「ドキュメンタリー」カテゴリーアーカイブ

萩本欽一、土屋敏男監督 したコメに参上!『We Love Television?』完成披露


映画情報どっとこむ ralph 11月3日(欽・祝)公開の萩本欽一、最初で最後のドキュメンタリー映画『We Love Television?』の完成披露上映会が、本日から開催となった「第10回したまちコメディ映画祭in台東」特別招待作品として行われました。

この日は、萩本欽一、土屋敏男監督はレッドカーペット、オープニングセレモニー、トークイベント後の囲み取材とフル稼働な一日でした!

『We Love Television?』完成披露上映会
第10回したまちコメディ映画祭in台東

日時:9月16日(土) 
場所:浅草公会堂 
登壇:萩本欽一、土屋敏男監督

映画情報どっとこむ ralph 欽ちゃんが浅草に帰ってきた!
初ドキュメンタリー映画は、”ドッキリメンタリー”!?

“視聴率100%男”萩本欽一を追いかけたドキュメンタリー映画『We Love Television?』が9月16日(土)に東京・浅草で開幕した「第10回したまちコメディ映画祭 in 台東」でワールドプレミア上映され、萩本欽一と土屋敏男監督が来場!

人力車に乗って登場した萩本と土屋監督は晴れの映画祭ということでタキシード!
「コメディ映画祭って言ってるのに、ドキュメンタリー映画を持ってくるなんてバカかっ! って(笑)。でも衣装はタキシードが久しぶりに用意してくれていて着たよ!欽ちゃーん!って声がかかって、久々に街で『欽ちゃん!』と言われると『じいちゃん!』って聞こえるね(笑)
そして、多くのタレントが恐れる数々の人気バラエティを手掛けてきた日本テレビの“T部長”こと土屋さんですが、映画を撮るのはこれが初めて。「進め!電波少年」では若手芸人を“誘拐”し、奇抜な企画に強制参戦させてきたが
土屋さん:ついに超ベテランに手を伸ばしてしまいました(笑)

と笑わせました。

映画情報どっとこむ ralph 映画祭のオープニングイベントでは、今年のコメディ栄誉賞に輝いた小松政夫、オープニング作品『blank 13』の斎藤工監督、同作主演の高橋一生らと並んでステージに登壇。


萩本さん:高橋一生さんに握手してもらいました! ホントによかったぁ。

と語り、会場は笑いに包まれた。

映画情報どっとこむ ralph
ワールドプレミア上映前の舞台挨拶では、本作がどういうきっかけでどのように撮られることになったかを語ったが、

萩本さん:ある日、(土屋監督が)いきなりウチに来て『(視聴率)30%番組をやりましょう!』って言ってきた。

と、話すと、

土屋監督:2010年に企画し、2011年から撮り始めて、今年2017年に完成しました。

と語り、それが萩本さん自身、まさか映画になるとは思っていなかったようで

萩本さん:仕事でもないのにいつもカメラを持ってるなと思ってました。普段の(僕自身)ありのままの姿を撮っているんだよ。

と語った。


本作を作る動機について

土屋監督:TVをずっとやってきて、TVって何なのか? 視聴率を獲るってなんだ? 視聴率30%って何なのか? と探っていくと、師匠である萩本欽一に行きついた。自分の中でのTVって何かを明らかにしたかったんです。こんなにも“撮られている”ということを意識していない萩本欽一をカメラに収めたのは初めて。

と胸を張った。


また、萩本さんは完成した映画について


萩本さん:僕にとってはドキュメンタリーというよりもドッキリ! ドッキリメンタリーであり、困ったリーだよ。

と冗談めかして語った。

萩本さん:いま、TVではタバコをくわえていると放送されないから、タバコをくわえているときに本心を言ってるんです。映画を先に見た人に『タバコ吸ってるところは出てくる?』と聞いたら『出てきます』って…(笑)

と語るが、そもそも、映画のポスター写真自体にタバコを口にくわえた萩本の姿が映っており、普段、TVでは言えない本音がたっぷりと描かれていると語った。

土屋監督:この映画はあくまで中盤編。この先があるかもしれない」と語ると、萩本は「この映画が大ヒットしたら、今後土屋くんと話しをするときは気をつけるよ(笑)

と冗談めかして話した。

映画情報どっとこむ ralph 映画『We Love Television?

物語・・・
ある日突然、土屋敏男がカメラを抱えて萩本欽一の自宅に訪れる。「視聴率30%超えの番組を作りましょう。」その一言から、萩本欽一と土屋敏男の番組作りが始まる。

番組に出演する演者との顔合わせ、番組構成に関わる人達との打ち合わせなどを精力的にこなす萩本欽一は、76歳。

新しいものへの探求心、笑いへの追求心…周囲の人達の熱量を最大限に引き出していく萩本欽一独自の手法とは?

これまで誰も見たことのない萩本欽一の真の姿を追った、最初で最後のドキュメンタリー映画。

公式サイト:http://kinchan-movie.com/

***********************************

出演:萩本欽一 / 田中美佐子、河本準一
企画・構成・監督:土屋敏男(つちや・としお)
配給:日活
上映時間:110分
©2017日本テレビ放送網
©2017映画「We Love Television?」 



立川志らく『リュミエール!』公開収録!落語家として映画を作りたいと野望明かす!


映画情報どっとこむ ralph 映画の父“リュミエール兄弟”が製作した作品1422本から厳選された108本より構成された映画『リュミエール!』が10月28日(土)より東京都写真美術館ホール他全国順次公開となります!

そして!本作の日本語版ナレーションを、映画への造詣が深い落語家の立川志らくさんが担当することになり、9月12日(火)に日本語ナレーション公開収録を行いました。

日付:9月12日(火)
会場:ソニーPCLスタジオ クリエーションセンター
登壇:立川志らく

映画情報どっとこむ ralph 報道陣を前に、本作の中から「水を撒かれた水撒き人」「ラ・シオタ駅への列車の到着」「日本の闘志」3作品のナレーションを収録。

軽妙かつ愛嬌のある温かな語り口で順調に収録が進みました。


映画情報どっとこむ ralph その後、取材に応じた志らくさん。
テレビのナレーションは何度かあるが、映画のナレーションは本作が初めて、とのことで、その感想を問われると

志らくさん:とても貴重な映像の数々なので、あんまり邪魔しちゃいけないなと思いながら、あんまりキレイにしゃべりすぎても、それならばアナウンサーとか声優さんとか連れて来ればよいわけですから、そんなところを悩みながら撮りました。

と答えた。続けて

志らくさん:観る前はよっぽど映画好きか、映画監督やカメラマンがみるべき映画かと思っていたんだけど、実際にみて観ると、映画に多少でも興味があれば娯楽として楽しめるはず!いまの若い人たちはyoutubeのために自分で撮影したりしているけれど、何が違うって、(リュミエール作品は)絵画みたいなんだよね、ストーリー性はそれほどなくても楽しめると思う。

と本作を解説。

さらに好きなシーンは

志らくさん:意味もわからず、乳母車が道をドンドン通ってくる映像」だそうで、「最後に演出なのかたまたまなのか、ヨチヨチ歩きの子がすーっと歩いてくるんだよね。“まるでチャップリンの「モダンタイムス」のように”と解説も入るんだけど、その子の後姿がチャップリンのようで。大きな意味はないんだけど、感動的だなと。映画って、意味がなくても面白いんだなって映画の原点のようですごく印象に残りましたよ。

と映画に造詣が深い志らくさんならではの感想も。また今年観た映画の中で一番好きな作品としては「ラ・ラ・ランド」を挙げ、

志らくさん:この作品が今年観た中で一番。フレッド・アステアの作品とかみていたものとしては、この時代によくこの映画を作ってくれたなと、ミュージカルが好きで好きでしょうがない、という気持ちが画面にあふれていて、その好きさが現れているとそれだけで楽しくなるんですよ。そういうのが映画の原点ですよね。

と語ってくれました。

映画情報どっとこむ ralph 落語家としてだけでなく、映画の評論や現在TBS系「ひるおび」のコメンテーターとしても活躍中

志らくさん:昔から好きなものは片っ端からやっていこう、と思ってるし、新たに挑戦したいのは、落語家として一本映画を作りたいなぁと。私が唯一できるのは、自分の師匠である立川談志がどんな人だったか、それをちゃんと映画で描きたい。談志はこんなハチャメチャで嫌われていたけど、一方ではこんなに愛されていた、というのをドラマ仕立てで作ってみたい。それができるのは談志の弟子で映画に精通していないと、となると志の輔さんか私かな。誰が談志をやるかっていえば、私が演じれば似てますよ、憑依芸で(笑)。

とユーモアを交えて答える一幕も。


最後に本作を

志らくさん:映画マニアにはたまらない作品で、しかも普通の映画ファンがみても熱狂できる、本当に貴重な作品。これから自分のもっているちょっとした機材で映像を撮ろうと思っている人、短編を作ろうとしている若い映画人は観るべきです!目からウロコで、この作品はまさに動く絵画!内容以上にいかに構図にこだわるか、そこに作り手の愛情が加わるか、それを発見することができる作品です!

と熱く語り、終始、映画愛にあふれたナレーション収録になりました。

映画『リュミエール!』
原題:LUMIERE!
が10月28日(土)より東京都写真美術館ホール他全国順次公開です。

公式HP:
gaga.ne.jp/lumiere!/

スピルバーグもルーカスもジェームズ・キャメロンもクロサワも小津も、映画はここから始まったー。1895年12月28日パリ、ルイ&オーギュスト・リュミエール兄弟が発明した“シネマトグラフ”で撮影された映画『工場の出口』等が世界で初めて有料上映された。全長17m、幅35mmのフィルム、1本約50秒。現在の映画の原点ともなる演出、移動撮影、トリック撮影、リメイクなど多くの撮影技術を駆使した作品は、当時の人々の心を動かした。 1895年から1905年の10年間に製作された1422本より、カンヌ国際映画祭総代表であり、リヨンのリュミエール研究所のディレクターを務めるティエリー・フレモー氏が選んだ108本から構成され、リュミエール兄弟にオマージュを捧げた珠玉の90分。4Kデジタルで修復され、フレモー氏が自ら解説ナレーションを担当、ひとつの時代、そこに生きる様々な人や場所、伝統の証人である映像とともに、20世紀を目前とした世界への旅にあなたを誘います。

***********************************

監督・脚本・編集・プロデューサー・ナレーション:ティエリー・フレモー(カンヌ国際映画祭総代表)

製作:リュミエール研究所
共同プロデューサー:ヴェルトラン・タヴェルニエ
音楽:カミーユ・サン=サーンス

映像:1895年~1905年リュミエール研究所(シネマトグラフ短編映画集1,422本の108本より)

2016年/フランス/フランス語/90分/モノクロ/ビスタ/5.1chデジタル/字幕翻訳:寺尾次郎/字幕監修:古賀太/後援:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本 協力:ユニフランス

© 2017 – Sorties d’usine productions – Institut Lumière, Lyon
    


坂本龍一 の音楽と思索の旅『Ryuichi Sakamoto: CODA』ビジュアル解禁!


映画情報どっとこむ ralph これは最終楽章のはじまりなのか坂本龍一の音楽と思索の旅を捉えたドキュメンタリー

Ryuichi Sakamoto: CODA

は、11月4日(土)より、角川シネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国公開いたします。

<自然の音>を探求する姿を捉えたビジュアルがついに完成!
この度解禁となったビジュアルは、自宅の庭で雨の音を録ろうと、バケツを被っている坂本の後ろ姿。雨や鳥の声などの自然の音や、街の雑踏のノイズなど、様々な<音>を自分の音楽に取り入れる坂本の様子がわかる本編からのカットが使われています。

また、タイトルでもあるの音楽的な特性である<転調>を、タイポグラフィの配置のリズムで表現した美しいビジュアルとなっています。

映画情報どっとこむ ralph 合わせて、未だベールに包まれる作品の雰囲気がより伝わる場面写真も一挙に解禁に!
過去の旅路を振り返りながら、新たな楽曲が誕生するまでの、坂本龍一の音楽と思索の旅を捉え、

坂本さん:全てをさらけ出した。

という本作のエッセンスを文字通り感じられるものになっています。

映画情報どっとこむ ralph また、9月16日(土)より全国共通前売鑑賞券1,400円(税込)の発売も決定!

劇場窓口・メイジャーオンラインでの購入者に限り非売品<オリジナルエコトートバッグ>をプレゼント!(一部劇場を除く/数量限定)


Ryuichi Sakamoto: CODA

公式サイトも解禁です!
ryuichisakamoto-coda.com

公式Facebook @ryuichisakamoto.coda 
公式Twitter @skmt_coda

***********************************

出演:坂本龍一
監督 : スティーブン・ノムラ・シブル
プロデューサー : スティーブン・ノムラ・シブル エリック・ニアリ
エグゼクティブプロデューサー : 角川歴彦 若泉久央 町田修一 空 里香
プロデューサー:橋本佳子 共同制作 : 依田 一 小寺剛雄
撮影 : 空 音央 トム・リッチモンド, ASC
編集 : 櫛田尚代 大重裕二
音響効果: トム・ポール
製作/プロダクション:CINERIC BORDERLAND MEDIA
製作:KADOKAWA  エイベックス・デジタル 電通ミュージック・アンド・エンタテインメント 
制作協力 : NHK  
共同プロダクション:ドキュメンタリージャパン
配給 : KADOKAWA
2017年/アメリカ・日本/カラー/DCP/American Vista/5.1ch/102分
©2017 SKMTDOC, LLC