高柳明音(SKE48)登壇『劇場版FAIRY TAIL –DRAGON CRY-』特集上映会


映画情報どっとこむ ralph 映画『劇場版FAIRY TAIL –DRAGON CRY-

が5月6日(土)より全国公開となります。

この度、劇場版の公開を記念し4月27日(木)TOHOシネマズ 新宿にて、トークショー付 特集上映を実施致しました!前作『劇場版FAIRY TAIL 鳳凰の巫女』と、TVシリーズの人気回3話をまとめて上映!TVシリーズは「ギルドメンバー含む町の全員が〇〇化する226話」「イグニールとアクノロギアの最後の激闘を描いた264話」「冥府の門編の最終回265話」とファンの間でも人気の高い3話を揃えました。今度の劇場版の予習にもぴったりのラインナップの上映となりました!
さらに上映前のトークイベントには、『FAIRY TAIL』の大ファンで、アイドルオタクならぬオタクアイドルとして知られる、SKE48の高柳明音が登壇!『FAIRY TAIL』愛溢れるトークやアイドル界のオタク事情などディープなお話に加え、レアアイテムのプレゼント大会も実施しました。

『劇場版 FAIRY TAIL –DRAGON CRY-』トークショー付特集上映

日程:4月27日(木)
場所:TOHO シネマズ新宿 
ゲスト:高柳明音(SKE48 チームKII)

映画情報どっとこむ ralph Q:『FAIRY TAIL』が好きになったきっかけは?

高柳さん:昔、お正月におばあちゃんの家に親戚が集まった時に、いとこが『FAITY TAIL』の単行本の3巻を持ってきていたのを読ませてもらってハマったんです。『FAIRY TAIL』に出会ってから仲間って良いなと思うようになりました。

Q:推しキャラは誰ですか?

高柳さん:私の推しキャラはガジルです! ガジルはツンデレというか不器用なところがあって、そういうところがすごく好きです。最初の登場時は敵でしたが、友情を知って仲間を大切にするようになっていく様子や、最近はレヴィとの恋愛模様もすごく好きです。あともうひとり、ジュビアもその一途な愛と妄想癖が大好きで、いつも可愛いなと思って見ています。

Q:もし恋人にするとしたら、どのキャラクターがいいですか?

高柳さん:やっぱりガジルです!でもレヴィとの関係が好きだから恋人にはなれないかなとも思います。女の子も好きなんですが、女の子ならジュビアがいいです(笑)。でもジュビアにもやっぱりグレイがいるから、恋人として考えるならハッピーかフローが良いかもです。フローなら私が何を言っても「フローもそう思う」って言ってくれると思うので。

Q:高柳さんの一押しの神セリフは誰のどのセリフですか?

高柳さん:ルーシィの神セリフ「罪なんかじゃない、仲間を思う気持ちは罪なんかじゃない!」と言うシーンがすごく好きです!星霊王に対して言ったセリフで、ロキのした行動は仲間のためにしたことで、それは罪なんかじゃないと訴えかけるルーシィの姿や、その時に他の星霊たちがずらっと並び立つところ、それに対して精霊王のニカっと笑って許してくれるところが最高にシビれます!

映画情報どっとこむ ralph Q:真島ヒロ先生と対談した時の先生の印象は?

高柳さん:5年くらい前に『FAIRY TAIL』が大好きだと週刊少年マガジンの編集部さんにお話していたら、対談の場を用意してくださいました。
実は先生のお顔をよく知らないままお会いしたのですが会ってみると「『FAIRY TAIL』に出てきそうな人だな」と思いました。エルフマンのように漢らしい体の大きな感じなんだけど、優しい方でした。対談後も先生に向けてファンレターとハッピーの似顔絵を描いて送ったりしていたら、先生がTwitterで、私のことについて呟いてくださって「次の回をお楽しみに」と書いてあったので何があるんだろうと思っていたら、次の回にフェアリーテイルの仲間達がビーチで泊まった宿が「明音宿」という名前になっていて凄くビックリしました!感動と照れと嬉しさが相まって、ファンとして大切にしてくださっていて素敵な方だなと思いました。

Q:AKB48グループ内のオタク的伝説話はありますか?

高柳さん:SKE48には二次元同好会という10数人くらいの二次元が好きなメンバーの集まりがあるのですが、そのメンバーで一度、ジブリのコスプレをして握手会をすることがありました。そのコスプレ握手会をいつかみんなで『FAIRY TAIL』でやりたいと思っているんですが、『FAIRY TAIL』が好き過ぎて、恐れ多くて逆に出来ていないです。でももしやるとしたらジュビアのコスプレとかもやりたいなと思います。

Q:入場者特典の「真島ヒロ執筆劇場版原案ネーム」の感想は?

高柳さん:本当にすごいです!真島先生のファンへの愛に溢れていると思います。ネームの中でも最後にハッとするところがあって、それを真島先生のネームで見れるのということがとても嬉しいです。解散したギルドが再集結した直後の話で、それを200Pも描き下ろしたなんて本当にすごいなと思います。

Q:締めの一言挨拶

高柳さん:今日は『FAIRY TAIL』のイベントに参加出来て、本当に幸せです!『FAIRY TAIL』のファンの皆さんの前で語るのは緊張したけれど、機会があったらみなさんと語り合いたいです!好きなキャラクターやセリフのことなど、『FAIRY TAIL』を好きな人同士で一緒に語りたいので、もし興味がわいたら握手会に来てください!(笑)

映画情報どっとこむ ralph ファンが歓喜する超レアアイテム抽選大会

イベントでは、ファンにとっては喉から手が出るほど欲しいような超レアアイテムが当たる抽選会も実施!「ナツ役・柿原徹也さんサイン入りポスター」や「超レア!『劇場版 FAIRY TAIL –DRAGON CRY-』台本」、「SKE48高柳明音さんサイン入り入場者プレゼント」など、他では手に入らない超レアアイテムに当選したファンには、感動のあまり涙する人さえ出てくるほどでした。

最後に

高柳さん:『FAIRY TAIL』のファンの方々の前で、『FAIRY TAIL』について熱く語るのは緊張しましたがとても幸せでした。もっとみなさんと語り合いたいので、興味を持ってくださった方は握手会にも来てください!

とアピールして場内を笑わせつつ、トークイベントは終了致しました。

映画情報どっとこむ ralph 劇場版 FAIRY TAIL –DRAGON CRY-

は5月6日(土)全国公開です。 

人間たちに葬られたドラゴンたちの怒りが宿る杖・竜の涙(ドラゴンクライ)・・・

妖精の尻尾(フェアリーテイル)は、奪われた杖を取り戻し、世界を守ることが出来るのか――!?
フィオーレ王国の神殿に奉られた魔法の杖・竜の涙。世界を滅ぼすほどの力を秘めるというこの杖が、王国の反逆者ザッシュによって奪われ、ステラ王国の国王・アニムスの手に渡ってしまう。竜の涙奪還の依頼を受けた魔導士ギルド・妖精の尻尾(フェアリーテイル)のナツ、ルーシィ、ハッピー、グレイ、エルザ、ウェンディ、シャルルは、ザッシュを追ってステラ王国へと潜入する。そして竜の涙を巡る攻防の中で、彼らはアニムスに仕える魔術師・ソーニャと出会うが・・・。
竜の涙を我が物としようとするアニムスの狙いとは!?国を救いたいと願うソーニャの秘密とは!?様々な思惑が交錯する中、妖精の尻尾(フェアリーテイル)は世界の危機に立ち向かう!! 

そして、壮絶な闘いの中で、ナツの本能が目を覚ます――!?

***********************************

キャスト:柿原徹也 平野 綾 釘宮理恵 中村悠一 大原さやか 佐藤聡美 堀江由衣

原作:「FAIRY TAIL」真島ヒロ(講談社『週刊少年マガジン』連載)
監督:南川達馬
脚本:米村正二
キャラクターデザイン・総作画監督:山田裕子
音楽:高梨康治
音響監督:はたしょう二
制作:A-1 Pictures
製作:劇場版フェアリーテイルDC製作委員会
配給:ギャガ gaga.ne.jp/FT.DC/
(c)真島ヒロ・講談社/劇場版フェアリーテイルDC製作委員会
  
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ