映画情報どっとこむ ralph スウェーデンの環境活動家グレタ・トゥーンベリの素顔に迫ったドキュメンタリー『グレタ ひとりぼっちの挑戦』が10月22日(金)より新宿ピカデリーほか全国公開となります。
LiLiCo『グレタ ひとりぼっちの挑戦』
この度、『グレタ ひとりぼっちの挑戦』の全国公開に先駆けてグレタやグロスマン監督と同じくスウェーデン出身で映画コメンテーターのLiLiCoがトークショーを行いました。環境先進国とされるスウェーデンとの問題意識の違い、海外の学校ストライキの事情をはじめ、本作で明かされる世界中から誹謗中傷を受けながらも活動を続けるグレタの素顔についてなどたっぷり語りました。
LiLiCo『グレタ ひとりぼっちの挑戦』トークショー

映画『グレタ ひとりぼっちの挑戦』トークショー

日時:10月18日(月)
登壇:LiLiCo
司会:立田敦子

映画情報どっとこむ ralph 本作は、アスペルガー症候群で内気な学生であるグレタが、世界中の学校ストライキの火付け役となって注目を浴び、地球規模での影響をもたらすまでに駆け上がっていく様を寄り添うように捉えています。ニュースで取り上げられる“怒りのスピーチ”のイメージから反感をもたれることも少なくない彼女が、重圧と向き合い葛藤する姿や、家族や愛犬を恋しがる繊細で内気な素顔、懸命に活動を支える家族の姿も映し出しています。彼女は何のために闘うのか。今月末から開かれる気候変動対策の国連の会議「COP26」を直前に控え、新政権の環境対策への考えにも注目が集まる今だからこそ、知りたい。深く思いを巡らせる、注目のドキュメンタリーです。

上映終了後、映画ジャーナリストの立田敦子さんの呼び込みで、来場者の暖かい拍手に迎えられて 100%リサイクルの衣装に身を包み LiLiCoさんが登場。冒頭の挨拶で、膝を骨折しながらも気合でピンヒールを履いてきたと明かし、たった今観賞を終えた観客たちを盛り上げてトークショーがスタート。まずは、グレタの活動当初から撮影していた本作について「2018 年から彼女を捉えていたのは奇跡」とコメント。環境先進国であるスウェーデン出身である LiLiCoさんも自身の結婚式で 2 年前にスウェーデンに帰った際、あまりの気温の高さと環境の変化に衝撃を受けたという。

「そんな中、グレタのような若者が危機を感じて行動してくれることはすごく大事なこと」と彼女の勇気を絶賛。さらに話題は、本作でも映し出されるグレタの親子関係や教育の話に。「子どもを信じて尊重し、声を挙げられる環境を作っていることはすごく大切」、「日本に比べてスウェーデンは子どもの頃から自分の意見を話す子どもが多い」と日本の若者との違いについても言及。また、SNSで学校ストライキを発信したことで一躍有名になるも、誹謗中傷も絶えず浴びることになるグレタについて、SNS の光と影を表しているとして「マスコミで切り取られる一部分で彼女を決めつけるのではなく、この映画に映し出される彼女の素顔を多くの人に伝えたい」とコメントした。

最後に、気候危機について「興味をもたないと行けない時期にきた」として、学校などクラス単位で多くの学生に見てほしいと話し、「この映画を見て、関心を持つきっかけになれば嬉しい」と熱く語り、大盛況の中トークは幕を下ろしました。

映画情報どっとこむ ralph

『グレタ ひとりぼっちの挑戦』

原題:I AM GRETA

公式サイト:
greta-movie.com
LiLiCo『グレタ ひとりぼっちの挑戦』LiLiCo『グレタ ひとりぼっちの挑戦』LiLiCo『グレタ ひとりぼっちの挑戦』
STORY
2018年8月、気候変動に対する政府の無関心に抗議するため、15歳のグレタはたったひとりでストックホルムにある国会議事堂前に座り込み、学校ストライキを始めた。自作の看板を掲げ、リーフレットを配りながら通行人の質問にも丁寧に答えるグレタ。毎週金曜日に行っていたこの行動は「Fridays For Future(未来のための金曜日)」と名付けられ、世界中の若者たちにも次第に浸透。たったひとりで始めたストライキは、数か月のうちに国内外へ広がる一大ムーブメントになっていった。その後、2019年にニューヨーク国連本部で開かれた気候行動サミットで涙ながらに強く訴えたスピーチでグレタはさらに世界的な注目を浴びる存在となっていく……。
LiLiCo『グレタ-ひとりぼっちの挑戦』

***********************************

出演:グレタ・トゥーンベリ、スヴァンテ・トゥーンベリ、アントニオ・グテーレス、エマニュエル・マクロン、アーノルド・シュワルツェネッガー、ドナルド・トランプ
監督・脚本:ネイサン・グロスマン
製作:セシリア・ネッセン、フレドリク・ハイニヒ
編集:ハンナ・レヨンクヴィスト、シャーロット・ランデリウス
音楽:レベッカ・カリユード、ヨン・エクストランド
脚本:ペール・K・キルケゴー、ハンナ・レヨンクヴィスト 
2020年/スウェーデン/ドキュメンタリー/101分/ビスタ/5.1ch/日本語字幕:石塚香
配給・宣伝:アンプラグド 
© 2020 B-Reel Films AB, All rights reserved.
関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
  にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ    にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ