アンドリュー・チョイ & ン・ガーリョン来日 香港社会派問題作『十年』


映画情報どっとこむ ralph 香港で大ヒット、香港のアカデミー賞金像奨の最優秀作品賞を受賞し、香港映画界の流れを変えたとも言われながら・・・。

しかし、その作品内容から中国から封殺されている社会派問題作『十年』が、いよいよ本日22日(土)から新宿K’s cinema他にて順次公開。

初日エグゼクティブプロデューサーのアンドリュー・チョイ、プロデューサーで第5話「地元産の卵」の監督ン・ガーQ&リョンによるQ&Aを行いました。

香港映画『十年』公開初日Q&A
日時:7月22日(土) 
場所:新宿K’s cinema
登壇:
アンドリュー・チョイ(エグゼクティブ・プロデューサー)
ン・ガーリョン(プロデューサー/監督)

映画情報どっとこむ ralph 立ち見でびっしり!の会場に温かい拍手で迎えられたアンドリュー・チョイさんとン・ガーリョンさん。

チョイP:エグゼクティブ・プ十年のプロデューサです。今日は第1回目から満席。感謝しています。

ガーリョン監督:十年のプロデューサと地元産の卵の監督をしています。今の香港の現状を分かっていただければと思います。

二人のプロデューサとしてのすみわけは、企画は2人でねり4人の監督を決めるところまでを2人で。その後ガーリョンPが配給と上映。ガーリョン監督が4人の監督をまとめてストーリーをキメた後。5作品目『地元産の卵』の監督に集中したそう。

映画情報どっとこむ ralph ここで、集まった観客との質疑応答へ。

Q:北京語を使用せよとの政府からの勧告などはありましたか?

ガーリョン監督:まず使えという支持はありませんが・・・。国語は北京語に代わっていのです。が、今まで使用してきた広東語には、いろいろな表現があると思うんですね。それがなくなることに対して、この作品を作りました。

チョイP:補足ですが、中国国内の北京語(普通語)を既に使用することになった地域もあります。そこも、いずれ香港もそうなるのではないかと危惧しています。

Q:香港アカデミー賞をとっても、その後なかなか活躍できないとか?

チョイP:2015年上映で、8週間満員だったのですが、どういう原因か上映が終わってしまいました。その後に香港のアカデミー賞金像奨の最優秀作品賞を受賞しましたが、批判的なことも新聞も掲載されました。自分たちは創作活動を続けていますが、スタッフは本土に入っていません。気を付けるに越したことは無いですから。

と、シビアな現実も語りました。さらに

ガーリョン監督:この作品の後、映画製作の話をいただきましたが、「十年」の制作者だとわかったら、手のひらを返して。そういうことがありましたが・・・監督としては、そういう考えを織り込む人と一緒にやらない方が良いですからね。最初に分かってよかったです。

と前向きな監督。

映画情報どっとこむ ralph Q:2025年に着眼したのは

ガーリョン監督:この作品を企画した段階で話し合いました。2025年にしたのは。今この映画を観られる人が、10年後であれば若い人もお年寄りも関われるからです。そして、10年という節目の人生のターニングポイントとしての「時間」を撮らせていただきました。

チョイP:現実的には、バジェットがなかったので、50年後だとセットや衣装とかね。。大変です。10年後にしました。(笑)

と、反骨とリアルの10年のよう。

Q:実際の香港では大変な変化が起こっていますが、脚本など変えたところはありますか?

チョイP:少しありますね。雨傘運動があって。それは反映させましたね。催涙弾のシーンはロケ地NGになって、別を探しました。10年後を描くのは変わっていませんけどね。

ガーリョン監督:撮影中にちょうど雨傘運動のうねりがあり、それに合わせて脚本を変えていきましたので。そのあとに、政府の発言が増えてきて。。。。現実となってしまったことも盛り込みました。もちろん雨傘運動の前後。卵を投げるシーンは反映させていますね。

と、答えたお二人。

映画情報どっとこむ ralph 今後の彼らの創作活動が気になるイベントとなりました。

政治不信が広がる日本人。
今見るべきかもしれない。

『10年』

は絶賛上映中!

物語・・・

第1話『エキストラ』
労働節(メーデー)の集会会場のある一室。2 人の男が銃で来場者を脅そうと密かに準備を進めている…。

第2話『冬のセミ』
壊れた建物の壁、街に残された日用品など、黙示録の中の世界になったような香港で、一組の男女が標本を作 製して
いる。

第3話『方言』
タクシー運転手に普通話の試験が課せられ、受からないと香港内で仕事ができる場所に制限がかかるようになる。

第4話『焼身自殺者』
ある早朝、英国領事館前で焼身自殺があった。身元もわからず遺書もない。一体誰が何のために行ったのか!?

第5話『地元産の卵』
香港最後の養鶏場が閉鎖された。【地元産】と書かれた卵を売るサムは、良くないリストに入っている言葉だと注意を受け
る。

***********************************

エグゼクティブ・プロデューサー:アンドリュー・チョイ(蔡廉明)
プロデューサー:ン・ガーリョン(伍嘉良)
監督:「エキストラ」 クォック・ジョン(郭臻)
「冬のセミ」 ウォン・フェイパン(黄飛鵬)
「方言」 ジェヴォンズ・アウ(歐文傑)
「焼身自殺者」 キウィ・チョウ(周冠威)
「地元産の卵」 ン・ガーリョン(伍嘉良)
2015/香港/広東語/DCP/108 分/英題:TEN YEARS/配給:スノーフレイク
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ