寄せている。自 分の時間のすべてをマモルに捧げ、その結果、仕事を失いかけても、親友に冷たい目で見られても、 マモルがいてくれるならテルコはこの上なく幸せだと思っている。けれど、マモルにとって、テルコはた だ都合のいい女でしかない。そのことをわかっているテルコは今の関係を保つことに必死で自分から は一切連絡をしないし、決して「好き」とは伝えない。しかし、そんなある日、マモルからの連絡が突然 途絶えてしまうが…。
今回解禁される特報は、ふとんで目覚め「おはよ」と言い合うシーンから始まる。
2 人一緒に買い食いをしたり、隣に並んで歯を磨い たり、お風呂で髪を洗いっこしたり。テルコがずっと片思いだったマモルとの夢にまで見た幸せな時間を過ごす様子を捉える。続いて 映し出されるのは甘い生活から一転、容赦無くテルコの目の前で締められる玄関のドアと「ありがと、山田さん」というマモルからの冷 たい言葉。「どうしてだろう、私はいまだに田中マモルの恋人ではない」。見て見ぬ振りをしていた「現実」を突如突きつけられたテルコ が発泡酒を飲みながら、一人逞しく夜道を歩き出す。ほか、葉子(深川)、ナカハラ(若葉)、すみれ(江口)のカットも。

映画情報どっとこむ ralph 愛がなんだ
公式サイト:
http://aigananda.com/

直木賞作家、角田光代の「愛がなんだ」は、平凡な OL テルコの“究極の片思い”を描くパンチのきいた恋愛小説。全力疾走で一方通 行の恋を駆け抜けるテルコの日々を、一人称の濃密な筆致で綴った本作が、舞台を現代に移して映画化。監督は“正解のない恋の 形”を模索し続けてきた、今泉力哉。長編監督作品の 9 本目となる本作では、永遠に埋まることのない男女の距離感を、様々な片思 いにもがく 5 人の登場人物の視点から深く考察しています。 【テルコ】を演じるのは初主演映画『おじいちゃん、死んじゃったって。』(2017)で一躍注目を集め、2018 年 NHK 連続テレビ小説「まんぷく」の好演で全国にその名を知らしめた、岸井ゆきの。テルコが一方的に想いを寄せる【マモル】には、出演作が途切れない人気俳 優、成田凌が扮しています。テルコの唯一の女友達【葉子】役は深川麻衣、葉子に一途な想いを寄せ続けるカメラマン志望のナカハ ラ役に【若葉竜也】、マモルが恋する年上の【すみれ】役に江口のりこら実力派キャストが揃っています。

***********************************

原作:角田光代「愛がなんだ」(角川文庫刊)
監督:今泉力哉
脚本:澤井香織、今泉力哉
出演:岸井ゆきの 成田凌 深川麻衣 若葉竜也 片岡礼子 筒井真理子/江口のりこ
配給:エレファントハウス
©2019 映画「愛がなんだ」製作委員会