田中麗奈・三島有紀子監督レッドカーペットに『幼な子われらに生まれ』上海国際映画祭

投稿日2017/06/18

映画情報どっとこむ ralph 直木賞作家・重松清の傑作原作を映画化し、8月26日(土)より公開となる『幼な子われらに生まれ』。

この度、本作が6月17日~26日で開催されている上海国際映画祭・日本映画週間に出品。

女優の田中麗奈さん、三島有紀子監督がゲストで招かれ開幕式のレッドカーペットに登場。三島監督は、2年前に招待された「繕い裁つ人」以来の参加となります。

6月17日から開催された上海国際映画祭映画祭の記念すべき開幕式のレッドカーペットに、『幼な子われらに生まれ』に出演する田中麗奈さんと三島有紀子監督が登場しました。登場するやいなや、二人を待ちわびていたかのような大きな歓声が沸き起こり、田中さんと三島監督は華麗にレッドカーペットを歩きました。

撮影中も二人三脚で、互いに信頼を深めていった二人。『幼な子われらに生まれ』を引っさげて、息の合った二人が上海の映画界を盛り上げた瞬間となりました。

上海国際映画祭での上映について

田中さん:上海はとても好きな場所なので、映画祭でレッドカーペットを歩けてとても嬉しかったです。お客様の興奮した様子が伝わってきました。この映画が中国の方々の心に深く残れば嬉しいです。

と、観客の熱が伝わってきたと初めての上海国際映画祭に心を踊らせました。

今回2度目の参加となる三島監督は、

三島監督:2年ぶりの上海国際映画祭のレッドカーペットを歩けて大変光栄です!上海は過去も未来も感じる素敵な街です。この映画がそんな上海の皆さまに届き、皆さまに育てて頂いて、やがて中国の皆さまの心に届けば嬉しいです!

と、本作の海外での反応に大きな期待を寄せました。

映画情報どっとこむ ralph 幼な子われらに生まれ

8月26日(土)テアトル新宿・シネスイッチ銀座ほか全国ロードショー

Osanago-movie.com

「やっぱりこのウチ、嫌だ。本当のパパに会わせてよ」―娘に言われた時、妻には新しい命が宿っていた。

バツイチ、再婚。一見良きパパを装いながらも、実際は妻の連れ子とうまくいかず、悶々とした日々を過ごすサラリーマン。田中信(浅野忠信)。妻・奈苗(田中麗奈)は、男性に寄り添いながら生きる専業主婦。キャリアウーマンの元妻・友佳(寺島しのぶ)との間にもうけた実の娘と3カ月に1度会うことを楽しみにしているとは言えない。

実は、信と奈苗の間には、新しい生命が生まれようとしていた。血のつながらない長女はそのことでより辛辣になり、放った一言、「やっぱりこのウチ、嫌だ。本当のパパに会わせてよ」。今の家族に息苦しさを覚え始める信は、怒りと哀しみを抱えたまま半ば自暴自棄で長女を奈苗の元夫・沢田(宮藤官九郎)と会う決心をするが…。


重松清(原作者)
原作を書いたのは21年前でした。でも、映画は「いま」の物語になっていました。それが原作者としてなによりうれしい。最高の勲章です。

***********************************

出演:浅野忠信 田中麗奈/南沙良 鎌田らい樹 新井美羽 水澤紳吾 池田成志/宮藤官九郎 寺島しのぶ

原作:重松清「幼な子われらに生まれ」(幻冬舎文庫)

監督:三島有紀子(「幸せのパン」「繕い裁つ人」)
脚本:荒井晴彦
配給:ファントム・フィルム(2016年/日本/ビスタサイズ/5.1ch)
ⓒ2016「幼な子われらに生まれ」製作委員会

関連記事:


 

************************************

 

以下のランキングに登録しています。良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

映画情報どっとこむ

映画情報どっとこむへの作品掲載

映画情報サイトです。配給会社・監督・プロデューサー・映画祭・学生映画系の皆さん。そしてパブの方!HPサイト映画情報どっとこむ:http://eigajoho.com/ で情報発信しませんか? pub@eigajoho.comまでどうぞ。
記事掲載は無料。広告は週単位で有料です。