永瀬正敏からコメント到着!『牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件』


映画情報どっとこむ ralph 名匠エドワード・ヤン監督が1991年に発表した伝説の傑作『牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件』が,4Kレストア・デジタルリマスター、3時間56分版として、3月11日(土)より角川シネマ有楽町、新宿武蔵野館(3/18~)他全国順次公開。

この度、この作品の数シーンの撮影現場に立ち会っている俳優・永瀬正敏さんよりコメントが到着しました!
エドワード・ヤン監督&永瀬正敏さん

永瀬正敏さん(俳優)からのコメント

永瀬さん:幸運にも僕は本作品の数シーン撮影現場に立ち会っている。同じ時期、台湾である映画の撮影をしていて、その作品のプロデュースをエドワード・ヤン氏が務められており、2つの現場をお互いに行き来していたのだ。
撮影現場は90年代初頭“台湾ニューウェーブ”の大きな“ウネリ”が世界中を席巻しようとしていた、まさにその時代を反映している様な、異様な興奮とパワー、かたやその爆発寸前の熱を帯びた現場全体をヤンさんの冷静な瞳が包み込んでいるような、何とも言えない空間だった。
エドワード・ヤン氏と過ごした時間は、今でも僕の大切な宝物。今一度、天国のヤンさんに出会いとあの日々への心からの感謝と、この作品を含め素晴らしい作品を生み出された事、そして現在に至るまで台湾・アジア映画界に沢山の才能を残された偉業に、最大級の賛辞を送りたい。

『牯嶺街少年殺人事件~A Brighter Summer Day』この作品は紛れもなく映画史に残る大大傑作だ。

映画情報どっとこむ ralph コメントに「2つの現場をお互いに行き来していたのだ」とあるように、当時、永瀬正敏さんを主演に、アジア6カ国にて、全て現地の監督やスタッフで制作された壮大なプロジェクト「アジアン・ビート」シリーズの台湾編『シャドー・オブ・ノクターン』(1993)は、なんと『牯嶺街少年殺人事件』のプロデューサーであるユー・ウェイエンが監督、プロデューサーをエドワード・ヤンが務めていました。

そのような濃密な関係性の中で、永瀬正敏さんも『牯嶺街少年殺人事件』の現場に何度か足を運び、なんと出演シーンの撮影も行っていました。

しかし残念ながら、そのシーンは幻となってしまいました。

今となっては観ることのできない貴重すぎる出演シーン。また『牯嶺街少年殺人事件』で主演を務めたチャン・チェンも『シャドー・オブ・ノクターン』の撮影現場に、よく遊びに来ていたそうです。

映画情報どっとこむ ralph 物語・・・
1960年代の台湾・台北。夜間中学に通う小四(シャオスー)は不良グループ〝小公園“に属する王茂(ワンマオ)らといつもつるんでいた。小四はある日、小明(シャオミン)という少女と知り合う。彼女は小公園のボス、ハニーの女で、ハニーは対立するグループ〝217”のボスと、小明を奪い合い、相手を殺し、姿を消していた。

小明への淡い恋心を抱く小四だったが、ハニーが突然戻ってきたことからグループの対立は激しさを増し、小四たちを巻き込んでいく。

3月11日(土)より角川シネマ有楽町、新宿武蔵野館(3/18~)ほか全国順次ロードショー!



***********************************

監督:エドワード・ヤン 出演:チャン・チェン、リサ・ヤン、チャン・クオチュー
1991 年/台湾/236分
(c)1991 Kailidoscope 
配給:ビターズ・エンド
    
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ