『マダム・ベー ある脱北ブローカーの告白』ポスタービジュアルも解禁


映画情報どっとこむ ralph 2016年カンヌ国際映画祭ACID部門正式出品作の衝撃ドキュメンタリー

マダム・ベー ある脱北ブローカーの告白』(英題:MRS. B, A NORTH KOREAN WOMAN)の日本公開日が決定。6月10日(土)よりシアター・イメージフォーラムにて全国順次公開することになり、あわせて、日本版ポスタービジュアルも解禁となりました!

今回、解禁となった日本版ポスターには、脱北途中の荒野でマダム・べーが見せる険しい表情、そして「ただ幸せになりたかった」というキャッチコピーが配され、彼女の壮絶な人生の一瞬が垣間見られます。

たった一年の出稼ぎのはずが 騙され売られた北朝鮮女性
母として妻として、二つの家族の間で揺れる、その数奇な運命の記憶

十年前、家族のため一年間だけの出稼ぎのはずが騙され、中国の貧しい農村に嫁として売り飛ばされた、北朝鮮女性B(ベー)。最初は憎んでいた中国の夫と義父母との生活を受け入れ、そこで生き抜くために脱北ブローカーとなる。しかし北朝鮮に残してきた息子たちの将来を案じた彼女は、彼らを脱北させ、自らも韓国へと渡る過酷な道を選ぶ―。

映画情報どっとこむ ralph この名もなき北朝鮮女性Bの生き様を記録したのは、フランスと韓国を拠点に映画製作し、これまでに5本の中短編映画がカンヌ国際映画祭に出品され、今最も注目される新鋭ユン・ジェホ。大胆で鋭く、ときに美しい映像で、中国と北朝鮮そして韓国に引き裂かれるBの分断の人生を、韓国人である監督自身のアイデンティティへの疑問と闘いながら記録した。

本作はカンヌ国際映画祭ACID部門正式出品、2016年モスクワ国際映画祭、チューリッヒ国際映画祭で最優秀ドキュメンタリー映画賞を受賞したほか、モントリオール国際ドキュメンタリー映画祭、ミラノ映画祭など世界各地の映画祭で上映。フランス公開時にはテレラマ誌、ル・モンド紙などで絶賛されるなど、高い評価を受けている。

平凡な幸せを望みながら生き抜く中年女性の、予想だにしなかった生き様に心を根底から揺さぶられる、衝撃ドキュメンタリーをぜひ劇場で。


公式サイト:
www.mrsb-movie.com


映画情報どっとこむ ralph 監督:ユン・ジェホ (Jero YUN)

1980年、韓国・釜山生まれ。13歳から絵画を学び、2001年に渡仏、ナンシーのエコール・デ・ボザール、パリのアール・デコ、ル・フレノワで、美術、写真、映画を学ぶ。2008年「The Fall」から始まり、「赤い道」(2010)、「約束」(2011)、「豚」(2013)、「ヒッチハイク」(2016)、5本の短編がカンヌ国際映画祭に出品。2011年「約束」が韓国アシアナ国際短編映画祭で大賞を受賞。2012年に中編「北朝鮮人を探して」がメキシコ、シネマプレンタにて審査員スペシャルメンション賞を受賞。2016年カンヌに出品された本作はこれまで25の映画祭に招待された。現在は韓国とフランスを拠点に長編劇映画の制作に取り掛かっている。

***********************************

監督/ユン・ジェホ

撮影/ユン・ジェホ、タワン・アルン
プロデューサー/ギョーム・デ・ラ・ブライユ、チャ・ジェクン
音楽/マシュー・レグノー
編集/ナディア・ベン・ラキド、ポーリーン・カサリス、ソフィ・プロー、ジャン=マリー・ランジェル
配給:33 BLOCKS
≪2016年/韓国・フランス/72分/DCP/ドキュメンタリー≫
(C)Zorba Production, Su:m
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ